QuotidienW



Macへ移行(8)トラックパッド

November 02, 2011

Mac購入で予算オーバーして同時には買えなかったマルチタッチ・トラック・パッドを求めました♪


夏は本当に大変でした。WinOSはMac内で突然消え果てる、住所録CDを挿入しても認識されない、毎日更新してるHPソフトがDLできない、その他ソフトも現れたり消えたりを繰り返す。

原因がわからなかった。動作確認報告が上がっているものばかりでも相性がある。どのソフト同士が不具合を起こしているか判断がつかない。

仮想化ソフトをVMwareフュージョンからパラレルに変えて試した。OS7を入れ直してもHPのFTP転送ができない。Winを使ってからMacに戻るとフリーズを繰り返す。

悩んで悩んで試みて・・・どのソフトが悪いのか考え試した時間と労はどれほどだったでしょう。ソフトのせいだと思ってたから。普通そう思いますよねえ・・・(溜息)

**


初期不良交換後のMacで嘘のように解決した。
マリア様の大祝日前日に、やっと本来のMacに出会いました。

500ギガバイトのMac Book Proに、不具合の間メモリモジュールを増やす事で緩和できるかと増設した8ギガのメモリ。うふふ、怖いものなしな容量とパワーのノートです♪

本体を傷めないよう別途備えたお林檎マークのキーボードの横にピタリと据え並んだマルチタッチ・トラック・パッド。

Mac側ではマウスは使っていないの。トラックパッドは指先さえ自在ならばとっても便利ヨ! 3本指、4本指操作も設定できるのでホンのちょちょいと指先を動かすだけで自由に使えちゃいます。

今のMacになって僅か2月半。
お林檎マークが大好きになっているのです♪


*Mac10.6
*Macへ移行(1)アウトルック・エクスプレス
*     (2)コマンドキー
*     (3)Winソフト
*     (4)インストトラブル
*     (5)アンインストール
*     (6)パーテーション
*     (7)DLトラブル

*紫陽花と届けもの
*心を持ったMac



シネマ記録(3)

October 30, 2011

 明日31日のコンサート用ドレスですヨ。


長く着たドレスなので袖など外してちょこっとモデルチェンジしました。コンサート前に家内手工業でちくちく・・・ 一緒に撮ったのはトーンが似た貸出し用ネクタイね!

何だかお勉強とお稽古と作業ばかり? って思われてる風。ちゃあんと遊びもしていますヨ! ちくちく作業はいつも映画を観ながらなの。

数ヶ月のうちにまた幾つかDVDを観ました。

**


  《エゴン・シーレ 愛欲と陶酔の日々》
"モンパルナスの灯" のモディリアニ、"真珠の耳飾りの少女" のフェルメール、"宮廷画家ゴヤは見た" のゴヤに次いで画家さんシリーズです。

劇中登場するクリムト役の俳優さんが、本物のクリムトに似ているの。

  《ベニスに死す》
今年はじめに原作を読んだ。
  *音楽に従う
その後ヴィスコンティ映画があると教わっていたの。

来春ソロリサイタルにヴェネツィアの舟歌を弾きたいからベニス題材も抑えましょって手に取った。
始まりからワクワクしました。何故って船が渡るベニスの映像が、ウイリアム・ターナーの絵画のようなの。此れがヴィスコンティの映像美なのね〜って楽しくなってしまいました。

原作イメージよりもお若い老人役の俳優さんでしたよ。

  《カストラート》
バロック期イタリアのカストラートの光と陰。
ベルカント唱法とスピッカートの名手であるカストラートの、男性としてのまた人間としての心の痛みの深さを描き出します。

悔恨と名誉心の狭間に生きねばならない手負いのカストラートは映画の一種毒々しい描写も含め、テーマとしてとっても好みに合いました。 

  《美女と野獣》
1946年作。言わずと知れたジャン・コクトー脚本のあまりにも有名な映画ですね。
始まりにはコクトーご本人の登場でテロップ代わりに黒板にチョークで文字を書くの。

カストラート然りの、人生の始めに闇を負った人物が題材になるお作を個人的に好みます。コクトーの場合、美しく優しいはずのベルに冷ややかな目や言葉を持たせることで野獣の苦しみを浮き立たせる風に感じました。

此の映画を選んだのは、プーランクやタイユフェールと同じフランス6人組のジョルジュ・オーリックが音楽担当だったから。
レパートリーの時代範疇です。現在デュオで多く弾いているプーランクとタイユフェールの先生、シャルル・ケクランの曲を将来弾きたいナァって思ってて興味が増しているのです。

  《エディット・ピアフ 〜愛の賛歌〜》
シャンソン特集なんてしちゃうなら観ておかなきゃネ!
主演マリオン・コティヤール嬢の演技が際立っていました。アカデミー賞、ゴールデングローブ賞獲得の女優さんとの後情報に納得です。老け切った姿とピアフの人生の悲哀を見事に演じられた女優さんが まさかお若く華やかな方とは知らず驚いてしまいました。

**


此んなのを観ながら手作業していますヨ。
明日のコンサートのおさらいから一日をはじめましょう。

*シネマ記録(1)
*     (2)



Macへ移行(7)DLトラブル

August 18, 2011

石鹸のデコパージュ、

また作っちゃいましたヨ。


  お誕生日の小さな贈り物に・・・

お稽古の間で塗ったり貼ったり乾かしたり。
私にしてはなかなか良い出来上がりで嬉しいの♪

今朝は下記リンク続きのお話ですヨ。

**


その夜、Macでのお初の作業はブートキャンプWin側でのHPソフトのバージョンアップをすることでした。DLをしようとして・・・お鼻っからトラブルが待っていました。

ダウンロードできないのよ・・・(涙) DLボタンをポチってしても なぁんにも入ってこない。それだのにオンライン登録ページには "1回DL済み" って・・・

1度のお支払いでDLの権利は数回あります。パソコンを換えたり複数台で使う場合のため。
気を取直して再びポチ・・・ Macはシーンとしているの。

もしもし? って呼びかけてもシーン・・・

DLできたのは3度目でした。
インストしますってダイアログボックスが出て・・・ フッと消えた?

なんなの? って思いながらもう1度だけDL&インスト。同じ症状だった。インスト完了前に何もかもフッと消えちゃうの(涙)

新品Macのトラブルだなんてまさか思わないもの。翌朝を待ってHPソフトのサポートへ問うた。DLできない不具合は他では起きていないって・・・

状況を説明して、万一DL回数を重ねても権利を失わないよう記録に残してもらい、事情記録の番号を頂いておいた。

**


幾度目かの試みでやっと起動でき、試しにテキストを書くとフリーズ。転送にこぎ着けた後も重なるフリーズ。

自分のドメインから軽いファイル1枚を取込むだけに10分がかかり途中でフリーズ。其んなお馬鹿な事ってないワと思いながら、Win側を再起動。

  次に画面が開いた時、HPツールの何もかもが
  起動できなくなっていた。

  は〜?

つい先刻繋がった転送モードと設定は変わっていないのに、おかしなエラーメッセージばかり出てくるのよ。設定が違う・IPアドが正しくない・サーバーにアクセスできないe.t.c.

  HPを始めた4年も前から使ってて、
  よく知ったソフトだのに何が起きてるの?

**


お鼻もお鼻 一等先っぽで此んな躓き・・・

仕方ないからWin側の問題は一旦置きましょうと、Mac本体を再起動した。

立ち上がった時、Winがなくなってたの(涙)
ブートキャンプフォルダが見つかりませんって、アイコンが白くなっちゃっていた。

  これが私のMacはじめでした。
  もぉびっくりだったら。

続きはまた今度ネ。


*Mac10.6
*Macへ移行(1)アウトルック・エクスプレス
*Macへ移行(2)コマンドキー
*Macへ移行(3)Winソフト
*Macへ移行(4)インストトラブル
*Macへ移行(5)アンインストール
*Macへ移行(6)パーテーション

*紫陽花と届けもの
*心を持ったMac



Macへ移行(6)パーテーション

August 11, 2011

小学校へ上がった頃の

初期の聖書。


ビニールコーティングのお陰で、古いのに外側は汚れてない。

おやつは同じ頃に憶えたフロランタン。思えば幼いとき好きになった最初のフランス菓子の1つだった。フロレンス(フィレンツェ) からカトリーヌ・ド・メディシスが伝えたのでしたね。

フロランタンとラング・ド・シャばかりが当時のお気に入りで、お粉をこぼして叱られた。この聖書にはお菓子のバッチィお粉がついているのでした・・・

**


カトリーヌはユグノー戦争の中心人物だった・・・ 私はユグノー戦争ほども泥沼化したMacの内乱に振り回されています。

下記リンク続きのお話ネ。

**


Macを引取って帰宅した夜、驚愕の声をあげた時刻は遅かった。

何かしら・・・何なのかしら・・・
頭に渦巻く疑問を、翌朝お店が開くと同時にお尋ねした。

"昨日お世話になりました落合です。
昨夜帰りがけのお話を整理させていただけますか?"

