L'officiel ⅩⅠ



レッスン記録:ハンカチのしみの音楽

February 12, 2018

ワンコが好きなおやつ蹄を大きめのキャンディボトルに入れた。


昨日はレッスンを1つした。
じっと座ってレッスンするタイプじゃあないから、体調が良い時に・・・って感じで僅かずつ始めてきた。

通院が多い週は少し間が空いたりしながら、月2回くらいのペースでも構わない生徒ちゃんならレッスンできそうって判断してからコツコツ続けてる。

音楽を伝える時間はやはり大好き。
昨日は小さな子の有意義なレッスンでした。


1回目は音楽が鍵盤上に留まりがちな演奏だった。


指と鍵盤の表面だけで音がやり取りされてるみたいで、
本人の中で動いてる音楽は、先生にはわかっても他の人には伝わらない。

今誰に聞かせて弾いてた? って問うてみた。

誤認識いただかないようお願いしたいが、'誰かに聞かせること' が音楽の正解ではないのは明白です。今のその子にとっては誰かに聞かせることが、甘くゆとりある音楽世界にシフトする術ということ。

此のお部屋の中の何かに聞かせるように弾いてみましょうねって言った。

何に聞かせる? って問うと迷って決めかねてるようだった。
多分ブルゴーニュ君って言いたかったのかも。だけど子供ながら何かしらの遠慮をしてるようだった。そんな事が表情に現れる感じやすい子。


なんでも良いのよって幾つかの物を指した。


壁のカードやピアノの上の小箱・・・

  その時ふと気がついた。

練習カウンターを乗せたり生徒ちゃんが鉛筆を置いたりしても傷にならないよう、譜面台に古いハンカチを1枚敷いてる。

それに薄いしみが出てるのが見えたの。写真で判るでしょうか?
写真の下側、縁取りがある辺りに浮いた薄茶のしみ。


私はしみがすっかり気に入って、此のしみにピアノを聞かせてあげましょうよと提案した。


音楽を分かち合うなら、しみに何を想うか心の中を見せなければならないと言った。

《 '誰かに聞かせること' が音楽の正解ではない》けれど、
《聞かせる限りは '心の中を見せること' が一定条件》になるからです。

  白くなきゃならないハンカチにしみが出て
  あなたはどうする? って問いかけた。

みっともないから強い洗剤でママにお洗濯をしてもらって真っ白にしましょうとハンカチに言い、
しみには、君が早くなくなって消えてしまえばハンカチに再び真っ白い幸せが戻るよって言う?

  それとも・・・


白に薄茶はブルゴーニュ君のブチのようで


ハンカチの角のトコロから覗いてる形も可愛いから、しみは此処に居ていいよ。もっと増えてもブチ模様は可愛いよって慰めをあげる?

どちらの気持ちをしみに見せながら弾く?
しみに何を伝えてあげる?


  生徒ちゃんは心を込めて素敵に演奏しました。
  しばらくうちのハンカチは、しみ抜きできなさそう。


■お教室関連リンク

曲を感じる
*ある白い花
*ままならぬ恋の花
*2枚目の扉
*白い花の贈り物


初期
*レッスン記録:音符イチゴ
*レッスン前の時間
*レッスン記録:オクターブ
*レッスン記録:メダカのドレミ
*レッスン記録:スタッカート

*レッスン記録:楽譜を作ろう!
*レッスン記録:上の音
*レッスン記録:痩せたメダカ
*レッスン記録:カタツムリ
*レッスンの成り行き
*レッスン記録:イチゴのタイ
*レッスン記録:指番号
*レッスン記録:音の実

*レッスン記録:復習とカメ
*レッスン記録:音ブロックで曲を弾こう
*レッスン記録:好きな曲を作ろう!
  *緊張するレッスン
  *泣いちゃダメ?
  *レッスン記録:下地(1)色
  *レッスン記録:下地(2)味


記号
*レッスン記録:ト音記号
*レッスン記録:臨時記号


音符
*レッスン記録:音符の長さを憶えよう
  *子供の絵、母の悩み
  *レッスンと色

*レッスン記録:十六分音符
*レッスン記録:床の五線
*レッスン記録:紙粘土
  *先生の真似

*付点音符を憶えよう
*レッスン記録:付点音符のサイズ

*レッスン記録:小節に触る


成長過程
*レッスン記録:記憶の拡張

*7ヶ月でカバレフスキー
*お庭レッスン

*レッスン記録:香りレッスン
*レッスン記録:ハーモニー体験


ヒント
*レッスン記録:お菓子パーティー
*レッスン記録:付箋を使う
*練習カウンター


リズム
*レッスン記録:リズム解き
*レッスン記録:食べ物カード
*レッスン記録:楽語とリズム


暗譜
*レッスン記録:はじめての暗譜
*レッスン記録:楽譜の道筋
  *1年間のレッスン記録


お指トレーニング
*レッスン記録:音階練習
*レッスン記録:指遣いのカリキュラム
*レッスン記録:音階と和音


幼児期の聴音
*レッスン記録:はじめての聴音
*レッスン記録:寒暖の和音


アウフタクト
*レッスン記録:アウフタクトの導入
*レッスン記録:アウフタクト実践例
  *レッスンこぼれ話:ピンクのうさぎ
*レッスン記録:なめこぐま
*レッスン記録:はじめてのバラード
*レッスン記録:ぬるぬる


