L'officiel [



レッスン記録:カッサンドル13

December 13, 2015

ずっと前のババールカード。
載せ忘れてた写真に気がついて今頃に意味もなくupです。


今秋に始めた読取りレッスンが音楽の一環としてとっても興味深く、他の生徒ちゃんとも試してます。

  *レッスン記録:読み取り開始

楽曲と繋がりのある詩の題材はサイドから音楽を育ててくれる気がするし、生徒ちゃんも楽しそう。


今月選んだのはロンサール "カッサンドルのソネット13"。
井上究一郎様訳です。


此の生徒ちゃんもまた独創的な視点で書いてきてくれましたヨ!

  空・待機・風の遠く大きなものから
  視線が泉や茂みなど自分の近くへ移ってくる。

  その様子を字の大きさを変えて書いてきてくれました。

詩の読取り方を見ることで、私自身も生徒ちゃん個人を少し多く知ることができる。それってとっても豊かなやり取りだな。

  詩の後半では反対に、側のものが大きく
  遠くのものが小さく書かれる。

  間にモノローグを挟んだあとの心情の変化にも取れますネ。


最後の消えそうな文字もいい。


彼女はね、"どうか別れの言葉を伝えてくれ。" の科白を消え入りそうな声のように書きました。

  別れを伝えてくれって言いながら
  本当は別れたくない。伝えてほしくない。

  言わなければならない科白を薄く消してゆくことで
  別れを拒否する気持ちを顕しました。


生徒ちゃん達の自由な発想、み〜んないいですね。

ちょこっとヒントを出したから次回はきっともっと素敵になってることでしょう。楽しみだワ。


■お教室関連リンク
*レッスン記録:音符イチゴ
*レッスン前の時間
*レッスン記録:オクターブ
*レッスン記録:メダカのドレミ
*レッスン記録:スタッカート

*レッスン記録:楽譜を作ろう!
*レッスン記録:上の音
*レッスン記録:痩せたメダカ
*レッスン記録:カタツムリ
*レッスンの成り行き
*レッスン記録:イチゴのタイ
*レッスン記録:指番号
*レッスン記録:音の実

*レッスン記録:復習とカメ
*レッスン記録:音ブロックで曲を弾こう
*レッスン記録:好きな曲を作ろう!
  *緊張するレッスン
  *泣いちゃダメ?
  *レッスン記録:下地(1)色
  *レッスン記録:下地(2)味

*レッスン記録:ト音記号
*レッスン記録:音符の長さを憶えよう
  *子供の絵、母の悩み
  *レッスンと色

*レッスン記録:十六分音符
*レッスン記録:床の五線
*レッスン記録:紙粘土
  *先生の真似

*7ヶ月でカバレフスキー
*レッスン記録:リズム解き
*レッスン記録:食べ物カード
*レッスン記録:記憶の拡張

*レッスン記録:香りレッスン
*レッスン記録:ハーモニー体験

*レッスン記録:はじめての暗譜
*レッスン記録:楽譜の道筋
  *1年間のレッスン記録

*お庭レッスン

*レッスン記録:音階練習
*レッスン記録:指遣いのカリキュラム
レッスン記録:音階と和音

*レッスン記録:はじめての聴音

*レッスン記録:臨時記号
*レッスン記録:アウフタクトの導入
*レッスン記録:アウフタクト実践例
  *レッスンこぼれ話:ピンクのうさぎ
*レッスン記録:なめこぐま
*レッスン記録:はじめてのバラード
*レッスン記録:ぬるぬる

*レッスン記録:お菓子パーティー

■オトナのレッスン関連記事
*音楽史のレッスン
*ピアノレッスンの主張
*レッスン記録:Dur
*ラヴェル音源とドビュッシーのフェイント

*レッスン記録:ドレミ
*レッスン記録:カメラータ
*レッスン記録:モノディと公会議周辺
*レッスン記録:純正律
*レッスン記録:ピタゴラス音律

*レッスン記録:読み取り開始



レッスン記録:読み取り開始

November 22, 2015

"ピアノの表現がうまくできないんです。もっと表現したいのに、ひとりで弾いてると何処をどうしていいか判らなくって・・・。"


初めての曲を持ってきた生徒ちゃんが悩みを口にした。
じゃあイメージを読み取るお稽古をしてみない? って提案した。


  表現は、何もないところに作り込むお芝居ではない。

譜面に書かれている事を音にして、画に成立させることを '表現' と言ってしまって善いか私にはわからないけれど、生徒ちゃんが言いたいのは、初めての曲をひとりで譜読みをする時に事務的なピアノになる悩みみたいだった。

それなら表現よりも前に、楽譜の読み取りのお稽古が必要じゃあないカナ?