  お電話はじめに此うと切出した内容は以下のものだった。

"2度目のインストを遅くまで待ったのは、其の日に作業をしなければならないからで、その事情をご理解くださったんでしたね?

皆までは上手くいってない部分があるけれど、取り急ぎWinソフトが起動できる状態にはして下さったとご説明くださったと思っていますが、その理解で間違いないですよね?

2度の作業を待って持ち帰る意味は其処にあると相互理解があったからこそ 一旦返却後に別日の再検証をご提案くださったのですよね? "

     まずはお互いの認識確認が必要だった。
     appleさんはどんどん不安になられたようで
     ハイその通りです、のお声が掠れていった。
     
"もしそうならば、今目の前にあるMacには 間違いなくセブンOSとフュージョンが入っている筈と考えて良いですか?"

     ゴクッって唾を飲む音と共に、もっと掠れたお声で
     そ、そうです・・・そ、その筈です、と
     絞り出された。

"何にも見当たらないのは どういった事でしょうか。
空っぽのMacになるなら、昨日待った意味は何でしょうか。
お預けせずに抱えて帰らなければならない意味は何でしょうか。"

     なんだか英文和訳のようになってきた
     サーってapplesさんの血の気が引く気配がした。

"待ってでも必要なソフトだったから、そして待ってでも作業のために持ち帰らなければならなかったから。其うでしたよね? "

     お・・・仰る通りでございます。

"なんにも無いんです。まさかアンインストールしてしまったって事は考えられないのですが。何故って、1度目のトラブルの修正をするために2度目を待ったのであって、もし2度目に上手くいかなければアンインストールしてしまいますよ、なんてお話は誰一人なさいませんでしたね? "

     も、も、もちろんでございます。
     まさか・・・

"勝手にアンインストールしてしまうのは考えられないですが、たとえもし其れが必要な場合でも、OSが万一上手く入らない場合の可能性として予め了解を得るのが筋ですし、特に昨日の場合でしたら目の前に居たのですから。

直らないならアンインストールするというお話なら そもそもお待ちせず、持ち帰らない筈ですね?

私はMacが空っぽになるのを何時間も待って、空っぽのMacを持ち帰ったってことでしょうか?

時間的に迷惑をかけたからってご返金頂いて私お礼を申したけれど、何も入っていないんじゃあ返金はサービスでも何でもなくって当たり前ですよね? 意味がわかんないです。"

**


appleさんは此の馬鹿馬鹿しいミスを重く受け止められた。
考えられないことに、もしかしたら技術者さんがアンインストールしてしまったのかもしれないと仰った。

     すぐご自宅へお引取りに伺います。
     持ち帰って作業をして完了次第お返し致します。

**


朝引取りに来られ、お渡しして夕刻に返して頂いた。

返却時に説明をされた。
今度こそフュージョンも立ち上がってセブンOSが使えるようになったって。

ただ・・・

ただブルートゥースを認識しないトラブルが修正できないので、パーテーションを切ってブートキャンプを使ったと・・・

  は〜??

  ブートキャンプはしない、と一等最初に決め、
  Macはパーテーションを切らない方法を
  推奨しているとappleさんも同意されたのは
  僅か数日前・・・

どうして其うなるの・・・

説明を受けるために椅子を勧めても座られないほど appleさんは恐縮し切って謝罪を繰り返した。だから優しくお話してはいるけど、顧客としてこのMacの状況って・・・

音と画像をMacとWinで混乱させたくないから
1つ管理にしてやり取りがスムーズになるようにと
ブートキャンプを止してフュージョンを買ったのに・・・

呆然としてると更に、パーテーションのパーセンテージは300対20にしてあると聞かされた。ブートキャンプにするならWin資料の容量として全然足りない。OSが既に随分容量を使ってしまう。

  取り急ぎOSを使えるようにするのを最優先にした結果で、
  後日 希望通りのパーセンテージで切直しを無償でするし
  何故ブートキャンプ上でなければトラブルが起こるのか
  検証もしてくださると言われ 一応その場は納得だった、

結局また後日のやり直しが残っちゃったのね・・・
だいぶうんざりしていたけれど、昨夜する予定だった作業はできると安心した。

  その夜からあんな酷いトラブルに見舞われるって
  まだ知らなかったの。


続きはまた今度ね。

*Mac10.6
*Macへ移行(1)アウトルック・エクスプレス
*Macへ移行(2)コマンドキー
*Macへ移行(3)Winソフト
*Macへ移行(4)インストトラブル
*Macへ移行(5)アンインストール



Macへ移行(5)アンインストール

August 10, 2011

パリの天文台資料。

遠い知らない世界・・・


天文学・天文物理学の地位はヨーロッパ最大級なのですね。
ルイ14世に仕えた仕業で有名な当時の大蔵大臣ジャン・バティスト・コルベールの発案建設と知ってビックリです。

17世紀フランスのドラマが現代の研究所の後ろにあるのね。

私の方はあまりにもお粗末なドラマが続きます・・・(涙)

**


OSとVMフュージョンの再インストールを終えたMacが登場したとき、お外は真っ暗闇になってた。ショップさんへ着いたのは午後2時だった筈・・・脚は痛いしクラシックじゃない音楽やアナウンス音ばかり聞き続けたため、耳からクタクタに疲れてた。

  "誠に申し訳ございません・・・!! "

よくよく謝罪の言葉を頂いた。たまにはあることでしょうし仕方ないワ・・・兎も角ちゃんとインストできて今日持って帰られれば良いから。

     って思ったらばお詫びの言葉に続きがあった。

実は1度目のトラブルが2度目にも改善されなかったって。
後日責任をもってやり直しをするって。

応対は丁寧だった。
"今夜お使いになりたいとのことですから一旦ご返却し、
後日落合様のご都合の良い日に配送員を手配して
再びお引取りして その日のうちにお返しに上がります。"

このトラブルに関しては人為的なことと思えなかったし、ソフト同士またソフトとハードの相性などもわからないところ作用している部分があるのかしらね・・・

  続けて詳細を伝えられた。

私の希望は返してもらって作業をすることだけだった。購入から2日半経った此日にWinソフトをインストできる状態で持ち帰ることだったので、それだけはできる風にして下さったと聞いた。

後日3度目のOSインスト前には 此れから入れるソフト内容も絡む更新ファイルもショップさん側で全てバックアップを取り、朝の状態に戻して夜に返す旨を ひたすら謝りながら誠意をもってお話くださった。

そうしてインスト代返却と OS代の仮返却を申し出られ、多大な時間を待たせた上に完品にならなかった事を詫びられた。

  仕方ないと思う。
  Lionが出たばかりで補整が追い付いていない時期でもある。
  ショップさんも大変だと思う。

あんなに謝ってお気の毒だけれど、顧客側としてはお申し出をお受けすべき時間と手間の代償があったのだから仰るようにさせて頂こう。

今夜一旦Winソフトを入れて予定通りの作業をしましょう。そうして後日、今夜からの作業データを戻すこと含めて お任せしましょう。

  じゃあどうぞよろしくお願いしますね・・・って
  何時間を待ち過ごして ぐったりしたまま言った。

  返却金を受け取って、帰宅した。

**


     すっかり遅くなってしまった夜、Macを開いた。

     は〜?? って声をあげてフリーズした。

     OSもフュージョンもアンインストールされてた。

それはめちゃくちゃ過ぎるでしょう・・・!
続きはまた明日ね。


*Mac10.6
*Macへ移行(1)アウトルック・エクスプレス
*Macへ移行(2)コマンドキー
*Macへ移行(3)Winソフト
*Macへ移行(4)インストトラブル



Macへ移行(4)インストトラブル

August 09, 2011

winソフトの続きのお話です。


ついに購入したMacBook。その後の2日半をテスト時間に当てた。

クロスオーヴァーMac体験版をインストして使い心地を試したり、旧Winから資料を移動しながら本体に慣れてゆく日として間を設けた。

未使用の未だ知らぬMacBookに未使用の未だ知らぬソフトを選ぶのは限界あるから・・・
コンサートプログラムを決める前に色々音出ししてみる風にネ!

