La visite Y



クリスマスミサへ

December 26, 2013

クリスマスイヴは海星病院のチャペルに居ました。


六甲教会からいらっしゃる司祭様によって執り行われる病院ミサ時刻が予定に合ったんだった。

夫が神父様に祝福を頂くシーンに感激して泣いてしまった。
お正月ノイローゼの反動かも。


泣いたあとの顔。


標高が高い場所の海星病院をあとにして見た夜景はとっても綺麗だった。街へ降りて・・・

クリスマスイヴは天婦羅うどん。
24日の小斎を守り消去法で選んだ頼りないおうどんで満腹ならず。帰って夫とポテトチップスを食べ食べ胃袋の隙間を誤摩化しながら、お腹いっぱいにならなかったね〜って嘆息。

世紀を遡るジャンセニスム厳格主義の、断食中のショコラ問題のいきさつを話し合いながら、明日はいっぱいお肉食べようねって寝るまで言い続けたお腹空かしの夜でした。


■カトリック関連リンク
*寛容というもの

*疎外感を越えて
  *不思議な駅(15)好きなもの
*サン・ニコラの日
*2011新年
*サンタクロース
*クリスマスツリーと恩寵の聖母
*禁欲のクリスマス・イヴ L'abstinence
*お年賀状プリント
*年頭2013
*ギャレット・デ・ロワ
*ロザリオの祈り
*ミサ前に
*チョコレートに悩む
*キャスピアと教皇聖下
*ミサのオルガン
*2013年年末間近
*潔斎のクリスマスイヴ

*お祈りとお姑さん
*結婚式のブーケ
*結婚式のベール



丘とルソー

December 10, 2013

近くの自然公園へ休日の夫と出掛けた先週の記録。


往復を入れて1時間足らずのお散歩だった。

お山というには小さな敷地。
坂の上の丘のような自然公園はお初にデートをした場所だった。
ババール合わせの休憩にお散歩しながら楽曲相談をしたんだった。

独身時代も楽しかった。2人のお部屋に飾る小枝を拾いに向かう今にも心躍った。丁度管理事務所による伐採の真っ最中で、手頃な大きさの枝を幾つか頂けた。

狭い丘ながら高さはあって、気持ちがいい。
雪のように絶え間なく降り注ぐ葉っぱを2人で見上げた。


丘への順路は小学校への通学路に重なる。


"イクラ先生も毎日この道を通ったのよ。"
夫もブログに登場する7歳ごろの担任とラ・クロワのコンサートで顔を合わせてた。家内でもしばしば話題にのぼるイクラ先生の思い出深い教育の形は、先日からルソー書のおしゃべりの間ずっと頭にあった。

  小さな植物を見て、舞い落ちる葉を見て、
  心が新しく生まれるような感動をおぼえる度に
  イクラ学級のお教室を思い出す。

**


《あなたが彼に教えたからではなく、彼自身がそれを理解したから、何かを知っている、というのでなければならない。学問を教わるのではなく、それを作り出すのだ。

もしあなた方が、彼の精神のなかで、権威を理性に置き換えたりすることがあったとしたら、彼はもう推理をしなくなってしまうだろう。他人の意見のままにもてあそばれるだけになるだろう。
 あなた方はその子供に地理を教えたいと思う。そして、彼のために、地球儀や、天球儀や地図を持って来ようとする。なんというものものしい道具立てだ。どうしてそんな模型ばかり持って来るのだ。どうしてまず物そのものを子供に見せてやろうとしないのだ。すくなくとも、子供はあなた方が何について話しているのかわからなくてはいけないのだ。

 ある美しい夕暮れに、われわれは、広々とした地平線上に、沈んでゆく太陽がすっかり見晴らせるような、都合のよい場所へ散歩に出かける。そして、太陽がどこに沈んだかを示している目印になるようなものをよく見ておく。翌朝、さわやかな空気を吸うために、日の出前に、同じところへまた出かける。

姿を現す前から、太陽は火矢を放って、早々とその出現を予告している。朝焼けはひろがってゆく。東の空全体が炎に包まれているようだ。その輝きを見て、太陽が姿を現すずっと前から、われわれはそれを待ちかまえる。一刻一刻、もう太陽が現れたのではないかと思う。やっとほんとうに太陽が現れる。

光り輝く一点が、稲妻のように放たれ、あっというまに空間全体に満ちる。闇の幕は切って落とされた。人間はその住みかを目にして、前よりも美しくなったと思う。緑は夜のあいだに新たな瑞々しさを加えた。それを照らす生まれたばかりの日、それを金色に染める最初の光線は、きらきら光る朝露の網におおわれた緑を示し、目に光とさまざまな色とを反射させる。

いっせいに鳴きはじめた小鳥たちは、より集まり、声をそろえて生命の父を迎える。この瞬間にあって、黙っている鳥は一羽もいない。そのさえずりはまだ弱々しいが、一日の他の時刻よりも、もっとのどかで快い。それは平和な眠りからさめたばかりのものうさを感じさせる。

そういったすべてのものがいっしょになって、感官に清々しい印象をもたらし、それは魂にまでもしmにわたってゆくように思われる。そこには、いかなる人間も逆らうことのできない法悦のひとときがある。こんなにも壮大な、こんなにも美しい、こんなにも甘美な光景には、どんな人も冷静ではいられない。》

             (戸部松実様訳)


■ルソー関連リンク
*育ててもらった子供として
*ファゴットルームとルソーの樹液
*ガラスものとルソー



コンサート後の元町

November 27, 2013

昨日のコンサート現場は地下鉄海岸線沿い。


芸文の担当員様、お聞き下さった皆様ありがとうございました。

コンサートは夕方には終わっていたからそのまま旧居留地前へ。
コンサートアクセサリーの金具換えやら細かな用事のあとに
夫とちょこっと栄町デート。

アスティエを見たり、丁度良いのが見つからず実は未だ新居に足りないままになってる電燈を見たりで1時間ばかり。でもゆっくりはしてられません。

早いお夕飯をさっと済ませたら・・・


ジョン・オマリー神父様のお勉強会に出席したかったんです。


ひと月以上ちっとも時間が取れなくてミサにも出席できず居たから、今月最後のコンサートが終わった途端の教会行きでした。

求める世界に触れられて、ほっと寛ぐことができました。



PJオーストリアワイン解禁

November 15, 2013

13日水曜日、オーストリアワイン解禁日にPJを訪問しました。


バタバタしてばかりで、出る間際に2人の時間が取れたから15分だけでもと大慌てで1曲合わせてから外出。

此の夜はオーストリアもののカルテットなどを聴かせていただくのかなって何となく想像してたらば


すごく珍しいダルシマーでした。


お初に生の楽器に触らせていただいて楽しかった〜♪

ハンマーを手にさせて頂いてバウンドさせる奏法を試したり
音階ブロックごとに張られた弦の構造を見せて頂いたり
ダルシマーの装飾の入れ方を伺ってピアノでなぞってみたり
とっても面白かったのです。

アイリッシュの音楽ってセッションする楽器同士がハモらずに
皆が同じ旋律と同じ装飾音の形で演奏するんですって。
なんにも知らなかったから新しい発見が一杯でした。


次回のPJイベントは11月21日ボジョレーヌーヴォー解禁日。


午後7時30分〜 デュオババールの演奏です。

  *11.21 PJボジョレーの会

ワイン好きのお方、フランス好きのお方、音楽好きのお方、どなた様でもいらして下さいませ。



帰らぬ夫

November 10, 2013

大事件だった。
夫依存症の馬鹿嫁にとっては。


夫が地方公演、其れも夜のコンサートで
昨夜ひとりで休みました。んまぁ大事件。
昨日やさぐれてた理由です。
数日前からとっても厭で早く過ぎてほしい日だった。

寂しいばかりでなんにもできなくてディドロ&ダランベール百科全書を読み切ってしまった。

でも夫は宿泊なしで、23時過ぎ出発の深夜バスに乗ってくれた。
早朝5時半に神戸着〜♪

もうすぐクタクタで帰ってくる。

お風呂はピカピカになってお湯で満たされ
甘いミルクティーの準備ができてる。

さっぱりしてもらってお茶を飲ませて
朝ご飯をお腹に入れたら
半日眠ってもらおう。

  寂しかった〜

    お迎えに行ってきま〜す

      らら〜♪

    お帰りなさい♪

  お帰りなさ〜い♪



帰る駅

November 07, 2013

夫を迎えに駅へ行く。


ある夕に傘を持って
ある夜は厚いカーディガンを羽織って。

サラリーマンじゃないから帰り時刻はバラバラ。
お酒を一滴も飲まない夫はお仕事が終わると毎日直帰する。

お夕食時刻はコンサート終わりとホールの場所次第で
おおまかな計算をして下ごしらえをする。

終わるとメールが来る。
片づけてすぐに出るから主要駅でもう一度メールするねって。
電車に乗ったらば何時何分到着とメールが来る。
毎日のこと。

帰宅時刻を知らせるメールはいつも優しい。

  急いで帰るから待っててね。
    体調はどうですか。
      朝頭が痛いみたいだったから心配です。
        今日はお疲れさまだったね。

短く夫らしい文面を2度以上眺める。

到着時刻にお鍋に湯気が立ってるようお夕飯を用意する。
それから少し歩くだけの駅へ。


早く会いたくなって、喜ぶ顔が見たくなって
家までの僅かな途を一緒に戻るのが嬉しくて。



ガリバー君の訪問

October 29, 2013

青い空ちゃんとガリバー君が拙宅に来てくれました。


綺麗な花束と共に真っ白なアンサンブルワンピースで登場した青い空ちゃんは見蕩れる美形ちゃん。お顔を見ながらお話してるだけで幸せ気分だワ・・・って男子目線になっちゃった宵。

おうちの中を探索して、ご飯を食べながら音楽のおしゃべり。
とっても楽しい夜になりました。

ド美人の空ちゃんにも劣らぬ美形好青年の同伴者ガリバー君がドヴォルザークを聞き始めたとあってチェコの音楽話題で始まり。今度お2人が聞きに行かれるサンサーンス、それからちょこっとフォーレ。楽器編成のお話でブルックナーがどうとか言ってる内に、いつの間にやら話題はベートーヴェン・シンフォニー。

ガリバー君がお初に購入したCDがラフマニノフと伺って、私は酔っぱらったままピアノ室へ誘い、蝶番君とラフマニノフを弾いてみたり・・・

ワインを少し飲み過ぎてて演奏が良かったか悪かったか自分で判断できないっていう、奏者にあるまじき状態で弾いてました。

うっかり其んなダメダメをやっちゃうくらい気持ちよい時間を過ごし・・・


蝶番君が子供に見えるくらい高身長のガリバー君ご本人から自主申告のネーミングで、ふと思い出したガリバー旅行記。


多分にプロパガンダが含まれるところは "ババールの冒険" にも通じるけれど、ガリバー旅行記には宗教的なシニシズムも入っててもっと綿密に謀られていて・・・

お子様も読める本ながら大人の視点では一層大きな問題提起のお作。是非もう1度読んでみたくなる良いきっかけになりました。



結婚式写真

October 28, 2013

10月12日の結婚式の写真です。


日付けを書いておかないと来年には綺麗さっぱり忘れてそう。

でもお式内容は一生憶えてると思う。

司式はミカエル松村神父様。
式中のお言葉も素敵だった。


2人とも人生を生きるうち何万人にも出会ってきたのに
其の中で互いを婚姻の相手と決めたことの神秘を
お話くださった。


手にしてる小さなブーケは今ダイニングルームにぶら下がってて、


なんとか綺麗にドライになってほしいと毎日様子を見ています。


自分にとっては飾りがないほうが一層お式が心に染みるように感じて・・・


ウエディング用ドレスを着ずに普通のワンピースねって最後まで頑張って希望が叶いました。木綿のグダグダを着てる新婦のために蝶番君も抑えたネクタイを合わせてくれた。そういえば・・・

