L'officiel ⅩⅡ



古い本にさよなら

May 19, 2019

父がとても親しくさせて頂いた哲学者、谷口隆之助様とは私が生まれるずっと前からの深いご縁でした。


父が親密に交わさせて頂いたやり取りから、子供ながらに彼の円熟性と民衆への愛を感じてました。

ご著書のあとがき冒頭の一文、「この書物は、一般のかたがたに読んでいただくために、そして人間理解の一助のために、書かれたものである。なんらかの学派のために、また、とくにひとつの学派にたって、書いたものではない」にも使命感が滲んでてるよう。


谷口様は実存分析学のルードヴィヒ・ビンスワンガーにも影響を受けられたとお書きになってる。


ビンスワンガーはミシェル・フーコーがフランス語訳をしたことでも有名ですね。私はビンスワンガーには手を出さなかったけど、わからないなりにフーコーを楽しむ者には翻訳の事実は興味深くて。

幼少期と今が繋がっていると、嬉しく実感することにもなる。

思い出でいっぱいなのに残念だけど、昔々に譲られた書物をそろそろお見送りしなきゃって思います。昭和の品を時代の色と共に手放しましょう。


著者様に頂いたご自身の翻訳書も幾冊か・・・ でも現在はほぼフランス哲学ばかり好んでしまうし、また、書籍数を増やさない主義でもあるから。


本を増やさないのはね繰返し読んで何となくでも理解できる '頭の図書館' が限られてるからです。

それに所有することで安心してしまうのを避けるためです。所有しても頭に入ってるわけじゃないのに錯覚する自分は厭だから。

手放す時は寂しいけれどネ...

それでも頑固に、1冊増えたら1冊手放すを守ります。


購入前に、次手放す本を考えておく・・・ 世界に名だたる作品は絶版にならず、再び望めばいつでも手元に迎えられるって理由でロマン・ロランかな? 興味深く大好きな "ジャン・クリストフ" など2つ以上の訳で読んだから、訳の1つとはお別れできそう。


明日から読むパサージュ論4巻も楽しみです♪


今まで読み重ねてきた書物とこれから手にする書物は
その人の血と肉になってゆく食物のようで...

頭の本棚・心の本棚、とっても大事に思えます。


*屋根裏の心の整理
*物のお別れと未来

  *コートとボタン
  *くたっとした布たち
  *眠る物たち
  *なきもの

  *ラックとスカスカの収納



失禁的なやつ

May 05, 2019

古い物にお別れを告げて少しずつ葬る作業も後半かしら...


大事な物と
大事だった物と
大事だった時期の思い出が大事になった物と

混在してると自分の心が見分けられないから


自問して、お別れを決めて、綺麗にして、


土に還す準備をしてると、その物との関係がよりよく見えて
こんな存在だったんだナって噛み締めてさよならできる。


古いCD群も対象で
幾年も聴いてないものを破棄すべく手を伸べてから
どんなのだっけ? 最後に1度聴こうかしらんと余計なスケベ心で音を流せば、結局良い時間にはならなかった。


忘れてるくらいのCDなんだワって見分けを強化しなきゃあならなかったのにネ。


興味ない演奏CDを惰性で流すと何だか疲れて
珍しくピアノソロ曲が聴きたくなった。

昔弾いたこともあるプロコフィエフ・ソナタを選んで再生しました。


その時サンドイッチを食べてました。
1等好きなポテトサラダ・サンド。


曲が始まり、食べかけて・・・でも何だかそわそわ。

パンを手に持ったまま立ち上がり、やっぱり座って
1楽章を聴ききる間落ち着かず・・・


2楽章に入り、もうダメ限界・・・と
食べかけのサンドイッチがお皿で傾いたまま急ぎ足。


ブルゴーニュ君が慌ててついてくる。

ピアノ室に飛び込んで、
まるで排泄を我慢した如くに大慌てで楽譜を棚から引抜いて


弾く。弾く。


サンドイッチを抓んでた指を洗わないまま、
楽譜は譜面台で歪んでて、
失禁したような音の出し方で、
取るものも取り敢えず
ただ弾く。

今すぐ弾きたいっていう強い感情を抱くことはよくあるけれど
食べかけをお皿に放り出すくらい我慢できないのは珍しかった。

弾き終えてお茶を飲みに降りてお外を見ると、お庭にニャアが生えてた。


*屋根裏の心の整理
*物のお別れと未来

  *コートとボタン
  *くたっとした布たち
  *眠る物たち
  *なきもの

  *ラックとスカスカの収納



神戸の百人色紙展2019

April 11, 2019

お知らせ書くのを忘れててゴメンナサイ!


神戸の百人色紙展は本日から始まってます。
隅っこでにぎやかしをさせていただいてます。


ポール・エリュアール作 "地球は青い、オレンヂのように" の詩より。


  *エリュアールとクラゲ

1枚目の写真は間違ってフィルターを掛けちゃったから2枚目の色が多分実物に近いです。


アクリル絵具を乗せる前はこんな感じ。


昔から、紙や不要布で防備しないんです。大きな絵じゃないから辺りが汚れたりはないし普段のテーブルクロスに梅皿ポンッで描いちゃいます。

いつもの赤い椅子にいつものクッション。生活の中の詩と色って感じが好きです。


頂き物のびっくりするほど大きな苺。
赤とグリーン。生き物のような肉感。


これは本当に苺だろうか? 別の生物の変態形ではない?
私たちが見てるものは本当に 'それ' なんだろうか?

ナンテ不思議も絵や詩のテーマにしています。

**


展示会は本日4月11日(木)より10hから20h、さんちかホールにて
4月16日(火)まで開催しています(最終日18hまで)。入場無料

変てこな展示は私だけで、絵画や書がご専門の先生方のお作ばかりです。どうぞご覧くださいね。



調律の憂鬱

March 14, 2019

2世ちゃんは昨日ののす風お洋服でお花屋さんへ行きました。
スリングでポニーテールちゃんに抱っこされてるクルミちゃんと。


寝込んでた間に一気に筋力が弱ったのを知った。ちょっと屈んで小さい苗を持つのが辛くて驚いた。お友達が全部手伝ってくれて同級生なのにおばあちゃんと介護者みたい。

思ってたより動けない身体はショックだけど、お友達の顔が見られて嬉しかった。リハビリ頑張ろ。


今日はピアノの上の飾り物やファブリックを仕舞う作業をしなきゃなのです。


先延ばしにしつくした調律がいよいよ明日に。めちゃくちゃ憂鬱だけどやっと思い切った。

歯医者さんは3ヶ月に1度くらいデンタルチェックと歯石を取ってもらいに行きます。赤の他人の手が口の中に入るのはそれほど抵抗ないけど、ピアノはお口の中を触られる1万倍抵抗感を覚え、いつもなかなか調律に踏み切れない。


音のくるいは酷いことになってるのに、それに耐えるほうがマシだって気持ちが強いのです。そうして延々と調律しない日々が続きました。


自分のピアノは心の聖域だものね・・・
歯と同じってわけにはゆきません。

終わってしまえば気持ち良くなるってわかってるのにね。



レッスン記録:花瓶の謎

March 10, 2019

風邪が加わり寝込んでる間にポチった書籍が届いてドキドキしました。


前にFrancfrancで求めたクッションに凭れ手に取ったのは宇野邦一教授の "ドゥルーズ 流動の哲学"。

はじめはねドゥルーズを買うつもりで手違い購入だったけど、相関的に纏められててド素人にもよく解りました。文章も男前なの。数行ご紹介しますネ。(ブログ仕様上、強調傍点が記せないので下線に変えてます)

