Au bord de l'eau



■ブログ解説記事
*"水のほとりに" 落合訳
*サンピエトロ、体と遺骨



《水のほとりに》

             シュリ・プリュドム
       落合訳

過ぎゆく水の辺にふたり 見るは過ぎゆく
流るる雲の虚空にふたり 見るは流るる

遥か藁葺屋根けぶり 見るは煙りて
囲む花々香(か)を放ち 匂やかに満つ 
水の囁く柳葉のもと 囁きを聞く

此の夢の続かん限り 時をば忘る
慈しみ深き思いに 情交わし
世にいさかいの 無き如く
倦(あぐ)ねるに向かいてふたり あぐむことなし

万物の過ぎゆく前にて 愛過ぎ去らず
万物の過ぎゆく前にて 愛過ぎ去らず




訳詩メニューへ