試しながら今後のWinの用い方を考えた。

**

 

初期段階でブートキャンプは候補から外した。XPを使いたい場合は便が良いかもだけどXPをパッケージで持っていない私は もし購入するならセブンの予定だった。

自分仕様として考えた。データは音源が入るから 簡単に音ファイルを行き来させられる事を第一にしたかった。
だからWinとMacの間で再起動を要求されるブートキャンプは使わないと話すと、販売店のかたはMacとしてもパーテーションを切らないほうを推奨しているので いいお考えだと思いますと仰った。

**


安価で軽いクロスオーヴァーMacと 要OSで本体価格も張るVMウェアフュージョンの間で少し迷った。

お財布には痛いけど、先を考えたときフュージョンのほうが手堅い気がした。単独でWinソフトだけ走らせるクロスオーヴァーは確かに一見便利だけど押さえているアプリケーションは少ない。私が使いたいソフトは動作できるものの体質の問として・・・

今は良くてもバージョンアップしたとき手持ちソフトのバージョンが補完範囲から外れる可能性もある。現LionOSへの対応が遅かったことなど見ても後に不便が起きるかもしれない・・・素人考えでは其のように思えた。

**


2日半の思案の後MacBookを持って再びお店を訪れた。

思い切ってフュージョンとセブンOSを購入した。
簡単なインストだけれど、お初のMacで土台を作る部分に間違いがあってはいけないと思った。

9千数百円・・・(溜息)パーテーション料と同じお代金のインスト料はとっても痛手。でも慣れない段階で万一調律に音の狂いを作って後の演奏に響く風になるよりは・・・と、OSと仮想ソフトをお店で入れて頂く方法を選んでMacを持参したのだった。

**


インスト作業時間1時間あまりを雑用に回し、引取りに行った。
少し待って作業が済んだ。

  技術者さんが確認に目の前で開き・・・
  トラブルが判明した。

  ブルートゥースが認識されず、
  購入したばかりのワイヤレスキーボードが読み込まれない。

Bookだけれどキーボードは別にした。鍵盤楽器奏者からときどき聞く。タッチが速過ぎたり強すぎたりでノートのキーを傷めてしまうって。大事な本体をボロっちくしちゃわないよう、取替えがきくキーボードを予め備えたのだった。

汗をかきながら色々と試す技術者さん。
改善パッチを取り込んでも直らない。

  1時間あまり作業を待ったあとに 
  トラブル改善の試みで更に30分・・・

お願い・・・お外はもう暗くなってきた。

**


技術者さんと販売のかた2人がかりで調べたり試したり・・・
ようやく仰り難そうに口を開かれた。

  大変申し訳ありません・・・(汗)
  原因がわからないんです。
  再インストールが必要なようです・・・(汗)

は〜〜??(驚) なんですって・・・
今からもう一度1時間以上を待つんですか・・・?

キーボードの問題だけならば後日でもいい。けれども此ういった不具合って、もっと下層で具合の悪いことが起きているから ブルートゥースの問題として現れている場合もありますよね。

インストをショップさんにお願いしたそもそもの目的は、土台部分で間違いを残さないためなのですから・・・待ってでもきちんとシステムを整えていただくのがベターだと思った。

**


再びお預けした。

優しくね、優しくだわ・・・って自分に言い聞かせた。
これからずっとお世話になるのだから
いつもの風にすぐキレるのは封印ね。
 
  わかりました。待ちます。けれど
  最優先で、素早く、お間違いなくお願いできますね?

優しく申したけれど、目と語尾はちょっと怖かったかも・・・

溜息をつきながらアイスティを飲んで 世界史を読んでた。
じき1時間半が経とうというのに作業完了のお電話がかからない。

その後やっと掛かったお電話は、焦った感じで後10分ほど・・・って。
それから更に20分。痺れを切らせてショップへ戻りカウンターで問うた。

  私のMacはまだ戻ってこないの??
  一体どうしちゃったっていうの??


続きはまた明日ね。


*Mac10.6
*Macへ移行(1)アウトルック・エクスプレス
*Macへ移行(2)コマンドキー
*Macへ移行(3)Winソフト



Macへ移行(3)Winソフト

August 06, 2011

Mac移行に際して

Winソフトが考えどころだった。


選択肢は3つあった。

1.ブートキャンプをしてヴィスタかセブンを入れること。
2.橋渡しのフュージョンの仲介でセブンを起動すること。
3.クロスオーヴァーMacの仮想ソフトのみOSなしで
 ソフト単独を走らせること。

思案のポイントは此れからWinとどう付き合うかだった。

その時の考えは、Macユーザーになる限りWinに拘らずに、以後ソフトを入れることがあればMac用で統一しようってことだった。継続使用したいWinソフトだけが動けば良いと、軽い仕様の3を選んだのでした。

クロスオーヴァーはOSを使わないのでお値段的にもグッと安上がり。まずは30日無料体験版のインストで使いたいソフトの起動確認をしたいと思い・・・ 矛盾が生じた。

Winから移管したいのはHPを作るソフトだった。新ヴァージョン購入は、5000円近く割安のVUP&DL版と決めていた。

クロスオーヴァー製品版での動作確認は出ているけれど念のため試したかった。お初に手にするMacで失敗しちゃわないようにHPソフトの起動を自分の目で確かめてから購入したい。

  矛盾とは、HPソフトのヴァージョンに絡むのです。

現在は旧ヴァージョンのパッケージ版CDを持っていて、旧ヴァージョンではMac+クロスオーヴァーで動作できない。つまり読み込めないので試せないんだワ。駄目モトでやってみたけれど やはりファイルが作られないのね・・・

旧ヴァージョンだから動かないだけか。新ヴァージョンでもクロスオーヴァーとの相性が悪い可能性があるか。クロスオーヴァー側が体験版だから動かない可能性があるか。

此れらが何1つ確認できない。
確認できないまま仮想ソフトとHPソフトを購入できる風なお金持ちじゃあないもの。

**


此れを機にクロスオーヴァーで動作するソフトの種類?機能?安価に済むお値段を洗い直して比べれば、少しお値段が張っても仮想ソフトとしてはフュージョンの方が安定感があるかもしれないと考え始めた。

ところがフュージョンは単体で動かずOSを買わなきゃあなんないのね・・・

Mon Dieu...!
Macを買って 3年保証をつけて HPソフトをVUPして 仮想ソフトを購入して 更にOSですって?!

勘弁して頂戴・・・ って溜息が出た。
溜息の行方が思わぬ事態に発展するって、この時まだ知らなかったの。

続きはまた今度ネ!