ピアノの前だと構えてしまう傾向があったから手始めはピアノ教材を使わずに、彼女にとって音よりも親しい存在の文字を使おうかしらって思い立ち


音と音楽を文字と文学に置き替えて、構えず接し易い文字で読み取りを始めたのです。


  一緒に宿題課題として選んだのはヴェルレーヌ "憂鬱"。
  宿題は《この詩を紙に書いてみるコト》だけでした。

丸写しで良いんです。ただ、詩人が話したい事柄を図画的に書くこと。文字の大小・太さの違い・段落や行替えその他何でも使って意味表現をすること。

  詩を用いると、表現はお芝居的なものではなくて
  意味の味わいなのだって実感できますね。

このお稽古はとっても面白かったのです。
興味深いことに彼女は、事象と心情に分けて書いてきました。


交互に出てくる事象と心情。だけれど心情のほうは初めの呟きから段々とダイレクトな打明けへと変わってゆきます。

中央に顕していた事象に隠れるように端の小さな文字で独り言ちていたのが、徐々に心情のほうが中心へ寄ってきています。

其うして所々激した大きさの文字も。

**


此の詩の読み方として正解不正解は取置いて、単純ではあっても充分に音楽的な骨組みの体を成しているじゃありませんか。

此んな課題をもっと進めてから音の上に置き替えてみるのは、さぞ興味深いだろうなと楽しみです。


■お教室関連リンク
*レッスン記録:音符イチゴ
*レッスン前の時間
*レッスン記録:オクターブ
*レッスン記録:メダカのドレミ
*レッスン記録:スタッカート

*レッスン記録:楽譜を作ろう!
*レッスン記録:上の音
*レッスン記録:痩せたメダカ
*レッスン記録:カタツムリ
*レッスンの成り行き
*レッスン記録:イチゴのタイ
*レッスン記録:指番号
*レッスン記録:音の実

*レッスン記録:復習とカメ
*レッスン記録:音ブロックで曲を弾こう
*レッスン記録:好きな曲を作ろう!
  *緊張するレッスン
  *泣いちゃダメ?
  *レッスン記録:下地(1)色
  *レッスン記録:下地(2)味

*レッスン記録:ト音記号
*レッスン記録:音符の長さを憶えよう
  *子供の絵、母の悩み
  *レッスンと色

*レッスン記録:十六分音符
*レッスン記録:床の五線
*レッスン記録:紙粘土
  *先生の真似

*7ヶ月でカバレフスキー
*レッスン記録:リズム解き
*レッスン記録:食べ物カード
*レッスン記録:記憶の拡張

*レッスン記録:香りレッスン
*レッスン記録:ハーモニー体験

*レッスン記録:はじめての暗譜
*レッスン記録:楽譜の道筋
  *1年間のレッスン記録

*お庭レッスン

*レッスン記録:音階練習
*レッスン記録:指遣いのカリキュラム
レッスン記録:音階と和音

*レッスン記録:はじめての聴音

*レッスン記録:臨時記号
*レッスン記録:アウフタクトの導入
*レッスン記録:アウフタクト実践例
  *レッスンこぼれ話:ピンクのうさぎ
*レッスン記録:なめこぐま
*レッスン記録:はじめてのバラード
*レッスン記録:ぬるぬる

*レッスン記録:お菓子パーティー

■オトナのレッスン関連記事
*音楽史のレッスン
*ピアノレッスンの主張
*レッスン記録:Dur
*ラヴェル音源とドビュッシーのフェイント

*レッスン記録:ドレミ
*レッスン記録:カメラータ
*レッスン記録:モノディと公会議周辺
*レッスン記録:純正律
*レッスン記録:ピタゴラス音律



レッスン記録:ピタゴラス音律

October 01, 2015

気温が下がった10月の朝。
一段と面白くない今朝のブログは、昨日のレッスンのお話です。


音階ってどうやってできてるの? って意外と知らないものですよね。

どんな風にお話したら1番解り良いかな? って試行錯誤してます。この前の生徒ちゃんとは説明順序を替えて授業してみました。

  *レッスン記録:純正律


音孔がない原始的な笛を考えてみるところから始めましたよ。


共鳴管である笛の長さが短いと音が高くて、長いと低いですね。長さに比例する音の高さを頭において進めてみました。

  長い笛:共鳴の波長が長い=音が低い
  短い笛:共鳴の波長が短い=音が高い

波長と周波数が逆数になることをしっかり踏まえて

  長い笛:共鳴の波長が長い←→周波数が低い=音が低い
  短い笛:共鳴の波長が短い←→周波数が高い=音が高い

と、お話に先立って基本を説明しました。


次に半分の長さの笛つまり倍の周波数と考えて応用していく方法を解説しました。


ドの2倍の周波数(長さは半分になりますね)は1オクターブ上のドですが、3倍の数を取ってゆくとどうでしょう?

