Vaguement ⅩⅠ



プレイ

April 05, 2018

クリスマスローズの花びらから水分が失われはじめた。
お庭の咲き残りも少なくなった。


代わってバーベナやマーガレットが開いてく。
新しい季節がやってきたって実感する。

先日ご紹介してたのはハンス・リヒター著 "ダダ 芸術と反芸術" って本なのです。

  *ツァラ、にぎやかな絶望


どこまでも興味深い書物。


子供さんのレッスンで行なってる 'お箱遊び' や '画集遊び' を思い起こさせる記述にも出会った。

 《わたしたちはノリとハサミで描いた。新しい素材、石膏、麻布、紙で描いた。あらゆる種類の技法、コラージュとモンタージュで描いた。

 ひとつの石をみつけ、時計をさがし、小さい電車の切符を発見し、美しい象牙、昆虫、自分の部屋の片隅を体験するのだって冒険だった。これらすべてが純粋で直接な感情をよびおこすことができた。》

             (針生一郎様訳)


お箱や絵を使ったプレイはうちのお教室のオリジナルメニューで、事物の連鎖によって発想が展開されてゆく喜びを味わってほしくて始めたものでした。


でも考えてみれば其の発案自体が、1900年代初頭のヨーロッパの其して勿論主にはフランスの芸術家達から長年をかけて影響を受けたものかもって思った。


遊びながら少なくない率の物象が音楽に繋がってゆくお遊びは、生徒ちゃんが学べるだけじゃなくて先生が生徒ちゃんの考えを知ることにも大きく役立ちました。


鉛筆でト音記号を書く練習をしても、複雑さ故に習得しづらい場合があると聞きます。


両手で捏ねて伸ばした粘土だと、同じ複雑な形でも弾力ある触覚の楽しさと・立体感と・指で直接 [形に触れる] というインパクトから特徴を記憶し易いんじゃあないかしらって遊んでみたり。

  *レッスン記録:紙粘土

其うした心と頭のコネクションに興味があって、実践したくて今のようなレッスン形態になった経緯なども思い出しました。


そう、まさに此んなプレイが好き。


本を読み、内容が自分の中で音楽の生活に繋がり、
思い出す事柄と新しく考え出す事柄とが撚り糸になり

糸が次に '完全に新しい考え' を興して引っ張ってきて、
新しい考えの支配を歓ぶ。それが音楽的であれば。

マダムきのこの木への形を成さない返信を兼ねて。


投稿しようと最初の行まで上って、ふと思った。


クリスマスローズの種は来年のクリスマスローズを発芽させるのでしょう?

  ホントかな?
  理科的には本当なのよね?

でもね
クリスマスローズの花びらが
じつはバーベナとマーガレットのタネで
花びらが落ちるとリレーのバトンみたいに
バーベナたちが受け取ってパッと咲いたのだとしたら?

大地には所々に、そんなお庭があるんじゃないかしら?