*Mac10.6
*Macへ移行(1)アウトルック・エクスプレス
*Macへ移行(2)コマンドキー



Macへ移行(2)コマンドキー

August 04, 2011

はじめの4日でトラブルが起きた。


正確には、トラブルって思い込んでた。

コマンドキーが効かなくなった。資料移行時、選択反転のツールとして幾度か使った筈だった。幸いメモを取っていた。お初のMacで間違えに気づけば戻れるように、また効率化に、行なった作業を順に記録してあった。

コマンドキーが使えなくなる前に入ってた作業内容を確認した。キーを邪魔するようなソフトやファイルは入れてない。数日で此んな事になるって何故???? 驚いてappleサポートへお電話した。

**


サポートはご親切な対応だった。システム全体のトラブルかアカウント内でのことかを調べるため、テストアカウントを作った。新アカウントには問題なかった。ならば私のアカウント内だけで起きたこと・・・

様々に試した挙げ句に、新しいアカウントを作って移行するしかないって言われた。

勘弁して・・・ って訴えた。
なんとか此のアカウントのまま修正したいって。

お初にMacユーザーになって買ったばかりなの。数日しか経っていなくて今必死に旧PCから移行中なの。混乱しないよう記録して少しずつ進んでいる直中なんだもの。それを途中にしてMac内で移動を始めたらばわかんなくなるったら・・・(涙)

結論はライブラリを触るしかないって事だった。ただしappleサポートではお客様にライブラリの中で作業して頂く危険をお勧めしてはいけないことになっている、って。上層部の技術部署に繋ぎ、サポート員は此処で失礼させていただきます、って。

  ええ、ええ、規則がおありなのはわかります。
  どうぞ繋いで頂戴な・・・

ライブラリでミスすればコンピュータがパーになっちゃうわね・・・ って緊張しながら待った。

**


多くはご親切で細やかなサポート員さんたちにお世話になっていますが 私は技術者さんの朴訥としたお話に安心する癖がある。

コンサートも演奏者より裏方さん、放送関係もアナウンス部より技術屋さんに親しむ癖。

ゆき届いたサービスで丁寧な表の方々に比べると、表現が滑らかに運ばない技術者さんのサポートが妙に楽しかった。

確認事項があるとね、appleサポート員さんたちは至って滑らか。
"お調べして参りますので2分ほどお待ち頂けますか、お時間大丈夫でしょうか、保留音が流れますので其のままお待ち下さいませ、すぐ戻って参ります、一旦失礼致します。"

内容だけじゃなくってサービス訓練もよくなされているのねって感心しちゃう。

ところが普段お電話対応をなさらない技術者さん、突然空白になるの。ファイルを探してらっしゃるのか お電話が切れちゃったのかわかんない(笑) 顧客ケアよりライブラリっきり眼中にない感じが格好良いの。

削除ファイルを指示されて此方がおしゃべりになる。
"お待ち下さいね、よく確認するから。復唱しますね・・・ Macってばお初でね、まだ数日なの。"
ご返事は "あ" とか "は" とか。でも感じ良い風。

ナンテ楽しんだは良いけれど、皆までも言われた通りしてもコマンドキーは戻らなかった。

**


他のご説明の最中に あっ!! って気がついた。

   -- ねえね、技術部署さんに関係ない処ですけれど
    英字入力時のキーボード配列ってデフォルトは何ですか?

   "U.Sです"

   -- !!!!! U.Sインターナショナルになってるんでした・・・
    戻してみますね??? コマンドキーOKです!!!

なんとまぁ単純な・・・
フランス語でメールを書いてフランス語入力に換えたあと、英字キーは何に戻すのだったか忘れちゃって、適当にU.Sインターナショナルにしたのでした。

   "U.Sインターナショナルだと
   コマンドキー効かないんですね。
   知りませんでした・・・(驚)"

   -- 大変お手間おかけしました(汗)

結局技術さんが知らなかったと仰った単純すぎるトラブルでした。

言語キーを始終変更する人間特有の落とし穴でした。
やれやれ・・・


*Mac10.6
*Macへ移行(1)アウトルック・エクスプレス



Macへ移行(1)アウトルック・エクスプレス

August 02, 2011

徐々にMacへ移行中ですヨ。


パソコンの話題なんてお初に致しますネ! 大抵19〜20世紀のおしゃべりで・・・たまにルネサンスだったり時には紀元前だったり。

2011年のコンピュータなんてわかんない世界ですけれど、たまにはレポートも良いカナ・・・

**


ドキュメントなど少しずつ移行するうち、アウトルック・エクスプレスに保存されてるメールエクスポートにちょこっと戸惑いました。何故ってメールソフト上のエクスポートは、マイクロソフト・エクスチェンジへしか書出せない風なのね。

皆様どうしてらっしゃるカナって検索すると、お困りのお方が多かった。

メッセージファイルとしてダイアログボックスから保存場所をコピーして、ファイル名を指定して実行のところから保存ファイルをコピーする・・・面倒な上にcsv形式っきり保存できないですね。

もうひとつはメッセージが保存されてるdbx形式をローカルセッティングのアプリケーションデータから取出す・・・くらいしか方法が見つからなかった。

**


普段ならば、今の時間を浪費するくらいなら以前のメールはなくしちゃってもいいかなナンテ放ってしまうけれど、亡くなったお師匠様のメールがあるの。

  *愛する師を失って

大切なお師匠様の大切なメールはどうしたって拾い出したい。
それも数10秒で・・・

パソコンへの向かい方はお人それぞれで、私にとっては時間節約のお道具。パソコンに時間を費やすのではお道具の意味が矛盾してしまうの・・・

それにお師匠様が生きてらしてローカルディスクを開いてを探してるのをご覧になれば、馬鹿な事は辞めてそんな暇に練習しなさいって仰るに違いないナ。

  あくまで自分用としてだけど簡単な方法発見。

アウトルック・エクスプレスの受信ボックスの中でメッセージを一気に反転させて”添付ファイルとして転送”をクリックするだけ。1つずつのメッセージがemlファイルになって送信メールの中へ自動的にINします♪

Macに同じアドレスを設定したから送受信ボタンは押さずに《ツール→送受信→すべて送信》をクリック。Mac側でeml添付受信。

(サーバーにメールコピーを残す設定にすれば送受信ボタンを押してももう1台で受信できますけれど、移行作業でたくさん送る場合サーバーがいっぱいになりそうですものね。)

思いつきで間違った方法かもしれないから真似っこなさる際は具合の良し悪しを必ず他サイト様でお確かめになってネ!

ん〜、早く19世紀話題に戻りた〜い・・・

  *Mac10.6



Mac10.6

July 30, 2011

今週の変化。

Macを買った。


長らく羨ましい気持ちでMacを扱う人たちを見てた。Mac所有者って、ウインドウズじゃ考えられないっくらい機器に愛着をもってらっしゃるのは何故・・・? って思ってた。

機械に疎くて自信がないし、最初から使ってたウインドウズを今から離れれば不便も多いのかな・・・? 多分そうかも。でも思い立ったときが替え時だわ。

現在のウインドウズが調子悪くなってきてから ちょっぴりずつ検証し、Lion発売を待った。お初のMacだから10.6を保険にした。

安定して使われてきたSnow LeopardをLion発売直後に買って、Lionの無償DLの権利だけを確保し、先で本作が安定してから10.7へアップグレードして万一不具合が出てもSnow Leopardへ戻せる安全策。

お初ならば此んな選択が良いカナ・・・って気がして・・・
決めたらば素早く動きましょ〜♪って、其の日の内に10.6を持ち帰った。

ワイヤレスキーボードもデザイン性が高くって嬉しいったら・・・
Mac1年生デス! 時間を見つけて徐々に移行しますヨ。



銀のレードル

July 22, 2011

テーブルによく登場する

銀の古いレードル。


物心つく前から拙宅で使われ続けていたけれど、いいなぁって思うようになったのは私自身が若さを失ってからだワ。

10代は、今様な軽いタッチのキッチンウエアを良いなぁって思ってた。
古めかしく重たいレードルがとても愛されてるのが不思議だった。

時期や年齢や環境で抱く感覚が変わってゆくのは人間のほう。
古物や作品は同じ顔のまま伝えられてく。

**


フォーレ祭りが2周目になった。

  *フォーレ祭り

1度目に順に曲へ触れてったときは気付かなかった魅力が見えてきた。
候補から外していた曲を時期をおいて再び合わせてみた。
楽曲は変わらない。奏者2人が変化してた。

此んなに良い曲だったかしら・・・? って顔を見合わせた。
素敵な曲たちをたくさん見落としてた。

2周目は、よりしっくりと嵌ってゆく。
お気に入り曲が一層増えた。

**


今日の最初に合わせるのは、モーツアルトの予定です。
譜読み頑張りました・・・♪



キッチンに座って

July 17, 2011

病院でアクシデント。


体調が悪かったところへ治療麻酔がいつもより深く効いて・・・ ロビーでふらついて膝をついちゃった。ビリ・・・ッ☆

うっかり引っ掛けたキャミソールが鉤裂きに・・・! 立ち上がろうとしたらば またふらふらで、今度は自分で裾を踏んじゃって肩紐が切れた・・・(涙) 散々だわ。

どうするの・・・? 茫然とした。わいせつ罪でおまわりさんが来ちゃいそうな酷い姿になった。とても病院バスには乗れなくて・・・ タクシー帰還で大散財。溜息・・・

**


嫌んなると とにかくたくさん食べる癖。帰ったらばキッチン直行。

  可愛くて気に入ってる白いコランダー、
   CDはモーツアルト・ピアノと管弦楽のロンド、

    キッチンテーブルにプラムとお林檎、
     冷蔵庫に作り置きのタピオカのプディング、

      大昔から使ってるお粉用のアルミスプーン、
       頂き物のヴィタメールさんのクレームブリュレ、

        窓から見える紫陽花、
         干して2日目のハーブ。

12月のコンサート依頼のお電話。
相次いで9月のロータリークラブ・コンサート要望の連絡。
入院中の友人から気遣いの優しいメール。

     アクシデントはすぐ何でもなかった事に思えた。

果物のサブレのタネを手早く作ってオーブンに入れ、キッチンに座ってモーツアルトを聴きながら破けちゃったお洋服をチクチク修繕した。 

鉤裂きに余りレースを縫いつけた頃、オーブンがチン♪ って呼んだ。
焼きたてサブレを食べて、相方さんと日程調整をして、ブラームス話題をはずませて、沢山おさらいして、ゲーテを読んだ。

