Quotidien ⅩⅡ



ポジティヴお化け

March 25, 2019

お天気が良くて暖かくて


春の紫外線を浴びたらシミ一直線ってわかってるのに

つい光に誘われガーデンチェアに座り

日焼け止めなんか塗ってないと頭の隅で少し気にして

フワフワのコートをそよがせるブルゴーニュ君に見惚れ

お肌のことはすぐに忘れた。


飼い主を真似てブルゴーニュ君も日向ぼっこ。


君はシミの心配がなくていいね。


リビングで読んでた本を掃出し窓からそのまま持ち出した。

ヴァレリーで1等好きな "言わざりしこと" をベンヤミンが引用してたのだ。

《ロンドン橋。しばらく前、私はロンドン橋を渡っていて、私の好きなもの、つまり、豊富で重たげで複雑な水を眺めるために立ち止まった。


その面は真珠母色で、あちこち泥で濁り、多数の船が雑然とあたりいっぱいに浮かんでいた。


・・・・私は肘をついた。・・・・見る喜びが一種の渇きのような力ですっかり私を把え、私は心地よい光の組み合わせを見つめていたが、その豊かさを味わい尽くすことはとてもできなかった。

  ベンヤミン著 "パサージュ論3都市の遊歩者" より

             (今村仁司様/大貫敦子様/高橋順一様
             塚原史様/三島憲一様/村岡晋一様
             山本尤様/横張誠様/與謝野文子様訳)

全文書き写すことはできないけれど此れだけでヴァレリーの豊かさの一端が見える。


鈍さというものに疲れた気持ちを洗ってくれる。

贅肉に圧迫され鈍重になったような心の動きに触れると疲弊する。失望する。失望が重なると見切りをつけるのが早くなる。誰もが抱える想いでもあるだろう。

それらの '感情をこざっぱり整理' して '新たに始める' エネルギーにしないで別の方向へ傾けたのが、ヴァレリーが好んで読み込んだボードレールなのかな... ナンテ、知らないながら考え浮かべる。


私は '感情をこざっぱり整理' とか '新たに始める' って風にポジティヴが全てのような推奨が化け物じみて増大するのが嫌いだ。


負の感情をしげしげ眺め、楽曲に乗せ、詩に重ね、哲学で解明し、耽溺する。負であれ何であれ後々まで携えてゆきたい個々人のオリジナルな感情だ。

「負の気持ちを持ち越さず・気分転換すべし・ぎしぎしした心持ちは良くない・笑顔が一番」と声高に言い立てる風潮が酷く気持ち悪い。

それでは精神の贅肉を顧みないのと同様のお化けが出来上がってしまうとゲンナリしてたが、ポジティヴの過度な推奨は自身のネガティヴな部分を見たくない・受入れられない弱点の場合があるのかも・・・と、ふと頭を掠めた午後のお庭。

み~んなが何かのお化けなのかな。


*~*~*~*~*


■ベンヤミン関連リンク
1巻
*本欲しいなあ
*ミュゲとパリの始まり
*地球儀と室内と解放
*カラビナ・日常・本
?僕んちのどうぶつ達
*息詰まるフリーク
*1919
*
*楽譜のページの向こう
*ステップ
*監獄・アンチつるつる
(1巻のご紹介に際しまして訳者様の今村仁司様と高橋順一様のお名前に文字の誤りがあったと後に気がつきました。大変申し訳ありません)

2巻
*夏のおやつと本
*ボードレールの挑発と真意と音楽
*'ふと' とボードレール
?僕のホームセンター記録
*トロワイヨン
*少年の本当と嘘
*調和と追放
*ダリア
*人間
*リビングのお掃除