  ドの3倍の周波数は1オクターブと5度上のソです。
  ソの3倍の周波数はレ、レの3倍の周波数はラ、
  ラの3倍の周波数はミ、ミの3倍の周波数はシ、
  シの3倍の周波数はファ、ファの3倍の周波数はド

此のように

  ________ド
  _______ファ
  ______シ
  _____ミ
  ____ラ
  ___レ
  __ソ
  ド

周波数で当てはめていった音は五度圏の順に並びます。


上に書かれてる音たちはオクターブを隔てた音程になってしまうから、1オクターブ内に移行してみますね。


便宜的にドを顕す数字を入れてみます。
実際の周波数の数字じゃあなくって便宜上の割合です。

(Macで打ってるからWinでも等しく反映されるか不安になりながら・・・)


まずドの音。


  ド____
  ド____10

ドの2倍の周波数が1オクターブ上のドでしたね?
だから

  ド__________ド
  oo____10____20

って書いてみます。

ドの3倍の周波数が1オクターブ半上のソでしたね?

  ド__________ド____ソ
  oo____10____20____30

此んな感じです。
ではソを1オクターブ内に納めるには、どうしたらいいでしょうね?

周波数を倍にしたり半分にしたりすると、オクターブが異なる同じ音になるんでしたね。だから30を半分にしたらどうでしょう?

前段階でドを3倍にした周波数を半分に割るんですね。

  ド__________ド____ソ
  oo____10____20____30

ソを半分にして

  ド_______ソ____ド
  oo____10_15____20

と、なります。

こうして作られてゆくのがピタゴラス音律ですね。


昨レッスンは此んな感じの説明になりました。


そうそう生徒ちゃんはおうちで予習中に、参考書にある9/8 4/3などがわからなかったそう。音楽書籍によく出てくる此うした分数は、ドの周波数を1と考えた場合の割合の数字ですね。


■お教室関連リンク
*レッスン記録:音符イチゴ
*レッスン前の時間
*レッスン記録:オクターブ
*レッスン記録:メダカのドレミ
*レッスン記録:スタッカート

*レッスン記録:楽譜を作ろう!
*レッスン記録:上の音
*レッスン記録:痩せたメダカ
*レッスン記録:カタツムリ
*レッスンの成り行き
*レッスン記録:イチゴのタイ
*レッスン記録:指番号
*レッスン記録:音の実

*レッスン記録:復習とカメ
*レッスン記録:音ブロックで曲を弾こう
*レッスン記録:好きな曲を作ろう!
  *緊張するレッスン
  *泣いちゃダメ?
  *レッスン記録:下地(1)色
  *レッスン記録:下地(2)味

*レッスン記録:ト音記号
*レッスン記録:音符の長さを憶えよう
  *子供の絵、母の悩み
  *レッスンと色

*レッスン記録:十六分音符
*レッスン記録:床の五線
*レッスン記録:紙粘土
  *先生の真似

*7ヶ月でカバレフスキー
*レッスン記録:リズム解き
*レッスン記録:食べ物カード
*レッスン記録:記憶の拡張

*レッスン記録:香りレッスン
*レッスン記録:ハーモニー体験

*レッスン記録:はじめての暗譜
*レッスン記録:楽譜の道筋
  *1年間のレッスン記録

*お庭レッスン

*レッスン記録:音階練習
*レッスン記録:指遣いのカリキュラム
レッスン記録:音階と和音

*レッスン記録:はじめての聴音

*レッスン記録:臨時記号
*レッスン記録:アウフタクトの導入
*レッスン記録:アウフタクト実践例
  *レッスンこぼれ話:ピンクのうさぎ
*レッスン記録:なめこぐま
*レッスン記録:はじめてのバラード
*レッスン記録:ぬるぬる

*レッスン記録:お菓子パーティー

■オトナのレッスン関連記事
*音楽史のレッスン
*ピアノレッスンの主張
*レッスン記録:Dur
*ラヴェル音源とドビュッシーのフェイント

*レッスン記録:ドレミ
*レッスン記録:カメラータ
*レッスン記録:モノディと公会議周辺
*レッスン記録:純正律



更にドレスの事故

September 28, 2015

iPhoneに残ってたもう1枚の写真。
昨日の続きのお話です。


  *無事の本番&リハーサルの事故

実は此の写真のドレス、ホッチキスで留めてます(涙)

激しい演奏ですぐドレスを傷めちゃうから予め着てみて確かめておいたにも関わらず、当日の時間経過とともにストラップが脆くなってしまったのでした。ロングドレスの重みを細い紐だけで支えてるんですものね。

  *ドレス準備

安全ピンや両面テープで留りきらず、どうしようもなくなった。
出番直前に、もうホッチキスで凌ぐしかない! って舞台袖で言いました。オカメインコちゃんにホッチキスでパッチンしてもらってハイ出演。冷や汗・・・

  手には湿布、ドレスにはホッチキス・・・
    どんだけ・・・?