《デカルトの命題は、時間の概念にまったく触れていない。〈私が思考する〉ことは、〈私が存在する〉ことを一瞬にして規定しているばかりである。デカルトの〈私〉は無前提に自発的で、実体的であるが、カントにとって〈私〉とは、あくまで受動的で。時間の中に、まるで「他者のように」出現する現象にすぎない。


カントはデカルトを批判しながら、ランボーが「私とは一個の他者である」といったことにほぼ対応する認識を示している、とドゥルーズはいうのだ。


規定と無規定に、規定可能なものの形式、つまり時間を付け加えなければならない。そして「付け加える」というのはまだ不適切な言葉である。

むしろ差異を生み出すこと、存在と思考の中に差異を内在化させることが重要である。》


昨日書いたバシュラール の言葉も '時' が重要な位置にありました。

小さな生徒ちゃんには可愛らしい状相を用意して '時' を味わってもらいましょうね。


これの続きネ ↓

  *レッスン記録:お父さんが描いた絵


思いつくまま感想を書く習慣は幅広い発想力の素を見出せますが一方で自身の最初の思いつきに影響される部分も。

受け取った側である自分の思いを書き出せたら、次は提供側の状況を想像するのは考えを広げる手助けになる気がするんです。


この生徒ちゃんの考えに特徴があると見受けました。
変だナ? って疑問な事に対して理由を探す特徴ね。


"チューリップとりんご" のツートーン花瓶が変てこって思ったから 'お父さんが緑に塗ったのかな' と理由を考えます。かわい~

画家の故郷エクス・アン・プロヴァンスの陶器に珍しくないトーンだと思いますが生徒ちゃんは見慣れなかったのネ。


また花瓶がテーブルのはじっこにあることにも疑問を持ちます。


素晴らしいですね。
「どうしてこの音を書いたんだろう?」「どうして此処はこのリズムなんだろう?」と疑問を持って考えを詰めてゆくって、どんな曲の演奏にも無くてはならないことですもの。


花瓶位置の謎は時系列を追って解かれます。

  お花を摘んで上手く生けられたから絵に描こうと思う
     ↓
  お母さんが買ってた果物も一緒に描きたくなる
             ↑
     ↓    果物が散らばっておかしいと思った

  描いたあとに花瓶はテーブルの真ん中へ置いた
             ↑
          端に置いたのは生けるためだった

聞かせてもらってすごく楽しかった。


こうした自問自答は音楽に大切ですよね。
楽譜に向かってたくさんの問答ができる大人になってくれそう。


■お教室関連リンク

曲を感じる
*ある白い花
*ままならぬ恋の花
*2枚目の扉
*白い花の贈り物


初期
*レッスン記録:音符イチゴ
*レッスン前の時間
*レッスン記録:オクターブ
*レッスン記録:メダカのドレミ
*レッスン記録:スタッカート

*レッスン記録:楽譜を作ろう!
*レッスン記録:上の音
*レッスン記録:痩せたメダカ
  *失敗しました
*レッスン記録:カタツムリ
*レッスンの成り行き
*レッスン記録:イチゴのタイ
*レッスン記録:指番号
*レッスン記録:音の実

*レッスン記録:復習とカメ
*レッスン記録:音ブロックで曲を弾こう
*レッスン記録:好きな曲を作ろう!
  *緊張するレッスン
  *泣いちゃダメ?
  *レッスン記録:下地(1)色
  *レッスン記録:下地(2)味


記号
*レッスン記録:ト音記号
*レッスン記録:臨時記号


音符
*レッスン記録:音符の長さを憶えよう
  *子供の絵、母の悩み
  *レッスンと色
*レッスン記録:音符の向き

*レッスン記録:十六分音符
*レッスン記録:床の五線
*レッスン記録:紙粘土
  *先生の真似

*付点音符を憶えよう
*レッスン記録:付点音符のサイズ
*レッスン記録:小節に触る


成長過程
*レッスン記録:記憶の拡張

*7ヶ月でカバレフスキー
*お庭レッスン

*レッスン記録:香りレッスン
*レッスン記録:ハーモニー体験

*レッスン記録:ハンカチのしみの音楽

*レッスン記録:花めき
*お庭レッスン日和
  *こんなレッスン始まりました
  *僕が見てる2世の暮らし


ヒント
*レッスン記録:お菓子パーティー
*レッスン記録:付箋を使う
*練習カウンター
*メトロノームの思い出(1)
*メトロノームの思い出(2)

*ハノンと恋
*プー、スケールに泣いた日
*プレイ
*ステップ

*レッスン記録:発音と音楽
*弾けなくても大丈夫
*ギリシャ的ピアノ話


リズム
*レッスン記録:リズム解き
*レッスン記録:食べ物カード
*レッスン記録:楽語とリズム
*レッスン記録:リズム聴音


幼児期の聴音
*レッスン記録:はじめての聴音
*レッスン記録:寒暖の和音


暗譜
*レッスン記録:はじめての暗譜
*レッスン記録:楽譜の道筋
  *1年間のレッスン記録


お指トレーニング
*レッスン記録:音階練習
*レッスン記録:指遣いのカリキュラム
*レッスン記録:音階と和音


アウフタクト
*レッスン記録:アウフタクトの導入
*レッスン記録:アウフタクト実践例
  *レッスンこぼれ話:ピンクのうさぎ
*レッスン記録:なめこぐま
*レッスン記録:はじめてのバラード
*レッスン記録:ぬるぬる


伝えよう
*レッスン記録:食器
*レッスン記録:スミレ色の容器
  

音階遊び
*レッスン記録:シマエナガ式ケース
*レッスン記録:フェーブの音階
*レッスン記録:音階理解をシンプルに


お箱遊び
*レッスン記録:雪のパーツ遊び
*レッスン記録:お箱遊び
*レッスン記録:異名同音
*レッスン記録:異名同音 'として'
*レッスン記録:お箱卒業の日


画集遊び
*レッスン記録:画集遊び
*レッスン記録:ポムポム・キュビズム
*レッスン記録:ダリに参加する
*ダリとモチーフの引出し
*レッスン記録:ダリと創る
*レッスン記録:画集遊びと思考
*レッスン記録:ダリをお料理する
*レッスン記録:モチーフのイメージ
*レッスン記録:感得
*レッスン記録:お水に映る
*レッスン記録:最後のダリ


音の絵
*レッスン記録:鍵盤でお絵描き
*レッスン記録:太陽のトリル
*レッスン記録:お豆コロコロ
*レッスン記録:ぶどうポロポロ
*レッスン記録:イチゴのたね


創造
*レッスン記録:色をつくる
*レッスン記録:転遷
*レッスン記録:恒星と雫
*レッスン記録:2つの時
*レッスン記録:デビューとクワガタ
*レッスン記録:雪が咲く


音の作文
*レッスン記録:卵焼き
  *目玉焼き&玉子焼きじゃない理由
*レッスン記録:チョコパンとハンペン
*レッスン記録:ミックスジュース
*レッスン記録:サクサクのパイ
*レッスン記録:中耳炎
*レッスン記録:ラムネアイス