音階遊び
*レッスン記録:シマエナガ式ケース
*レッスン記録:フェーブの音階


お箱遊び
*レッスン記録:雪のパーツ遊び
*レッスン記録:お箱遊び
*レッスン記録:異名同音
*レッスン記録:異名同音 'として'
*レッスン記録:お箱卒業の日


画集遊び
*レッスン記録:画集遊び
*レッスン記録:ポムポム・キュビズム
*レッスン記録:ダリに参加する
*ダリとモチーフの引出し
*レッスン記録:ダリと創る
*レッスン記録:画集遊びと思考
*レッスン記録:ダリをお料理する
*レッスン記録:モチーフのイメージ
*レッスン記録:感得
*レッスン記録:お水に映る
*レッスン記録:最後のダリ


音の絵
*レッスン記録:鍵盤でお絵描き
*レッスン記録:太陽のトリル
*レッスン記録:お豆コロコロ
*レッスン記録:ぶどうポロポロ
*レッスン記録:イチゴのたね


創造
*レッスン記録:色をつくる
*レッスン記録:転遷
*レッスン記録:恒星と雫
*レッスン記録:2つの時
*レッスン記録:デビューとクワガタ
*レッスン記録:雪が咲く


■オトナのレッスン関連記事

識見
*ソナタ的お茶の日
*お散歩とテーマの変容
*メロディーに掛かる
*柘榴のポエジー


成り立ち
*レッスン記録:ドレミ
*ピアノレッスンの主張
*レッスン記録:Dur


音楽史
*音楽史のレッスン
*レッスン記録:カメラータ
*レッスン記録:モノディと公会議周辺
*レッスン記録:純正律
*レッスン記録:ピタゴラス音律
*レッスン記録:ビデオと地デジ


ピアノを感じる
*ラヴェル音源とドビュッシーのフェイント
*レッスン記録:月の光
  *僕が見たイケメン生徒ちゃん


(スプレーン)
*レッスン記録:読み取り開始
*レッスン記録:記号の意図
*レッスン記録:フェルマータの場所
*レッスン記録:次回のピアノ課題

(月の光)
*レッスン記録:噴水
*レッスン記録:2冊目
*レッスン記録:人の文字
  *レッスン記録:衣装の絵
*レッスン記録:不離一体

(カッサンドル)
*レッスン記録:カッサンドル13
*レッスン記録:カッサンドルそして・・・
*レッスン記録:楽語

(グリーン)
*レッスン記録:君が眼に
*レッスン記録:感じがする



今年も生きてたから描くことにした

February 04, 2018

神戸の百人色紙展話題です。


明るい明るい色。今までと全然ちがった風になりました。

昨年は病床で描いてました。
次の年は生きてないかな、これを出せるのも最後になるかなって思いながら色を塗ってた。


例年はボードレールやヴェルレーヌなど好きな詩節を書いてました。ルイ・アラゴンの年もあったっけ。


今年のはね、水彩とアクリルをコンビにした1枚目写真の白い所に、ファーヴァーカステルのポリクロモスを削ってぽんぽんと置いていってますよ。


初めはカテドラル・ノートルダム・ド・パリにしようかしらって
色鉛筆で此んな色塗りを始めてたの。


でもチガウ・・・
今の気持ちは此うした方向の描写とはチガウって思えて
リセットのためにゆっくりと破いてしまった。

破りながら全く異なる2枚目が浮かんだ。


青い目のうさぎやら、しゃべるアヒルやらが登場したのは
今の私には人間よりも身近に居てほしい対象だからかな?


