J'ai presque peur en verite



■ブログ解説記事

*フォーレ "本当に恐ろしいほど" ラスト
*フォーレ '気に入ってもらえることを願う'
*フォーレOp.61-5 始まり
*フォーレOp.61-5 第2パラグラフ
     ?僕がイヤんなるコト
*フォーレOp.61-5 許して下さい
*フォーレOp.61-5 愛しき者
*リディアとマリアンヌ
*フォーレOp.61-5 希望
*フォーレ "本当は、怖いくらいに" 落合訳



《本当は、怖いくらいに》

              ポール・ヴェルレーヌ
              落合訳

本当は、怖いくらいに僕の命は鼓動しています
昨夏、僕の魂を囚えた輝く想いに。

永遠に愛しい貴女の面影を
貴女だけに捧げた心に宿しています。
貴女への愛と、貴女に気に入ってもらえたらと請う想いで
いっぱいになった心に・・・

どうか赦してください、此んな風に率直に伝えてしまうことを。

貴女の言葉ひとつが
貴女の微笑ひとつが
これからは僕の掟となってゆくだろうと慄くのです。

僕を天上の夢想から悲嘆の底へ突き落とすには
貴女の身振り、貴女のおしゃべり、
貴女の瞬き1つで充分なのです。

それでも、
未来が見通せなくても
数限りない苦悩が次々訪れても
無限の希望の元に貴女を見ていたい。

再び失望に沈むことがあっても
無上の幸福に浸って
幾度でも申します。

貴女を愛しています
・・・君を愛してる!




訳詩メニューへ