絵を聴く
*レッスン記録:林檎
*レッスン記録:道程
*レッスン記録:大きな松の木
*レッスン記録:見えない画面の物語
*レッスン記録:迷いと躊躇
  *少年の本当と嘘
*レッスン記録:木の幸せ&お掃除記録開始
*レッスン記録:絵の先の季節
*レッスン記録:お父さんが描いた絵


■オトナのレッスン関連記事

識見
*ソナタ的お茶の日
*お散歩とテーマの変容
*メロディーに掛かる
*柘榴のポエジー
*譜読みの目標
*楽譜のページの向こう


成り立ち
*レッスン記録:ドレミ
*ピアノレッスンの主張
*レッスン記録:Dur

*柿の種と和音


音楽史
*音楽史のレッスン
*レッスン記録:カメラータ
*レッスン記録:モノディと公会議周辺
*レッスン記録:純正律
*レッスン記録:ピタゴラス音律
*レッスン記録:ビデオと地デジ


ピアノを感じる
*ラヴェル音源とドビュッシーのフェイント
*レッスン記録:月の光
  *僕が見たイケメン生徒ちゃん

*斜め者のやすらぎ
*レッスンで泣く


(スプレーン)
*レッスン記録:読み取り開始
*レッスン記録:記号の意図
*レッスン記録:フェルマータの場所
*レッスン記録:次回のピアノ課題

(月の光)
*レッスン記録:噴水
*レッスン記録:2冊目
*レッスン記録:人の文字
  *レッスン記録:衣装の絵
*レッスン記録:不離一体

(カッサンドル)
*レッスン記録:カッサンドル13
*レッスン記録:カッサンドルそして・・・
*レッスン記録:楽語

(グリーン)
*レッスン記録:君が眼に
*レッスン記録:感じがする



レッスン記録:お父さんが描いた絵

March 08, 2019

先週から通院以外殆ど休んでるから、振り返り記録ばかりになってます。


セザンヌを用いた '絵を聴く' 課題。しばらく書付をさぼったからお終いのほうを先にupしますね。


"チューリップとりんご" の静物から思った事を書いてきてもらいました。


7,8個くらいねって宿題にしたら8個書いてきてくれました。

「1つだけ下を向いてるお花(花瓶に掛かる折れた茎)」がある。持って帰ってくる時に折れて、可哀想だから花瓶に生けた」って内容まで。動作が入った情景・心持ちの推量を併せて書けるようになったんです。すごいな~


1,2年前ならば考えを聞かれるのも恥ずかしかった元モジモジさんも、本当に沢山絵の感想を伝えてくれるようになりました。


'どんな事でも良いから思いつくままに感想を' という漠然とした質問が苦手で、ある程度指示され狭い範囲で答えるのに慣れてた生徒ちゃんがフランス式授業を重ね、漠然とした事ほど発展の種子になるのを見せてくれるようになります。


「黄色い花はオンシジュームかなと思いながら摘んだ。」という感想も素晴らしい。


このお家はママさんがお花を育てたり生けたりして、生徒ちゃんにもお花の名前を伝えてるんですね。名前を知ると其の対象をより見ようとする力に繋がるものですね。

素晴らしいのは生徒ちゃん自身がオンシジュームかなと思った事実があり、それを絵を描いた人に重ねられたこと。


客観視してた絵の中に自分も入った瞬間かもしれません。


現実に見えるのはお花や果物だけど、絵の向こうに '絵を描いた人' を視て、生徒ちゃんは「絵を描いたお父さん」の気持ちになって自分の考えを重ねていくのです。

うふふ~、そのお父さんってセザンヌなんですけどネ。


これは楽曲に触れながら作曲家を捉えてゆくのと近しい作業で、


目に見えない音楽トレーニングのために、目に見える絵の力を借りて行なってます。

感想を並べる作業には続きがあります。
'思いつくまま' を書いた項目には番号がふってあります。生徒ちゃんが思いついたままの順番ですね。

此れを、絵を描いたどこかのお父さん (と、生徒ちゃんが空想する画家) 側が思い立った順に並べ替えます。とっても楽しいプロセスですよ。続きはまた。


■お教室関連リンク

曲を感じる
*ある白い花
*ままならぬ恋の花
*2枚目の扉
*白い花の贈り物


初期
*レッスン記録:音符イチゴ
*レッスン前の時間
*レッスン記録:オクターブ
*レッスン記録:メダカのドレミ
*レッスン記録:スタッカート

*レッスン記録:楽譜を作ろう!
*レッスン記録:上の音
*レッスン記録:痩せたメダカ
  *失敗しました
*レッスン記録:カタツムリ
*レッスンの成り行き
*レッスン記録:イチゴのタイ
*レッスン記録:指番号
*レッスン記録:音の実

*レッスン記録:復習とカメ
*レッスン記録:音ブロックで曲を弾こう
*レッスン記録:好きな曲を作ろう!
  *緊張するレッスン
  *泣いちゃダメ?
  *レッスン記録:下地(1)色
  *レッスン記録:下地(2)味


記号
*レッスン記録:ト音記号
*レッスン記録:臨時記号


音符
*レッスン記録:音符の長さを憶えよう
  *子供の絵、母の悩み
  *レッスンと色
*レッスン記録:音符の向き

*レッスン記録:十六分音符
*レッスン記録:床の五線
*レッスン記録:紙粘土
  *先生の真似

*付点音符を憶えよう
*レッスン記録:付点音符のサイズ
*レッスン記録:小節に触る


成長過程
*レッスン記録:記憶の拡張

*7ヶ月でカバレフスキー
*お庭レッスン

*レッスン記録:香りレッスン
*レッスン記録:ハーモニー体験

*レッスン記録:ハンカチのしみの音楽

*レッスン記録:花めき
*お庭レッスン日和
  *こんなレッスン始まりました
  *僕が見てる2世の暮らし


ヒント
*レッスン記録:お菓子パーティー
*レッスン記録:付箋を使う
*練習カウンター
*メトロノームの思い出(1)
*メトロノームの思い出(2)

*ハノンと恋
*プー、スケールに泣いた日
*プレイ
*ステップ

*レッスン記録:発音と音楽
*弾けなくても大丈夫
*ギリシャ的ピアノ話


リズム
*レッスン記録:リズム解き
*レッスン記録:食べ物カード
*レッスン記録:楽語とリズム
*レッスン記録:リズム聴音


幼児期の聴音
*レッスン記録:はじめての聴音
*レッスン記録:寒暖の和音


暗譜
*レッスン記録:はじめての暗譜
*レッスン記録:楽譜の道筋
  *1年間のレッスン記録


お指トレーニング
*レッスン記録:音階練習
*レッスン記録:指遣いのカリキュラム
*レッスン記録:音階と和音


アウフタクト
*レッスン記録:アウフタクトの導入
*レッスン記録:アウフタクト実践例
  *レッスンこぼれ話:ピンクのうさぎ
*レッスン記録:なめこぐま
*レッスン記録:はじめてのバラード
*レッスン記録:ぬるぬる