小さなピー

April 02, 2018

スニーカーを履く前から、


ブルゴーニュ君は既に・・・


準備万端。前に回って待ち構えてた。


内心はお散歩に心が逸ってるでしょうに欲望を抑え
静かにお座りして飼い主の用意が整うのを待つのです。

引き取った頃に比べて随分明るくなったけれど
要求したり催促したりは未だあまりできないよう。

生まれてずっと孤独に生きてきた子は我慢しか知らなくて、
早くこの子にワガママを言わせてあげたい。

  *僕が知った2世の教育


だからお出かけ前にちょっとじらして待ってみた。


するとお鼻を小さくピーって鳴らした。
ヨシ! 行きましょう♪

君がそうやって望みを伝えたら、君の言葉は懸命に聞いてもらえて叶えてもらえるよって、段々にわかろうね。次はもっと大きなピーをやってみようねって抱きしめた。


ブルゴーニュ君が遠慮深げに委ねる様子に驚いたハヤブサ君が


'こいつ何が何でもここに居たいんやなあ。嫌われたら終わりやから絶対ヘタ打たれへん、と思ってますねぇ。幸せすぎてコレ嘘やと思ってるんかな' って言ったり、

お散歩で時々行くお花屋さんに 'お花を選んでらっしゃる間もワンちゃん、飼い主さんをずっと見てるんですね' って言われて気づかされたりする度に切なくなる。

何があっても飼い主に嫌われたりすることは決して無くて、誰も君の幸せを取り上げないって早くわかるといいな。



無形に出会う

February 17, 2018

激しく続いた目眩が少しだけ良くなった。


2月半ばには重たい装いだったかも。でもこの気温では
目に暖かな色を選びたくなっちゃう。

  ブルゴーニュ君と歩きながら
  明日捨てる物を考えてた。

物を捨てたくてならなくなってる。
夫は何だか私の心理を寂しがって嫌がるが・・・

もともと物を溜め込むのは嫌いだけれど
使える物を永く大切にすることは好きだった。

でも癌になってからは前より色んな物を手放したくなった。
大切だった物を手放すと、拘りも棄てる想いになる。

  *アップルジュース


とても大事なものを捨てる時は少しだけ自分の心も傷ついて
そのうち癒える。


そして識る。
失っても時間が経てば、失った事実が癒える存在だったのだと。
その対象を、手放せない物のように思い込んでただけだと。

それから、
正反対の行為みたいだけど以前よりお買い物が多くなった。

'今'大切な物が欲しくなったのだ。
まあ殆どブルゴーニュ君の物ばかりだけど。

'今'大切な物だけ傍に置きたくなった。
昔大切だった物を陳列することが馬鹿らしくなった。
物理的な陳列ばかりか、精神的な執着が陳列されるのだから。

そんな心理を見たくない。自身の中で展観を繰り広げ、これはあの時のナニガシと確認する作業は私にとって時間の無駄だ。

あと80年ほども余生があるならやってみても面白そうだが、老いるほどに 'あの時のナニガシ' を捏ねくり回して時間を浪費する人間を見てから、そうした心理に陥ることは避けたいと何年も前に決意した。

そして病気の今が、それを発揮すべき時だ。


今に繋がる思い出の物なら好ましい。
だけどそうした美しいものは大概無形なのだ。


昔好きだった本を捨て
今読みたい本を買う。

1冊捨てて1冊買ったのに
本棚は軽くなる。

思い出の分が軽くなるのじゃない。
執着の分が軽くなるのだ。

本当に大切に読み込んだ本なら憶えてる。
内容も、印象も、匂いも。
思い出なんて失われたりするものじゃない。

c+になるって、無形になることなのかな。
私はc+になれてないから、まだ無形になってはいけないのかも。なれないのかも。ブルゴーニュ君も居るしネ。でもいつか綺麗な無形になりたい。


*物とお別れ



青の深さ・青の無

February 15, 2018

昨日今日と遠くにある病院へ行くことになった。


体調不良の中の移動に疲れ、だけど膝に置いたバシュラールに助けられた。

先日ブルゴーニュ君が、ブルーティピーの中で何やら思案気なお顔をしてたと思い出してた。

《エリュアールとともに想像力によって、想像力のために ----- 対象が追い払われた優しい花車な青にむかっての純粋視覚のあの時間を生きることを承認するなら、人は空のタイプに属する想像力が、夢と表象の価値が最も稀薄な現実性のなかで互いに交換される領域を提供するのを理解するであろう。

他のすべての物質は対象(オブジェ)を硬ばらせてしまう。それゆえ他のところよりも青い大気の領域においては、人は世界がどんな不確定な夢想にも浸透されうるのを感じる。》