3巻
*炎症と再発見
*漁港へ
*家事記録など
*音楽遊び計画とルソー

■ダダ関連リンク
*ツァラ、にぎやかな絶望
*プレイ
*ダダのお寿司ネタ
*ダダとプーと苦いコーヒー

■ちょっとだけアラゴン
*パノラマ
*優しく辛辣な女と、田分けた男



2019年3月の日々の物

March 21, 2019

ジェラートピケのロングパンツを頂きました。


全身このお店のルームウエアでむくむくです。紐付きだから本体サイズより細くウエストを締められてズリ落ちないのも嬉しいところ。


ベビーピングが優しくて着心地良し。


風邪をきっかけに弱ってた身体を今朝は起こせなかった。
小さな風邪でも1度ひくと健康な人のように戻れるものでもない。

ルームウエアの柔らかな肌触りとブルゴーニュ君の体温に癒されながら休んでます。


近くにあるピンク色や赤色の小物達。


昨年からのiPhoneXRは好きなコーラルピンクです。
色を楽しみたいから透明ケースと、ローズピンクのリングテーブルをつけてます。

チョコのラッピングと似た組み合わせが面白く、並べて写真を撮ったのでした。


昨日病院のあとバッグの中を整えて、せんにupしたいちごオ・レのポーチも抗菌剤で拭きました。


ポーチの中はね、お店のポイントカードです。

通るエリア別にクリップで留めてるの。ショップさんの種類で分けるより、場所別のほうが自分には便利な気がして。


あたたか色の安物の靴下とタイツカバー。


寒い間はおうちの中で靴下の組み合わせを楽しんでた。


その日の気分に合う色で、もこもこ足を作るの。


ブロックチェックとボーダーを重ねたりウインドペンチェックとギンガムを重ねたり。

朝の小さなこの遊びに何故か嵌った冬でした。


脚元が暖かいと嬉しいですものね。



毎冬数回楽しむダサ可愛いツイードコンビのシューズも今年も登場しました。


春一番が吹いてます。
先ほど点けたテレビニュースでは気温が高いって言ってたけれど、寒くて悪寒が続きます。食欲はあり。食べて治せるといいな。


*2019年2月の通院
*2019年元日
*2018年12月最後の日
*2018年10月の引き篭り
*2018年9月のお掃除記録
*2018年8月の果実やお野菜
*2018年6月のワンコの選択
*2018年5月のパラコード
*2018年4月のワンコ
*2018年3月最終の通院
*2018年元日
*2017年11月のミニチュア
*2017年10月のソファーで
*2017年8月ムーミンの悩み
*2017年7月の梅雨ご飯
*2017年5月3日
*2016年12月のシュトーレン
*2016年10月のお花
*2016年9月の蝶々
*2016年8月のおうち避暑
*2016年7月の充電日
*2016年6月の植物
*2016年5月のある週
*2016年4月の薔薇
*2016年3月の色々
*2016年1月の呟き
*2015年12月の編み物
*2015年11月の友人たち
*2015年10月の顔面
*2015年8月の家
*2015年7月の溝掃除
*2015年6月の生活お茶会
*2015年5月のグリーン
*2015年4月のおうち風景
*2015年3月の朝
*2015年2月のお洗濯物
*2015年1月の合わせ
*2014年12月の休養
*2014年11月の休日
*2014年10月の使い回し料理
*2014年8月のはじっこ
*2014年7月の紫陽花とガムテープ
*2014年6月のサニタリー
*2014年春の食卓
*2014年5月リサイタルの日に
*2014年3月と1年間
*2014年2月のベリー
*2014年1月の楽しみ
*2013年年末間近
*2013年12月のお菓子と悩み
*2013年11月夫の好きな秋物
*2013年10月のキャネット
*2013年9月のガラス掃除
*2013年8月の音楽生活
*2013年7月の家事
*2013年6月はじめ
*2013年5月初旬の1日
*2013年4月のカーテン
*2013年3月のシーツ
*春、副業、代り映えナシ
*2013年2月のデスク
*2013年1月とお針ごと
*年頭2013
*2012年12月の反省
*2012年12月のクローゼット
*冬の予定など・・・
*2012年11月 ピアノ室とババールカードVol.10
*2012年10月のベッドルーム
*2012年10月ヴァントゥイユ当日
*2012年9月のペンキ塗り
*PJバーベキュー2012と8月末
*Macへ行こう(12)8月とLion
       ?僕が知ってる8月の嘘っこ
*2012年8月の本番翌日
*2012年7月のリビングルーム
*2012年7月冒頭
*2012年6月
*2012年5月末
*異常食欲、2012年5月
*ちょこっと凝集
*2012年4月
*2012年3月
*2012年2月
*2012年1月
*年頭の記録2012
*2011年12月