スットコドッコイもいい加減にしないと、って猛反省しながら何食わぬ顔で舞台へ出たら、1曲目の最中からイヤリングが飛んでっちゃった・・・(溜息)


  着替え終わって楽屋で1人反省会の図。
  再び絶望の半笑い。
  ああ消えたい。恥ずかしい。

ストラップ事故を試行錯誤して必死でケアしてくれたオカメインコちゃん、本当にありがとうございました。

彼女たちの助けあってこそ、コンサートでは演奏に集中することができました。


気を取り直して打ち上げは皆様でわいわい焼肉♪


体力を使った後はお肉に限ります。
シメのラーメンまでしっかり頂きましたが・・・


緊張で消耗したのか、帰宅したらばまたお腹が空いた。


夫に笑われながらお夜食のリゾットを作って食べました。



無事の本番&リハーサルの事故

September 27, 2015

昨日はシマブンホールにご来場いただきまして、どうもありがとうございました。


安藝先生はじめご出演者様方のお力でたくさんのお客様にいらしていただけました。感謝です。


お客様の温かい雰囲気のなか無事に終えられた本番演奏でしたが、リハーサルではびっくりな事故が・・・


フォルテシモのスタッカートを弾いた勢いで大きく手を跳ね上げたとき、ガコンっていう音。前方に出っ張っていたピアノの譜面台の角で手の甲を強打したのでした(涙)


右指3本の付け根が見る見る腫れてきて茫然としました。
本番前にどうしようって頭が真っ白。


コンサート楽屋とは思えない此れ等は、カケスちゃんが買いに走ってくれたのです。


冷却スプレー・湿布・氷・氷を入れるためのフリーザーバッグを持って戻ってきてくれて感謝感激。お陰で早急に冷やすことができました。


フリーザーバッグに入れた氷で湿布の上から冷やしてる図。


コンサート直前のあまりの事態に、絶望で半笑いになってます。

早い処置に助けられてコンサート本番には影響なく演奏できました。本当にありがとうございました。

此の1日の続きはまた明日に・・・



本日のコンサート

September 26, 2015

アンティークの時計文字。


せんに頂いたエマイユの綺麗なローマ数字をピンに加工した。お玄関のコンソールに飾ってる。


好きだけどピアノが弾きづらい理由で身につけないアクセサリーも此んな辺りに置いてみる。


古いペーストのアクセサリーはパヒュームボトルの首元へ。


ボトル類を拭いて、ちょこちょこお掃除してお留守番を頼んでリハーサルへ・・・


本日午後3時より阪神岩屋BBプラザ内シマブンホールにて
"今と昔の子供のために" コンサートです。

どうぞよろしくお願いいたします。



ドレス準備

September 25, 2015

明日のドレスをソファにポン。


よくあるタイプのドレスバッグで、ドレスを伸ばした形状で仕舞ってからアコーディオンに折る形。だから先ずはソファにポンと平置き。


じっとしてるために縫われたようなドレスなのに本番では運動着みたいな負担をかける。


綻びがないか心配になって袖を通してみた。うん大丈夫。


"蝶と花" の曲があるから、蝶々のペンダントとお花のイヤリングでも・・・


今日は最後のお稽古です。



クラブPのコンセプト

August 31, 2015

しましまが可愛いスイカペペ。
不思議な模様を夫が気に入ってる子。


クラブ・プーランクに参加するって言ったものの不安そうな生徒ちゃんとお電話。お初参加の演奏は不安な方が他にもいらっしゃるかもなので、今朝のおしゃべり話題にしましょ。

子供さんができてしばらくピアノをお休みしてる生徒ちゃん。
レッスンが受けられてなくて不安で、もし間に合わなかったら聴くだけでも参加できますか? って質問だった。


オーディエンス参加も勿論ありヨ〜


でも全然できてなくっても弾きたいなってちょっとでも思ったら、弾けそうなトコロだけ弾いたらいいのよって励ましてみた。

"クラブだから上手かどうかなんて問題じゃないよ。演奏して、この曲が好きなんですよって表せて、それでいいのよ。

コンサートですらすら聞いてたら流しちゃうところも、いっぱい失敗したりやり直したりしたら聞くほうだって弾き難い場所なんだなって判るし、それもクラブでならではの曲紹介の仕方と思っていいのよ。"