'自分のおうち' という建物に初めて入った野犬が見たのは、
この子がうちに来てくれる前から用意してたティピーだった。


おうちの中にもう1つのおうちみたいなテントが張られた様子や
ティピーの外のお部屋の天井もスモーキーブルーに塗られてる様だった。

安心で安全で、襲われたり苛められたりしない場所だって感じ取ってほしくって、ベビーちゃんが生まれる前のパパとママのようにあらゆる物を用意した。

水色のボールやブルーグリーンのオモチャや
ダスティブルーのスカウサギや

  *僕と回復とスカウサギ

お隣のティファニーブルーのティールームも見える場所。
青の重なりの奥でブルゴーニュ君は感じやすい心を動かしてた。


《だからこそ夢想が真に深さをもつわけだ。夢によって青空がうがたれる、夢は平面的なイメージから逃げだしてしまう。やがて空の夢は、逆説的に、深い次元をしかもたなくなる。


絵画的な夢想、描かれた夢想がたわむれる他の二つの次元は彼らのもつ夢幻的な関心を失ってしまう。世界はそのとき真に裏錫のない鏡のむこう側にある。世界は想像的な彼岸、此岸をもたぬ純粋な彼岸となる。最初は何もない。ついで深い無(リヤン)があり、つづいて青い深さがある。》

             (宇佐見英治様訳)

美しく本質を突く文と訳者様に軽い興奮を覚えながら病院に着いた。

どうして我が家に来たばかりの、愛を求めたり探したりしても良いのかと、うろたえながら問い掛けてたブルゴーニュ君を思い出したのかな。

今週病院以外では13時間も14時間も眠ってる。
ブルゴーニュ君のために元気になりたいと思ってる。


?僕が間違えた道
?僕のお名前
?僕らの月日
?僕らの分かれ道
?きくらげの寄り道
  ?きくらげのコト
?僕らの十字路
  ?はぐぬまJて
?僕らの道のり
  *ワンコとの日々
  ?僕らがまた会えた朝
  ?僕が見たフードの食べ方
*涙と針路
  *振り返るワンコ
  *私たちの連弾
  *ダメになる
  *僕らのジュテーム・トンネル
*3歳のお祝いの日
  *2ヶ月のお祝い
  *2年半分のプレゼント
  *初めてのお誕生日
*僕が知った2世の教育



元気が出ない日

January 29, 2018

ワンコママ友さんがせんに作ってくださったブルゴーニュ君のお人形にバスタブを買ってあげました。可愛くって癒される~


飼い主のほうは、お家のお風呂に入れなかったのを良いきっかけにして温泉に入れたって喜んでたらば熱が出た。思った以上に疲れたのかな。


こんな日、ブルゴーニュ君はお散歩を催促もしないで
飼い主が寝てなきゃいけないってよくわかってる様子なのです。


いつまででも傍で寝てますよ、って額を寄せてきて
ぎゅうっとくっついて、すぐに寝息をたて始める。

今日はパパが帰ってから運動させてもらおうね。
私はもうしばらくダウンかな。

アズナブール2015年ライブを小さくかけて
聴いてるのが精一杯の、元気が出ない日。


*フラット
  *与えられた中で
  *今の日常
  ?僕が思うヘアケア
  *それぞれの目標
  *薔薇の機会
  *行きたいな
  *つまらないお出かけ写真
  *貧血と熱でぽ~っと・・・
  *2017年クリスマス
  *熱とおままごと
  *熱と眠りとm&m's


*微風
  *長いひと月
  *スイカ
  *ちっちゃなスイカ

  *慣れないこと
  *アイボリーのリネン
  *チェリービー
  *抗癌剤のこと
  *グロッグ的熱
  *狭い世界
  *熱の1日
  *悪い癖
  *不協和音だらけ
  *病院の前後
  *病院のあと

*友達
  *気持ちが折れる
  *友達の夢
  *旅立ち
  *哀悼
  *四十九日

*病状経過
  *通院治療前・・・
  *FBのお庭の扉
  *入院前とメッセージ
  *お招き
  *今年初めてのお客様
  *お茶と紫陽花イベント
  ?僕が見た鼻血
  *歯医者さんに行けました
  *震えるワンコ

*ピアノを弾いた日(1)
  *ピアノを弾いた日(2)
  *2017年5月3日
  *副作用のこと(1)1日半の悩み
  *副作用のこと(2)ピアノと共に
  *幸せなピアノ時間