     なぁんだ、とっても良い1日だったんだワ。



生と日々

June 27, 2011

ジンジャー・ボンボンが好き。此れはね、ピーナッツバター風味。
病床の友人がカロリー摂取できそうな、口当たり良いものを探す。


歯ブラシは一瞬アメリカ製・・・? って思ったらば神戸の会社の製品でした。病室に備えると気分が明るくならないカナ・・・なんて眺めてみる。
いいお年のおじさんが此んなの要らない?

**


友人は副作用がとても苦しそう。
私と代われば良かったって毎日思う。

友人は心が綺麗で、物やお金に執着なく、自然を愛して有りのままを受け入れる。自然に逆らう事を善とせず、自分は山や自然の一部と言う。

元来大食をせず、お皿にお料理がいつまでも残ったまま お話するのが常だった。

自分はあまり食べず私に幾らでも食べていいよって言い、私は遠慮なしで "うん! 食べるわよ。" って本当に幾らでも食べるのだった。

足りなさそうな様子を笑って、もっと食べたらいいよとメニューを渡してくれるのだった。ネコヤナギ君と同じね・・・

  ?僕がおうどん屋さんで見たこと
  ?僕が吉野家で見たこと
  ?僕が見た恥ずかしいお食事会


友人の硝子のハートは透明で脆い。
副作用の物理的な苦しみとともに、
医学で寿命を延ばす是非を
心の中で悩み続けてるのでしょう



代われば良かったって思うのは、私ならば悩みは持たず治療に耐えるだけで済んだろうから・・・

普段から困ったときも食欲は落ちず、お腹いっぱいでも目の前に美味しそうな誘惑があれば再び空腹を覚え、時刻がくれば朝まで熟睡し、眠って目覚めれば悩みがどうでも良い気分で新しい日を求める。

生に執着し、人生に執着し、
より太く、より濃い生を求める習性は
友人と正反対のものかもしれない



生きたいと思う。
生きられる日々を欲して、
生きている今に固執している。

映画 "気狂いピエロ" のセリフがとても好き。

《欲する気持ちの中に生がある》
envie (欲望) の中に vie (生) がある


  *象徴(4)気狂いピエロ

友人へ今日できるお見舞いは、生の気配。
友人が私の中に見ている逞しさ。

何も話せなくていい。食いしんぼを楽しそうに見てたように、生の気配にまた笑ってくれたらいい。


*生きててよ
*元気になって
*祈り
*病床の絵
*食べてね
*会いたいよ
*折れた百合
*会えたね
*祈りの花
*月の光と母性
*届きますように・・・
*ピアジュリのお約束?
*お便りいただきました



祈り

June 09, 2011

此んなに祈ったこと、

今までなかったと思う。


ロザリオが体温で生暖かくなり、手の平にクロスの痕が筋になるほど祈ったのはお初だと思う。

せんに子宮癌の疑いと言われたとき、神様の御心のままにと祈った。
骨髄炎と診断されたとき、御旨に適うよう私を用いてくださいと祈った。

コンサート前もお祈りをする。成功しますようにと願ったことはないワ。此のコンサートが神様に遣わされるものならば 力をお与えくださいとお祈りしてきた。

友人のためのお祈りは違ってる。
神様の御心を問えないほどに、どうしても助けてほしいと祈る。

ロザリオが放せなくなった。

**


お庭にホタルブクロが咲いたの。昨年お花がつく前に 雑草と間違って抜いてしまった。すぐに気がついたけれど遅かった。寒い寒い冬が過ぎ、抜かれてしまったホタルブクロは地中で根を伸ばし、一昨年より広がって一昨年よりずっとたくさんお花を咲かせた。

其んなお話を日に幾度かメールで送る。
いつもすぐにお返事をくれる。

苺には苺の返信、百合には百合の返信、ホタルブクロにはホタルブクロの返信。それから、いつも励ましてくれてありがとうと一言。

力を送りたい気持ちを受け取ってくれて、わかってくれてありがとうと思う。今苦しまずに居てくれて、希望を持ち続けてくれてありがとう。

仄明るいやり取り。不思議な平和。文字で話す間の現実感を失うような感覚。静か過ぎて怖いから、またみんなで馬鹿笑いしようよ。

ホタテちゃんを訪ねた。話すうちホタテちゃんは目を真っ赤にして絶対に諦めないと言った。みんなが貴方を大好きでみんなが貴方を愛してて、みんなが祈ってる。

大丈夫よ、きっと治るよ、大丈夫よ・・・って、気がついたら歩きながら声に出して言ってた。あやしい人の独り言になった。元気になってくれないと、独り言言うようになったらヤバイんだからね。

貴方はみんなに必要な人なのよ。最初に病気の事を知っちゃったお年上のご婦人も、ホタテちゃんも、貴方が助かってくれるなら何だってするって言うの。

元気になって彼女たちに奢らなきゃだめでしょう?

*生きててよ
*元気になって



シネマ記録(2)

June 02, 2011

雨に濡れた薔薇を摘んだ。


開いてた画集の上でまとめ、活けた。

頂いた画集は好きなカラヴァッジョ。ヴェルレーヌ月の光で話題にしてたリュートが描かれたページに目が止まった。

1595年頃のお作 "リュート弾き"。カストラートがモデルと考えられてる有名な絵ですね。
あなたは此の絵の何を 一等熱心にご覧になりますか?

私はね、楽譜・・・♪ 絵に楽譜が描かれてると、いつも画集を逆さにして見てしまう。何の曲か知りたくて。

カラヴァッジョは入念に譜を描きました。知らない曲だったけれど解説があった。ジャック・アルカデルトのマドリガル "あなたに夢中なのをご存知" ですって。

カラヴァッジョは、宗教画の大作から リュート弾きのような初期の静的な絵まで好きな絵がたくさん・・・♪

**


映画も絵画テーマを選びがちです。

モディリアニを描いた "モンパルナスの灯" に続いて・・・

   《宮廷画家ゴヤは見た》

1700年代終盤のスペイン。異端審問の惨劇、ナポレオンによる侵攻、公開処刑の習慣・・・ 欲と血と愛と執着に多面的にアプローチした映画でした。

個人的に大好きだったワ! 仲良しのお友達にお勧めしようっと。

血生臭さと、その中で生まれ生きる芸術が描かれ、支配と忍従の両の悲劇も余すところなく。

**


さっぱり体調が戻らないまま またお出掛け日です。お仕事関連の待ち合わせが2つ。

*シネマ記録(1)



シネマ記録(1)

May 22, 2011

映画は

僅かな機会しかなかった。


はじめは、家族でゆくものって思ってた。両親が昔デートで観た映画がリバイバルで来たときに 連れてってもらった。父はジャン・ギャバンの、母はグレース・ケリーのフアンで。