他のかたのを聴いて次はあの曲トライしてみようって風になってもいいし、そのための参加もありだしね、ってしばしおしゃべり。


最初は、どんな事をするの? どれくらいに仕上げたら参加できるの? って不安ですよね。

音楽スキルもプーランクスキルも不問です。何かを競うところじゃなくて、プーランク曲と仲良くなることが目的です。

参加無料のクラブです。
ピアノを使わせて頂くピアジュリアンへの場所代代わりに各自ランチを注文しましょう。其して銘々演奏したりおしゃべりしたり、プーランクをシェアする2時間です。


ところで何弾いてくれるの? って最後のほうで生徒ちゃんに問うたのだけど・・・彼女より私たちこそ練習はじめなきゃ(汗)


  9月12日(土) 12h〜
  プーランクに触れたいかたなら
  どなた様もご参加頂けます。

FBイベント or FBメッセージにてご参加受け付けております。


■クラブ・プーランク
*クラブ・プーランク
*プーランクと運命の人?
*プーランクの著作権
*プーランクとカミュ
*プーランクと伊達
*プーランク遊び

■プーランク関連リンク
*爛熟、プーランクと爛れ
*プーランク "ロマンツァ"
  *ロマンツァその後
*フランスとルイーズ
*カフェは難しい・・・
*プーランク x ルイーズ
*神のないルイーズとフランス
*ルイーズのチーズ
*ルイーズの赤
*思い出の硝子瓶 + ルイーズ
*ルイーズのお稽古
*落日の色、ヴィオロン音源up
*プーランク "花" 音源up
*女心とアンドレ婦人
*PJにてプーランク・マズルカ
*ラファエル前派とカードアイコン
*パリのプーランク
*プーランクとシュレアリスム

*プーランクのテクスチャー
*フランスの特権
*プーランク "草むらの中で"



レッスン記録:アウフタクト実践例

August 20, 2015

むくむく育ってる植物たち。わさっと繁った此の辺りを昨日少し模様替えしました。


新しい季節の顔に入れ替える前に記念に写した紫陽花や夏草。


  アウフタクトを学ぶ3段階目のお話でしたね。

  *レッスン記録:アウフタクトの導入


手で小節頭の拍子を取る形を1,2段階目を含めて書きだしますね。


第1段階目は拍頭・小節頭把握

  'く' と 'ま' がそれぞれ4分音符
  2拍子4小節とします。

■2拍子0音アウフタクト くま

lまlまlまlまl


下線文字で手を打ちます。

第2段階目はアウフタクトを '足す' 形

■2拍子1音アウフタクト ひ・ぐま

ヒlまlまlまlまl


くまの4分音符と同じく此処ではアウフタクト 'ひ' も4分音符に。次段階で終小節を不完全小節にするために、アウフタクトを音符ひとつの値に揃えておくほうが混乱を避けられると思います。


次段階で曲頭のアウフタクトと終小節を合わせて1小節の長さになった時の体験をします。


計算を合わせることを目的にするよりも、計算が合うことで身体の中の数感覚が一致するのを気持  ちいいって感じてもらうことに重きをおきます。

第3段階目は第2段階で '足した' アウフタクトを終小節で '引く' 形ですね

ヒlまlまlまlヒlまlまlまl

**


  2音アウフタクトも同じ要領ですね。
  4分音符を基本単位にするために
  黒くまのアウフタクトは8分音符2つに設定。

音楽的要素を取り入れる意図で、アウフタクトの音数が増えるにつれ先生がアウフタクトを軽い発音に乗せるように導くことも大事に感じます。

■2拍子2音アウフタクト くろ・くま

クロlまlまlまlまl
クロlまlまlまlクロlまlまlまlクロl


**


あらいぐまのアウフタクトは3連音符で。
生徒ちゃんがしっかり掌握できたあとには8分音符3つで1拍半の例題も可能ですが、はじめての日はアウフタクトを1拍=4分音符分に当て嵌めるほうが混乱を避けられますね。