 *出戻りです
  ?僕が聞いたポッキリ

*病棟の朝
  *学生ホール
  *動物広場
  ?僕が聞いた楽しいコト
  *細い人って・・・

*回診用メモ
  ?僕が見た回診ごっこ

*降格
  *2度目の冒険

*ベッド周り
  *ピンク・ピンク
  *病室の天井
  *合わせ目
  *モチクリーム

*怪我の功名
  *伸びとビーズバンド

*涙が拭けたら
  ?僕と回復とスカウサギ
  *居場所

*プーランクで麻酔
  ?僕が知ってる麻酔のオチ

*こんなお出かけ
  *ヴルスト先生

*結婚したい
  *ずっとご飯を作りたい

*幸福 -- 重なり
  *幸福 -- 家庭

*院内生活
  ?僕が聞いた踵のお話
  *すみません
  *オペカン
  *"綺麗ですね"

*病人と香り
  *2人の看護師さん
  *針と採血

*アッパーシェルフ
  *動物と人間と不安
  *MRIのイメージング
  *出張

*お食事のこと
  *セルクル・ド・ブフ
  *あり合わせシノワーズとお掃除跡
  *ボルドレーズ
  *ピールサラダ
  *治療中のお食事
  *ある日の食卓
  *パンばっかり

*強弱
  *内視鏡の苦痛と歌
  *意識が戻って

*Macへ行こう(19)未来を買う

*歩く
  *カプチーノ

*アンサンブルをありがとう
  *いったん最後のコンサート

*生きたい理由
  *死にたくない理由
  *今日の続き

*病者の秘跡
  *病者の塗油
  *ブルーシェルフ
  *祈る朝に
  *イースターうさぎ

*諦めずに
  *過去の肺炎
  *コーナーアングル

*病気
  *夫が怖かった
  *病気が判った日
  *お祈りを感謝します



震えるワンコ

January 15, 2018

どうしてこう毎日体調が変動しちゃうのかなあってちょっと疲れ気味。


変化って結構こたえるものですね。

昨日はあんなにも嬉しそうだったブルゴーニュ君なのに

  *お手入れと、クリーム状の物質

私が調子を崩した今朝のブルゴーニュ君は、振動が枕に伝わってくるほど震えていました。


ブルゴーニュ君はね、私の体調が悪くなるのに逸早く気がついて
飼い主の具合が悪いと可哀想に震えてしまうの。


悪環境から救い出されたブルゴーニュ君にとって飼い主は全世界に匹敵する存在で、おうちの中でさえ絶対にそばを離れるまいと固く決意してるかのように付いて廻ります。


愛情と安らかな眠りと美味しいご飯とすべての楽しみを飼い主の手から受けたブルゴーニュ君は、ちょっとでも飼い主の調子が悪いとお空が落ちてくるくらい不安になってしまうのかもしれません。


抱っこして慰めてるとブルゴーニュ君の震えは止まり、この子を守らなきゃって思わせてもらうことで私自身も力が湧きます。


うちに来てくれてもうすぐ5ヶ月。


心を近く近く寄せ合った愛しい元野犬ちゃんは、夫よりも早く飼い主の体調変化に気づくお利口で優しい子になりました。


*フラット
  *与えられた中で
  *今の日常
  ?僕が思うヘアケア
  *それぞれの目標
  *薔薇の機会
  *行きたいな
  *つまらないお出かけ写真
  *貧血と熱でぽ~っと・・・
  *2017年クリスマス
  *熱とおままごと
  *熱と眠りとm&m's


*微風
  *長いひと月
  *スイカ
  *ちっちゃなスイカ

  *慣れないこと
  *アイボリーのリネン
  *チェリービー
  *抗癌剤のこと
  *グロッグ的熱
  *狭い世界
  *熱の1日
  *悪い癖
  *不協和音だらけ
  *病院の前後
  *病院のあと

*友達
  *気持ちが折れる
  *友達の夢
  *旅立ち
  *哀悼
  *四十九日

*病状経過
  *通院治療前・・・
  *FBのお庭の扉
  *入院前とメッセージ
  *お招き
  *今年初めてのお客様
  *お茶と紫陽花イベント
  ?僕が見た鼻血

