La fleur qui va sur l'eau



ブログ解説記事



《水に浮かぶ花》

               マンデス
               落合訳

歪んだ霧に覆われた海の上
美しい人が歩いていた
夜の海の上を!

苛立って薔薇を、
静まらぬ美しい薔薇を唇にくわえて。

残忍な風、
唸るハリケーンが
彼女にくちづけ、奪い取られた花!

黒ずんだ大洋に夜の闇薄れる時刻、
3本マストが沈んだ場所に漂う花・・・
波は暗い畝に花を弄び
花は蝶たちの浮標に変わった

この夜以来
飛沫、うねり
しぶき上げ砕ける轟音も

アルキュオネもツバメも
闇も星も
愛を失った

曙生まれ出で
深く澄んだ水の上・・・
海の全ては一輪の薔薇のために




訳詩メニューへ