本と想像の隙間

March 09, 2019

イベリスが可愛く咲く。
なんでもない小さい草花が好き。2世ちゃんみたいに愛らしいな。


2月末の水曜日、シマエナガ先輩と遊んだ。その後の3日間木金土を回復に当てて寝てました。

日曜日は小さなコンサートをさせて頂いて、終わったら月曜から今週いっぱい通院の間をずっと休んでた。


風邪をもらったのと疲労とで寝込むのが少し長い。今日でトータル9日目・・・木金土&月火水木金土。そう、9日目。


お洗濯やお炊事など最低限の家事くらいをして、お掃除はあまり捗ってない。散らかるわけじゃあないからお水回りを綺麗にするくらいでお茶を濁した。

ブルゴーニュ君の後ろに写るペラルゴニウム・シドイデスはせんにレモンカナリアちゃんにもらった大好きな葉。ビオラの咲殻と共に色が落ちた葉を摘んで・・・そんな小さなお手入れしかできてない週でした。


音楽の本など一定の本を読まない理由を先日から考えてみながら「音楽のことが書いてあるからわからない」ナンテ纏め方はあまりにもおかしな表現かも? と反省。そして・・・

  *音楽の本を読んでないお話
  *使えない音楽


ガストン・バシュラール "空と夢" に的確な釈義があった気がして手に取りました。運良く2,3分で見つけたかったページに行き当たった。

**


  《大いなる星のうねりが、
   震え、蒼ざめる夜の中で目ざめる。

と、シャルル・ファン・レルベルグはうたう。レリヤが暗示した漸新的運動を追ってゆくと、星が次々に海の中に消えてゆくのが手にとるように見える。


夢想家は星に統一運動を付与し、こうして動きを与えられた星座は星のきらめく天空全体を回転させる。恐らく、先を急ぐ作家なら、星々は一つまた一つと海に消え去った、と書くであろう。


そして読者の方は常に書物の図式的傾向に先まわりをして、やがて来る暁のことしかもはや考えないであろう。読者は描写をとばしてしまう。というのも、彼は '文学的想像力' を楽しむことを教えられていないからである。

 このように、われわれの見るところでは、文学的イメージの主たる機能の一つは、われわれの想像力の力動性を追跡し、それを表現することである。孤立した星よりも星々の群を力動的に寝かせてゆく方が一層自然である。

想像力には時間の引き伸しが、スローモーションが必要だ。そして特に何ものにもまして夜の物質の想像力には緩慢さが必要だ。すべてを急きたて、われわれにイメージを読む暇を与えないあの文学、あれほど誤ったものはない。そういう文学は、あらゆる読書が必ずひき起こす夢想の正常な連続状態の中へイメージを引き伸す余裕を特に与えてくれないのである。

             (宇佐見英治様訳)


バシュラール が語ったのは文学だから対象は異なるけれど多分自分が 'わからない' と感じる本にはイメージを読む隙間・いとまが少ないのかもしれないと思った。

風邪、早く治らないかな。


*無形に出会う
*ガラスと花
*古い型・古い本


*フラット
  *与えられた中で
  *今の日常
  ?僕が思うヘアケア
  *それぞれの目標
  *薔薇の機会
  *難しいこと


  *行きたいな
  *つまらないお出かけ写真
  *貧血と熱でぽ~っと・・・
  *2017年クリスマス
  *熱とおままごと
  *熱と眠りとm&m's
  *元気が出ない日
  *酷く疲れた日
  *ちょっと後悔


  *アイボリーのリネン
  *チェリービー
  *抗癌剤のこと
  *グロッグ的熱
  *狭い世界
  *熱の1日
  *不協和音だらけ
  *汚いこと


  *地球と散歩
  *監獄・アンチつるつる
  *メレンゲとエンゼルフード
  *からっぽ
  *2019年2月の通院

____________

*震えるワンコ
  *雪の日の病院
  *病院のあと
  *ワンコのフレームと願い
  *焼き芋
  *ハノンとワンコ写真
  *病気の休憩
  *お掃除機動画
  *胃の不調と、泣くワンコ
  *mollの1日
  *エフがゴネる