*ピアノを弾いた日(1)
  *ピアノを弾いた日(2)
  *2017年5月3日
  *副作用のこと(1)1日半の悩み
  *副作用のこと(2)ピアノと共に
  *幸せなピアノ時間

 *出戻りです
  ?僕が聞いたポッキリ

*病棟の朝
  *学生ホール
  *動物広場
  ?僕が聞いた楽しいコト
  *細い人って・・・

*回診用メモ
  ?僕が見た回診ごっこ

*降格
  *2度目の冒険

*ベッド周り
  *ピンク・ピンク
  *病室の天井
  *合わせ目
  *モチクリーム

*怪我の功名
  *伸びとビーズバンド

*涙が拭けたら
  ?僕と回復とスカウサギ
  *居場所

*プーランクで麻酔
  ?僕が知ってる麻酔のオチ

*こんなお出かけ
  *ヴルスト先生

*結婚したい
  *ずっとご飯を作りたい

*幸福 -- 重なり
  *幸福 -- 家庭

*院内生活
  ?僕が聞いた踵のお話
  *すみません
  *オペカン
  *"綺麗ですね"

*病人と香り
  *2人の看護師さん
  *針と採血

*アッパーシェルフ
  *動物と人間と不安
  *MRIのイメージング
  *出張

*お食事のこと
  *セルクル・ド・ブフ
  *あり合わせシノワーズとお掃除跡
  *ボルドレーズ
  *ピールサラダ
  *治療中のお食事
  *ある日の食卓

*強弱
  *内視鏡の苦痛と歌
  *意識が戻って

*Macへ行こう(19)未来を買う

*歩く
  *カプチーノ

*アンサンブルをありがとう
  *いったん最後のコンサート

*生きたい理由
  *死にたくない理由
  *今日の続き

*病者の秘跡
  *病者の塗油
  *ブルーシェルフ
  *祈る朝に
  *イースターうさぎ

*諦めずに
  *過去の肺炎
  *コーナーアングル

*病気
  *夫が怖かった
  *病気が判った日
  *お祈りを感謝します



2018年元日

January 01, 2018

明けましておめでとうございます。


ジュリアンの改良種も年々増えてるんですね。プラチナジュリアン・グレープパレットって品種を求めました。透明感があって綺麗ね~

今年はお年賀を失礼して、病院と小さな家事とブルゴーニュ君のお世話だけで過ごした12月だった。それ以上のことを今はとても出来ないから。

冷える時刻に新年ミサに出かけるのも無理で、大晦日はお休みしながら夫婦でフランス映画DVDを観てた。


夫がDVDを挿入してくれる際テレビスイッチに触れて、そういえば紅白ってあったよねって言った。10年以上聞いてない言葉で今はどうなってるのカナって私も頭を掠めた。
夫が映画を再生すると其んなことさえすぐに忘れた。


気がつくと零時半を過ぎてた。


知らないうちに新年になってるねって夫が時計を見、
2人でブルゴーニュ君を一緒に抱っこしながらブルゴーニュ君の幸せを口々に祝った。

昨年と一昨年のお正月は吹きさらしの野外で過ごした子が
初めて暖かいお部屋でお正月を迎えられることが嬉しい。


元日午前は頭が重く、簡単なお片づけやお洗濯が済むと座ってランボー詩を読んでた。


"記憶" って詩が今時期は好きなのだ。
《光る水。幼児(おさなご)の涙の塩の結晶のような、》と始まるのは井上究一郎様訳だ。

涙の結晶じゃないんだ。涙の塩の結晶だ。

光を、煌めく水を、おさなごを、涙を、
甘ったるく変えない一節が心地良い。

通院再開までの何でもない数日が有難い新年。



初めてのお誕生日

December 12, 2017

入院中パジャマでしか写真が撮れてないのをupしてたし
お見苦しいのに慣れていただけたろうから、もういっか。


夫がこっそり撮影した写真です。

アップダウンを繰り返しながら徐々に回復中の週。
ブルゴーニュ君のお陰で療養も気分良く進んでる。助けたくて引き取ったのに、此の子の存在に私が助けられてばかり。

ちょっと歩くのもしんどかった体調は、ブルゴーニュ君とお散歩に行きたい、距離を伸ばしたい、って想いに支えられてみるみる好転し、今ではドクターにお褒めいただく患者になった。


