L'officiel ⅩⅡ



レッスン記録:中耳炎

December 01, 2018

陽だまりでブルゴーニュ君が全身の力を抜いて
大好きな日向ぼっこ。


レースカーテンの影がブルゴーニュ君を優しく包みます。

関節が柔らかくてふにゃんとしてて、コートもやわやわで
どこまでもふうわりした女の子。


レッスンでは生徒ちゃんが中耳炎になった週がありました。


私は経験がないから、どんな症状か問うと1等印象的だったのは音だったとか。

ピアノもヴァイオリンも習ってる生徒ちゃんらしいですね、音の聞こえ方に違和感があるのが面白かったんですって。

課題はキマリですね。
中耳炎の '音の作文' をするのです。

先生も含め中耳炎になったことがない人に、中耳炎になると此んな風に聞こえるよ! って教えてあげるつもりで書いてみて、って言いました。


普通に話す声が、低音の不協和な響きを伴って
高音にもキンとした音が入ってくるのがわかりますね。


中耳炎時の響き以外に感動した点がありました。
お母さんに呼ばれるイントレーションが関西弁ですね。

標準語なら mi-ré-mi-mi または mi-ré-mi-ré で表すのが可能ですが方言をちゃんと書き留めてる。


'宿題やったの? ' の 'やったの' の音形にも方言が表れてます。
面白いネ。


中耳炎について此の楽譜から私が学べたのは、他の人の声よりも自分が声を出した時のほうが一層複雑な共鳴が起きるってこと。


簡単な題材で良いから曲を書いてみると、後に他作曲者の曲を読み、味わって演奏するための鍵が備わってゆくと思うんです。


ピアノレッスンの標にもなりますね。



'作った曲をもしこんな風に弾かれたら厭だナ' とか 'こういう気持ちの曲を自分が書いたとしたら此う弾いてほしいナ' なんて風に作曲者に目を向けるきっかけにもなってます。

**

この頃長文が多かったため書いてなかったお掃除記録も。

午後は暖かかったからお庭全体のお手入れしました。
体調はそんなに良くないけれど、いつでも家内へ入って横になれる安心感があるせいか、お庭仕事は負担少なく思える。
座って植込みをいじったりで立ち動かないし体力は使いません。

鯨は穴と穴への階段、お玄関側からメザニンまでのローズ階段だけ。


■お教室関連リンク

曲を感じる
*ある白い花
*ままならぬ恋の花
*2枚目の扉
*白い花の贈り物


初期
*レッスン記録:音符イチゴ
*レッスン前の時間
*レッスン記録:オクターブ
*レッスン記録:メダカのドレミ
*レッスン記録:スタッカート

*レッスン記録:楽譜を作ろう!
*レッスン記録:上の音
*レッスン記録:痩せたメダカ
  *失敗しました
*レッスン記録:カタツムリ
*レッスンの成り行き
*レッスン記録:イチゴのタイ
*レッスン記録:指番号
*レッスン記録:音の実

*レッスン記録:復習とカメ
*レッスン記録:音ブロックで曲を弾こう
*レッスン記録:好きな曲を作ろう!
  *緊張するレッスン
  *泣いちゃダメ?
  *レッスン記録:下地(1)色
  *レッスン記録:下地(2)味


記号
*レッスン記録:ト音記号
*レッスン記録:臨時記号


音符
*レッスン記録:音符の長さを憶えよう
  *子供の絵、母の悩み
  *レッスンと色
*レッスン記録:音符の向き

*レッスン記録:十六分音符
*レッスン記録:床の五線
*レッスン記録:紙粘土
  *先生の真似

*付点音符を憶えよう
*レッスン記録:付点音符のサイズ
*レッスン記録:小節に触る


成長過程
*レッスン記録:記憶の拡張

*7ヶ月でカバレフスキー
*お庭レッスン

*レッスン記録:香りレッスン
*レッスン記録:ハーモニー体験

*レッスン記録:ハンカチのしみの音楽

*レッスン記録:花めき
*お庭レッスン日和
  *こんなレッスン始まりました


ヒント
*レッスン記録:お菓子パーティー
*レッスン記録:付箋を使う
*練習カウンター
*メトロノームの思い出(1)
*メトロノームの思い出(2)

*ハノンと恋
*プー、スケールに泣いた日
*プレイ
*ステップ


リズム
*レッスン記録:リズム解き
*レッスン記録:食べ物カード
*レッスン記録:楽語とリズム
*レッスン記録:リズム聴音


幼児期の聴音
*レッスン記録:はじめての聴音
*レッスン記録:寒暖の和音


暗譜
*レッスン記録:はじめての暗譜
*レッスン記録:楽譜の道筋
  *1年間のレッスン記録


お指トレーニング
*レッスン記録:音階練習
*レッスン記録:指遣いのカリキュラム
*レッスン記録:音階と和音


アウフタクト
*レッスン記録:アウフタクトの導入
*レッスン記録:アウフタクト実践例
  *レッスンこぼれ話:ピンクのうさぎ
*レッスン記録:なめこぐま
*レッスン記録:はじめてのバラード
*レッスン記録:ぬるぬる


音階遊び
*レッスン記録:シマエナガ式ケース
*レッスン記録:フェーブの音階
*レッスン記録:音階理解をシンプルに


お箱遊び
*レッスン記録:雪のパーツ遊び
*レッスン記録:お箱遊び
*レッスン記録:異名同音
*レッスン記録:異名同音 'として'
*レッスン記録:お箱卒業の日


画集遊び
*レッスン記録:画集遊び
*レッスン記録:ポムポム・キュビズム
*レッスン記録:ダリに参加する
*ダリとモチーフの引出し
*レッスン記録:ダリと創る
*レッスン記録:画集遊びと思考
*レッスン記録:ダリをお料理する
*レッスン記録:モチーフのイメージ
*レッスン記録:感得
*レッスン記録:お水に映る
*レッスン記録:最後のダリ