伝えよう
*レッスン記録:食器
*レッスン記録:スミレ色の容器
  

音階遊び
*レッスン記録:シマエナガ式ケース
*レッスン記録:フェーブの音階
*レッスン記録:音階理解をシンプルに


お箱遊び
*レッスン記録:雪のパーツ遊び
*レッスン記録:お箱遊び
*レッスン記録:異名同音
*レッスン記録:異名同音 'として'
*レッスン記録:お箱卒業の日


画集遊び
*レッスン記録:画集遊び
*レッスン記録:ポムポム・キュビズム
*レッスン記録:ダリに参加する
*ダリとモチーフの引出し
*レッスン記録:ダリと創る
*レッスン記録:画集遊びと思考
*レッスン記録:ダリをお料理する
*レッスン記録:モチーフのイメージ
*レッスン記録:感得
*レッスン記録:お水に映る
*レッスン記録:最後のダリ


音の絵
*レッスン記録:鍵盤でお絵描き
*レッスン記録:太陽のトリル
*レッスン記録:お豆コロコロ
*レッスン記録:ぶどうポロポロ
*レッスン記録:イチゴのたね


創造
*レッスン記録:色をつくる
*レッスン記録:転遷
*レッスン記録:恒星と雫
*レッスン記録:2つの時
*レッスン記録:デビューとクワガタ
*レッスン記録:雪が咲く


音の作文
*レッスン記録:卵焼き
  *目玉焼き&玉子焼きじゃない理由
*レッスン記録:チョコパンとハンペン
*レッスン記録:ミックスジュース
*レッスン記録:サクサクのパイ
*レッスン記録:中耳炎
*レッスン記録:ラムネアイス


絵を聴く
*レッスン記録:林檎
*レッスン記録:道程
*レッスン記録:大きな松の木
*レッスン記録:見えない画面の物語
*レッスン記録:迷いと躊躇
  *少年の本当と嘘
*レッスン記録:木の幸せ&お掃除記録開始
*レッスン記録:絵の先の季節


■オトナのレッスン関連記事

識見
*ソナタ的お茶の日
*お散歩とテーマの変容
*メロディーに掛かる
*柘榴のポエジー
*譜読みの目標
*楽譜のページの向こう


成り立ち
*レッスン記録:ドレミ
*ピアノレッスンの主張
*レッスン記録:Dur

*柿の種と和音


音楽史
*音楽史のレッスン
*レッスン記録:カメラータ
*レッスン記録:モノディと公会議周辺
*レッスン記録:純正律
*レッスン記録:ピタゴラス音律
*レッスン記録:ビデオと地デジ


ピアノを感じる
*ラヴェル音源とドビュッシーのフェイント
*レッスン記録:月の光
  *僕が見たイケメン生徒ちゃん

*斜め者のやすらぎ
*レッスンで泣く


(スプレーン)
*レッスン記録:読み取り開始
*レッスン記録:記号の意図
*レッスン記録:フェルマータの場所
*レッスン記録:次回のピアノ課題

(月の光)
*レッスン記録:噴水
*レッスン記録:2冊目
*レッスン記録:人の文字
  *レッスン記録:衣装の絵
*レッスン記録:不離一体

(カッサンドル)
*レッスン記録:カッサンドル13
*レッスン記録:カッサンドルそして・・・
*レッスン記録:楽語

(グリーン)
*レッスン記録:君が眼に
*レッスン記録:感じがする



リハーサルの自由

March 04, 2019

昨日は神戸市が主催されてる事業でコンサートをさせて頂きました。とても充実感のあるピカピカした1日でした。


40分ほどのプログラムのミニコンサートでソロは僅か。殆どをデュオ曲にしたので充分な余力を残して弾くことができました。

今は通院の関係上、密に詰めた練習を余儀なくされるプログラムはとても無理だけど、昨日のような軽く明るい曲たちは良い刺激になって、久々に元気な気分をもらえました。

どうもありがとうございました。


コンサートのためのリハーサルを幾度もしつつ話し合ったり質問し合ったりしますが、リハーサルって何度も合わせた相手だと「本番で上手く運ぶための予行」って感じでは行なわないんです。


スポーツ競技の方々が練習で負荷をかけたり、錘を使うトレーニングなら重量を変えていったりする感じ!

夫が演奏する主旋律は同じでも、日によってピアノ演奏を完全に変えちゃいます。


添えていく音の位置もその日その日でバラバラに変化させ、夫の旋律パートを誘い出すの。


お互いに開眼を促すことにもなり、スタンダードからハミ出したものを思い切り楽しみもする。

そうすることでより複雑になる音を負荷にしてお稽古に励み、本番でお初に 'おとっとき' を弾いたりする。


当日リハでも弾かなかった初めての音を本番で調合してみる。


そんなリスキーなこと、勿論よそ様には致しませんヨ。
夫がパートナーだと思い切り自由になるのです。音楽を縦横無尽に行きたい場所に向かわせることができて楽しかった。

予定通り今日はダウンして、ブルゴーニュ君を傍に大人しく過ごしてます。



下見

February 13, 2019

体調が割と安定して、今なら負担少ない単発のことならホンのたまに出来そうで、3月頭に1本だけ短い時間のお仕事を入れさせてもらった。


体内で悪さするものの隙を見てお稽古できて、追われずにペースを作れる緩やかな曲たち。これなら体力的にも大丈夫って確信できてから、ホンのちょっとだけどリハビリも強化して・・・


前後を通院で挟んで、副作用の緩和にも通って小さな準備。


コンサート先は山がちな所のようで中心部から随分離れてる。だから当日迷わないように、会場前まで下見に行った。

山道の経路が複数あって、どれがスムーズか地図上ではわからなかったから。


筋力低下で幾度も気胸を起こしてる身体には高低差が急激だと辛いしネ。


下見して良かった~
行きと帰りで経路を変えてみたら、行きに使った道路は選択違いって判った。

ブルゴーニュ君も一緒ですよ。
何でも参加してるの。
初めての道をクンクン。楽しそ~

夫のナビ以外何もしなかったのに帰宅するとバタンとダウンでしたが... 前より長い時間体力を保ててると思う。



レッスン記録:スミレ色の容器

February 03, 2019

'伝えよう課題' を重ねた幾度目かの日。
スミレ色の缶やお箱を使って試みます。


せんに並んだ食器の中から1つを伝えるエクササイズなど行ないました。

  *レッスン記録:食器


前記録の食器と違う点は、容器の用途がはっきりしないってところですね。


用途以外の色・形・デザインの種類・デッサンされている物の形・商品名の有無と配列などで伝えることができますね。

伝える項目が1つ減っても [自ら考案した伝え方] を2つ加えればいい。相手にさし出すヒントを考えるのも大切なトレーニングです。


例えば '楕円' という条件は、


左上缶の外形
右上缶の外形
右上缶の内側のデッサンの形
左下缶の内側のデッサンの形

に重なりますから '外形が楕円' でも '内側のデッサンが楕円' でも絞ることはできません。


このエクササイズの良いところは伝える項目を最小限にする必要がなくって、思いつくまま10個でも20個でも見合う条件を重ねて述べ伝えることができるところ。


音と音色を重ねるように幾つ言っても良いんです。
"私ならどんな物を入れたい" 他、必ずしも他者と共有できない事柄もどんどん入れてゆきましょう。

イメージと確定された条件とを分けず、隔たりをもたせず、同時に発見するための第一歩です。


■お教室関連リンク

曲を感じる
*ある白い花
*ままならぬ恋の花
*2枚目の扉
*白い花の贈り物


初期
*レッスン記録:音符イチゴ
*レッスン前の時間
*レッスン記録:オクターブ
*レッスン記録:メダカのドレミ
*レッスン記録:スタッカート

*レッスン記録:楽譜を作ろう!
*レッスン記録:上の音
*レッスン記録:痩せたメダカ
  *失敗しました
*レッスン記録:カタツムリ
*レッスンの成り行き
*レッスン記録:イチゴのタイ
*レッスン記録:指番号
*レッスン記録:音の実

