Romance



ブログ解説記事



《ロマンス》
               ポール・ブールジェ

寄せる想いや 庭うちに
神授の百合を 摘みとれば
薫る魂 秘めやかに
失せし心に 痛み充つ
百合うるわしの 魂を
風やいずこへ 狩り去った?

たがわぬ愛と 希みとの
至福のやわらぎ 醸す霧
うつし世ならぬ 神慮の霧と
見まごうきみに 包まれた
天上甘美な 芳(かぐわ)しの
名残の香 今は失し




訳詩メニューへ