あの時は此んな風だったねって語り合う両親に仲間はずれにされるのを嬉しい気分で聞いてた。映画より2人の会話のほうが印象的だった。

自分で選んで観る年になってもほんの少しだけ。あまり知らなかった。

**


今年新しい事を教わったの。ツタヤさんの会員になるコト。
DVDを借りるコト。

それってばお若い人たちがしなさるコトって思ってた。ツタヤさんって私のような年に関係がないお店かしらって、覗くことなく過ぎてた・・・

ゆきましたヨ♪ お初のツタヤさん。

**


今年になって借りはじめたDVD。


   《モンパルナスの灯》
ジャック・ベッケル監督、ジェラール・フィリップ主演。
舞台は1910年代。画家モディリアニの虚無を描いたお話・・・ 

飲酒と貧困と病んだ精神は、6月に演奏するプーランク "モンパルナス" の闇に通じる気がした。
モディリアニって大好きだし、楽しかった♪

原題 "モンパルナス19 " の19がわかんなくって何の数字かタピオカちゃんに問うた。モディリアニが亡くなる前年1919年の19よって簡単なお答えだった。


   《シェルブールの雨傘》
1964年。ジャック・ドゥミ監督、若きカトリーヌ・ドヌーヴ主演。

興味深かったのは重唱の対旋律。
シェルブールの雨傘のテーマ曲は、メロディーと伴奏の形しか知らなかった。対旋律を様々に使う本編をお初に聴くことができた・・・♪


   《ガス灯》
1944年。大好きなイングリット・バーグマン主演の有名な映画。
見逃していたから一等最初に借りました。


   《真珠の耳飾りの少女》
私が好きそうかもって、フェルメール好きさんがお勧めくださった。
画家フェルメールの代表作 "青いターバンの少女" を巡る物語。
オランダ・デルフトの街の風景のもと美しい画像。
作品の空気感が大好きでした。


   《レ・ミゼラブル》
多く映画作品で扱われる題材。
映画レ・ミゼラブルは絶対にジャン・ギャバンだって、父が強く推してたからジャン・ギャバン主演のを。素晴らしかったワ。なんて素晴らしい俳優さんかしら。此れ1本で私もすっかりジャン・ギャバンの大フアンです!


   《勝手にしやがれ》
ジャン・リュック・ゴダール監督のデビュー作。
若かりしジャン・ポール・ベルモントとジーン・セバーグのコンビ。
ヌーヴェルバーグの代表作。

ゴダールが其んなにわかるわけじゃあないけれど、フランス近現代に触れるなら押えておかなくっちゃって義務感から。

ゴダール監督は自国訛りがある女優さんがお好きだったって耳にしたことがあったナ。私にはジーン・セバーグの強い訛りは長い映画にはちょっと厳しくて。しばらく彼女が主演する映画からは離れるかも。


   《気狂いピエロ》
勝手にしやがれと並び、ヌーヴェルバーグの代表に置かれるゴダール作品。同じくジャン・ポール・ベルモント主演。

  *象徴(4)気狂いピエロ

**


此れからは時々映画の世界も覗いてみたいナ・・・
専ら演奏曲世界に絡む題材が楽しいナ。



月の光のメヌエット

May 15, 2011

急な異変。

身体を起こして歩けなくなった。


背中に異様に強い痛みがあって脚が前に出なくなった。4日ほど前の事。強烈な痛みで 身体を伸ばして横になるのも難しくなった。

しばしば声を上げるような痛み。だのにピアノを弾くのは殆ど痛まない・・・錯覚? (笑) 一昨日の合わせは無事終了したし、今日ノベルティー君の合わせも平気っぽいワ。

お医者様へゆくと、大変な事だって大きな声で言われちゃった。支えきれなくなった背中の筋肉が縮んで、中で瘤になってるんですって。すぐにレントゲン。やぁね・・・ 

生活行動も制限された。でも明日のプチ本番はきっと大丈夫!

**


腐っちゃうとき一等慰めになるのは、詩や音楽に触れること。絵を見ること。甘いものを食べること。いつも変わらないお気に入りです。

月の光第2パラグラフのお話。

堀口大學先生は此んな風に訳されました。

誇らしい恋の歌、思いのままの世のなかを、
鼻歌にうたってはいるが、どうやら彼らとて
自分たちを幸福(しあわせ)と思ってはいないらしい
おりしも彼らの歌声は月の光に溶け、消える、



リュートを訳されなかった堀口様は此処で "短調" の単語を端折られてる。
代わりに "鼻歌" と置かれました。

詩人さんと、私のような音楽家紛いの違いでしょうか・・・
Tout en chantant sur le mode mineur のうち、堀口様は en chantant の調子を重視され、私は sur le mode mineur を重視したくなるの。

宴の宵の音楽は、踊りあり仮装ありの楽しげな様子で・・・
でもその旋律が短調であること。
それもリュートに乗せて掻き鳴らされることが、月の光の下 狂おしい情景にも映る。

短調の旋べにのせる
恋の勝利と世の好機
安らぎを頼らぬ歌は
月の光に溶けて消える



私は上のように訳しました。

**


堀口様と同じ言葉を使うこととなった最終センテンスにも差異が・・・

堀口様訳  溶け、消える、
落合訳    溶けて消える

堀口様訳のほうが語呂も納まりも良いワ。落ち着きを感じさせますね。知りながらそれでも トケテ・キエル って3つ割りを使わなければならないと思うのが音楽家紛い。

何故って・・・
メヌエット形式の月の光の3拍子。
此のパラグラフに重ねフォーレが使った形は
E-a-c Es-a-c D-a-c


どうしても3つ割りの語音を入れたくなったのよ。

**


さあさノベルティー君、今日明日頑張りましょうネ。


*"月の光" 落合訳
関連記事 *月の光とリュート
       *フォーレ "月の光"



月の光とリュート

May 14, 2011

文学冒頭に表れた香や色や音が

書物全編を支配することがある。


果樹園の甘い香、えにしだの明るい黄、バロック音楽の端正な音調。お話の時が巡っても 最初に受けた五感への刺激がどこかに残る。

月の光に出てくるリュートは其んな役割を担っていないかしら?

堀口大學様が詩中のリュートを訳されてないのは何故かしらって不思議に思ってるんダ・・・

   《歌いさざめいて人々行くが》

此れだけ・・・ 何処にもリュートと出ていない。代わりに原詩にない "歌" が挿入されてる。

私には原詩 Jouant du luth がとっても大切な部分に思える。リュートの一言で、クラヴサン以前に栄えた宮廷の 時代と絵巻がイメージできるでしょう・・・?

堀口様は当時の歌にリュートがつきものだったと含ませているか、第2パラグラフの "歌" と同種と設定されたか理由はわからないけど、私は其のままリュートの単語は使いたかった。

何故って、華やかで少し寂しげなリュートの音こそ 此の曲の線の細いピアノパートに似合う気がして。また、やわやわとした月の光を表す気がして。

好きなバロック・ロココ絵画のページをヴェルレーヌの風景に照らしながら思う。フォーレ "月の光" の音色とリュートは深く結びつく気がしてる。

ヴェルレーヌが着想したアントワーヌ・ワトー "イタリア喜劇の恋" の絵画にもほら・・・ネ!


*"月の光" 落合訳
*フォーレ "月の光"

*ドビュッシー小組曲「小舟にて」
*ドビュッシー小組曲「メヌエット」



ピアジュリ用編曲

May 10, 2011

6月24日PJライブは

シャンソン演奏もありますヨ♪


伴奏を自主編曲しちゃいました。市販楽譜はどれも伴奏アレンジが好みじゃなかったから1から書いちゃいましたよ♪ 今度のライブ、とっても楽しみにしてるから特別にリキが入ってマス。

今回使用したのは日本製、かなり厚手の五線紙ですよ。おさらいに耐える紙じゃあなきゃネ。行間幅がそれぞれ違った色んな五線紙が引き出しに詰まってると嬉しくなるんです。

予定のシャンソンは 雪が降る、ラ・ボエーム、枯葉、群集などで19時半からのファーストステージに入ります。セカンドステージにはピアソラもね♪ どうぞお越しくださいネ。

今朝はまた嫌なお医者様だわ。本番のためにも治療を頑張りましょ。
先週からの無理が祟って歩く振動でさえ痛むんだワ。改善できると良いナ・・・



フランスの白い片口

May 03, 2011

アンティークの片口に

フォシェのマカロンをころころ。


本番前、おやつをちょこっとだけ贅沢してみる。

おいしいナ、嬉しいナって感じる瞬間だけ緊張を忘れる。
乱れ打つ心臓を抑えてくれるのったら、やっぱり甘いものだワ・・・♪

今日はパリの風 第15回リサイタルです。
神戸布引ハーブ園にて午後1時半開場、午後2時開演ですヨ。

  *サンラザールより 望郷の空

皆様にお出会いできますのを楽しみにお待ちしておりますネ・・・



19世紀のフランス古書

April 15, 2011

こんなに美しい古書、見たことない・・・


1889年、19世紀の古書でした。

贈り主はタピオカちゃんです。

《親愛なる聖マリージャンヌ》

J.ジラルダンの古書は私のママンのママンのお姉さんが
昔に学校から貰った物で、
算数で一等だった模範生がご褒美に貰えた記念品だったの。

彼女の算数でも計算できないくらい古い時代のものよ。

読んでもあまり面白くないからと私にくれた。
古い教育の中の "子供として不真面目な態度" が
古い形式で書かれてる。

貴女にとっては面白いかもって思ったの。
だって19世紀の教訓的に "良い子と悪い子" が描かれ、
今の時代にかけ離れたものが、貴女好きでしょう?