どんなネクタイにする? ってあり合わせから決めたのは当日朝、お出掛けの数10分前だったナ。

今日はちょっと忙しい朝。
続きはまた後日・・・



最終電車

October 16, 2013

雨の休日を2人でクタクタの身体を休めて過ごした。


ご飯を食べて、おやつを食べて、おやつを食べて、ご飯を食べて、またおやつを食べて・・・、1日中食べてばかりで過ごした。

ムースを作って出し、食べるとすぐにパイ生地をオーブンに入れていた。

2人とも栄養と脂肪とリラックスが必要だった。
結婚式まで忙し過ぎたし、身体もとても疲れてた。


デンマークのダブルサイズのお布団セットをプレゼントして頂いて、
とっても寝心地良く、朝も遅くまでぐっすり眠り続けて明けた1日だった。


何より身体がお休みを要求してた。


丸1日を一緒に過ごした幸せな日の終わりに、別々に住んでた数ヶ月前を遠い昔のことのように思い出した。


拙宅で過ごす日、お別れ時刻がすぐにやってきた。
恋人はいつも最終電車で帰った。

すっかり憶えてしまった最終電車の時刻に時計の針が近づくのを2人で寂しい思いで眺めてた。


"あ、もうすぐ終電・・・"


どちらからともなく今も時々口にするのだ。

最終電車に乗らなくていい、其れだけのことが
今の私には1番の幸せになっています。


*不思議な駅シリーズ・リンク



迎えの駅

September 30, 2013

(撮影者:シジュウカラちゃん)


あ〜あ、公開できないレベルの写真。
ガハハって笑っちゃって、演奏後でドレスも髪もぐちゃぐちゃで

でも後ろに写る声楽家ホンドフクロウちゃんのピカピカ笑顔があまりに良いからupです。

夫を迎えに駅へ行った。


夜も遅かった。
迎えに出るのは大概遅い日ばかりだ。

遠い地方から舞台終演後に神戸へ帰る日も
夫はお夕食を家で食べようとする。

遅いご飯の準備ができると時計を見る。
主要駅で電話やメールを貰うから帰り時刻は正確にわかってて
少しの時間があったらば駅までお迎えに出る。

何時間も移動してお腹を空かせた遅い夜に
駅で待ってる顔があれば和むかな? って思いながら。


ホームに夫の姿を見つける。


私は手を振るのを止して制止サインを作る。

見つけると夫は駆けてしまうのだ。

楽器ケースや重い荷持を担いで
お腹が空いたまま駆けてくる。

**


恋人時代に見送ったのと同じ駅。
恋人の背中は振り返り、振り返り、
いつもゆっくり遠ざかった。

此方を見ながら駆ける夫を迎えるのは
なんて幸せなんだろう。



古本屋さんの出逢い

September 28, 2013

最近読んだ本。


キルケゴール "死に至る病"

お人が触れた古本に抵抗あるかたも多いとのこと。
私は割合に平気でよく利用する。

絶望の種類を紐解くキリスト者の視点がとっても楽しかった。

まとめ買いした内1冊はシスマの張本人として個人的に如何ともし難い思いの対象になっているマルティン・ルター。


好んで読むわけじゃあないけれど、批判的な気持ちの原因をクリアにしようと時々目を通すライン。


他は詩集を幾冊かと、まだ読んでいないショーペンハウアーが来月用に取置いてる本。


**


古本屋さんで求めた本にお人の気配を見つける。
同じ本を読んだのはどんな方かと想像することがある。

鉛筆のお書込みが興味深かった方が居らした。
本文と並行してその方のお書込みも皆読んだ。

質問形式ばかり書き込まれる方も居らした。
"ooの事か? " "ooページのooと同じか? "
なんて文に、書込み主の積極的な性質を感じたりした。

注目線を引かずに1字ずつルビ位置に円印を振る方が居らした。
印の単語を丁寧に読んでらっしゃるような気配を感じて楽しかった。


同じ本屋さんに通ってると、同じお人らしき書込みに再び巡り会うことがある。


プラトン "饗宴" でルビ位置の円印に再会した。

性別も年齢も、今ご存命かどうかもわからない同じ本の読者に
密かな親しみを感じる。古本が楽しい。



言えなくて・・・嘘つきました

September 03, 2013

ファゴットフェスティバルの帰り道。移動は2人とももうねむねむ〜


たくさんのお初めてのファゴット奏者さんにお会いして
2人の互いの第一印象は? ナンテ打ち上げのお席で問われた。

  お答えしながらふいに、夫に嘘をついたことを思い出した。


大事に保存してた2011年1月の写真。


  お初に会ってデュオが始まって
    たった2度目の合わせの日の写真。

僅かな日数だったけれど、それでも私たちは既に10数時間を音楽と共に過ごした後だった。

ファゴット大好きで、お出会いした奏者さんには楽器写真を撮らせてってお願いする日頃の癖を、此の日は嘘のために装った。

  本当は始めたばかりのデュオ相手の写真が欲しかった。
  普通なら簡単にお願いできる事だのに
  好きになっちゃったら言えなくなった。

(好きだナ
写真ほしいナ
でも言えないナ・・・)

    だからね、楽器を撮っていいですか? って装った。
      自然に撮ることができたのは脚と指だけ。
        それでも物凄く嬉しくって。

(嬉しいナ
ずっと見てたいナ
でも切ないナ・・・)

  ドキドキしながら写した3枚だけの写真。
  同じような構図を無表情を繕って連写した。

ずっと夫に内緒にしてた写真を取り出した。


貴方を撮りたくて楽器を写すフリしたの、知ってた?
其んなお伽噺みたいなこと考えもしなかったと驚いていた。

  写真に僅か写る投げ出された革ジャンパーも
    身につけていたシャツもジーンズも
      同じ家内のすぐ手の届く所にある。

  私にとっては其の事がお伽噺みたいで・・・
  結婚したのがまだ信じられないのヨ。


**


9.23 ラ・クロワで演奏のフォーレ歌曲 "夢の国" がテーマのおしゃべりでした。曲のお話はまた今度ネ。



デートとディナーナイフ

August 17, 2013

体調が悪かった数日を騙し騙し過ごしてた。


加減の悪さを大好きな紫陽花 "小町" に慰められた。

絵画モデルのお仕事で外出がきつかった。
モデル帰りの夕方に丁度お仕事帰りの夫と待ち合わせた。

午前に別れたばかりの夫とお外で会う・・・!
モデル仕事の終わり掛けにはもうソワソワしてた。

会えるだけでも嬉しいのに、同日2度目なんて贅沢だなあ。
其の上おんなじお家へ一緒に帰れるなんて。

はしゃいだ気分で三宮へ急ぎ、お化粧室でグロスを塗り直した。
待ち合わせがドキドキするのは独身時代と変わらない。


夫は私が畳んだシャツを着て、朝お玄関で見送ったばかりのファゴットケースを持って、
お約束の少し前にカフェへ入ってきた。


もしかして僕の奥さんですか?

変テコな科白のあとに体調を問い、帰り道は夫が持ってくれる私のバッグを自分のほうへ寄せた。

見慣れた一連の優しさに、此の日幾度目かありがとうと言った。


夜はいつものように夫が洗い物を手伝ってくれた。


ファゴットルームから出て来て、ファゴット用の胴ストラップを着たままの格好で。

**


洗い終わりのキッチンを眺め、しんみりした。

  カトラリーは立てて水切りがしてあった。
    清潔に保てる気がして拙宅では上向きに立てる。
      フォーク、スプーン、レードル・・・

  ディナーナイフだけ下向きに伏せてあった。

少し尖ったアメリカのディナーナイフの先で指をうっかり怪我しないようにと、夫が洗ってくれるときはいつもナイフだけが下を向いてる。

  心遣いを知ってほし気にするでもなく
  知らなくていいからただ危なくないようにと
  ディナーナイフは黙って下を向いてる。



怪我により・・・

June 28, 2013

関西室内のチャペルコンサートへ行きました。


出演者の蝶番君がオケのメンバーに妻を紹介したいと希望していて大阪へ出向いた昨日。演目のボヘミア出身作曲者にも興味がありました。

  会場は天満教会。
    お外にいらした奏者様と会話して、いざ入場。
      次の瞬間、階段でよろけて転び右腕を強打。

  お初にお邪魔していきなりアクシデントになった嫁・・・

受付を通るなり蝶番君が腕を冷やす氷と傷薬を願って走り回ってくれた。蝶番君は軽いパニックを起こしてて紹介どころじゃない慌て方。私は顔がこわばったまま腕を冷やし・・・

受付周りの方々が、保冷剤を用意して下さったり椅子をお貸し下さったりして本当に助かりました。

切り傷や擦過傷は大したことはないながら、お借りした凍ったタオルで冷却しながら1部を聴いてる間に打った右肘から指先まで痛みが広がり、肩が痺れてきた。

どう見てもマズい状況。

**


第1部最後の曲を終えると蝶番君は舞台を退けてそのまま客席へ来てくれた。私は "30日のコンサートどうしよう? " って泣きそうで・・・
結局会場を抜けて病院へ。蝶番君は第2部の演奏へ。

これからもう1度外科へ行きます。
スプーンも鉛筆も握れないどころか靴下も着脱できない。
30日までに治るの・・・?