*レッスン記録:復習とカメ
*レッスン記録:音ブロックで曲を弾こう
*レッスン記録:好きな曲を作ろう!
  *緊張するレッスン
  *泣いちゃダメ?
  *レッスン記録:下地(1)色
  *レッスン記録:下地(2)味


記号
*レッスン記録:ト音記号
*レッスン記録:臨時記号


音符
*レッスン記録:音符の長さを憶えよう
  *子供の絵、母の悩み
  *レッスンと色
*レッスン記録:音符の向き

*レッスン記録:十六分音符
*レッスン記録:床の五線
*レッスン記録:紙粘土
  *先生の真似

*付点音符を憶えよう
*レッスン記録:付点音符のサイズ
*レッスン記録:小節に触る


成長過程
*レッスン記録:記憶の拡張

*7ヶ月でカバレフスキー
*お庭レッスン

*レッスン記録:香りレッスン
*レッスン記録:ハーモニー体験

*レッスン記録:ハンカチのしみの音楽

*レッスン記録:花めき
*お庭レッスン日和
  *こんなレッスン始まりました


ヒント
*レッスン記録:お菓子パーティー
*レッスン記録:付箋を使う
*練習カウンター
*メトロノームの思い出(1)
*メトロノームの思い出(2)

*ハノンと恋
*プー、スケールに泣いた日
*プレイ
*ステップ

*レッスン記録:発音と音楽
*弾けなくても大丈夫
*ギリシャ的ピアノ話


リズム
*レッスン記録:リズム解き
*レッスン記録:食べ物カード
*レッスン記録:楽語とリズム
*レッスン記録:リズム聴音


幼児期の聴音
*レッスン記録:はじめての聴音
*レッスン記録:寒暖の和音


暗譜
*レッスン記録:はじめての暗譜
*レッスン記録:楽譜の道筋
  *1年間のレッスン記録


お指トレーニング
*レッスン記録:音階練習
*レッスン記録:指遣いのカリキュラム
*レッスン記録:音階と和音


アウフタクト
*レッスン記録:アウフタクトの導入
*レッスン記録:アウフタクト実践例
  *レッスンこぼれ話:ピンクのうさぎ
*レッスン記録:なめこぐま
*レッスン記録:はじめてのバラード
*レッスン記録:ぬるぬる


伝えよう
*レッスン記録:食器
  

音階遊び
*レッスン記録:シマエナガ式ケース
*レッスン記録:フェーブの音階
*レッスン記録:音階理解をシンプルに


お箱遊び
*レッスン記録:雪のパーツ遊び
*レッスン記録:お箱遊び
*レッスン記録:異名同音
*レッスン記録:異名同音 'として'
*レッスン記録:お箱卒業の日


画集遊び
*レッスン記録:画集遊び
*レッスン記録:ポムポム・キュビズム
*レッスン記録:ダリに参加する
*ダリとモチーフの引出し
*レッスン記録:ダリと創る
*レッスン記録:画集遊びと思考
*レッスン記録:ダリをお料理する
*レッスン記録:モチーフのイメージ
*レッスン記録:感得
*レッスン記録:お水に映る
*レッスン記録:最後のダリ


音の絵
*レッスン記録:鍵盤でお絵描き
*レッスン記録:太陽のトリル
*レッスン記録:お豆コロコロ
*レッスン記録:ぶどうポロポロ
*レッスン記録:イチゴのたね


創造
*レッスン記録:色をつくる
*レッスン記録:転遷
*レッスン記録:恒星と雫
*レッスン記録:2つの時
*レッスン記録:デビューとクワガタ
*レッスン記録:雪が咲く


音の作文
*レッスン記録:卵焼き
  *目玉焼き&玉子焼きじゃない理由
*レッスン記録:チョコパンとハンペン
*レッスン記録:ミックスジュース
*レッスン記録:サクサクのパイ
*レッスン記録:中耳炎
*レッスン記録:ラムネアイス


絵を聴く
*レッスン記録:林檎
*レッスン記録:道程
*レッスン記録:大きな松の木
*レッスン記録:見えない画面の物語
*レッスン記録:迷いと躊躇
  *少年の本当と嘘
*レッスン記録:木の幸せ&お掃除記録開始
*レッスン記録:絵の先の季節


■オトナのレッスン関連記事

識見
*ソナタ的お茶の日
*お散歩とテーマの変容
*メロディーに掛かる
*柘榴のポエジー
*譜読みの目標
*楽譜のページの向こう


成り立ち
*レッスン記録:ドレミ
*ピアノレッスンの主張
*レッスン記録:Dur

*柿の種と和音


音楽史
*音楽史のレッスン
*レッスン記録:カメラータ
*レッスン記録:モノディと公会議周辺
*レッスン記録:純正律
*レッスン記録:ピタゴラス音律
*レッスン記録:ビデオと地デジ


ピアノを感じる
*ラヴェル音源とドビュッシーのフェイント
*レッスン記録:月の光
  *僕が見たイケメン生徒ちゃん

*斜め者のやすらぎ
*レッスンで泣く


(スプレーン)
*レッスン記録:読み取り開始
*レッスン記録:記号の意図
*レッスン記録:フェルマータの場所
*レッスン記録:次回のピアノ課題

(月の光)
*レッスン記録:噴水
*レッスン記録:2冊目
*レッスン記録:人の文字
  *レッスン記録:衣装の絵
*レッスン記録:不離一体

(カッサンドル)
*レッスン記録:カッサンドル13
*レッスン記録:カッサンドルそして・・・
*レッスン記録:楽語

(グリーン)
*レッスン記録:君が眼に
*レッスン記録:感じがする



ソースから実地

February 01, 2019

可愛い蕾。
何を抱いてるんだろう。


本能的に生きたがってて、使命を内在させてるみたい。

お庭を力一杯楽しんで、次は眠ることに一生懸命なブルゴーニュ君の幼気と蕾が重なる。


先日 '今のところ' と注釈付きで音楽論執筆と演奏評とのスタンスの違いを自分なりに挙げてみました。


現在の所感だから結論を出すのは目的じゃなく、むしろ私自身がいつか結論を知ってみたいと思ってる。

だから書いたあともキッチンで何やら作りながらボンヤリ考えたりしたところ、寄りに寄って強調した1点が間違ってるんじゃないか? と思い至った。


>重ねますが弾く・弾かないは演奏能力の有無等ではありません
って部分。そう・・・重ねて書いちゃったのです。


日頃、生徒ちゃんやアマチュアのかたに思うのは、表すことよりまず内部理解がとっても重要ということなんです。私にとっては今もそれが正解。
演奏のメカニックを得る時間がない方でも、音楽に触れて理解することで産み出せる様々な絵図があって、その絵図は夢想者ご本人に新たな楽曲文様を教えてくれる時もある。

音楽にただ触れたいと願うピュアな弾き手さんにとって此の形があるのはとても素晴らしいの。それを職業的演奏評に適用したのは間違いだった気がする。


主旨は


'演奏を評するなら(個人的には演奏評が何故必要かぜんぜん理解してないけど)作曲のフェーズを根拠にしなければならない。
演奏と演奏を比較して楽曲を識った気で評する形は職業的な立場ですべきことじゃない'