アヒルは、ゆっくりと読んでるガストン・バシュラールの "空と夢" (1枚目の写真で写ってる文字がタイトルです) の中に 'お入り' と誘ない、

誘いを向ける相手はフランス哲学を何も知らなくてただただ素直なブルゴーニュ君2世だ。

例えば僅か先の石は近く見えて本当は遠いのか問うてきた子に、アヒルは '君は [何かを] 識っている' と伝えたくなったのかもしれない。

  *僕らがまた会えた朝

ナンテ・・・ 変テコでちょっと野良っぽい今年の色紙。
楽しんで描いてるトコロ。



柘榴のポエジー

January 31, 2018

私は柘榴が大好きだ。
オーガニックの柘榴キャンディを見つけて迷わず買った。


キャンディは予想以上に美味しかった。レ・リゴレット・ナンテーズのボンボンは不動の上位だけど此れだって稀なほど好みだった。

  *ボンボンと共感


買ったばかりのキャンディを舐めてると昔教えた生徒ちゃんから尋ねごとがあった。他地方にお引越しをして通って来られなくなった子だった。


グラナドスの、1小節ごとに指示が入るラレンタンドやアテンポやリテヌートや急激なストリンジェンドなどの指示が細かすぎて、どうして良いかわからないっていう。

速いのか遅いのかもはっきりしない書付けに戸惑ってるのだ。
正確には、書かれてあることをどこまで守るべきかわからない思いだって受け止めた。


ああグラナドスは指示なんてしてないのよと応えた。


ある時は心の奥底で沸点に達したものが溶融して噴出し、たった1つの出口を目掛けて噴出すれば降下はストリンジェンドにならざるを得ず、

ある時は堰き止められた水の流れが溢れるぎりぎりで水位を保ち、緩やかに緩やかに地に浸みてゆくラレンタンドであり、

しかしある時は、水を吸いすぎた地中はもう元の様ではなくなって、目に見えぬ所で今後流れる方向をゆっくりと変えてゆく変位がリテヌートとなる。

  グラナドスの心の絵は、
  指示じゃあなくて詩節であると答えた。


生徒ちゃんから質問が来る数分前に開いた柘榴のキャンディ缶は
思いがけず蓋裏も缶内も綺麗なセルリアンブルーだった。


赤い赤い柘榴の酸味が鮮やかなブルーの中に踊ってた。

柘榴の酸味は赤いのか?
それとも青いのか?
甘みは? 香は?
【彼はどちらなのだ?】

つまりそういうことだ。
青の中の赤い粒であり、赤い粒を包む青だ。

美しい衝撃だ。
これを見るために幾度でも缶を開けるだろう。


'グラナドスの書付けは、[早い話が] 遅いか速いか' と考えるべきじゃあないのだ。


急流の中にもったりと重い雫が緩慢に落ち、
濡れそぼって動かぬ地中から気泡が速いスピードで昇る。

早い話などない。
ポエジーなのだ。



音を届ける

December 13, 2017

ブルゴーニュ君が3歳にして初めて迎えるお誕生日用品が着々と揃ってゆきます~


首輪につける可愛いお花バレッタは、ブルゴーニュ君と同じ保護ワンコのママさんが作ってくださった。




お花をつけてマッタリしてるブルゴーニュ君。

動画なのにほぼ写真状態ね~。最初の瞬きと、1度お鼻の上がモフって動くだけ(笑)

長らく野良ちゃん暮らしで楽器なんて勿論見たこともなく、人と言葉でコミュニケーションさえとってなかったのに、何故かはじめからピアノが流れると目を閉じて聴き入るのです。

ただ1匹の、どんな時でもピアノを聴きたがってる聴衆のお陰で
ピアノの音を届けることの意味を素直に自分に問う時期を過ごせています。



レッスン記録:フェーブの音階

November 27, 2017

思ったよりずっと元気で平気だった昨日の外出はしかし
翌日になって祟ってしまい、今日は結構大変な1日をすごしてる。


音階の仕組みを学ぶところの記録を整理しておきますね。

Cdur音階にフェーブを置いてゆきます。
白鍵に順に置けば良いから簡単ですね。お菓子フェーブを並べ終わったら、半音を探してキャレ型のフェーブを乗せますよ。


Cdurと同じ仕組みをまずは先生がDdur上にも作ってみますね。名称は憶えなくて大丈夫。仕組みだけ理解すれば良いんです。


お菓子フェーブの3個目と4個目の間、7個目と8個目(この段階では実際には8個目にフェーブ置かないですが1音目と同じだからすぐ見つけられますね)の間に平たいキャレが入るんでしたね。


次は生徒ちゃんがやってみましょうか。


同じ仕組みを作るため、フェーブをずらしてゆくんです。

チェスで遊んでる感じですね。目で見て仕組み通りに動かすのです。音感が備わってなくて頭の中で音が聞こえなくても問題ありませんよ。

  その調を並べ終わったら、
  フェーブが乗っかってる音を弾いてみましょう。

生徒ちゃんはハッと驚いて笑いました。
異なる音から開始した音階も、同じ仕組みで作ると同じ感じの音階になる・・・って気づいた瞬間の喜び。

この喜びが大切だから、フェーブを置く時に音を出さないようにしました。


並べては弾き、並べては弾き・・・


重ねるうちに、もしかしたら音楽が作られるために重要な仕組みなのかも? って何となく気づき始めてくれたのでした。


■お教室関連リンク

曲を感じる
*ある白い花
*ままならぬ恋の花
*2枚目の扉
*白い花の贈り物


初期
*レッスン記録:音符イチゴ
*レッスン前の時間
*レッスン記録:オクターブ
*レッスン記録:メダカのドレミ
*レッスン記録:スタッカート

*レッスン記録:楽譜を作ろう!
*レッスン記録:上の音
*レッスン記録:痩せたメダカ
*レッスン記録:カタツムリ
*レッスンの成り行き
*レッスン記録:イチゴのタイ
*レッスン記録:指番号
*レッスン記録:音の実