再会の駅

June 19, 2013

蝶番君と内祝いを探しに、フランス・アンティークショップへ。
道々岡本の河原で普通にお昼寝してるイノシシ君をパチリ。


お品を選びながら、私たちが初めて入ったお店はスーパーマーケットだったと思い起こした。

あれは初合わせの日だった。
不思議な駅で出逢ったのち、2度目の時間を過ごした日だった。


幾時間も夢中で音出しして、すっかり夜になってた。
拙宅での合わせだったから私が駅まで送り、改札前で立ち話をした。


離れ難くいつまでもお喋りするうちに蝶番君は電車を逃した。
夜のことで次の電車は12、3分後だった。

真冬だった。寒さを避けて、夜も営業してる駅前マーケットの屋根の下で次の電車を待った。

1人で待つから、冷えるからどうぞ帰って下さいと言う蝶番君は、本当は帰ってほしそうじゃなかった。私たちはお喋りを続けながら一緒に電車を待った。

マーケットをあとに再び駅を覗いた時は、乗る筈だった電車をまた逃した後だった。

乗車できたのは、駅に到着してから3本目の電車になった。別れ難い気持ちを抱いたまま手を振り合った。

  あの日の私たちは、本当にお話に夢中だっただろうか・・・
  本当は2人共うっかりしたフリで乗り逃したがってた。

**


駅で生まれ、駅で育んだ恋だった。

来月から夜の駅は、その日の別れに手を振る場所から、その日の再会に帰宅する場所に代わる。


*不思議な駅(1)想い出
*不思議な駅(2)階段の恋
       *バロックと階段
       *一目惚れの理:ケクラン
         ?僕が思う靴下と階段
         ?僕が知ってるシューレア・クリーム
*不思議な駅(3)見送り
         ?僕が見た変身
*不思議な駅(4)車窓
       *ドビュッシー "バラード"
         ?僕が見たお別れとリスク
*不思議な駅(5)プラットホーム
       *音楽のひとこま
*不思議な駅(6)初めての待ち合わせ
*不思議な駅(7)ミンティアの味
         ?僕が知ってるアサリ君と恋
         ?僕が見たアサリ君の沈黙
*不思議な駅(8)チェコの袋
       *パリぶらり
*不思議な駅(9)人身事故--スケルツォ
       *ショパンへのアプローチ
*不思議な駅(10)別れの時刻
         ?僕が見たウザい女
*不思議な駅(11)2度目の出逢い
         ?僕が知ってる8月の嘘っこ
*不思議な駅(12)不在
       *後悔
*不思議な駅(13)ジーンズと携帯
*不思議な駅(14)恋に気づくとき
*不思議な駅(15)好きなもの
*不思議な駅(16)馴れ馴れしい男
       *ピアソラのタイトル
*不思議な駅(17)ふた組

--------------------


■婚姻関連リンク

*アンジェラ
         ?僕が知ってるお別れ紛い
         ?僕が見たモテない男の子君のバレンタイン
         ?僕が見たマカロン妄想
*恋した街
*最後の手紙
         ?僕が見たプロポーズ

=====
*階段の恋、顛末
       *出会い系の裏幕
*不思議な駅2010、顛末その後
*フランス、恋の結末、オートマティスム
=====

*結婚準備
         ?僕が思う女子力欠落
*なんにもナイけれど
*未婚だった女
*わかり易い男

*2013年6月はじめ
       *ピアノ調律の日?
       *ろくでもないお嫁
*モノクロ写真の神父様

--------------------


■思い出関連リンク

*古い携帯の音
*別れの月光
*揺らめきのドビュッシーバラード
*過去の女性からの手紙
*恋した匂い
       *繋いだ手のしらべ:転調
*ご不浄のやり取り
*白く光る花
*春のおでかけ
*海 -- アストレ
       *楽譜表示:アストレ
       *謎 -- ラヴェル "永遠の謎"
*恋路の花
         ?僕が思うコイビート
         ?僕が聞いたシマシマヒストリー
*デートのキャンセル
         ?僕が見た恥ずかしい旅行
*お土産のエピソード
         ?僕が見た小箱の中身
*ありがとうのお誕生カード
*バレンタインの思い出
*前髪パッツンのわけ
*ポップコーン
*もう一度だけ
*水のほとりの恋
*夜とマカロン
         ?僕が見た素面の事件
         ?ぴょんきち君と僕が知ってる秘密
         ?僕が見た喧嘩
*シフォンのお返し
         ?僕が知ってるオーブン・ヒストリー
*行きます!
*夏の思い出
*相合い傘
*ロールキャベツの夜
*エルミタージュ展in京都
*ピアノ試弾会、他
         ?僕が思う恥ずかしい写真
*女子力がない女
         ?僕が見た焼肉とPJ写真
*枯葉、恋人に会いに
       *ショパン・スケルツォNo.4
       *スケ4 動画
         ?僕が見た倦怠期検索
       *2012年12月のクローゼット
*見知らぬ駅
*サプライズをする男
*スリッパ
*飛行機に乗りたい
       *浮き雲
*マフラーとお山靴
*着物えらびとPJカウントダウン
*年頭2013
*ロンサールの想い
       *ショパン・ワルツNo.18
*ミトンとフードプロセッサー
*優しいお出掛け
         ?僕が嫌いなFaceTime
*恋人の好みが気になって
         ?僕が見た残念な女の人
*心の形
         ?僕が見てるこの頃のコト
         ?僕が見たお洗濯
*雪降る帰路
       *フォーレ "クリメーヌに"
*また春が来て
         ?僕が知ってるおにぎり
*花びら
*4分の1仮病

--------------------


*恋の問いごと
*頬杖の恋
*タピオカちゃんの呟き
*タピオカちゃんのお手紙

*白木蓮が降った朝
*恋の花びら

--------------------


■食関連リンク

*食の開放
         ?僕が見た餃子
*オーブン壊れちゃった
*渡り鮭のパスタ
*泣く女とバジル
       *苦手だったショパン
       *コンプレックス消化
       *コンプレックスの内実
       *コンプレックス私生活風
       *コンプレックス最終駄話

*半片の
*料理が下手なやつは
       *フランスのからくり
*恋人とカフェオレ
*白いカップ
*カフェテーブルで
*白い湯気
*フレンチトーストの朝
*ブフ・ブルギニヨン



階段の恋、顛末

June 06, 2013

JR三宮駅西口階段でとつぜんに一目惚れした日のこと。


階段を降りてきた男性に吸い寄せられて、目が離せなくなってしまった不思議な現象だった。

  何の変哲もない地味な人で
    決して目立つところもなくって
      如何にもかまわない様子をした
        一通行人の筈だった。

  *不思議な駅(1)想い出
  *不思議な駅(2)階段の恋
    *バロックと階段
    *一目惚れの理:ケクラン
    ?僕が思う靴下と階段
    ?僕が知ってるシューレア・クリーム


猛烈に迷った。
本当に逆ナンをしようと思った。

もしもお仕事の待ち合わせより10分早い出来事なら間違えなくお声を掛けてた。

どうして其んな風に思ったのかわからない。
行かなければ一生後悔すると思ってしまったんだった。

  どうしよう? 声かける?
  待ち合わせを本気ですっぽかす?

彼は急いだ風に足早だった。
予定があるなら、お話する時間はないかしら。でも・・・

人が死ぬとき瞬くスピードで色んな事が頭を巡るのは、
過去のあらゆる記憶から助かる術を見つけようとするからと聞いた事があった。


ならば此の時の私は一瞬間であらゆる記憶を総動員して、何が何でも彼と知り合う方法を考えつこうとしたのかも。其れほどに速いスピードで頭が働いた。

  必死で考えたので多分怖いくらいのガン見をしてた。
  視線に気づいたのか目が合ってしまった。

  それでも私は視線を外さず、正面から見続けた。

**


一目惚れの相手は歩みを落として此方へ数歩近づいた。

    見過ぎたから叱られるの?
      それならそれで構わない。

怒りに来る気なら、それをきっかけにナンパしてやりましょう!
って挑む勢いで見返した。

相手が口を開いた。
意外な、思ってもないひと言だった。


-- 落合さんでしょうか?


"はあ? "

名を呼ばれ、はあ? ってお答はないけれど、思考が繋がらなくなってしまったんだった。

-- ファゴットの片寄です。

"はあ? "

チャイコフスキー先生のご紹介でお顔合わせを余儀なくされた、見も知らなかった当の待ち合わせ相手だった。

2013年6月5日、片寄伸也さんと入籍しました。


これが不思議な駅シリーズの顛末です。



ろくでもないお嫁

June 05, 2013

恋人のお友達が勤める学校に立寄った写真です。


往復10時間をかけて恋人の実家へ行ってきた。
フルートソロ会のあとの強行軍だったけれど楽しかった。

結婚前後の2人の予定について恋人は様々を問うてくれてた。

地元の友達に紹介したいんだけどいい?
知人が会をしてくれるって言ってるけどいい?

優しい話し方で尋ねてくれる声を聞くのが嬉しかった。
好きに組んでくれて構わないのに・・・今までずぅっと此うして尋ねてくれてたナ、って振り返った。


恋人の両親との会合はとっても楽しかった。
私は日頃から反省するところが思い切り出てしまった。


男みたいな性格が良くないから気をつけようと思っていたのに、気がつくとお嫁さんをもらう男のような有様で弁を打ってしまってた。

パパちゃんは本当に此んな息子でいいんですかと何回も仰り、
ママちゃんは何回も泣きながら何回も頭を垂れられて・・・

いつの間にか場の仕切りがお嫁の自分になってることを大反省しながらも其のままの流れで最後まで進んでしまった。あ〜あ。

**


皆緊張してた。私だけが気楽な気分で座ってた。

どっちみち家族になるのだから此の日が失敗でも構わない、長い年月で幾らでも修正できるし、できないならできないで支障ないって考えてた。

其うしてコースをどんどん食べ進んでるのが自分だけと気づいたのは、出されたヴィシソワーズを指して、おじゃがの裏漉しのおしゃべりをママちゃんに話しかけ始めてしまった後だった。あ〜あ。


お食事後、お家へ行ってショパン・ワルツを弾いた。


小さな可愛いピアノの上には、以前私がお送りしたカードが飾られてた。

昨年望まれてお送りしたコンサート録音CDも見せられた。
量販店の変哲ないCD-Rに焼いて郵送したのに、パパちゃんは表面に桜の花びらをプリント加工して曲目表紙をつけて下さってた。

**


調律時期とピアノを磨く薬剤の相談をされて、此の日の目的だった婚姻届の証人欄を埋めて頂いた。


帰り道、サッカーワールドカップ・アジア最終予選オーストラリア戦が気になって気になって、
ドライブインのテレビに貼りついちゃった。


1日の中で一等緊張したのが此のサッカーの試合だった。

後半試合に間に合うべく移動を急ぎ、次のドライブインを見つけて飛び込んだり・・・

**


ろくでもないお嫁を貰ってくれる奇特な人に巡り会えて感謝です。



不思議な駅(17)ふた組

May 19, 2013

夜も遅い時刻、終電前だった。


見送りの道々、普段通りに真横を向いて歩いてた。
隣を歩く人を眺めながら、一緒に歩ける現実を噛みしめるのが変わらず好きだ。

みっともない横歩きの私を恋人がどう思って受け入れてくれてるか知らない。

帰路への足取りが重い人たちの、まばらな人通りがあった。
私たちはつまらないおしゃべりばかりで笑ってた。

閉めてしまったお店の跡地が何になるでしょうと話し合うのに
沢山笑いながら沢山時間を費やしてる理由はわかんなかった。

2人とも陽気だった。
何を話しても楽しく安堵してた。
微風が心地良く、星灯りが優しく、
駅までの道は普段にも増して短かった。


恋人が改札を抜けながら、じゃあ明後日、と言ったとき
背中側の1組のカップルも逢瀬の終わり時刻らしかった。


男性だけが恋人のあとをついて改札口を入った。

恋人がいつものように振り返った。
私は手を振った。

すぐ後を行く男性も振り返った。
隣の女性が手を振った。

恋人がまた振り返った。
私は伸び上がって両手を振った。

しばらくして男性も振り返った。
隣の女性が優しげな笑みでまた手を振った。

同じ場所で同じように送り送られるカップルに
親しみを感じながら大好きな人の背中を目で追った。

  恋人が見えなくなったあとの戻り際
  隣の女性に思わず笑いかけた。

出会った頃よりずっと、私は駅が好きになってる。


*不思議な駅(1)想い出
*不思議な駅(2)階段の恋
       *バロックと階段
       *一目惚れの理:ケクラン
         ?僕が思う靴下と階段
         ?僕が知ってるシューレア・クリーム
*不思議な駅(3)見送り
         ?僕が見た変身
*不思議な駅(4)車窓
       *ドビュッシー "バラード"
         ?僕が見たお別れとリスク
*不思議な駅(5)プラットホーム
       *音楽のひとこま
*不思議な駅(6)初めての待ち合わせ
*不思議な駅(7)ミンティアの味
         ?僕が知ってるアサリ君と恋
         ?僕が見たアサリ君の沈黙
*不思議な駅(8)チェコの袋
       *パリぶらり
*不思議な駅(9)人身事故--スケルツォ
       *ショパンへのアプローチ
*不思議な駅(10)別れの時刻
         ?僕が見たウザい女
*不思議な駅(11)2度目の出逢い
         ?僕が知ってる8月の嘘っこ
*不思議な駅(12)不在
       *後悔
*不思議な駅(13)ジーンズと携帯
*不思議な駅(14)恋に気づくとき
*不思議な駅(15)好きなもの
*不思議な駅(16)馴れ馴れしい男
       *ピアソラのタイトル