というものでした。

論拠は
「比較では何が模倣者のものか判明させられないから」
でありました。

だからって、'理解が大事だから理解さえすれば演奏できる必要はない' なんて言葉は、演奏評がお仕事の方に向けるのは的外れだったワ。プロってそんないい加減なものじゃない筈。


フィギュアスケートの選手だった方々がテレビで解説してらっしゃるお話に、納得しながら耳を傾けます。


一流選手だった方の目線って素晴らしいなあとか、ああそういう見方をするものなんだなとか教わりながら。

  私など分かってない者が何に納得するかと言えば
  解説者の経験値に基づいたご発言であることに納得してる。

競技だから難易度や点数のつき方が重要で必ずしも '競技ではない演奏' と条件を並べることはできないけれど、トリプルアクセルはおろかジャンプさえ跳んだことがなく、飛んでる感覚も未体験の人 (それが先回は '昔ならペンを握って暮らす人' の記述になっています) がもし

[過去の色々な選手のジャンプを見比べて] 解説し、ジャンプとは何かと得々と評論したら・・・?

と考えると、'弾けなくて良い' は考え違いだったと思えてくる。


■ナニガシについて関連リンク
*お初のブログ考
  *スマホの拙ブログ考
*今日のコーデ?
*美人。どうでもいいお話
*お年賀と誕生日
*テレビのお話
*顔が壊れる件について

*ソース論



レッスン記録:絵の先の季節

December 24, 2018

'絵を聴く' 課題に使ったセザンヌを観て、小さな生徒ちゃんが書いたハーモニーが面白いナ。


同主調の和音を重ねてる。
ポール・セザンヌ "プロヴァンスの家" を観て冬枯れと温かみを同時に捉え、Durとmollの調を併せてる・・・

すごいなぁ。
寒色と暖色が立体感を作る絵をそのまま音に写し取ってる。


でも素晴らしい出だしを書いたところで止まってしまったの。


絵から悲しい曲を作るか楽しい部分を曲にするか決めかねたみたい。

「'絵のどこを観ていいか」「どこから次の音へ進むか」を迷ったんだと思います。迷ったら、今この時目に見えるものだけじゃなくていいのヨ・・・ってさり気なく導いてみました。

以前楽しんだ "創造" のテーマを思い出してほしくって。
(此処に記録してるものだと地上と上空の '2つの時' や季節が変わる 'クワガタの一生' などに当たります)


「見えてるのは永い時間の中の、絵(音楽)の一部」って考え方を
それとなく提案しました。


こういう作業のとき先生は '教える' ことなく、生徒ちゃんが持ってるものを見つけて・取出し・橋を架ける役割でありたいと考えるから、そうっと気をつけながら・・・


お家の前の枯木が気分に引っかかったように見えたんです。
寂しそうな枯れ姿は悲しい曲が相応しいのか思案したよう。


そうかもしれません。
違うかもしれません。


音楽の上では生徒ちゃんがどちらを選んでも構わないでしょう。

美術の上でも、解説BGMに選ばれた曲が必ずしも其の曲の中心的性質と符合する絵画に併さってなくても、却って新しい眼を提示してくれることがあるのと同様に。


枯木が寂しい・・・うん本当に枯れてるかな?
1年中こんな姿かな・・・?


相談した末に絵を描いてきてくれました。

枯れて見えるのは夏にはピンク色の木に見えるほど沢山お花を咲かせる、このお家自慢のシンボルツリーのようです。

四季が囲むプロヴァンスの小さなお家は枯木を放置した悲しい家じゃなく、春待ちの季節を室内で暖かく過ごす大切な場所に見えてきたみたいですよ。


■お教室関連リンク

曲を感じる
*ある白い花
*ままならぬ恋の花
*2枚目の扉
*白い花の贈り物


初期
*レッスン記録:音符イチゴ
*レッスン前の時間
*レッスン記録:オクターブ
*レッスン記録:メダカのドレミ
*レッスン記録:スタッカート

*レッスン記録:楽譜を作ろう!
*レッスン記録:上の音
*レッスン記録:痩せたメダカ
  *失敗しました
*レッスン記録:カタツムリ
*レッスンの成り行き
*レッスン記録:イチゴのタイ
*レッスン記録:指番号
*レッスン記録:音の実

*レッスン記録:復習とカメ
*レッスン記録:音ブロックで曲を弾こう
*レッスン記録:好きな曲を作ろう!
  *緊張するレッスン
  *泣いちゃダメ?
  *レッスン記録:下地(1)色
  *レッスン記録:下地(2)味


記号
*レッスン記録:ト音記号
*レッスン記録:臨時記号


音符
*レッスン記録:音符の長さを憶えよう
  *子供の絵、母の悩み
  *レッスンと色
*レッスン記録:音符の向き

*レッスン記録:十六分音符
*レッスン記録:床の五線
*レッスン記録:紙粘土
  *先生の真似

*付点音符を憶えよう
*レッスン記録:付点音符のサイズ
*レッスン記録:小節に触る


成長過程
*レッスン記録:記憶の拡張

*7ヶ月でカバレフスキー
*お庭レッスン

*レッスン記録:香りレッスン
*レッスン記録:ハーモニー体験

*レッスン記録:ハンカチのしみの音楽

*レッスン記録:花めき
*お庭レッスン日和
  *こんなレッスン始まりました


ヒント
*レッスン記録:お菓子パーティー
*レッスン記録:付箋を使う
*練習カウンター
*メトロノームの思い出(1)
*メトロノームの思い出(2)

*ハノンと恋
*プー、スケールに泣いた日
*プレイ
*ステップ


リズム
*レッスン記録:リズム解き
*レッスン記録:食べ物カード
*レッスン記録:楽語とリズム
*レッスン記録:リズム聴音


幼児期の聴音
*レッスン記録:はじめての聴音
*レッスン記録:寒暖の和音


暗譜
*レッスン記録:はじめての暗譜
*レッスン記録:楽譜の道筋
  *1年間のレッスン記録


お指トレーニング
*レッスン記録:音階練習
*レッスン記録:指遣いのカリキュラム
*レッスン記録:音階と和音


アウフタクト
*レッスン記録:アウフタクトの導入
*レッスン記録:アウフタクト実践例
  *レッスンこぼれ話:ピンクのうさぎ
*レッスン記録:なめこぐま
*レッスン記録:はじめてのバラード
*レッスン記録:ぬるぬる


伝えよう
*レッスン記録:食器
  

音階遊び
*レッスン記録:シマエナガ式ケース
*レッスン記録:フェーブの音階
*レッスン記録:音階理解をシンプルに


お箱遊び
*レッスン記録:雪のパーツ遊び
*レッスン記録:お箱遊び
*レッスン記録:異名同音
*レッスン記録:異名同音 'として'
*レッスン記録:お箱卒業の日


画集遊び
*レッスン記録:画集遊び
*レッスン記録:ポムポム・キュビズム
*レッスン記録:ダリに参加する
*ダリとモチーフの引出し
*レッスン記録:ダリと創る
*レッスン記録:画集遊びと思考
*レッスン記録:ダリをお料理する
*レッスン記録:モチーフのイメージ
*レッスン記録:感得
*レッスン記録:お水に映る
*レッスン記録:最後のダリ