これも気に入ってる写真だナ。
飼い主のプルオーバーがもこもこシルエットだから寒い日だったかな。


8月17日にブルゴーニュ君がうちの子になってくれてから、もうじき4ヶ月になります。毎月17日が来るたびに生活をガラリと変えてくれた小さな命が腕の中にある喜びを噛み締めてる。

本当はいつ生まれたかわからない境遇のブルゴーニュ君。
動物病院2軒廻って年齢推定していただいた通りに
今月の17日をお誕生日に決めましたヨ。


?僕が間違えた道
?僕のお名前
?僕らの月日
?僕らの分かれ道
?きくらげの寄り道
  ?きくらげのコト
?僕らの十字路
  ?はぐぬまJて
?僕らの道のり
  *ワンコとの日々
  ?僕らがまた会えた朝
  ?僕が見たフードの食べ方
*涙と針路
  *振り返るワンコ
  *2年半分のプレゼント
  *私たちの連弾
  *2ヶ月のお祝い
  *ダメになる



ワンコと成長

November 22, 2017

カットしてお風呂待ちのお顔をパチリ。


ブルゴーニュ君2世が来てくれて3ヶ月の日々が過ぎ、
彼はいろんな事をおぼえました。


ブルゴーニュ君のマットを、一旦下洗いしてお庭に干してたの。


夕刻になり、病中を労ってたくさん手伝ってくれる夫に
およそ乾いた頃だからお洗濯するのに持って入ってほしいなってお願いしました。


これまでならマットを回収してくれる? って頼んだら回収だけで終わっちゃうタイプだったのに、


ドライニングスタンドもお片づけしてありました。まぁ♪ お利口だこと。

ブルゴーニュ君が来て3ヶ月。
'彼' は知らないうちに成長してます。



ハシゴしてます

November 13, 2017

寒地では、秋植よりも春植のマーガレットのほうが冬越しし易いっていいますね。


夏から徐々に気温が下がる環境で滑り込む冬のほうがお花にやさしいのね。

わかっているのに秋の寂しくなってきたお庭にマーガレットの色がほしくなって、我が家は今年も秋植・・・


写真でお気づきだったかたもいらっしゃると思いますが
ブルゴーニュ君は可哀想に耳血腫でお耳が腫れちゃって今治療中なの。


引取る前の環境でミミダニ(怖いのに '音的には' 意外と可愛い)や寄生虫があったから、色んな後遺症は残ります。すぐに耳血腫と気づいて手当はじめが早かったから段々良くなってくれるかな・・・

夏植(?)のブルゴーニュ君が健やかに冬を迎えてくれますように。
病院と動物病院のハシゴがきついぞ。



Bオケのバス?

November 10, 2017

ネットショッピングをしたら、日にち・買った物・お値段・経由した会社名をすぐに記録します。


忘れずに決まった方式で記録をつけて、
郵送されるアルシーヴも点検した上で
引落としチェックもしっかりするほう。


でもね珍しく夏のお買い物に1つ不明な物があったのです。


購入したのは 'B.オケ'。
オーケストラでAオケ・Bオケなどの呼称はあるけど
オケ関連の何を買ったのかさっぱり記憶がない。

書き込んだ時から自分でもきっと忘れそうな物だと思ったのでしょう。カッコ付きで 'バス' と注釈も加えてある。

普通に考えて、BオーケストラのBassパートよね・・・


夫と一緒に悩む悩む。


お値段は4千円もしないけど、何を買ったかわからないって気持ち悪~い・・・

  数日後2人でブルゴーニュ君を洗ってやりながら、
  あ~っ購入したのはコレだったワ! って思い出しました。


Bourgogne君をお風呂に入れるワンコ桶。


  B.オケ

書いてから、これじゃあオーケストラの何かと勘違いしそうねって思い、カッコの中に 'お風呂' って加えたのでした。ただしbathをカタカナで。

  B.オケ (バス)