*古い携帯の音
*別れの月光
*揺らめきのドビュッシーバラード
*過去の女性からの手紙
*恋した匂い
       *繋いだ手のしらべ:転調
*ご不浄のやり取り
*白く光る花
*春のおでかけ
*海 -- アストレ
       *楽譜表示:アストレ
       *謎 -- ラヴェル "永遠の謎"
*恋路の花
         ?僕が思うコイビート
         ?僕が聞いたシマシマヒストリー
*デートのキャンセル
         ?僕が見た恥ずかしい旅行
*お土産のエピソード
         ?僕が見た小箱の中身
*ありがとうのお誕生カード
*バレンタインの思い出
*前髪パッツンのわけ
*ポップコーン
*もう一度だけ
*水のほとりの恋
*夜とマカロン
         ?僕が見た素面の事件
         ?ぴょんきち君と僕が知ってる秘密
         ?僕が見た喧嘩
*シフォンのお返し
         ?僕が知ってるオーブン・ヒストリー
*行きます!
*夏の思い出
*相合い傘
*ロールキャベツの夜
*エルミタージュ展in京都
*ピアノ試弾会、他
         ?僕が思う恥ずかしい写真
*女子力がない女
         ?僕が見た焼肉とPJ写真
*枯葉、恋人に会いに
       *ショパン・スケルツォNo.4
       *スケ4 動画
         ?僕が見た倦怠期検索
       *2012年12月のクローゼット
*見知らぬ駅
*サプライズをする男
*スリッパ
*飛行機に乗りたい
       *浮き雲
*マフラーとお山靴
*着物えらびとPJカウントダウン
*年頭2013
*ロンサールの想い
       *ショパン・ワルツNo.18
*ミトンとフードプロセッサー
*優しいお出掛け
         ?僕が嫌いなFaceTime
*恋人の好みが気になって
         ?僕が見た残念な女の人
*心の形
         ?僕が見てるこの頃のコト
         ?僕が見たお洗濯
*雪降る帰路
       *フォーレ "クリメーヌに"
*また春が来て
         ?僕が知ってるおにぎり
*花びら
*4分の1仮病


*恋の問いごと
*頬杖の恋
*タピオカちゃんの呟き
*タピオカちゃんのお手紙

*白木蓮が降った朝
*恋の花びら

*食の開放
         ?僕が見た餃子
*オーブン壊れちゃった
*渡り鮭のパスタ
*泣く女とバジル
       *苦手だったショパン
       *コンプレックス消化
       *コンプレックスの内実
       *コンプレックス私生活風
       *コンプレックス最終駄話

*半片の
*料理が下手なやつは
       *フランスのからくり
*恋人とカフェオレ
*白いカップ
*カフェテーブルで
*白い湯気
*フレンチトーストの朝
*ブフ・ブルギニヨン
         ?僕が見たモテない男の子君のバレンタイン
         ?僕が見たマカロン妄想



ミサのオルガン

May 14, 2013

近くの古本屋さんでルイ・アラゴン "お屋敷町" を買った。
見つけてすぐに飛びついた。


7月7日七夕PJで演奏するプーランクが曲をつけた詩人でもある。

元々はアラゴンの小説が好きで、詩は2009年に呟いてる此れくらいしか知らなかった。

  *女の子はファンシー好き(6)ルイ・アラゴン

久々にアラゴン小説が安価に手に入って嬉しく、それよりもアラゴンの原書を読まれる方が同じ地区にいらっしゃるらしいのが何とも言えない悦びになった。


急な雨に濡れ、治りかけてぐずぐずしてた風邪が三たびぶり返し。
だるくて本調子じゃないのを押して、日曜はミサに出席した。


復活祭後40日目の主のご昇天の日。復活祭が日曜なので本来は木曜に当たるけれど日本では日曜に移してミサがとり行われる。
堅信式では沢山の受堅者が揃われていて嬉しく拝見した。

長年の悩み、移調聖歌はやっぱり頭が痛かったワ。
譜面と違う調で伴奏が出てくれば、頭の中で機械的に移調しながら歌うしかありませんね。
するとね知らない聖歌だと、ごく単純な譜でも移調しながら歌うほうに気がいって聖歌が味わえてないのを感じてしまう。

  捧げものとしての歌にならないジレンマの時。

初めてのメロディーをオルガンと同じ調に合わせて頭の中で臨時記号を変更しつつ同時に歌詞を読みつけてゆくと、脳内作業で手一杯になる。その間ミサの集中がなくなってしまう事にいつも困惑する・・・


■カトリック関連リンク
*寛容というもの

*疎外感を越えて
  *不思議な駅(15)好きなもの
*サン・ニコラの日
*2011新年
*サンタクロース
*クリスマスツリーと恩寵の聖母
*禁欲のクリスマス・イヴ L'abstinence
*お年賀状プリント
*年頭2013
*ギャレット・デ・ロワ
*ロザリオの祈り
*ミサ前に
*チョコレートに悩む
*キャスピアと教皇聖下



不思議な駅(16)馴れ馴れしい男

March 12, 2013

"なんて事するんだ。馴れ馴れしい。けしからんね。"


恋人がお芝居がかった調子で言った。

**


初対面で男性が、女性に行なって許される行為の臨界点って
どういった辺り? お人に寄っても随分違うのでしょうね。

お人に寄る・・・
私たち女性側の考えにも寄るけれど、大変勝手ながらお相手にも寄ったりする。同じ行為でも素敵さんなら爽やかに感じて、そうでなければヤ〜ねって思っちゃったり。

場面に寄っても印象は違うんだろう。
お友達が同席する場で、其のご親族となら心を開くのも早いでしょうし、反対に2人きりの初対面は自然ガードは堅くなる。

いずれの場合も、お相手が日本人ならビジネス握手以外のボディタッチは無しねえって思う。

  ガードが堅くなる2人きりの初対面で
    髪の辺りに触れたらどうかしら・・・?

恋人は良からぬシミュレーションをしつつ腕組みをした。
"普通なら桜ちゃん怒り狂って蹴り入れるよね。
オッサン警察呼んでほしいの? とか大声で怒鳴るよね。"

**


その男性は、あろうことか2人きりの初対面で
私の耳にイヤホーンを差し入れたのだ。

"なんて失礼な。考えられない。
そいつ頭がおかしくなってたんだろう。"


不思議なほどはしゃいだ、あの暖かい冬の日


  *不思議な駅(14)恋に気づくとき

その男性は、・・・つまり現在の恋人は
  イヤホーンの片方を私の耳へ差し、
    片っぽずつのイヤーホンを分け合った。

其して私は彼の行為をごく自然に受け入れたのだ。
長い長い間を一緒に居た人のように感じてた。

私の方こそ、まともじゃあなかった。
2人とも何かがおかしかったのだ。


*〜*〜*〜*


恋のお話の大抵は音楽解説だけれど、誰もがお耳にされるピアソラは殆ど説明を書かないできた。

今春演奏するのは "タンゴの歴史" より終曲 "今日のコンサート"。

一度お聞きになるきりではお客様にとって取っつきが悪い曲かと此んなお話を書き出してみた。

楽曲の印象を拙い文で切り取るとすれば、此うした場面を思い出すのです。

おどけた風にも感じられる諧謔的な冒頭。


ウィットか本気か判り難くもあるかもしれない。
この種の音楽に慣れていなければ寄りつくのを難しく感じられる向きもあると思う。

  けれどテンポは速いのに
  ビートが重めの歩みは、
  癖があるからこそ癖になる。

茗荷・ぎんなん・フロマージュ。
癖の強い食物を好きになる過程に倣って此の曲を好きになった。

不協和な音に軽いショックがある。
しかしながら重ね聴けばまた欲しくなる味がある。

  意表をつく和音とリズム
  カプリス風の進み

再現では冒頭テーマに戻ってきた安心感は低く
むしろ此んな流れでどんな風に曲が終わるかと不安にさせる。

それでも幕引きは来る。だけど
聞く側が納得ゆく幕引きじゃあない。

納得がゆかぬまま
疑問符を残したまま
曲は終わりを告げてしまう。

  悪びれもせず、
  そら終わりだよと大きな顔で。

確信犯的な諧謔性。
其うした部分がこの曲の好きなところだ。

**


ピアソラのお披露目は5月3日 午後2時〜
パリの風 第17回 旧グッゲンハイム邸にて

チケットのお申し込みは
マネージメント神戸コンサート協会
Tel 078-805-6351 までどうぞ。



*不思議な駅(1)想い出
*不思議な駅(2)階段の恋
       *バロックと階段
       *一目惚れの理:ケクラン
         ?僕が思う靴下と階段
         ?僕が知ってるシューレア・クリーム
*不思議な駅(3)見送り
         ?僕が見た変身
*不思議な駅(4)車窓
       *ドビュッシー "バラード"
         ?僕が見たお別れとリスク
*不思議な駅(5)プラットホーム
       *音楽のひとこま
*不思議な駅(6)初めての待ち合わせ
*不思議な駅(7)ミンティアの味
         ?僕が知ってるアサリ君と恋
         ?僕が見たアサリ君の沈黙
*不思議な駅(8)チェコの袋
       *パリぶらり
*不思議な駅(9)人身事故--スケルツォ
       *ショパンへのアプローチ
*不思議な駅(10)別れの時刻
         ?僕が見たウザい女
*不思議な駅(11)2度目の出逢い
         ?僕が知ってる8月の嘘っこ
*不思議な駅(12)不在
       *後悔
*不思議な駅(13)ジーンズと携帯
*不思議な駅(14)恋に気づくとき
*不思議な駅(15)好きなもの