音の絵
*レッスン記録:鍵盤でお絵描き
*レッスン記録:太陽のトリル
*レッスン記録:お豆コロコロ
*レッスン記録:ぶどうポロポロ
*レッスン記録:イチゴのたね


創造
*レッスン記録:色をつくる
*レッスン記録:転遷
*レッスン記録:恒星と雫
*レッスン記録:2つの時
*レッスン記録:デビューとクワガタ
*レッスン記録:雪が咲く


音の作文
*レッスン記録:卵焼き
  *目玉焼き&玉子焼きじゃない理由
*レッスン記録:チョコパンとハンペン
*レッスン記録:ミックスジュース
*レッスン記録:サクサクのパイ
*レッスン記録:中耳炎


絵を聴く
*レッスン記録:林檎
*レッスン記録:道程
*レッスン記録:大きな松の木
*レッスン記録:見えない画面の物語
*レッスン記録:迷いと躊躇
  *少年の本当と嘘
*レッスン記録:木の幸せ&お掃除記録開始


■オトナのレッスン関連記事

識見
*ソナタ的お茶の日
*お散歩とテーマの変容
*メロディーに掛かる
*柘榴のポエジー
*譜読みの目標
*楽譜のページの向こう


成り立ち
*レッスン記録:ドレミ
*ピアノレッスンの主張
*レッスン記録:Dur

*柿の種と和音


音楽史
*音楽史のレッスン
*レッスン記録:カメラータ
*レッスン記録:モノディと公会議周辺
*レッスン記録:純正律
*レッスン記録:ピタゴラス音律
*レッスン記録:ビデオと地デジ


ピアノを感じる
*ラヴェル音源とドビュッシーのフェイント
*レッスン記録:月の光
  *僕が見たイケメン生徒ちゃん

*斜め者のやすらぎ
*レッスンで泣く


(スプレーン)
*レッスン記録:読み取り開始
*レッスン記録:記号の意図
*レッスン記録:フェルマータの場所
*レッスン記録:次回のピアノ課題

(月の光)
*レッスン記録:噴水
*レッスン記録:2冊目
*レッスン記録:人の文字
  *レッスン記録:衣装の絵
*レッスン記録:不離一体

(カッサンドル)
*レッスン記録:カッサンドル13
*レッスン記録:カッサンドルそして・・・
*レッスン記録:楽語

(グリーン)
*レッスン記録:君が眼に
*レッスン記録:感じがする



くるみの偶然

December 18, 2018

過日書いてた郵送のごちゃごちゃはバレエ曲の譜面でした。

  *日々のごちゃごちゃ


神戸文化ホールで天井ボードの落下があって、復旧工事のために一時休館になったのでした。

幸い公演中の事故じゃないからお怪我された方がいらっしゃらなかったのは良かったですね。


今の季節バレエといえばクルミ。
大ホールが使えなくなったので急遽アルカイックホールへ変更となりました。


場所替えとともに日時・練習日程も変更を余儀なくされます。
バレエ団の方々やオケの面々もスケジュール調整に追われたでしょうね・・・


おそらくですが、以前の日程で文化ホールの公演を予定されてたFg.奏者さんのスケジュールが日程変更後の本公演に合わなかったのカナ?


こういうのって誰も悪くないのに残念ですよね。


代わって夫が急遽乗ることとなり、昨日から練習でお世話になってるのでした。


ジェンツーペンギン先輩指揮のクルミ本番は明日と明後日、アルカイックホールです。

面白い偶然を見に行きたかったけど、朝病院から戻ったらまた眠ってしまうんだろうナ・・・



レッスン記録:中耳炎

December 01, 2018

陽だまりでブルゴーニュ君が全身の力を抜いて
大好きな日向ぼっこ。


レースカーテンの影がブルゴーニュ君を優しく包みます。

関節が柔らかくてふにゃんとしてて、コートもやわやわで
どこまでもふうわりした女の子。


レッスンでは生徒ちゃんが中耳炎になった週がありました。


私は経験がないから、どんな症状か問うと1等印象的だったのは音だったとか。

ピアノもヴァイオリンも習ってる生徒ちゃんらしいですね、音の聞こえ方に違和感があるのが面白かったんですって。

課題はキマリですね。
中耳炎の '音の作文' をするのです。

先生も含め中耳炎になったことがない人に、中耳炎になると此んな風に聞こえるよ! って教えてあげるつもりで書いてみて、って言いました。


普通に話す声が、低音の不協和な響きを伴って
高音にもキンとした音が入ってくるのがわかりますね。


中耳炎時の響き以外に感動した点がありました。
お母さんに呼ばれるイントレーションが関西弁ですね。

標準語なら mi-ré-mi-mi または mi-ré-mi-ré で表すのが可能ですが方言をちゃんと書き留めてる。


'宿題やったの? ' の 'やったの' の音形にも方言が表れてます。
面白いネ。


中耳炎について此の楽譜から私が学べたのは、他の人の声よりも自分が声を出した時のほうが一層複雑な共鳴が起きるってこと。


簡単な題材で良いから曲を書いてみると、後に他作曲者の曲を読み、味わって演奏するための鍵が備わってゆくと思うんです。


ピアノレッスンの標にもなりますね。



'作った曲をもしこんな風に弾かれたら厭だナ' とか 'こういう気持ちの曲を自分が書いたとしたら此う弾いてほしいナ' なんて風に作曲者に目を向けるきっかけにもなってます。

**

この頃長文が多かったため書いてなかったお掃除記録も。

午後は暖かかったからお庭全体のお手入れしました。
体調はそんなに良くないけれど、いつでも家内へ入って横になれる安心感があるせいか、お庭仕事は負担少なく思える。
座って植込みをいじったりで立ち動かないし体力は使いません。

鯨は穴と穴への階段、お玄関側からメザニンまでのローズ階段だけ。


■お教室関連リンク

曲を感じる
*ある白い花
*ままならぬ恋の花
*2枚目の扉
*白い花の贈り物


初期
*レッスン記録:音符イチゴ
*レッスン前の時間
*レッスン記録:オクターブ
*レッスン記録:メダカのドレミ
*レッスン記録:スタッカート

*レッスン記録:楽譜を作ろう!
*レッスン記録:上の音
*レッスン記録:痩せたメダカ
  *失敗しました
*レッスン記録:カタツムリ
*レッスンの成り行き
*レッスン記録:イチゴのタイ
*レッスン記録:指番号
*レッスン記録:音の実

*レッスン記録:復習とカメ
*レッスン記録:音ブロックで曲を弾こう
*レッスン記録:好きな曲を作ろう!
  *緊張するレッスン
  *泣いちゃダメ?
  *レッスン記録:下地(1)色
  *レッスン記録:下地(2)味


記号
*レッスン記録:ト音記号
*レッスン記録:臨時記号


音符
*レッスン記録:音符の長さを憶えよう
  *子供の絵、母の悩み
  *レッスンと色
*レッスン記録:音符の向き

*レッスン記録:十六分音符
*レッスン記録:床の五線
*レッスン記録:紙粘土
  *先生の真似

*付点音符を憶えよう
*レッスン記録:付点音符のサイズ
*レッスン記録:小節に触る


成長過程
*レッスン記録:記憶の拡張

*7ヶ月でカバレフスキー
*お庭レッスン

*レッスン記録:香りレッスン
*レッスン記録:ハーモニー体験

*レッスン記録:ハンカチのしみの音楽

*レッスン記録:花めき
*お庭レッスン日和
  *こんなレッスン始まりました


ヒント
*レッスン記録:お菓子パーティー
*レッスン記録:付箋を使う
*練習カウンター
*メトロノームの思い出(1)
*メトロノームの思い出(2)