____________

*病状経過
  *通院治療前・・・
  *FBのお庭の扉
  *入院前とメッセージ
  *お招き
  *今年初めてのお客様
  *お茶と紫陽花イベント
  ?僕が見た鼻血
  *歯医者さんに行けました
  *眠ってます
  *桜の花と難所
  *2018年3月最終の通院


  *始まって終わった
  *喉と赤いお食事
  *咽頭ファイバースコープ
  *元気色
  *ゼリーの境界


  *悩み、寝込み、望み
  *入院を考える


  *この夏最後の海の家
  *良くない結果
  *いい時間。お掃除の嬉しさ
  *身体の異常。そして安静
  *安静にする1日?
  *連続CTの後


  *気胸
  *2日間の日記


  *2018年10月の引き篭り
  *今週の3日間
  *吐きたくない
  *2世ちゃんのぬいぐるみ
  *炎症と再発見

____________

*怪我と包帯とミルク
  *怪我の原因は鏡
  *ただいまとスヤスヤ

____________

*プーランクで麻酔
  ?僕が知ってる麻酔のオチ
  *こんなお出かけ
  *ヴルスト先生


*涙が拭けたら
  ?僕と回復とスカウサギ
  *居場所
  *怪我の功名
  *伸びとビーズバンド


*強弱
  *内視鏡の苦痛と歌
  *意識が戻って
  *アッパーシェルフ
  *動物と人間と不安
  *MRIのイメージング
  *出張

  *人より遅れるということ

____________

*ピアノを弾いた日(1)
  *ピアノを弾いた日(2)
  *2017年5月3日
  *副作用のこと(1)1日半の悩み
  *副作用のこと(2)ピアノと共に
  *幸せなピアノ時間
  *アンサンブルをありがとう
  *いったん最後のコンサート
  *1日だけピアニスト
  *自由なピアノの日
  *どうぶつお迎え日
  *斜め者のやすらぎ

____________

*幸福 -- 重なり
  *幸福 -- 家庭
  *結婚したい
  *ずっとご飯を作りたい
  *微風
  *長いひと月
  *スイカ
  *ちっちゃなスイカ

____________

*友達
  *気持ちが折れる
  *友達の夢
  *旅立ち
  *哀悼
  *四十九日

____________

*出戻りです
  ?僕が聞いたポッキリ
  *降格
  *2度目の冒険
  *回診用メモ
  ?僕が見た回診ごっこ


*病棟の朝
  *学生ホール
  *動物広場
  ?僕が聞いた楽しいコト
  *細い人って・・・


*ベッド周り
  *ピンク・ピンク
  *病室の天井
  *合わせ目
  *モチクリーム


*院内生活
  ?僕が聞いた踵のお話
  *すみません
  *オペカン
  *"綺麗ですね"
  *慣れないこと
  *悪い癖
  *病院の前後
  *自分を大嫌いになるとき
  *下らない自慢話
  *褒められた自慢のアレが
  *いいですね


*病人と香り
  *2人の看護師さん

  *針と採血
  *個人情報
  *血圧と台風
  *ギャップ

____________

*お食事のこと
  *セルクル・ド・ブフ
  *あり合わせシノワーズとお掃除跡
  *ボルドレーズ
  *ピールサラダ
  *治療中のお食事
  *ある日の食卓
  *パンばっかり
  *体重戻そう
  ?僕が見た 'ナ' のつく食べ物
  *パンばっかり(2)
  *フィット
  *タンパク質
  *小さな副作用とプー
  *海で朝ごはん
  *夏のおやつと本
  *ジャスミンとイヴ
  *パンに逆戻り
  *消化
  *1kgと夢とムービー
  *2018年12月最後の日