■2拍子3音アウフタクト あらい・ぐま

アライlまlまlまlまl
アライlまlまlまlアライlまlまlまlアライ


小さい生徒ちゃんは毎週のレッスンからリズム系統の訓練や模倣試弾するトレーニングがしっかりできているから、1度やってみせると次々こなせましたヨ。


内容は書き出すと長くなったけれど実際に行なうとほんの4分ほどです。あとは3拍子のうさぎを加えます。

2拍子と3拍子の3段階を幾度か通して全部で15分くらい。
1時間を4カリキュラムに分けて色んな事を並行して学ぶレッスンの目安通り進みました。


そして実際にアウフタクトの曲に入ったのでした。
続きはまた・・・


■お教室関連リンク
*レッスン記録:音符イチゴ
*レッスン前の時間
*レッスン記録:オクターブ
*レッスン記録:メダカのドレミ
*レッスン記録:スタッカート

*レッスン記録:楽譜を作ろう!
*レッスン記録:上の音
*レッスン記録:痩せたメダカ
*レッスン記録:カタツムリ
*レッスンの成り行き
*レッスン記録:イチゴのタイ
*レッスン記録:指番号
*レッスン記録:音の実

*レッスン記録:復習とカメ
*レッスン記録:音ブロックで曲を弾こう
*レッスン記録:好きな曲を作ろう!
  *緊張するレッスン
  *泣いちゃダメ?
  *レッスン記録:下地(1)色
  *レッスン記録:下地(2)味

*レッスン記録:ト音記号
*レッスン記録:音符の長さを憶えよう
  *子供の絵、母の悩み
  *レッスンと色

*レッスン記録:十六分音符
*レッスン記録:床の五線
*レッスン記録:紙粘土
  *先生の真似

*7ヶ月でカバレフスキー
*レッスン記録:リズム解き
*レッスン記録:食べ物カード
*レッスン記録:記憶の拡張

*レッスン記録:香りレッスン
*レッスン記録:ハーモニー体験

*レッスン記録:はじめての暗譜
*レッスン記録:楽譜の道筋
  *1年間のレッスン記録

*お庭レッスン

*レッスン記録:音階練習
*レッスン記録:指遣いのカリキュラム
レッスン記録:音階と和音

*レッスン記録:はじめての聴音

*レッスン記録:臨時記号
*レッスン記録:アウフタクトの導入

■オトナのレッスン関連記事
*音楽史のレッスン
*ピアノレッスンの主張
*レッスン記録:Dur
*ラヴェル音源とドビュッシーのフェイント

*レッスン記録:ドレミ
*レッスン記録:カメラータ
*レッスン記録:モノディと公会議周辺
*レッスン記録:純正律



想定外の本番

August 10, 2015

あんまりな暑さだった日中。


リムジンバスを待つうちに熱中症にでもなりそうで、冷たい壁に貼りついて背中を冷やしてみてる変なポーズ。

  挿入音楽を演奏する日だった。

何週も前から選曲候補を挙げて変更を繰り返し、決定後はアレンジの数日。


コンサートと違って尺を決めるのはお話の流れだから
押した時のバージョン・巻いた時のバージョン・中間バージョンと3種アレンジを作り、微修正は夫とのザッツで対処です。


曲終わりのキューになる言葉を段落毎に知っておくため下原稿を頂いた。でも実際譜面と原稿の両方は見られない。現場の時間調整次第で瞬時変更が起きてくる曲のほうは楽譜を離せないから、原稿を憶えこんだ。

原稿を録音して、声を流しながら音楽をつけるリハーサルを繰り返して・・・


お話の配分によってリピートを加えるかもしれない箇所を決めた。


Bへ戻る・Cへ戻るなど、一瞬で考えて夫とザッツを交わしながら進めるしかない。

言葉のキューでソロの夫がフェイドアウト、直後に私がハーモニーを加えて曲仕舞いの処理をするバージョンもお稽古。

何が起きるかわからないからあらゆる可能性を想定しても、予測不可能な事はつきものでスリリング過ぎます・・・


想定外はやっぱりありました。


3曲目でお話の方が移動されるのを目にして一瞬ぽかん・・・

ぎっくりになりそうなくらい180度近く振り返りながら弾かないと見えないのです。しかも振り返る方向はファゴットが居るほうと270度反対側。

練習してたザッツの出し方が不可能になった。夫へは "180度そっくり返って弾いてるから、そっちから見て合わせてきて! " って祈るような気持ちで一瞬の目交ぜで伝えられただけ。