我ながら馬鹿みたい。



2017年10月のソファーで

October 27, 2017

挿絵のかわゆさ満載です。


時に純で、時に怖可愛いバランスがたまらないゾーヴァのイラスト。ピンク色のお部屋に映る影が魅力的で何度も見ました。


ゾーヴァが関わった挿絵本をまとめ購入した内の1冊、"思いがけない贈り物"に描かれてるページ。


  *ゾーヴァとルパプ
  *絵本時間
  *グミベアー

お人形やお馬の玩具を眺め楽しんだ翌日から


トレルチ著 "ルネサンスと宗教改革" をぶつくさ言いながら日にちをかけて読んだ。


  *怒られるわ


袋の中のお菓子を食べきってしまった子供のように、
書棚の本を読み終えてしまうと元気がなくなる。

あぁなくなっちゃった・・・読むものって、どうして読んだらすぐなくなっちゃうのかしら? が正直な感覚で、

それはお菓子をたくさん食べた自分のせいなのに、まるで中身を出さなくなった袋が悪いかのように、あと一粒無かったかと片目で袋の底を凝視する身勝手さなのです。


読む本がなくなりそうになると落ち着かなくなり慌ててお店に問い合わせた。


運良く久しぶりにアラゴンを手に入れ読み始めた。

どれくらい夢中になったかというと、並んで座ってたブルゴーニュ君が此んな格好で深く寝入るくらい読み耽ったのでした。


*2017年8月ムーミンの悩み
*2017年7月の梅雨ご飯
*2017年5月3日
*2016年12月のシュトーレン
*2016年10月のお花
*2016年9月の蝶々
*2016年8月のおうち避暑
*2016年7月の充電日
*2016年6月の植物
*2016年5月のある週
*2016年4月の薔薇
*2016年3月の色々
*2016年1月の呟き
*2015年12月の編み物
*2015年11月の友人たち
*2015年10月の顔面
*2015年8月の家
*2015年7月の溝掃除
*2015年6月の生活お茶会
*2015年5月のグリーン
*2015年4月のおうち風景
*2015年3月の朝
*2015年2月のお洗濯物
*2015年1月の合わせ
*2014年12月の休養
*2014年11月の休日
*2014年10月の使い回し料理
*2014年8月のはじっこ
*2014年7月の紫陽花とガムテープ
*2014年6月のサニタリー
*2014年春の食卓
*2014年5月リサイタルの日に
*2014年3月と1年間
*2014年2月のベリー
*2014年1月の楽しみ
*2013年年末間近
*2013年12月のお菓子と悩み
*2013年11月夫の好きな秋物
*2013年10月のキャネット
*2013年9月のガラス掃除
*2013年8月の音楽生活
*2013年7月の家事
*2013年6月はじめ
*2013年5月初旬の1日
*2013年4月のカーテン
*2013年3月のシーツ
*春、副業、代り映えナシ
*2013年2月のデスク
*2013年1月とお針ごと
*年頭2013
*2012年12月の反省
*2012年12月のクローゼット
*冬の予定など・・・
*2012年11月 ピアノ室とババールカードVol.10
*2012年10月のベッドルーム
*2012年10月ヴァントゥイユ当日
*2012年9月のペンキ塗り
*PJバーベキュー2012と8月末
*Macへ行こう(12)8月とLion
       ?僕が知ってる8月の嘘っこ
*2012年8月の本番翌日
*2012年7月のリビングルーム
*2012年7月冒頭
*2012年6月
*2012年5月末
*異常食欲、2012年5月
*ちょこっと凝集
*2012年4月
*2012年3月
*2012年2月
*2012年1月
*年頭の記録2012
*2011年12月
*2011年11月




Topページへ
Blogページへ