____________

*生きたい理由
  *死にたくない理由
  *今日の続き
  *歩く
  *カプチーノ
  *軽トラのシートベルト
  *たんぽぽ
  *ワンコの笑顔


*病者の秘跡
  *病者の塗油
  *ブルーシェルフ
  *祈る朝に
  *イースターうさぎ


*病気
  *夫が怖かった
  *病気が判った日
  *お祈りを感謝します
  *諦めずに
  *過去の肺炎
  *コーナーアングル
  *Macへ行こう(19)未来を買う



音楽遊び計画とルソー

February 25, 2019

体調が悪くなって酷い午前を過ごしました。


暗いうちから気分の悪さで目覚めて、唸ること数時間・・・ 10時半くらいから回復してきてやっとシャワーを浴びたら少しサッパリ。

このところ調子が良かったから不意に訪れる不良にドキドキしちゃったけど先刻朝ごはんも食べられました。

**


昨夕横になって本を読んでると、愛してやまないジャン・ジャック・ルソーがベンヤミンmemoに登場して興奮しました。

《ルソーの "第二の散歩" の冒頭部。'そこで、人間が陥るもっとも不思議な状況に置かれた私の心の普段の状態を記述しようと計画したのだが、この企てを実行するのに、私の孤独な散歩と、その散歩中に頭を完全に空にして、


何にも邪魔されず気詰まりなしに自由に思念を巡らすとどんどん湧いて来る夢想とを忠実に記録する以上に、簡単で確実な方法は見つからなかった。


この孤独と瞑想の時が、一日のうちで気が散ることも妨げもなく私が十全に私であり、私のものであって、自分が自然が望んだ通りのものであると本当に言うことができる唯一の時なのである。' 》

  ベンヤミン著 "パサージュ論3都市の遊歩者" より

             (今村仁司様/大貫敦子様/高橋順一様
             塚原史様/三島憲一様/村岡晋一様
             山本尤様/横張誠様/與謝野文子様訳)

肩入れしてるルソーを尊敬するベンヤミンが写し取ってくれたのが嬉しくてなりません。


ルソーはこの時、独りの思索を何より愛し、それが「簡単で確実な方法」と述べます。


彼にこの上ない共感を抱きながら、其れとは異なる方法をとる人のやり方を間近に見ることにも興味を覚えます。

ルソーと反対の、かといって一時期のヴォルテールとも全く異なる、'共有' から何かを見つけることが多いように見える (現段階で私個人にはそう感じられるというだけの所感です) シマエナガ先輩とまたピアノで遊べることになりました♪


遊ぶ曲も、なんとなく幅広~い範囲でしか決めてません。
実を結ばないもの・利便性が無いものにしたいな~


ルソーはファル・ニエンテってイタリア語で示しました。
Le précieux far niente fut la première et la principale de ces jouissances

残念ながらイタリア語のニュアンスはわかりませんが "孤独な散歩者の夢想" を読めばホンの少しなら判断できそうです。

ルソーが叫ぶ '貴い無為' に知らず知らずのうちに影響されて '使えない音楽' を求めるようになったのカナ?


ルソーの晩年と時代が重なるドゥヴィエンヌを聴きながら。まだ内臓が暴れてる感じだから今日はゆるやかに過ごします。

*~*~*~*~*

■ベンヤミン関連リンク
1巻
*本欲しいなあ
*ミュゲとパリの始まり
*地球儀と室内と解放
*カラビナ・日常・本
?僕んちのどうぶつ達
*息詰まるフリーク
*1919
*
*楽譜のページの向こう
*ステップ
*監獄・アンチつるつる
(1巻のご紹介に際しまして訳者様の今村仁司様と高橋順一様のお名前に文字の誤りがあったと後に気がつきました。大変申し訳ありません)

2巻
*夏のおやつと本
*ボードレールの挑発と真意と音楽
*'ふと' とボードレール
?僕のホームセンター記録
*トロワイヨン
*少年の本当と嘘
*調和と追放
*ダリア
*人間
*リビングのお掃除