心臓がぱくぱく。


お稽古での取り決めは吹っ飛んで、想定外事態なのにちゃんと夫に伝わった。


顔を合わせてるときと同じように安定した音楽の流れが耳に飛び込んできて、背中に夫の気配を感じ続けて、一緒に演奏できる安心感を幸せに思いながら曲を終えた。



音読み練習の成果

August 04, 2015

ボリュームたっぷりの朝顔。ひと房に幾つも幾つも蕾がついてる。


鮮やかなオーシャンブルーが正午にはピンクパープルに変わった。内から発光する感じが楽しい朝顔。

スズメウリも段々実りはじめました。ミニチュアのスイカみたいな実が可愛くて夢中になってしまう。昨年採れた種から育てましたヨ。


アマチュアさんの知人にばったり会って、音読みが進まないって聞いた。


愚痴をこぼしたい気持ちはよくわかる。問われるままに音読み時期のお稽古のことを話した。

行程は各人違っても、譜と頭と指とのコンタクトを良くする途をつけるものになるように・・・。早く向上させる術なんてないから、ひたすらリピートをするかどうかの問いかなと思う。


調性から外れた近現代を弾いてるとどの曲も最初は何が何やらで
1小節ずつ歩が進められればマシなほう。


ラヴェルもシェーンベルクもジョイオも小節の半分区切りでお稽古することも多いです。

2小節ずつ、3小節ずつ、1段ずつと1日毎に此れと決めて歩める歩幅を僅かずつ増やし、1ページずつならなんとか弾けるようになった後も先は長い。

2ページずつに漕ぎ着けたらば、偶数ページから始める2ページと奇数ページから始める2ページを同じように弾ける感じにもってゆきます。大抵は、見開きの2ページに当たる前者のほうが弾き易く感じるから、どの部分も同じ感覚で弾けるようにするために1ページずらして奇数始まりのお稽古を加えるんです。


3ページずつのお稽古も同じ風。


例えば4,5,6ページをお稽古したらば次は5,6,7ページを繋げて弾けるように等、1ページ戻ったところを次の開始位置にする。

此の方法だと1曲が自然に3度ずつリピートできますね。必然的に最初と最後のページの回数は弾き足りない計算になるけれど、冒頭とクライマックスは後に曲想作りで死ぬほどリピートすることになるから音追い段階の練習回数が少ないことはあまり気にしません。

ただただコツコツ。
1日も休まずコツコツ努力してればいつか何とかなるって感じです。

  *お稽古中の違い

  何をするにも楽な練習なんてどこにもないけど
  楽じゃないことを遂げれば精神は豊かになる。
  練習の第一の成果って其れなのかも・・・
  
だから音読みは捗らなくても、折れずに続ける気持ちを育む成果はあるんじゃないかな。



お稽古中の違い

July 26, 2015

アトリエで毎日少しずつドライ紫陽花ができていってます。


楽器を再開した人が、進歩が見えない悩みを話してくれた。

私自身たった1段に何時間もかけた日だった。
進歩する速さは彼女と変わらない。
プロでもアマチュアさんでも人間そんなに能力に違いはない。


お掃除は拭いた所から順に綺麗になるけれど楽器は其うもゆかない。
動いた分だけ目に見えて改良されるばかりじゃない。


同じことを何十時間も繰り返しても代り映えもせず
費やした時間がなかったもののように遅々として進まず

それはみんなみんな同じだけれど


たった1つ違うのは、


ある人は100時間を費やして上手にならなかったから、次の100時間もまた無駄になるかもしれないと不安になり

ある人は100時間を費やして上手にならなかったけど、次の何百時間のどこかで急に光が射すように上達すると知ってる。1度体験すればその人は、何百時間は失望の時間じゃないって知る。