*古い携帯の音
*別れの月光
*揺らめきのドビュッシーバラード
*過去の女性からの手紙
*恋した匂い
       *繋いだ手のしらべ:転調
*ご不浄のやり取り
*白く光る花
*春のおでかけ
*海 -- アストレ
       *楽譜表示:アストレ
       *謎 -- ラヴェル "永遠の謎"
*恋路の花
         ?僕が思うコイビート
         ?僕が聞いたシマシマヒストリー
*デートのキャンセル
         ?僕が見た恥ずかしい旅行
*お土産のエピソード
         ?僕が見た小箱の中身
*ありがとうのお誕生カード
*バレンタインの思い出
*前髪パッツンのわけ
*ポップコーン
*もう一度だけ
*水のほとりの恋
*夜とマカロン
         ?僕が見た素面の事件
         ?ぴょんきち君と僕が知ってる秘密
         ?僕が見た喧嘩
*シフォンのお返し
         ?僕が知ってるオーブン・ヒストリー
*行きます!
*夏の思い出
*相合い傘
*ロールキャベツの夜
*エルミタージュ展in京都
*ピアノ試弾会、他
         ?僕が思う恥ずかしい写真
*女子力がない女
         ?僕が見た焼肉とPJ写真
*枯葉、恋人に会いに
       *ショパン・スケルツォNo.4
         ?僕が見た倦怠期検索
       *2012年12月のクローゼット
*見知らぬ駅
*サプライズをする男
*スリッパ
*飛行機に乗りたい
       *浮き雲
*マフラーとお山靴
*着物えらびとPJカウントダウン
*年頭2013
*ロンサールの想い
       *ショパン・ワルツNo.18
*ミトンとフードプロセッサー
*優しいお出掛け
         ?僕が嫌いなFaceTime
*恋人の好みが気になって
         ?僕が見た残念な女の人
*心の形
         ?僕が見てるこの頃のコト
         ?僕が見たお洗濯
*雪降る帰路
       *フォーレ "クリメーヌに"

*恋の問いごと
*頬杖の恋
*タピオカちゃんの呟き
*タピオカちゃんのお手紙

*白木蓮が降った朝
*恋の花びら

*食の開放
         ?僕が見た餃子
*オーブン壊れちゃった
*渡り鮭のパスタ
*泣く女とバジル
       *苦手だったショパン
*半片の
*料理が下手なやつは
       *フランスのからくり
*恋人とカフェオレ
*白いカップ
*カフェテーブルで
*白い湯気
*フレンチトーストの朝
*ブフ・ブルギニヨン
         ?僕が見たモテない男の子君のバレンタイン



ギターコンサートとツルゲーネフ

March 02, 2013

月末はセニョール・ウナミゴのギターコンサートへ行きました。


音楽家・楽器技師さんなど15人ほどの楽しい打ち上げ。
帰り道は暗譜をしなきゃならないから私はオレンジジュースで乾杯でした。

以前デュオをしたズワイガニ姫ほか久しぶりの演奏家さんもご一緒でしたヨ。

お隣はいつもの彰タン。カトリック友でもある彰タンに、ルター派への抵抗をキーにバッハのことを尋ねたり、彰タンがウイーンで購入したスタンウエイのお話を聞いたり。

コンサートは4本のギターを聴き比べることができて面白かった。私は1959年のHermann Hauser のギターが好きだったな。

ギターを知らないからプログラムノートを丸写ししますと、
他の3本は1942年Santos Hernandes、1964年Ignacio Fleta、
1979年Robert Bouchet ですって。


たくさんでおしゃべりしながら昔々の義務教育時代を思い出してた。


中学生時代ってね、文芸仲間ってものに憧れてたの。

背伸びしたい年頃、10代前半。クラスのお友達は居ても身を置きたい世界にまだまだ入れる筈がなく、それはそれは陳腐な想望を抱いてた。

話し合ったり議論をしたりを漠然と夢見る風なよくある不分明な憧憬に過ぎなかったけれど当時は一生懸命想ってたのよ。

  ツルゲーネフ "ルージン" なんて読んでみて・・・

《五、六人の青年たちが集まっています。一本の脂蝋燭が燃えています。ごちそうといえば、ひどくまずい茶と古いこちこちの乾パンだけです。だが、ほんとあなたに、われわれ一同の顔をお見せしたかった、われわれの談話をお聞かせしたかったですなあ! どの目にも歓喜の光がみなぎり、頬が燃え、胸が高鳴っています、そしてわれわれは、神について、真理について、人類の未来について、詩について論じ合う、ときにはばかげたことを言い、つまらないことに感激することもありましたが、それもご愛嬌です!・・・ポコールスキイは膝を抱きこむようにしてすわり、青白い片頬に頬杖をついているが、目はきらきら光っている。ルージンは部屋の中央に立って、弁じたてている。その美文調の能弁、そしてその姿は、荒れ騒ぐ海に向かって立つ若きデモステネスもかくやと想われるばかりです。蓬髪の詩人スボーチンが、ときおり、まるで夢見心地に、とぎれとぎれに感嘆の声を上げる。》

             (工藤精一郎様訳)

ああ綺麗な世界だなあ、いいなあ・・・って。

ご飯や物が何にもなくて満ち足りるお仲間ができたらなあって
少女時代に思ってたナ。

衣食住に左右されない充足を強く願ってた。

もちろんセニョール・ウナミゴの打ち上げはお食事も美味しかったのヨ・・・♪ 楽しかった。また行きましょっと。

**


昨日は5月中旬の施設内デュオ演奏の打ち合わせに出掛けたり
練習でまたもや腰を傷めたり、楽譜製本が夜中までかかったり、
疲れモードだけど明日はババール合わせ。

デュオ曲の準備と、明日の分までソロのお稽古のペースも上げてゆかなきゃネ。今朝1番はアマチュアの方へ音楽史授業から始まります。



雪降る帰路

February 19, 2013

積もった雪を踏んで帰った夜。


住宅地にある拙宅まわりの道には
足跡がひとつも無かった。

雪が降ったあとの遅い時刻には誰もお外へ出てなくて、
皆お家で暖かいテーブルを囲んでいたんだワって
ほのぼのした気持ちになりながら窓を眺めた。
どのお家からも、橙色の灯りが漏れていた。

恋人に会った帰り道だった。

しんと静まった夜に
雪明かりが足許を照らしてた。
光の薄靄が立ちこめたような光景だった。

新しい白い雪をキュッと踏みながら
まだ耳に残る恋人の声を思い出した。

**


出会った時から恋人の声が好きだった。
ごく柔らかな優しいバリトンで
息が漏れるような小声で話すのだった。

小さく静かに話しかけてくれると親密な空気が流れ
聞いてるだけでドキドキした。

楽器の音と音色を楽しむように
声の表情にじっと聴き入ってた。
もっともっと話してほしいと思ってた。

恋人の声が紡ぐ音楽の色合いは
柔らかで、時折の笑い声は艶やかで

この声を毎日聞けたらどんなに幸せだろうって
声がよく届く距離に寄り添っていられたらって
切なく希い、たくさん泣いた。

もう随分昔のことになっちゃった。

**


手を繋いで歩きながら
聞こえないよう、うんと小声で
ありがとうって呟いたのに

何が? って
繋いだ手をもっと側に引き寄せられた。
聞こえちゃったの・・・?

何もかも。って答えながら
歩きづらい程近く腕を絡めた。

一層近くなった距離。
ごく側で聞こえる静かな親密な声。

小さな希みが叶ったこと、
年月が過ぎてもずっとずっと
ありがとうって思ってる。

**


       この続きは、後日曲のお話に繋がりますヨ・・・


*不思議な駅(1)想い出
*     (2)階段の恋
       *バロックと階段
       *一目惚れの理:ケクラン
       ?僕が思う靴下と階段
       ?僕が知ってるシューレア・クリーム
*     (3)見送り
       ?僕が見た変身
*     (4)車窓
       *ドビュッシー "バラード"
       ?僕が見たお別れとリスク
*     (5)プラットホーム
       *音楽のひとこま
*     (6)初めての待ち合わせ
*     (7)ミンティアの味
       ?僕が知ってるアサリ君と恋
       ?僕が見たアサリ君の沈黙
*     (8)チェコの袋
       *パリぶらり
*     (9)人身事故--スケルツォ
*     (10)別れの時刻
       ?僕が見たウザい女
*     (11)2度目の出逢い
       ?僕が知ってる8月の嘘っこ
*     (12)不在
*     (13)ジーンズと携帯
*     (14)恋に気づくとき
*     (15)好きなもの

*古い携帯の音
*別れの月光
*揺らめきのドビュッシーバラード
*過去の女性からの手紙
*恋した匂い
       *繋いだ手のしらべ:転調
*ご不浄のやり取り
*白く光る花
*春のおでかけ
*海 -- アストレ
       *楽譜表示:アストレ
       *謎 -- ラヴェル "永遠の謎"
*恋路の花
       ?僕が思うコイビート
       ?僕が聞いたシマシマヒストリー
*デートのキャンセル
       ?僕が見た恥ずかしい旅行
*お土産のエピソード
       ?僕が見た小箱の中身
*ありがとうのお誕生カード
*バレンタインの思い出
*前髪パッツンのわけ
*ポップコーン
*もう一度だけ
*水のほとりの恋
*夜とマカロン
       ?僕が見た素面の事件
       ?ぴょんきち君と僕が知ってる秘密
       ?僕が見た喧嘩
*シフォンのお返し
       ?僕が知ってるオーブン・ヒストリー
*行きます!
*夏の思い出
*相合い傘
*ロールキャベツの夜
*エルミタージュ展in京都
*ピアノ試弾会、他
       ?僕が思う恥ずかしい写真
*女子力がない女
       ?僕が見た焼肉とPJ写真
*枯葉、恋人に会いに
       ?僕が見た倦怠期検索
       *2012年12月のクローゼット
*見知らぬ駅
*サプライズをする男
*スリッパ
*飛行機に乗りたい
*マフラーとお山靴
*着物えらびとPJカウントダウン
*年頭2013
*ロンサールの想い
*ミトンとフードプロセッサー
*優しいお出掛け
       ?僕が嫌いなFaceTime
*恋人の好みが気になって
       ?僕が見た残念な女の人
*心の形
       ?僕が見てるこの頃のコト

*恋の問いごと
*頬杖の恋
*タピオカちゃんの呟き
*タピオカちゃんのお手紙

*白木蓮が降った朝
*恋の花びら

*食の開放
       ?僕が見た餃子
*オーブン壊れちゃった
*渡り鮭のパスタ
*泣く女とバジル
*半片の
*料理が下手なやつは
       *フランスのからくり
*恋人とカフェオレ
*白いカップ
*カフェテーブルで
*白い湯気
*フレンチトーストの朝
*ブフ・ブルギニヨン
       ?僕が見たモテない男の子君のバレンタイン



ミサ前に

February 03, 2013

ミサに出席するので朝ご飯は抜き。


教会法919条、御聖体拝領前の断食は

《聖体を拝領する者は少なくとも聖体拝領前の1時間
水と薬の場合を除く以外はいかなる食物
又は飲み物を摂ることを控えなければならない。》


とあって393年北アフリカのヒッポ会議以来広く普及したそう。
正確にはミサ前じゃなく御聖体拝領前だからお家を出る前に朝食を頂くのは問題はないんだわ。でも "少なくとも" 1時間ですもの、元気な日のミサ前は自主的に朝食を頂かないことにしてる。