3巻
*炎症と再発見
*漁港へ
*家事記録など

■ダダ関連リンク
*ツァラ、にぎやかな絶望
*プレイ
*ダダのお寿司ネタ
*ダダとプーと苦いコーヒー

■ちょっとだけアラゴン
*パノラマ
*優しく辛辣な女と、田分けた男



夢のお話(7)パンジーのタトゥ

January 29, 2019

スモーキーブルーの色合い。くたくたっとした柔らかい質感。


1週間続いた熱が先週引いあとは体調がとても良く、インフルエンザ蔓延中は通院しない自宅待機を選べた。

感染するよりはウイルス流行がおさまるまで通院しなくて大丈夫なんて手術後初めてのこと。


そうして体力がついてくると、'長くなってきてしんどいなぁ...' って想いから少し脱して、もうちょっと努力しなきゃ って気にもなった。


'ブルーベリーのムース' と名付けられた可愛いプレミアムプリムラは、風と寒さで花びらの先っぽの一部が濃い紫に色変わりしちゃった。可哀想・・・


此ちらも 'マスカットのジュレ' って美味しそうなお名前付き。


寒い日が続くとパステルカラーが見たくなる。

例えばこんな真冬にラヴェルのピアノソロ曲は透明過ぎて温度が低過ぎる。それでも弾きたくなるナ、ストーブが似合わない曲たちを。


今日見た夢も記すようなものじゃあなかった。


でもエルンスト・ブロッホ著 "肉体と蝋人形" の夢のお話をベンヤミンがメモに残してるのを読んで、変哲ない夢(ベンヤミンのそれは夢とパサージュを結ぶ重要なものだが)も時には書き留めてみようと思った。

夢の中で私は肩ストラップにお花が縫い付けられたワンピースを着てるらしかった。そのお花は、先日現実世界でブルゴーニュ君にどうかしらと迷った首輪についてたお花だった。


首輪とお揃いのお花は肩に影を作ってた。


そう思い目で追うと影じゃなくお花型のタトゥだった。
紫色のパンジーが幾つか小さく入ってた。

カナリアちゃんと行ったホームセンターで彼女が欲しがったパンジーとよく似た色形だった。サークル型に植え込んでハンギングできるリースのようになったパンジーに2人で注目したのです。


肩紐のお花とタトゥが繋がって見える錯覚は何か音楽的で
レッスンなどで曲理解に使える例かもって夢の中で考えた。

相変わらずちっとも幻想的な夢を見ない。
現実パーツが繋がった夢。パンジーのリースみたいに。


*夢のお話(6)トイレの前後
*夢のお話(5)海老とアンコウ
*夢のお話(4)アジフライ
*夢のお話(3)シトデ
*夢のお話(2)キャンディプールと後悔
*夢のお話(1)ハミルとミンネ