音の絵
*レッスン記録:鍵盤でお絵描き
*レッスン記録:太陽のトリル
*レッスン記録:お豆コロコロ
*レッスン記録:ぶどうポロポロ
*レッスン記録:イチゴのたね


創造
*レッスン記録:色をつくる
*レッスン記録:転遷
*レッスン記録:恒星と雫
*レッスン記録:2つの時
*レッスン記録:デビューとクワガタ
*レッスン記録:雪が咲く


音の作文
*レッスン記録:卵焼き
  *目玉焼き&玉子焼きじゃない理由
*レッスン記録:チョコパンとハンペン
*レッスン記録:ミックスジュース
*レッスン記録:サクサクのパイ


絵を聴く
*レッスン記録:林檎
*レッスン記録:道程
*レッスン記録:大きな松の木
*レッスン記録:見えない画面の物語
*レッスン記録:迷いと躊躇
  *少年の本当と嘘
*レッスン記録:木の幸せ&お掃除記録開始


■オトナのレッスン関連記事

識見
*ソナタ的お茶の日
*お散歩とテーマの変容
*メロディーに掛かる
*柘榴のポエジー
*譜読みの目標
*楽譜のページの向こう


成り立ち
*レッスン記録:ドレミ
*ピアノレッスンの主張
*レッスン記録:Dur


音楽史
*音楽史のレッスン
*レッスン記録:カメラータ
*レッスン記録:モノディと公会議周辺
*レッスン記録:純正律
*レッスン記録:ピタゴラス音律
*レッスン記録:ビデオと地デジ


ピアノを感じる
*ラヴェル音源とドビュッシーのフェイント
*レッスン記録:月の光
  *僕が見たイケメン生徒ちゃん

*斜め者のやすらぎ
*レッスンで泣く


(スプレーン)
*レッスン記録:読み取り開始
*レッスン記録:記号の意図
*レッスン記録:フェルマータの場所
*レッスン記録:次回のピアノ課題

(月の光)
*レッスン記録:噴水
*レッスン記録:2冊目
*レッスン記録:人の文字
  *レッスン記録:衣装の絵
*レッスン記録:不離一体

(カッサンドル)
*レッスン記録:カッサンドル13
*レッスン記録:カッサンドルそして・・・
*レッスン記録:楽語

(グリーン)
*レッスン記録:君が眼に
*レッスン記録:感じがする



日々のごちゃごちゃ

November 30, 2018

ガス灯通りが後ろのほうに写ってるのかな?


けやき並木110本がLEDでライトアップされて、ガス灯と共に華やかさを加えてる通り。

ちょっと前のお出掛け写真をupしながら日常のごちゃごちゃを。


インターホンに出ないことが多い。


体調が定まらない日もあるし、休んでる時は出られないって知人は理解してる。それを知らない関係の人間が勝手に呼出す場合、応じる理由がわからないよねって思う斜め者なのだ。

自治会などに必要な事柄のメモが入ればすぐ対応するし、宅急便には大容量の宅配用ストレージがある。ストレージ扉奥のシャリオには指示書きと、お疲れ様ですの手作りプレートと、夏の暑い日はドリンク缶など置いて、一応すべきことはやっている。

お約束がないのに呼ぼうとする相手に応対しても面倒だと決め込んでるまでだ。お客様の日以外のインターホンボタンは飾りの役割しかない。今に始まったことじゃない。


だから郵便局員さんがホーンを鳴らした時も、普段通り音を切ってた。

不在連絡票が入った。
見ればレターパックにチェックが入ってる。ん?

A4サイズのレターパックならメイルボックスに余裕で入る筈。
楽譜が沢山届いても大丈夫な、大きなメイルボックスがあるのにレターパックを持ち帰った・・・?

よく見ると、印鑑が必要なためって走り書きがあった。


捺印して対面で受け渡しするレターパック・プラスで送られてくるなんて随分大事な便でしょう。


なのに夫は差出人を知らないという。
はい?

知り合いでさえ面倒に感じると受取拒否を始終やってるのに、名前も知らない相手から受領印を求められるレターパック・プラスなんてありえない。

引取りに行かずスルーだな。


その夜ご飯を食べながら夫がふいに、'ああそうだ、楽譜が1つまだなんだよね... それの可能性もあるかな? ' って言った。


だったら良いけれど、楽団やグループから楽譜が届くなら普通オケの名称だけどね・・・

だから提案しました。

見に行って差出人に心当たりがないけど内容物は何ですかと問い、書類以外の形状の品が入ってるようなら受け取らない、と。

その場合は受取拒否の印を押すのさえ煩わしいから 'ちょっと主人に聞いてきま~す' と言ってバックレてやる、と。


ハイ、行ってきました。


ちゃんと楽譜って書いてありました。
通常通り差出人欄にオーケストラ名が書いてありました。

その下に郵送事務をお世話くださったかたのお名前も一回り小さく添えてありました。投函側は全部きちんと書いてくださってたのに、忙しい配達員さんが通信欄に書くべき事項を見誤っただけでした。

レターパック・プラスになってたのは、大切な楽譜だったからでした。ちなみに偶然ですがジェンツーペンギン先輩指揮の公演の楽譜でした。(笑)スルーしなくて良かった。




Topページへ
Blogペ-ジへ