水分摂取が欠かせない身体の状態だからいつもボトルを持つけれど、日曜日はお茶じゃなくてお水ネ。

ミサの後には恋人とお昼間に会ってご飯。
4時間半前までお話してたのに、したいおしゃべりがもう溜まった


雪や土の凍り付きで心配してたお玄関先の桜草は見事復活。
なんて強い子! 私ね強い草木が本当に好き。


ミサ前の準備のお祈りとして今日は《聖アンブロジオの祈り》を唱えます。
聖アウグスティヌスにさえ影響を与えたお方の力強いお祈り。大好きです。



リード製作の記録

January 29, 2013

(撮影者:蝶番君)


蝶番君のお宅です。

手に持ってるのはラジオペンチ。
目もくれず夢中でリード製作中。

昨年はね、シロツメ草ちゃんが蝶番君にリード作りを指導してもらう日に私も一緒に参ったナ。

私ネ、目的があったんです。

フォーレ歌曲ではリーガーのリードを使ってるのだけど
イタリアのリゴティを1度試してみたいな〜って。

リード材を仕入れる時ババールで使ったことがないリゴティを少し買って頂戴ナって蝶番君におねだりしてた。

そしてね、"初めてのリゴティは私が作ります! " って立候補したのヨ。欲しい音を目指して自分の手で作りたいって熱くなっちゃって。


週末にまた作業してきました。


写真は第1ワイヤーを巻いてるところ。
左利きなので蝶番君が巻くワイヤーとは反対の捻り。


テーブルの上はなかなかに凄まじくって・・・


お水に浸した材料、糸を巻くまで数日乾かす台、マンドレル、ワイヤー、ニッパー、濡れた材料を置くタオル、サンドペーパー、それからせんに私が差し上げたノギス等々、作業用品で散らかってます。

  作りながら録音を聴いて修正点を話し合ったり
    プーランク曲のおしゃべりをしたり
      作業時間はあっという間に過ぎました。

楽しかった〜♪


■デュオババール関連リンク
*デュオ相性
*分かち合いと本
*やさしい理解とケクラン
*ナニソレ解説の払底
*モンマルトルの書と
  ?僕が思う交通標識

*2012年7月のリビングルーム
*紫陽花の部屋で
*マンドリンと中也
*ドビュッシー "木馬" 音源up
*ラヴェル "カディッシュ" 音源upとロラン

*ピアノ室の時計
*自由
*ドビュッシー絵画と過ごしました
*女心とアンドレ婦人
*11.16 PJ 人生は過ぎゆく
*クリスマスコンサートの思い出
  ?僕が知ってるオフィシャル
  ?僕が聞いたお誘い
  ?僕ができなかった球拾い
  ?僕が聞いたiTunes
  ?僕が見たお客様
  ?僕が聞いた常連様との会話
*相方さんの夢

*伴奏者の勘違い
*アンタ、サイコー!
  ?僕が見たリハーサルの隙間
*ピアニストの七つ道具(1)
  ?僕が見た楽屋と本番


■ファゴット音楽関連リンク
*PJにて。ファゴットの魅力
*抵抗とスムージー
*サスペンダーの殿方
*変態解説:タンスマン音源up


■ファゴット楽器関連リンク
*試奏の記録
  ?僕が見た試奏会
*ファゴットリードのお話
  ?僕が見たブローチ
  ?僕が見たリード愛
  ?僕が聞いたリードの行方
  ?僕が思うトーテムポール
  ?僕が聞いた暴言
*誰に似てる?
  ?僕が見たモツレク
  ?僕が客席で見たこと
  ?お姉ちゃまファゴットを吹く
  ?僕が知った新年の習わし
  ?僕が見たお鍋


■コンサート外関連リンク
*パナソニックな日・・・♪
*Macへ行こう(14)フォトストリーム
  ?僕が見た虫下し
*ピアノと根気
*満員のPJ、ありがとうございました
*嘘のアンティーク・本当のブロカント
*音楽家の卵

*カタツムリ石鹸とマメマメ
*音楽解説書とマメマメ
*10.13写真とマメマメ
*黄色いハンカチーフとマメマメ
*ダブル合わせとマメマメ
*噛みしめて。お年賀状とマメマメ



パリぶらり

January 23, 2013

"見て見て♪ 画集買っちゃった。"


恋人とのFaceTimeで買ったばかりの画集を映した。

公園風景の連作が代表的な画家さんに珍しい室内のあまりない構図。きっと判別できないページを選んで、手持ちのiPhoneで映して見せた。

-- ああ、あの人だね。アントワーヌ・・・えっと、ヴァトー。

  がっかりだわ〜。
    クイズをしようと思ったのにね
      すぐ答えられちゃった。

どうしてあの駅で・・・。昔っから大好きな絵画を同じように好む人に一目惚れしたんだろうってまた考えた。

**


デートをした日、パリのお話をした。
パリの何処を歩いたか、はっきりわからないと彼は言った。

いずれのパリも美術館を目的にした他は
ただ街をぶらぶら歩きたくて出掛け、
地図もガイドもなく気ままに街歩きをしたから
どの辺りだったかよく知らないのだと話した。

どんな橋を渡った?
左手に此んな建物が見えた?
右手が大通りだった?

記憶を聞き出しながら当たりをつけて
歩いただろう界隈のおしゃべりをした。


お初に海外旅行のお話を聞いたのは出会って間もない頃だった。


この方、私と同じ風な旅をするのねって嬉しくなった。

  私はぶらり1人旅が好きだった。

1つか2つだけ美術館と教会に焦点を絞って
知らないお国を気ままに、ぶらり。

  計画は立てず、お宿も決めない。

決めちゃうとお宿の場所へ戻らなきゃならないから
行きたくなった先の泊まりたい処で泊まる。

勘で立寄るご飯屋さんでお勧めを伺ったりご相談したり・・・

言葉があまりわからないお国で外国人が適当に思いついた変てこ現地語でまくし立てると、大抵お店のお客様まで集まって口々に色んな事を教えてくれたり。

  恋人はそっくり似た旅をする人だった。

  彼も私もバックパックを背負った旅はしていなくって
  ただ、予定の区切りに縛られない自由を求めてて
  心惹かれる時々を満喫したいと考える旅行者なのだった。

**


恋人の旅の思い出話に俄に記憶がくすぐられた。
ミルクティー片手に相槌を打ってるときだった。

帰国日を決めてなくて泊まるか帰るか決めかねてるうちに飛行機を逃し、暗くなってからお宿探しを始めた旅の事を聞きながら、
急にあのシーンが甦った。

  幾度も幾度も思い起こした場面。
  駅の階段で一目惚れをした瞬間。

やっと少しだけわかった。
一目惚れの気持ちを一言で表すなら
惹き付けられた理由を表現するなら
懐かしかったのだ。
懐かしさに引寄せられたのだ。


  何を懐かしく思ったのかしら?
    考えてもまだ判らない。


頭の中、側頭部の一等見え難い場所を
懐かしさの感覚の影がちらちら動く。
見ようとすると遠退いて、まだ言葉にはならない。

心の中枢が慕い懐古する何か・・・


*不思議な駅(1)想い出
*     (2)階段の恋
       *バロックと階段
       *一目惚れの理:ケクラン
       ?僕が思う靴下と階段
       ?僕が知ってるシューレア・クリーム
*     (3)見送り
       ?僕が見た変身
*     (4)車窓
       *ドビュッシー "バラード"
       ?僕が見たお別れとリスク
*     (5)プラットホーム
       *音楽のひとこま
*     (6)初めての待ち合わせ
*     (7)ミンティアの味
       ?僕が知ってるアサリ君と恋
       ?僕が見たアサリ君の沈黙
*     (8)チェコの袋
*     (9)人身事故--スケルツォ
*     (10)別れの時刻
       ?僕が見たウザい女
*     (11)2度目の出逢い
       ?僕が知ってる8月の嘘っこ
*     (12)不在
*     (13)ジーンズと携帯
*     (14)恋に気づくとき
*     (15)好きなもの

*古い携帯の音
*別れの月光
*揺らめきのドビュッシーバラード
*過去の女性からの手紙
*恋した匂い
       *繋いだ手のしらべ:転調
*ご不浄のやり取り
*白く光る花
*春のおでかけ
*海 -- アストレ
       *楽譜表示:アストレ
       *謎 -- ラヴェル "永遠の謎"
*恋路の花
       ?僕が思うコイビート
       ?僕が聞いたシマシマヒストリー
*デートのキャンセル
       ?僕が見た恥ずかしい旅行
*お土産のエピソード
       ?僕が見た小箱の中身
*ありがとうのお誕生カード
*バレンタインの思い出
*前髪パッツンのわけ
*ポップコーン
*もう一度だけ
*水のほとりの恋
*夜とマカロン
       ?僕が見た素面の事件
       ?ぴょんきち君と僕が知ってる秘密
       ?僕が見た喧嘩
*シフォンのお返し
       ?僕が知ってるオーブン・ヒストリー
*行きます!
*夏の思い出
*相合い傘
*ロールキャベツの夜
*エルミタージュ展in京都
*ピアノ試弾会、他
       ?僕が思う恥ずかしい写真
*女子力がない女
       ?僕が見た焼肉とPJ写真
*枯葉、恋人に会いに
       ?僕が見た倦怠期検索
       *2012年12月のクローゼット
*見知らぬ駅
*サプライズをする男
*スリッパ
*飛行機に乗りたい
*マフラーとお山靴
*着物えらびとPJカウントダウン
*年頭2013
*ロンサールの想い
*ミトンとフードプロセッサー
*優しいお出掛け
       ?僕が嫌いなFaceTime

*恋の問いごと
*頬杖の恋
*タピオカちゃんの呟き
*タピオカちゃんのお手紙

*白木蓮が降った朝
*恋の花びら

*食の開放
       ?僕が見た餃子
*オーブン壊れちゃった
*渡り鮭のパスタ
*泣く女とバジル
*半片の
*料理が下手なやつは
       *フランスのからくり
*恋人とカフェオレ
*白いカップ
*カフェテーブルで
*白い湯気



カフェテーブルで

January 19, 2013

夏の夜のカフェが好きだった。


2人のウエイトレスさんが代わり代わる勧めたソファ席を
2度断ったところだった。

お茶やお食事にお店へ入ると恋人は決まって隣合った席を探す。

空席多い店内で壁際ベンチにきゅうきゅう詰めて並んでると
ウエイトレスさんが広いソファ席を示してくれた。

ソファは一人掛けが並んだもので席間も広く寂しそう・・・
私の表情を見て恋人は断ってくれた。


次に通りがかったウエイトレスさんも同じように勧めてくれた。


カフェでもレストランでも畳座でも、
狭苦しくお隣に座る私たちを見かねるのか
幾度となく広い席を勧められることになる。

  恋人はその度毎に断った。

僕ら狭いほうが好きなので、って
可笑しな断り文句の度にくすくす笑った。

  恋人は私を笑顔にできたことに満足してた。

**


冬のカフェも好きだった。

恋人はコートの着脱ばかりじゃなく、いつの間にかファーマフラーも留めてくれるようになっていた。

自分のよれた上着はおかしな具合に引っかけたまま、
少しだけ背中を屈めて、祖母や母のお下がりばかりのファーを
そうっと留める優しい仕草にくすくす笑った。

  恋人は私を笑顔にできたことに満足してた。


恋人は少しだけ勘違いしてる。


私が笑ったのは・・・

一緒が当たり前の風にウエイトレスさんに "僕ら" って言ったのが嬉しかったからよ。

首もとにファーを留めるとお顔がとっても近くで見られるのが嬉しかったからよ。

  嬉しくて・・・
  そして少しだけ泣きたくなるんダ。

ずっと一緒に居てくれてありがとう。


*不思議な駅(1)想い出
*     (2)階段の恋
       *バロックと階段
       *一目惚れの理:ケクラン
       ?僕が思う靴下と階段
       ?僕が知ってるシューレア・クリーム
*     (3)見送り
       ?僕が見た変身
*     (4)車窓
       *ドビュッシー "バラード"
       ?僕が見たお別れとリスク
*     (5)プラットホーム
       *音楽のひとこま
*     (6)初めての待ち合わせ
*     (7)ミンティアの味
       ?僕が知ってるアサリ君と恋
       ?僕が見たアサリ君の沈黙
*     (8)チェコの袋
*     (9)人身事故--スケルツォ
*     (10)別れの時刻
       ?僕が見たウザい女
*     (11)2度目の出逢い
       ?僕が知ってる8月の嘘っこ
*     (12)不在
*     (13)ジーンズと携帯
*     (14)恋に気づくとき
*     (15)好きなもの