*レッスン記録:復習とカメ
*レッスン記録:音ブロックで曲を弾こう
*レッスン記録:好きな曲を作ろう!
  *緊張するレッスン
  *泣いちゃダメ?
  *レッスン記録:下地(1)色
  *レッスン記録:下地(2)味


記号
*レッスン記録:ト音記号
*レッスン記録:臨時記号


音符
*レッスン記録:音符の長さを憶えよう
  *子供の絵、母の悩み
  *レッスンと色

*レッスン記録:十六分音符
*レッスン記録:床の五線
*レッスン記録:紙粘土
  *先生の真似

*付点音符を憶えよう
*レッスン記録:付点音符のサイズ

*レッスン記録:小節に触る


成長過程
*レッスン記録:記憶の拡張

*7ヶ月でカバレフスキー
*お庭レッスン

*レッスン記録:香りレッスン
*レッスン記録:ハーモニー体験


ヒント
*レッスン記録:お菓子パーティー
*レッスン記録:付箋を使う
*練習カウンター


リズム
*レッスン記録:リズム解き
*レッスン記録:食べ物カード
*レッスン記録:楽語とリズム


暗譜
*レッスン記録:はじめての暗譜
*レッスン記録:楽譜の道筋
  *1年間のレッスン記録


お指トレーニング
*レッスン記録:音階練習
*レッスン記録:指遣いのカリキュラム
*レッスン記録:音階と和音


幼児期の聴音
*レッスン記録:はじめての聴音
*レッスン記録:寒暖の和音


アウフタクト
*レッスン記録:アウフタクトの導入
*レッスン記録:アウフタクト実践例
  *レッスンこぼれ話:ピンクのうさぎ
*レッスン記録:なめこぐま
*レッスン記録:はじめてのバラード
*レッスン記録:ぬるぬる

音階遊び
*レッスン記録:シマエナガ式ケース

お箱遊び
*レッスン記録:雪のパーツ遊び
*レッスン記録:お箱遊び
*レッスン記録:異名同音
*レッスン記録:異名同音 'として'
*レッスン記録:お箱卒業の日


画集遊び
*レッスン記録:画集遊び
*レッスン記録:ポムポム・キュビズム
*レッスン記録:ダリに参加する
*ダリとモチーフの引出し
*レッスン記録:ダリと創る
*レッスン記録:画集遊びと思考
*レッスン記録:ダリをお料理する
*レッスン記録:モチーフのイメージ
*レッスン記録:感得
*レッスン記録:お水に映る
*レッスン記録:最後のダリ


音の絵
*レッスン記録:鍵盤でお絵描き
*レッスン記録:太陽のトリル
*レッスン記録:お豆コロコロ
*レッスン記録:ぶどうポロポロ
*レッスン記録:イチゴのたね


創造
*レッスン記録:色をつくる
*レッスン記録:転遷
*レッスン記録:恒星と雫
*レッスン記録:2つの時
*レッスン記録:デビューとクワガタ
*レッスン記録:雪が咲く


■オトナのレッスン関連記事
*音楽史のレッスン
*ピアノレッスンの主張
*レッスン記録:Dur
*ラヴェル音源とドビュッシーのフェイント
*レッスン記録:月の光
  *僕が見たイケメン生徒ちゃん

*レッスン記録:ドレミ
*レッスン記録:カメラータ
*レッスン記録:モノディと公会議周辺
*レッスン記録:純正律
*レッスン記録:ピタゴラス音律
*レッスン記録:ビデオと地デジ

(スプレーン)
*レッスン記録:読み取り開始
*レッスン記録:記号の意図
*レッスン記録:フェルマータの場所
*レッスン記録:次回のピアノ課題

(月の光)
*レッスン記録:噴水
*レッスン記録:2冊目
*レッスン記録:人の文字
  *レッスン記録:衣装の絵
*レッスン記録:不離一体

(カッサンドル)
*レッスン記録:カッサンドル13
*レッスン記録:カッサンドルそして・・・
*レッスン記録:楽語

(グリーン)
*レッスン記録:君が眼に
*レッスン記録:感じがする




Topページへ
Blogペ-ジへ