*カオスになってるお話
*地球と散歩
*僕のホームセンター記録
*脚の形
*
*がるー属と音楽



白い犬の冬の午後

January 27, 2019

寒~い2日間ですね。


雪が散らついて、風が強い・・・でも身体は大分良い感じ。
熱も引き、お陰様で炎症も少しずつ治ってきたみたい。

こういう時こそ我慢してじっとしなきゃなのに、病院のお休みに気を良くして園芸用品買い出しに少し遠くのホームセンターへ。


乗り換えたばかりのカナリアちゃんのピカピカのヴェゼルにブルゴーニュ君と初乗りさせてもらった♪


タイヤが大っきい~。座席位置もかなり高いですがブルゴーニュ君は臆さずひとっ跳びで乗り込みました。

ブルゴーニュ君の外出用ソフトボックスさえ置いてやれば、其処はいつでも '安心な僕の場所' になるのです。大好きなブランケットを入れてもらってご機嫌。


カナリアちゃんがお迎えに来てくれただけで門の中からピヨピヨお鼻を鳴らして甘えます。


人間のお友達に会うのも、お洋服を新調してもらうのも、お出かけするのも慣れた出来事となったブルゴーニュ君。
知らない人が居るだけで震えてた頃を彼女自身も忘れてる。


ブラッシング、お耳掃除、お爪切り、お顔周りのカット。


お散歩、抱っこ、オヤツ、たくさんの撫で撫で。

ピアノも一緒、ベッドも一緒、全部一緒にしながら
彼女はどんどん小さな胸を張るようになった。


やさしくやさしくされて月日が流れて
不幸な時代なんてなかった顔で、今日を楽しんでる。


小さく、か弱く、デリケートで、心豊かな偉大な生き物。


?僕が間違えた道
?僕のお名前
?僕らの月日
  *ピアノ室のカードル
  *海で動かない生き物

?僕らの分かれ道
?きくらげの寄り道
  ?きくらげのコト

?僕らの十字路
  ?はぐぬまJて

?僕らの道のり
  *ワンコとの日々
  ?僕らがまた会えた朝
  ?僕が見たフードの食べ方
  *昨年の風景から

*涙と針路
  *振り返るワンコ
  *私たちの連弾
  *ダメになる
  ?僕らのジュテーム・トンネル
  *青の深さ・青の無

__________

*3歳のお祝いの日
  *2ヶ月のお祝い
  *2年半分のプレゼント
  *初めてのお誕生日
  *ワンコがいる家
?僕が知った2世の教育
  *小さなピー
  *2世ちゃんのぬいぐるみ

__________

*エリザベスカラー
*2世ちゃんと浜辺の笑顔
*ロバへ点滴
*川と優しい子

*ワンコがいる家
*台風が怖かった
  *怪我の原因は鏡

__________

*

*花とワンコ(1)
*花とワンコ(2)

__________

*2018年6月のワンコの選択
*2年目のブルゴーニュ君



クレマとドッグサインなど

January 26, 2019

アンスンエンシスが開いてきました。


釣鐘みたいな蕾が好きで幾つか植えてる。
環境はほぼ同じだのにお花がたくさん付いた株と丈が物凄く伸びた株がある。


葉色も少しずつ違ってて、此のアーチの葉が1等明るい色。


はじめに混ぜた土が違うからかな?
あまり研究しないまま植えてしまい、育てながら植物に教わること多し。


そういえば冬が訪れてからドッグサインが増えました。


ブルゴーニュ君と好きなカボチャとプランターを描いてもらって


かぼちゃとプランターの正面に騙し絵みたいに提がってる。


不思議な感じ。

不思議なコラボレーションが好き。



2世ちゃんのぬいぐるみ

January 21, 2019

ふわふわした羊さんのぬいぐるみ。この頃これが気に入ってるみたい。


以前は遊ぶ物があってもコレなぁに? って不思議そうでした。
玩具を見たことも聞いたこともなかったから。

パピーの頃はもしかしたら貝殻や松ぼっくりで遊んだ日があるかもしれない... でも


ママ犬が居なくなってからは、その日食べるものを当てもなく探し歩くだけで手いっぱいだったでしょう。


生きるのがやっとで、遊ぶ余裕なんてあった筈もない。

そんな子が今は山盛りのオモチャで無心に遊んでる...
癒しの光景です。


お気に入りが持てるのは、選択ができる幸せでもあるのね。


苦労して苦労してやっとおうちに辿りついてくれた子にもっと笑ってほしくて、オモチャやら小っちゃな毛布やらお洋服やら増えまくってます。


飼い主は体感はいい感じ(目眩や強いだるさがない)だったのに
3,4日前の熱からまた免疫が下がり、化膿性の症状が出てる。


特に粘膜系... 喉や口内が酷く腫れて、大好きなフルーツも口に含むと酸味で痛くてたまらない感じ。

ベンヤミン3巻に入ったから、ブルゴーニュ君とくっついておとなしく読書にします。


?僕が間違えた道
?僕のお名前
?僕らの月日
  *ピアノ室のカードル
  *海で動かない生き物

?僕らの分かれ道
?きくらげの寄り道
  ?きくらげのコト

?僕らの十字路
  ?はぐぬまJて

?僕らの道のり
  *ワンコとの日々
  ?僕らがまた会えた朝
  ?僕が見たフードの食べ方
  *昨年の風景から

*涙と針路
  *振り返るワンコ
  *私たちの連弾
  *ダメになる
  ?僕らのジュテーム・トンネル
  *青の深さ・青の無

__________

*3歳のお祝いの日
  *2ヶ月のお祝い
  *2年半分のプレゼント
  *初めてのお誕生日
  *ワンコがいる家
?僕が知った2世の教育
  *小さなピー

__________

*エリザベスカラー
*2世ちゃんと浜辺の笑顔
*ロバへ点滴
*川と優しい子

*ワンコがいる家
*台風が怖かった
  *怪我の原因は鏡

__________

*

*花とワンコ(1)
*花とワンコ(2)