*古い携帯の音
*別れの月光
*揺らめきのドビュッシーバラード
*過去の女性からの手紙
*恋した匂い
       *繋いだ手のしらべ:転調
*ご不浄のやり取り
*白く光る花
*春のおでかけ
*海 -- アストレ
       *楽譜表示:アストレ
       *謎 -- ラヴェル "永遠の謎"
*恋路の花
       ?僕が思うコイビート
       ?僕が聞いたシマシマヒストリー
*デートのキャンセル
       ?僕が見た恥ずかしい旅行
*お土産のエピソード
       ?僕が見た小箱の中身
*ありがとうのお誕生カード
*バレンタインの思い出
*前髪パッツンのわけ
*ポップコーン
*もう一度だけ
*水のほとりの恋
*夜とマカロン
       ?僕が見た素面の事件
       ?ぴょんきち君と僕が知ってる秘密
       ?僕が見た喧嘩
*シフォンのお返し
       ?僕が知ってるオーブン・ヒストリー
*行きます!
*夏の思い出
*相合い傘
*ロールキャベツの夜
*エルミタージュ展in京都
*ピアノ試弾会、他
       ?僕が思う恥ずかしい写真
*女子力がない女
       ?僕が見た焼肉とPJ写真
*枯葉、恋人に会いに
       ?僕が見た倦怠期検索
       *2012年12月のクローゼット
*見知らぬ駅
*サプライズをする男
*スリッパ
*飛行機に乗りたい
*マフラーとお山靴
*着物えらびとPJカウントダウン
*年頭2013
*ロンサールの想い
*ミトンとフードプロセッサー
*優しいお出掛け
       ?僕が嫌いなFaceTime

*恋の問いごと
*頬杖の恋
*タピオカちゃんの呟き
*タピオカちゃんのお手紙

*白木蓮が降った朝
*恋の花びら

*食の開放
       ?僕が見た餃子
*オーブン壊れちゃった
*渡り鮭のパスタ
*泣く女とバジル
*半片の
*料理が下手なやつは
       *フランスのからくり
*恋人とカフェオレ
*白いカップ



優しいお出掛け

January 12, 2013

リサイタル・リーフレットの校正がやっと終わった。


細かなやり取り。いつもお願いしてる印刷所さんは
網の目のような指示に応えて頑張って下さった。

記載事項の順や曲目と作曲家名の兼ね合いなど配置的な都合とデザインが絡み合う難問を1mm、2mmと微修正。

昨午後に下刷りを受取って最終チェックをした。
例年の如く後援申請から始まった長い長い作業だった。
やっと印刷にまわすことができた。

**


詰んだ作業に疲れていたら恋人がお食事へ連れ出してくれた。
栄町の古い建物。仄かな灯りのレストラン。

窓に面したカウンターへ座ろうとすると恋人が止めた。
椅子が高いと脚が届かない私が疲れるのじゃあないかって。

恋人のお顔をまた感謝の思いで眺めた。

  気が利くほうじゃない素朴な彼は
    人ずれせずに呑気な調子でさり気なく
      ふとした事にも真心こめて接してくれる。


ありがとう。
ほのぼのしながら心の中で言った。


おうちへ遊びに行った夜、冷蔵庫を開けた。
大きなサイズの飲み物が入ってた。

恋人が冷たいジュース類を買うのを見ないから
あら此んなの普段に飲んでた? って問うた。

僕は飲まないけど桜ちゃんが好きでしょう?
何でもなく答えた。

冷凍庫を開いた。
アイスクリームが物凄くたくさんあった。

アイスクリームを食べる機会がないと聞いていたから
あらアイスなんて上がるの? ってまた問うた。

僕は食べないけど桜ちゃんが好きでしょう?
また何でもなく答えた。

  目に見えない知らないところでも
  いつもずぅっと此んな風に・・・

    穏やかな優しさと
      素朴な思いやりと
        たくさんの愛情と

  どれほどに暖かさを貰ってきただろう。

お腹一杯で、沢山笑って、少し歩いて、彼はお仕事へ戻った。
私もすっかり元気になって帰途につき、最終校正を仕上げた。

聞いて下さる方が幸せになるリサイタルができますように。


*不思議な駅(1)想い出
*     (2)階段の恋
       *バロックと階段
       *一目惚れの理:ケクラン
       ?僕が思う靴下と階段
       ?僕が知ってるシューレア・クリーム
*     (3)見送り
       ?僕が見た変身
*     (4)車窓
       *ドビュッシー "バラード"
       ?僕が見たお別れとリスク
*     (5)プラットホーム
       *音楽のひとこま
*     (6)初めての待ち合わせ
*     (7)ミンティアの味
       ?僕が知ってるアサリ君と恋
       ?僕が見たアサリ君の沈黙
*     (8)チェコの袋
*     (9)人身事故--スケルツォ
*     (10)別れの時刻
       ?僕が見たウザい女
*     (11)2度目の出逢い
       ?僕が知ってる8月の嘘っこ
*     (12)不在
*     (13)ジーンズと携帯
*     (14)恋に気づくとき
*     (15)好きなもの

*古い携帯の音
*別れの月光
*揺らめきのドビュッシーバラード
*過去の女性からの手紙
*恋した匂い
       *繋いだ手のしらべ:転調
*ご不浄のやり取り
*白く光る花
*春のおでかけ
*海 -- アストレ
       *楽譜表示:アストレ
       *謎 -- ラヴェル "永遠の謎"
*恋路の花
       ?僕が思うコイビート
       ?僕が聞いたシマシマヒストリー
*デートのキャンセル
       ?僕が見た恥ずかしい旅行
*お土産のエピソード
       ?僕が見た小箱の中身
*ありがとうのお誕生カード
*バレンタインの思い出
*前髪パッツンのわけ
*ポップコーン
*もう一度だけ
*水のほとりの恋
*夜とマカロン
       ?僕が見た素面の事件
       ?ぴょんきち君と僕が知ってる秘密
       ?僕が見た喧嘩
*シフォンのお返し
       ?僕が知ってるオーブン・ヒストリー
*行きます!
*夏の思い出
*相合い傘
*ロールキャベツの夜
*エルミタージュ展in京都
*ピアノ試弾会、他
       ?僕が思う恥ずかしい写真
*女子力がない女
       ?僕が見た焼肉とPJ写真
*枯葉、恋人に会いに
       ?僕が見た倦怠期検索
       *2012年12月のクローゼット
*見知らぬ駅
*サプライズをする男
*スリッパ
*飛行機に乗りたい
*マフラーとお山靴
*着物えらびとPJカウントダウン
*年頭2013
*ロンサールの想い
*ミトンとフードプロセッサー

*恋の問いごと
*頬杖の恋
*タピオカちゃんの呟き
*タピオカちゃんのお手紙

*白木蓮が降った朝
*恋の花びら

*食の開放
       ?僕が見た餃子
*オーブン壊れちゃった
*渡り鮭のパスタ
*泣く女とバジル
*半片の
*料理が下手なやつは
       *フランスのからくり
*恋人とカフェオレ
*白いカップ



不思議な駅(15)好きなもの

December 29, 2012

好きなもの。


  トープ色とブランカッセの
  優しいコンビネーション。

  大好きな19世紀の鳥とお花のお皿のように
  グレイッシュなローズとペールグリーンが混在する
  とろけそうなアンサンブル。

    ノワゼットとミルクティー。
      エミール・ゾラとプルースト。
        甘〜いフランス菓子。
          カフェオレのボウル。

  ワンコの手触り。
  オペラ座のバレエ。
  ピアノがあるお部屋。
  
    まぁるい木の実。
      コットンにナンキンハゼ。
      暖かくってまぁるい子。

    まぁるいお菓子。
      マカロンにブールドネージュ。
      甘く優しいまぁるい子。

**


好きなもの、たくさん。

中でもパリの生活を思い出させてくれるものが大好き・・・
心の中に携えるパリの気配は食物ほども必要なのだ。

恋人に一等感謝してるのは、
時々泣きたいほど辛くて仕方ない
アジア的土着風習の匂いを
共に避けつつ過ごせることだった。

殆ど恐怖のお正月を前に
私は元気をなくしてた。



  *疎外感を越えて

**


恋人が伊勢丹の袋を渡してくれた。

  ピエールエルメ・パリ?
  大好きなフランスのお菓子?
  まぁるくて甘〜いマカロン?

寒いお外で、恋人は私が編んだマフラーを掻き合わせながら
うん、って笑った。

街のお正月色がマカロン色に塗り替えられるような安堵をおぼえて、年甲斐なくぴょんぴょん跳ねた。

どうしてエルメなの?
どうして一等好きなエルメのマカロンなの?
マカロンなんか甘過ぎるって食べないくせに。
でも長〜い袋・・・?
花束はガラじゃないでしょう?
コレなぁに? コレなぁに?

1人で騒ぎながら袋を覗いた。


欲し〜ってブログにも書いちゃった綿の枝、コットンの実!