貴女が楽しんでくれたら私はとっても楽しい気分になれるから
貴女にプレゼントを贈るのが好きよ。

キスを。ブルゴーニュに1つ、貴女に2つ。

                タピオカ

**


当時も学校関係への扱いで一般販売じゃなかったかもしれませんね。見たことないような本が珍しく、とっても嬉しかった。ありがとう。

**


4月21日はピアジュリ・ソロライブです。
お誘い合わせの上、どうぞお出ましくださいネ・・・♪



フランスの古いヨーグルト容器

April 05, 2011

白い容器はフランスから。


昔ヨーグルトが入って売られてた。どんどん使うものだから異物が混入したまま焼かれた茶色い染み。

ホントはね、素敵なアンティークにも小さな憧れはあるんダ。けれども自分っていう人間の内容に添わない素敵なお品を所持するのは恥ずかしい気持ちがする。

身丈と自身の生活に見合った物をあくまで実用として備えたいカナ・・・。

ある日 "ゴミ容器を買いに来ました。" ってアンティークショップで申した。暖かい息を吹き込むために一部の管楽器は管の中に水滴がつくの。そのお水を流すための ちょこっと素敵さんな容れものがほしかった。

ホーローのジャグをリードを浸すお水で満たして、アンサンブルの日のセットです。


実用・生活必需品の筆頭はコレ・・・♪


大きなカルトンに、譜面台の凹凸に合わせた切れ込みを入れてるの。
今のアンサンブルは譜面台からはみ出すサイズの縦横に長い譜面をたくさん使うから・・・

しっかり立つよう台紙を使う。タピオカちゃんが送ってくれたオペラやミュゼの半券を貼り付けて・・・。曲のメモも書き込んじゃう。

見目悪くても気に入ってるの・・・。何故って此れがぼろぼろになった時、乗せてきた曲をきっと思い出す。其うしてメモで候補曲の変遷がわかる。


此ちらもまたゼロ円也。


演奏曲の自主訳や思いついた注釈を書き付けて、合わせの都度相方さんへお渡しする。曲毎に分けた表紙はね、ヤマシギ君と飲んだベルギービールのラベルなんか貼り付けちゃった。

此れが日々のお気に入りグッズ。ゴミっぽい? 私にとっては うんと豊かな音楽用品なんですヨ。

物じゃなくて、音楽ありき、そして人ありきって言える品たち。



「森の鳩」落合訳

March 14, 2011

いつもより少し早く5時過ぎに目覚めた。


イーヨーに貰った蝋梅の種を植えた。森の実と種フリークは変わらず。

フォーレ歌曲 "森の鳩" に心惹かれた。
やさしい男性のデリケートな心が歌われる。


《森の鳩》

                     シルベストル
                 落合訳

甘い嘆きの歌だね
あの白い森の鳩がほしい?
捕まえたいならね、シルヴィ
僕が行ってくるよ

ね? ほら君の側、僕の胸のなかだって
鳩が歌ってるようでしょう?
君はこれもほしい?
こっちのほうがいい? 意地悪だね。

この心だって白い森の鳩と同じにさ
君に囚えられてる
震える小さな鳥の胸に
手を置いてくれない? 優しい羽みたいにさ



《Le ramier》

                        Armand Silvestre 

Avec son chant doux et plaintif,
Ce ramier blanc te fait envie.
S'il te plait l'avoir pour captif,
J'irai te le chercher, Sylvie.

Mais là, près de toi, dans mon sein,
Comme ce ramier mon coeur chante.
S'il t'en plait faire le larcin,
Il sera mieux à toi, méchante!

Pour qu'il soit tel qu'un ramier blanc,
Le prisonnier que tu recèles,
Sur mon coeur, oiselet tremblant,
Pose tes mains comme deux ailes.


**


タイトルについて。
Le ramierは山鳩と訳すのが一般的ですし、1単語のほうが詩中で据わりも良いと思います。森の鳩にしたのは 和訳にひそむイメージ打破のため。

私たち日本人は山と聞けば針葉樹林が重なる形を連想したり、杉や松が密集するお山特有の雰囲気と色合いを頭に描くものじゃあないかしら・・・

日本の山鳩も平地や里で棲息することもあるけれど 言葉のイメージってとっても強いものだから・・・山鳩って言うことでお山の景色の中に括ってしまいたくない詩だと思ったのでした。

2人が居るのは少し田舎の風景の中かもしれない。でも堅く尖った葉を持つ木々の下じゃあないのでしょうから・・・。ゆるやかな気温と点在する広葉樹。若い幹は細く、歌う男性の心のように柔らかで・・・ちがうかしら?


**


訳について。
原詩にクエスチョンマークなんてありませんね・・・ 訳詩じゃなくて楽曲訳である所以です。

白い森の鳩がほしい? って問う形にしたのはね、提示部からメロディーラインが浮くような様子に則ったんです。少ぅし落着きを欠いたふうな、不安定な調子に作曲されて・・・ 男性の気持ちそのもののようで素敵なのよ。

ピアノパートがむしろ男性的。鳩のroucoucou ルククゥって鳴声に重なる8分音符の軽いスラー・スタッカートが3つの拍子を刻みます。ちょっぴり気まぐれに、ちょっぴり冷めた和音で・・・

第2パラグラフのモノローグか会話か区別ないような呟きは、ますます浮き腰なメロディーになるの。曲は展開部に当たります。ピアノパートとハモるより別個のものが合わさって進む演奏形態がふさわしいかもしれないワ・・・ 

クエスチョンマークを挿入したと反対に、méchante! 意地悪! のエクスクラメーションマークを外したのは (譜面上で元々フォーレも外していたようですが) "意地悪だね" って科白がとっても穏やかに明るい様子に作られてるから。

順でゆくと曲は一等最後 "優しい羽みたいにさ" の処でやっと初めのハーモニーに落ち着くの・・・ やさしくてちょっと不器用な雰囲気を感じて好きなった詩。

1904年作曲。プログラムに入れたいナ。

*"墓地にて" 落合訳
*"クリメーヌに" 落合訳
*アヴェ・マリス・ステラ
*"ロマンス" 落合訳
*"水のほとりに" 落合訳
*サンピエトロ、体と遺骨
*"リディア" 落合訳
*"この世にて" 落合訳
*"ゆりかご" 落合訳
*"漁夫の悲歌" 落合訳



パリのカード

February 22, 2011

フォーレ歌曲詩をどんどん訳してるのは、


フォーレの曲がどんどん決まってゆくから・・・
昨日も30曲以上音出しをして、少しだけ目処が立ちそうな気配。

毎回の長時間合わせ・・・ 演奏の体力と集中時間だけは男性に比べても随分もつほうだのに、午後から合わせて夜9時半を回るとさすがにフラフラになっていました(笑)

シャープだかフラットだかわかんなくなってきて 何これ〜? って眩暈がしちゃいましたよ。片や蝶番君は僕はいくらでも大丈夫ですヨって涼しいお顔でご立派な集中力・・・見習いたいワ。お陰で候補曲の掘り出しは随分進みましたヨ。

新しい曲の発見は、新しい音楽観の発見でもある。

知らなかった世界に触れさせてもらう機会を与えられ、喜びのなか歌曲を訳してみましょうって思いはじめたから・・・

訳詩なんてしたコトなかった。 "ロマンス" がお初作・・・ 超初心者が1作目からブログにアップするって どんな神経でしょう・・・(汗)

演奏曲を楽曲イメージごとカードに印字して渡す助け合い運動。フランス詩だけ私が担当。ドイツ歌曲を演るときは教えて頂ける。

訳詩印刷に使ってるカードはね、拙ブログのお客様でもある片桐敬子様のなんです。エールフランス機内誌やJTB、朝日新聞関連書籍など広く写真を手掛けられたフォト・エッセイストさん。

ご自身がお撮りのオリジナル写真でパリ風景のカードをたくさん作って下さったの。お写真につけられたタイトルも素敵なんですヨ。画像は "オペラは楽し" と "夜の記憶"。

フォーレ祭りはまだ続くから・・・ 大切なカード、美しい曲たちのために使ってゆきます・・・♪



木の実フリーク

December 29, 2010

写真の此れ、なぁんだ?