__________

*2018年6月のワンコの選択
*2年目のブルゴーニュ君



チェコのハート

December 21, 2018

チェコが大好き。


写真は '穴' のドアーなんです。
ドアーに思い出のカードやチケットをたくさん貼ってるの。

思い出の扉の向こうに現在の住処である '穴' が広がってたら楽しいから。

チェコを好きな前に、チェコへの旅の楽しさが自分にとって泣きそうなくらい輝く思い出だから好きになったんだろうナ。


今みたいに、日本の街に普通に東欧雑貨が売られる前の時代は
旅をするまで特に興味も持ってなかった国でした。


インターネットがない世の中の旅は、到着までどんな所かまるでわからず、お金の単位の読み方さえ知らなくて、

見知らぬ風景は新鮮な驚きだったものでした。


カレル橋の哀しげな情景は、過去経済勢力をもった強国には纏えない雰囲気で


橋が何故此んなにも悲劇的な色をしてるのか、そしてもっと驚くことに此の橋の風景には何故、悲劇を慰撫するかのような優しい哀悼の空気が漂うのかと自問したものでした。


一昨日チェコのお人形を頂いて早速 '穴' の出窓にお座りさせた。
足裏のチェコのシールは可愛いから剥がさずそのままに。


左奥によく似た子が。右奥から覗くサンタクロースは私が生まれた年に貰ったデンマーク製。


ずっと一緒に居たみたいに仲良くなった2人。


スノーマンが抱えるハートと、'地球儀' の足の裏の形が似てる~


チェコの素敵な絵本たちが、体制の検閲を逃れて地下(物理的に)に潜って出版したり亡命出版をしたりしながら培った、民族の歴史そのものであるのと同じくお人形も・・・


ゲルマン文化強制で時刻言語の使用も許されなかった彼らが、人形劇の中では自分たちの言葉を守ることができたそうだから


'穴' に来た子たちも、可愛らしいお顔はカモフラージュで
風刺の効いたお話をしてくれるに違いない。

哀しくそして粘り強かった国のハートを '穴' に届けてくれた。



ブラックウォッチのお洋服

December 20, 2018

予定時刻をぐーんと過ぎて病院から帰った日。
ちょっと疲れたかな~


ブルゴーニュ君が着てるお洋服、可愛いでしょう?


たまにはコンビネーションものも・・・と購入しました。


ブラックウォッチにお腹側はやさしい小花模様。


ブリティッシュなテリア犬に見えなくもない・・・


いえいえ、この子は雑種ちゃんです。

野良っ子の人生からリスタートして、2度生きる力を授かった誇るべき雑種ちゃん。


濃い色の織り布は、すぐ白いたんぽぽ毛がくっついちゃうって学びました・・・(汗)


寒い思いをしてた頃の分まで、暖かく可愛くして過ごそうね。



シュシュでお揃い

November 26, 2018

ヘアサロンへ行くのが厭過ぎるから、通う回数を減らしたくて髪を伸ばしてる。基、伸びてる。


シャルトリューズ修道院みたいに無言のまま、ただ髪を切ってくれる処があればいいのになって昔から思ってる。


抗癌剤で一旦抜けてバージンヘアになるのを結構楽しみにしてたくらいで、髪型なんてどうだっていい。


やりたかったのはブルゴーニュ君のお尻尾みたいなシュシュをつけること。

ブルゴーニュ君とおんなじバックスタイルになったかな?


もう少し伸びないとシュシュが似合わないけど


お尻尾とお揃いっぽくなったかな。


ブルゴーニュ君のブチと同じ優しいアイボリーで作った。


だから何ってわけじゃないけどさ・・・
ブルゴーニュ君のお尻尾が羨ましくて真似してるお話。




Topページへ
Blogページへ