*ハノンと恋
*プー、スケールに泣いた日
*プレイ
*ステップ


リズム
*レッスン記録:リズム解き
*レッスン記録:食べ物カード
*レッスン記録:楽語とリズム
*レッスン記録:リズム聴音


幼児期の聴音
*レッスン記録:はじめての聴音
*レッスン記録:寒暖の和音


暗譜
*レッスン記録:はじめての暗譜
*レッスン記録:楽譜の道筋
  *1年間のレッスン記録


お指トレーニング
*レッスン記録:音階練習
*レッスン記録:指遣いのカリキュラム
*レッスン記録:音階と和音


アウフタクト
*レッスン記録:アウフタクトの導入
*レッスン記録:アウフタクト実践例
  *レッスンこぼれ話:ピンクのうさぎ
*レッスン記録:なめこぐま
*レッスン記録:はじめてのバラード
*レッスン記録:ぬるぬる


音階遊び
*レッスン記録:シマエナガ式ケース
*レッスン記録:フェーブの音階
*レッスン記録:音階理解をシンプルに


お箱遊び
*レッスン記録:雪のパーツ遊び
*レッスン記録:お箱遊び
*レッスン記録:異名同音
*レッスン記録:異名同音 'として'
*レッスン記録:お箱卒業の日


画集遊び
*レッスン記録:画集遊び
*レッスン記録:ポムポム・キュビズム
*レッスン記録:ダリに参加する
*ダリとモチーフの引出し
*レッスン記録:ダリと創る
*レッスン記録:画集遊びと思考
*レッスン記録:ダリをお料理する
*レッスン記録:モチーフのイメージ
*レッスン記録:感得
*レッスン記録:お水に映る
*レッスン記録:最後のダリ


音の絵
*レッスン記録:鍵盤でお絵描き
*レッスン記録:太陽のトリル
*レッスン記録:お豆コロコロ
*レッスン記録:ぶどうポロポロ
*レッスン記録:イチゴのたね


創造
*レッスン記録:色をつくる
*レッスン記録:転遷
*レッスン記録:恒星と雫
*レッスン記録:2つの時
*レッスン記録:デビューとクワガタ
*レッスン記録:雪が咲く


音の作文
*レッスン記録:卵焼き
  *目玉焼き&玉子焼きじゃない理由
*レッスン記録:チョコパンとハンペン
*レッスン記録:ミックスジュース
*レッスン記録:サクサクのパイ


絵を聴く
*レッスン記録:林檎
*レッスン記録:道程
*レッスン記録:大きな松の木
*レッスン記録:見えない画面の物語
*レッスン記録:迷いと躊躇
  *少年の本当と嘘
*レッスン記録:木の幸せ&お掃除記録開始


■オトナのレッスン関連記事

識見
*ソナタ的お茶の日
*お散歩とテーマの変容
*メロディーに掛かる
*柘榴のポエジー
*譜読みの目標
*楽譜のページの向こう


成り立ち
*レッスン記録:ドレミ
*ピアノレッスンの主張
*レッスン記録:Dur


音楽史
*音楽史のレッスン
*レッスン記録:カメラータ
*レッスン記録:モノディと公会議周辺
*レッスン記録:純正律
*レッスン記録:ピタゴラス音律
*レッスン記録:ビデオと地デジ


ピアノを感じる
*ラヴェル音源とドビュッシーのフェイント
*レッスン記録:月の光
  *僕が見たイケメン生徒ちゃん

*斜め者のやすらぎ
*レッスンで泣く


(スプレーン)
*レッスン記録:読み取り開始
*レッスン記録:記号の意図
*レッスン記録:フェルマータの場所
*レッスン記録:次回のピアノ課題

(月の光)
*レッスン記録:噴水
*レッスン記録:2冊目
*レッスン記録:人の文字
  *レッスン記録:衣装の絵
*レッスン記録:不離一体

(カッサンドル)
*レッスン記録:カッサンドル13
*レッスン記録:カッサンドルそして・・・
*レッスン記録:楽語

(グリーン)
*レッスン記録:君が眼に
*レッスン記録:感じがする



日々のごちゃごちゃ

November 30, 2018

ガス灯通りが後ろのほうに写ってるのかな?


けやき並木110本がLEDでライトアップされて、ガス灯と共に華やかさを加えてる通り。

ちょっと前のお出掛け写真をupしながら日常のごちゃごちゃを。


インターホンに出ないことが多い。


体調が定まらない日もあるし、休んでる時は出られないって知人は理解してる。それを知らない関係の人間が勝手に呼出す場合、応じる理由がわからないよねって思う斜め者なのだ。

自治会などに必要な事柄のメモが入ればすぐ対応するし、宅急便には大容量の宅配用ストレージがある。ストレージ扉奥のシャリオには指示書きと、お疲れ様ですの手作りプレートと、夏の暑い日はドリンク缶など置いて、一応すべきことはやっている。

お約束がないのに呼ぼうとする相手に応対しても面倒だと決め込んでるまでだ。お客様の日以外のインターホンボタンは飾りの役割しかない。今に始まったことじゃない。


だから郵便局員さんがホーンを鳴らした時も、普段通り音を切ってた。

不在連絡票が入った。
見ればレターパックにチェックが入ってる。ん?

A4サイズのレターパックならメイルボックスに余裕で入る筈。
楽譜が沢山届いても大丈夫な、大きなメイルボックスがあるのにレターパックを持ち帰った・・・?

よく見ると、印鑑が必要なためって走り書きがあった。


捺印して対面で受け渡しするレターパック・プラスで送られてくるなんて随分大事な便でしょう。


なのに夫は差出人を知らないという。
はい?

知り合いでさえ面倒に感じると受取拒否を始終やってるのに、名前も知らない相手から受領印を求められるレターパック・プラスなんてありえない。

引取りに行かずスルーだな。


その夜ご飯を食べながら夫がふいに、'ああそうだ、楽譜が1つまだなんだよね... それの可能性もあるかな? ' って言った。


だったら良いけれど、楽団やグループから楽譜が届くなら普通オケの名称だけどね・・・

だから提案しました。

見に行って差出人に心当たりがないけど内容物は何ですかと問い、書類以外の形状の品が入ってるようなら受け取らない、と。

その場合は受取拒否の印を押すのさえ煩わしいから 'ちょっと主人に聞いてきま~す' と言ってバックレてやる、と。


ハイ、行ってきました。


ちゃんと楽譜って書いてありました。
通常通り差出人欄にオーケストラ名が書いてありました。

その下に郵送事務をお世話くださったかたのお名前も一回り小さく添えてありました。投函側は全部きちんと書いてくださってたのに、忙しい配達員さんが通信欄に書くべき事項を見誤っただけでした。

レターパック・プラスになってたのは、大切な楽譜だったからでした。ちなみに偶然ですがジェンツーペンギン先輩指揮の公演の楽譜でした。(笑)スルーしなくて良かった。




Topページへ
Blogペ-ジへ