  *風見鶏クリスマスの日


  トープ色とブランカッセの
  まぁるい木の実・・・

恋人はストライクゾーンを1度だって外したことがないのだ。

私はあの駅で、"まぁるい大好き" を大事に思ってくれる人に
偶然一目惚れをしたらしい。

不思議な駅は やっぱり不思議。


*不思議な駅(1)想い出
*     (2)階段の恋
       *バロックと階段
       *一目惚れの理:ケクラン
       ?僕が思う靴下と階段
       ?僕が知ってるシューレア・クリーム
*     (3)見送り
       ?僕が見た変身
*     (4)車窓
       *ドビュッシー "バラード"
       ?僕が見たお別れとリスク
*     (5)プラットホーム
       *音楽のひとこま
*     (6)初めての待ち合わせ
*     (7)ミンティアの味
       ?僕が知ってるアサリ君と恋
       ?僕が見たアサリ君の沈黙
*     (8)チェコの袋
*     (9)人身事故--スケルツォ
*     (10)別れの時刻
       ?僕が見たウザい女
*     (11)2度目の出逢い
       ?僕が知ってる8月の嘘っこ
*     (12)不在
*     (13)ジーンズと携帯
*     (14)恋に気づくとき

*古い携帯の音
*別れの月光
*揺らめきのドビュッシーバラード
*過去の女性からの手紙
*恋した匂い
       *繋いだ手のしらべ:転調
*ご不浄のやり取り
*白く光る花
*春のおでかけ
*海 -- アストレ
       *楽譜表示:アストレ
       *謎 -- ラヴェル "永遠の謎"
*恋路の花
       ?僕が思うコイビート
       ?僕が聞いたシマシマヒストリー
*デートのキャンセル
       ?僕が見た恥ずかしい旅行
*お土産のエピソード
       ?僕が見た小箱の中身
*ありがとうのお誕生カード
*バレンタインの思い出
*前髪パッツンのわけ
*ポップコーン
*もう一度だけ
*水のほとりの恋
*夜とマカロン
       ?僕が見た素面の事件
       ?ぴょんきち君と僕が知ってる秘密
       ?僕が見た喧嘩
*シフォンのお返し
       ?僕が知ってるオーブン・ヒストリー
*行きます!
*夏の思い出
*相合い傘
*ロールキャベツの夜
*エルミタージュ展in京都
*ピアノ試弾会、他
       ?僕が思う恥ずかしい写真
*女子力がない女
       ?僕が見た焼肉とPJ写真
*枯葉、恋人に会いに
       ?僕が見た倦怠期検索
       *2012年12月のクローゼット
*見知らぬ駅
*サプライズをする男
*スリッパ
*飛行機に乗りたい
*マフラーとお山靴

*恋の問いごと
*頬杖の恋
*タピオカちゃんの呟き
*タピオカちゃんのお手紙

*白木蓮が降った朝
*恋の花びら

*食の開放
       ?僕が見た餃子
*オーブン壊れちゃった
*渡り鮭のパスタ
*泣く女とバジル
*半片の
*料理が下手なやつは
       *フランスのからくり
*恋人とカフェオレ
*白いカップ



マフラーとお山靴

December 24, 2012

今年も恋人にマフラーを編んだ。
柔らかなモヘヤを選んだ。


毛糸屋さんでは棚の前へ座り込み、優しい肌触りを求めて1つずつ手に取ってはこっそりこっそり自分の喉へ当てがってみる怪しい顧客になっちゃった。ごめんなさい。

模様は斜めにクロスを入れた。
もうね、肩凝った〜!


色は数段ずつのカラー変えをした。


ほんのりストライプのグラデーションの中に
45度異なるクロス模様が生きるように・・・

恋人がたまに履く、大好きなお山靴に合わせたのだ。

**


ずっと以前恋人が履いてたお山靴がかわゆくて好きだった。

一目惚れの日、最初見えてたのが足許だったせいか
何故か恋人の靴も好きになってるみたい。

  抑えた渋茶色で
    主張無く地味で
      とっても機能的。

とても似合ってて、嬉しくなって問うたのだった。
"お山登りなさるの? "

恋人はいいえと答えた。2年も前の事だった。

以来、お山靴を見なかった。
数ヶ月前また問うた。
"ねえお山靴、お似合いで大好きなのにあまり履かないの? "

恋人はキョトンとした。
山靴を好きだなんて初耳だと言われた。
山登りするのかと問われたので場違いだったかと思い
履かないようにしてたと答えた。

  どうして其んな発想なんだろう?
  恋人はいつもトンチンカンだ。

    良いところをどんなに伝えても
    実感がないとボ〜っと首を傾げ

    彼を此んなにも好きな私を
    変わり者呼ばわりする。

  お山靴だけならず
    私は全部が大好きなのに。


男の子君っぽいおリボン掛けて・・・


喜んでくれるカナ? って楽しみにして
三宮の喫茶店で待ち合わせた。

彼のお膝に広げさせてもらってパチリ。


あらら渡した場所の灯りは色が違って見えるカナ。


  多忙の無理を重ねてたのを知っていた恋人は
  手の中のマフラーをじっと見て
  随分時間がかかったでしょうと呟いた。

矯めつ眇めつしみじみ眺め
どれくらい日がかかった? とまた問うた。

それから黙って首に巻き、あったかい・・・と笑った。


*不思議な駅(1)想い出
*     (2)階段の恋
       *バロックと階段
       *一目惚れの理:ケクラン
       ?僕が思う靴下と階段
       ?僕が知ってるシューレア・クリーム
*     (3)見送り
       ?僕が見た変身
*     (4)車窓
       *ドビュッシー "バラード"
       ?僕が見たお別れとリスク
*     (5)プラットホーム
       *音楽のひとこま
*     (6)初めての待ち合わせ
*     (7)ミンティアの味
       ?僕が知ってるアサリ君と恋
       ?僕が見たアサリ君の沈黙
*     (8)チェコの袋
*     (9)人身事故--スケルツォ
*     (10)別れの時刻
       ?僕が見たウザい女
*     (11)2度目の出逢い
       ?僕が知ってる8月の嘘っこ
*     (12)不在
*     (13)ジーンズと携帯
*     (14)恋に気づくとき

*古い携帯の音
*別れの月光
*揺らめきのドビュッシーバラード
*過去の女性からの手紙
*恋した匂い
       *繋いだ手のしらべ:転調
*ご不浄のやり取り
*白く光る花
*春のおでかけ
*海 -- アストレ
       *楽譜表示:アストレ
       *謎 -- ラヴェル "永遠の謎"
*恋路の花
       ?僕が思うコイビート
       ?僕が聞いたシマシマヒストリー
*デートのキャンセル
       ?僕が見た恥ずかしい旅行
*お土産のエピソード
       ?僕が見た小箱の中身
*ありがとうのお誕生カード
*バレンタインの思い出
*前髪パッツンのわけ
*ポップコーン
*もう一度だけ
*水のほとりの恋
*夜とマカロン
       ?僕が見た素面の事件
       ?ぴょんきち君と僕が知ってる秘密
       ?僕が見た喧嘩
*シフォンのお返し
       ?僕が知ってるオーブン・ヒストリー
*行きます!
*夏の思い出
*相合い傘
*ロールキャベツの夜
*エルミタージュ展in京都
*ピアノ試弾会、他
       ?僕が思う恥ずかしい写真
*女子力がない女
       ?僕が見た焼肉とPJ写真
*枯葉、恋人に会いに
       ?僕が見た倦怠期検索
       *2012年12月のクローゼット
*見知らぬ駅
*サプライズをする男
*スリッパ
*飛行機に乗りたい

*恋の問いごと
*頬杖の恋
*タピオカちゃんの呟き
*タピオカちゃんのお手紙

*白木蓮が降った朝
*恋の花びら

*食の開放
       ?僕が見た餃子
*オーブン壊れちゃった
*渡り鮭のパスタ
*泣く女とバジル
*半片の
*料理が下手なやつは
       *フランスのからくり
*恋人とカフェオレ
*白いカップ



見知らぬ駅

December 08, 2012

ちょこっとだけお出掛けする時バッグに入れる駄菓子。


1つずつお味が違うものを "どれにする? " って恋人と分けっこするのが大好き。


寒い日だったからモコモコ靴下で待ち合わせた。


  グレーの靴下にグレーの帽子。
    母が編んでくれたグレーのカーディガン。

      それからグレーの手袋を片っぽだけ。
      恋人と繋ぐほうの手は素手のまま。

他愛ないおしゃべりをした。
元気になってる様子を喜んでもらえた。

**


加減が悪かった週、寝込んでいて目覚めると恋人の着信がたくさん入ってた。仕事終わりにお電話くれて見舞おうとしてくれたのだった。

眠ってて応じられずにとても心配をかけてしまって・・・
facetimeで折返し、応答できなかったのを謝った。

画面の恋人の後ろには駅がに写ってた。
どこに居るの? って問うた。
恋人はキョロキョロ辺りを見回した。

  心配してた私からの着信に出るために
  関係ない駅で飛び降りてしまってた。

風が強い駅みたいだった。
恋人はマフラーを掻き寄せながら駅名を言った。

優しいお馬鹿さんに言うお礼の言葉が見つからず
私はまた黙ってしまった。

  次の電車が来るまでの間、
    恋人が風邪をひかないようにと
      心から願いながらおしゃべりした。

**


優し過ぎる気持ちに戸惑って、
お礼を口にできないことばかり。

だから手袋はずした手で
恋人のポケットの中、
ぎゅっと手を握る。

ありがとう。

**


明日12月9日11h30 & 2h
神戸花鳥園にてクラリネット・ババールコンサートです。

どうぞいらして下さいネ・・・♪


*不思議な駅(1)想い出
*     (2)階段の恋
       *バロックと階段
       *一目惚れの理:ケクラン
       ?僕が思う靴下と階段
       ?僕が知ってるシューレア・クリーム
*     (3)見送り
       ?僕が見た変身
*     (4)車窓
       *ドビュッシー "バラード"
       ?僕が見たお別れとリスク
*     (5)プラットホーム
       *音楽のひとこま
*     (6)初めての待ち合わせ
*     (7)ミンティアの味
       ?僕が知ってるアサリ君と恋
       ?僕が見たアサリ君の沈黙
*     (8)チェコの袋
*     (9)人身事故--スケルツォ
*     (10)別れの時刻
       ?僕が見たウザい女
*     (11)2度目の出逢い
       ?僕が知ってる8月の嘘っこ
*     (12)不在
*     (13)ジーンズと携帯
*     (14)恋に気づくとき

*古い携帯の音
*別れの月光
*揺らめきのドビュッシーバラード
*過去の女性からの手紙
*恋した匂い
       *繋いだ手のしらべ:転調
*ご不浄のやり取り
*白く光る花
*春のおでかけ
*海 -- アストレ
       *楽譜表示:アストレ
       *謎 -- ラヴェル "永遠の謎"
*恋路の花
       ?僕が思うコイビート
       ?僕が聞いたシマシマヒストリー
*デートのキャンセル
       ?僕が見た恥ずかしい旅行
*お土産のエピソード
       ?僕が見た小箱の中身
*ありがとうのお誕生カード
*バレンタインの思い出
*前髪パッツンのわけ
*ポップコーン
*もう一度だけ
*水のほとりの恋
*夜とマカロン
       ?僕が見た素面の事件
       ?ぴょんきち君と僕が知ってる秘密
       ?僕が見た喧嘩
*シフォンのお返し
       ?僕が知ってるオーブン・ヒストリー
*行きます!
*夏の思い出
*相合い傘
*ロールキャベツの夜
*エルミタージュ展in京都
*ピアノ試弾会、他
       ?僕が思う恥ずかしい写真
*女子力がない女
       ?僕が見た焼肉とPJ写真
*枯葉、恋人に会いに
       ?僕が見た倦怠期検索

*恋の問いごと
*頬杖の恋
*タピオカちゃんの呟き
*タピオカちゃんのお手紙

*白木蓮が降った朝
*恋の花びら

*食の開放
       ?僕が見た餃子
*オーブン壊れちゃった
*渡り鮭のパスタ
*泣く女とバジル
*半片の
*料理が下手なやつは
       *フランスのからくり
*恋人とカフェオレ
*白いカップ




Topページへ
Blogページへ