あのね、椿クリップですよ。


昭和半ばから拙宅で愛用し錆が出た目玉クリップは、好きなカードを挟んで裏の穴を壁のピンに引っ掛けるの。カードを傷つけずに飾れてレトロな雰囲気が好き。

思いついて椿のガクを穴に挿した・・・
椿クリップ可愛い♪ 自己満足全開で彼方此方に飾る。

*森の椿
*森の匂い

椿のガクは大切なお宝なのです。近頃にジンライム君にお頼みした収穫物は・・・


お山で拾ってきてもらった風船かずらの実。


中の小さなパンダ色の種をそうっと出して、春に撒こう。グリーンの可愛い実がたくさん実るとよいナ。


**


子供のときに玩具遊びが少なめで、植物でばかり遊んだから今も大好きなのヨ。玩具に代わってお庭の草花を与えてもらった。

お辞儀草を毎朝夕に触って遊んだり、お水をはじく芋科の葉っぱの表面に玉になった水滴を転がして遊んだり。花汁を絞って絵に塗り、イタドリを食べてたのヨ。

今のお子様方がご覧になったらばどんなに貧しい子供時代? ってお思いになるでしょう。でもねとっても豊かな事だったって思うんです。

真冬の早朝お庭に連れ出され、霜柱を教わったこと。蔓の編み方を習ったこと。大きな庭石を動物に見立ててクレパスで目鼻を描いてたこと・・・

驚きや発見をたくさんくれた土や木々、今も大好き。椿クリップは高級装飾品に負けないって思うのです・・・♪



思索と成熟

December 03, 2010

ポストイットを貼りながら本を読む癖。


色別に決め事をしてる。他の本の引用、調べたい点e.t.c. 近頃に読んだ内一等ポストイットが多かったのは、今しばしば話題にしてる "シーシュポスの神話" みたい。


**


タイトルが不条理の叡智を象徴して神話から得ている通りに、智恵と思索を導いてもらえちゃう。思索についてカミュは此んな風に書いてるの。
初めには、え? どうして? って思っちゃうことが書かれてるのヨ。


《いわゆる問題小説、もっとも嫌悪すべきものである。
あの証明を行う作品とは、もっとも多くの場合 みちたりた 思考から着想された作品である。》


みちたりた思考は何故いけないの?
カミュは此んなふうに解いてくれる。


《自分が真理を所有していると思っているとき、ひとはその真理を論証する。
だが、この場合は既得の諸観念を動かしているわけで、そうした観念とは思考と正反対のものである。》


まあ成程・・・ 観念と思考を分けて考えたことがなかった・・・


《そうした創造者とは恥ずべき哲学者である。
それに反し、ぼくの語っている、というか僕の想像する創造者たちは明徹な思索家だ。》

                                     清水徹様訳

**


限界を記し、不条理な創造の無用性を認めながら自分に刻んでゆくこと・・・ カミュは文中 "作品と生との成熟" って言葉を使ってる。

生の成熟・・・ なんて素敵な言い回しでしょう。
不条理の中にあると気づいたとき生の結論を急がず、私たちは成熟を待つことにしましょうね。

明日はブルゴーニュ君カナ。

*経験
*辛くなったらシーシュポス



辛くなったらシーシュポス

November 25, 2010

一冊の本が慰めになり

励ましになることってありますね。


慰めを求めるとき 人はたくさんの理不尽を抱えてたりする。心の中が散らかっちゃうのね。慰めにと心に留まる一言を探す方もいらっしゃる。

正反対に、散らかった心へ優しさを置くより、気持ちを整頓してくれる書物を求める方たちもいらっしゃって。

後者の私にとって うんと気持ちに響いたのはカミュ著 "シーシュポスの神話"。不条理世界に生きる思索を見事に整頓する書物でした。

何かを投げ出したくなるとき是非また読みたいナ。
例えば悲しい自殺のニュースが多過ぎるから特に目に留まった箇所。

《自殺は反抗につづいて起こると人は思うかもしれない。》


そうね? 世が嫌んなって、取り巻く環境へ抗う気持ちなんだワって思ってた。
でもカミュはね 《だがそれは誤りだ。》 って言うの。


《自殺は反抗の論理的到達点をなすものではないからである。自殺は不条理への同意を前提とするという点で、まさに反抗とは正反対である。
自殺とは、飛躍がそうであるように、ぎりぎりの限界点で受入れることだ。》


中略


《不条理は、死を意識しつつ同時に死を拒否することだというかぎりにおいて、自殺の手から逃れ出てしまうのだ。》


中略


《こうした反抗が生を価値あるものたらしめる。》
                                         清水徹様訳


カミュの言い様は素敵だわ。
人生がもう嫌んなっちゃったって思ってらっしゃる方、気持ちが散らかっちゃった方がお手に取られれば良いのにって祈る気持ちです。



シルクのシュシュ♪

November 19, 2010

見て見て手作りシュシュ・・・♪

とっても大きいの。


奥が普通の大きさの市販のシュシュ。比べるとうんとたっぷりしてるでしょう? 留めつけただけで、大きなおリボン結んだ風なボリュームです。

一見ステキさんのシュシュみたい? ううん・・・

シルク布は此処でご紹介したカーテン作った端切れなの。そしてね、カーテンになる前は長襦袢だったのです。ナンテ貧乏くさいブログでしょう・・・(汗)

古い端切れを使ったたっぷりシュシュ。ステキさん風につけちゃいましょう。長襦袢だったことは内緒内緒。


**


午後しじみちゃんとクリスマスコンサートの合わせをして、夜はコンサートを聞きに参ります・・・♪ 懐かしい母校の先生にお会いするのヨ。



ライブ明けの日曜日

October 04, 2010

しとしと雨の日曜日、

ライブ明けの遅い朝だった。


窓の外から金木犀が香った。甘い清潔な香りに誘われ、お庭へ下りた。細かな雨粒を楽しんだ。

シャワーを浴びて朝ご飯。お山ほども食べた。
それからゆったり毛糸を取り出した。ライブのMD聞きながら編むのは また坊やの物。

文字入れしてるレッグウォーマー。デニムに合わせたグレーの毛糸。
クラリネットの拍子に編み棒のリズムが合ってゆく。

なんとなく思い出したハイネの詩、シューマンが作曲しましたネ・・・


 《なみだより》
                           ハインリヒ・ハイネ
                         井上正蔵様訳

なみだより
花は萌えいで
ためいきも
しらべとぞなる

情(こころ)あらば
花をおくらん
まどべには
歌もうたわん


タグ :



青いマフラー

October 01, 2010

寒くなる前に編み上げた

青いマフラー。


毛糸玉を買い足すごと、ゴメンネ・・・って心で言う。

幼いときに編んであげたかった。幼稚園、小学校・・・お友達が暖かそうな手編みを身につける頃に上げたかった。お友達と自慢し合いっこさせてあげたかった。私、まだ生まれてなくてゴメンネ。

部活動の遅い帰り道に巻いてあげたかった。木枯らしの頃、試合の季節を毛糸の応援で過ごさせてあげたかった。まだ坊やを知らなくてゴメンネ。

此の冬も暖かくしててくれると良いな・・・


**


明日10月2日、夜7時半からピアジュリアン・ババールライブですヨ・・・♪

*10月2日ババールPJライブ
*ババール合わせとお茶
*クラリネット・ババール合わせ




Topページへ
Blogページへ