違いはそれだけじゃあないのかな。
そして誰でも後者になれる。

**


昨日はヴィルティオーソ・エチュードが全然進まず。
さあ次の100時間、頑張りますか。



レッスン記録:音階と和音

July 08, 2015

這い上がった夏蔦を剥がしたら岩肌に跡が残っちゃって、今あまり可愛くない状態。


岩には垂れ下がるグリーンを植えたバスケットを置きたいな。

**


今日は音階練習の続きです。


左手を走らせながら右手はポンっとまるい紫陽花和音を弾くんでしたね。



  *レッスン記録:音階練習
  *レッスン記録:指遣いのカリキュラム


小さい生徒ちゃんが写生した紫陽花楽譜には、紫陽花の葉っぱも描かれてました。紫陽花のドミソ和音ができるようになったら葉っぱのファラド和音も入れるんです。


紫陽花__ソ_____ド
_____ミ_____ラ
_____ド_____ファ

煉瓦小径_ド_レ_ミ_ファ_ソ_ラ_シ_ド


1つ目と4つ目に和音を挿入するのは頭の体操になりますね。


2オクターブ目以上は左スケールの指番号が14321321 となりますから

音順___1_2_3_4__5_6_7_8

紫陽花__ソ_____ド
_____ミ_____ラ
_____ド_____ファ

煉瓦小径_ド_レ_ミ_ファ_ソ_ラ_シ_ド

指番号__1_4_3_2__1_3_2_1


此んな風ですね。
煉瓦小径レッスンの2度目には、左手の指替えをほぼ無意識にできるようになっていたから、指番号数字に捉われず和音を挟むほうに集中できましたよ。

少しだけ背も伸びてきた生徒ちゃんにはゲームのように思えるみたいでした。先回よりちょっと難しくなったところを攻略したくて一生懸命。


間違えると "もういっかい、したい、もういっかい" って悔しそうにお願いしてくるお顔が可愛くて癒される〜


  拍感の中であえて音順を設けるのは、
  和音練習を後にリズム練習に繋げるためなのです。

続きはまた・・・


■お教室関連リンク
*レッスン記録:音符イチゴ
*レッスン前の時間
*レッスン記録:オクターブ
*レッスン記録:メダカのドレミ
*レッスン記録:スタッカート

*レッスン記録:楽譜を作ろう!
*レッスン記録:上の音
*レッスン記録:痩せたメダカ
*レッスン記録:カタツムリ
*レッスンの成り行き
*レッスン記録:イチゴのタイ
*レッスン記録:指番号
*レッスン記録:音の実

*レッスン記録:復習とカメ
*レッスン記録:音ブロックで曲を弾こう
*レッスン記録:好きな曲を作ろう!
  *緊張するレッスン
  *泣いちゃダメ?
  *レッスン記録:下地(1)色
  *レッスン記録:下地(2)味

*レッスン記録:ト音記号
*レッスン記録:音符の長さを憶えよう
  *子供の絵、母の悩み
  *レッスンと色

*レッスン記録:十六分音符
*レッスン記録:床の五線
*レッスン記録:紙粘土
  *先生の真似

*7ヶ月でカバレフスキー
*レッスン記録:リズム解き
*レッスン記録:食べ物カード
*レッスン記録:記憶の拡張

*レッスン記録:香りレッスン
*レッスン記録:ハーモニー体験

*レッスン記録:はじめての暗譜
*レッスン記録:楽譜の道筋

*お庭レッスン

*レッスン記録:音階練習
*レッスン記録:指遣いのカリキュラム


*音楽史のレッスン
*ピアノレッスンの主張
*レッスン記録:Dur
*ラヴェル音源とドビュッシーのフェイント

*レッスン記録:ドレミ
*レッスン記録:カメラータ
*レッスン記録:モノディと公会議周辺
*レッスン記録:純正律



9.26 安藝榮子と仲間たち

July 06, 2015

9月26日(土) 午後3時〜 岩屋シマブンホールにて
"安藝榮子と仲間たち" が開催されます。


昨年はソロ演奏でお聴きいただきました同企画、今年はデュオ・ババールでの出演です。

リーフレットとチケットがようやく届きました♪
お席は全席自由・3000円です。ご予約承っております。

メールまたはFBメッセージにて、どしどしお申し込みくださいませ。左サイドバーのお教室アドレスでも受け付けております。


このコンサートは各出演者がチケットノルマを持つんです。


此方をご覧のお客様は落合まで直接お申し込みくださいませネ。

各自チケットノルマ故にお客様を取り合ってしまうといけませんから、他出演者様のお客様はお知合いの演奏家様のほうへお願いなさってくださいね。

私たちババールはラヴェル、サンサーンス、フォーレを演奏させて頂きます。詳細は追ってお報らせ致しますネ。



アーティフィシャルなプーランク

June 19, 2015

パンパンになってる・・・太り過ぎじゃない? って夫が笑った。
紫陽花ボウルって勝手に呼んでるまんまる紫陽花。


プチコリドーで育って数年。プチコリドーは土質も肥えていないのに、はち切れそうに大きくなってた。夫がカーポートのプランターに移してくれた株。

お庭作業のお約束を楽しみに待った日だった。
夏のお庭造りを日々ちょっとずつ進めてて・・・

夫の帰り時刻に合わせて入れておいたアイスコーヒーを飲んで
2人とも土汚れをつけながら働きました。


プランターで育ったマムを植え付けたり、茎を切り詰めた株の根が充実したのから順に植え込みへ移したり。


しゃがんで土を掘る夫が紫陽花に埋もれて見えなくなってる。


此んな風などこか人造的な雰囲気がする色や形って好きだなって眺めて、プーランクにもアーティフィシャルな世界があるなと思った。


プーランクの音楽がアーティフィシャルっていうより、アポリネールやヴィルモランに曲をつける時の人為的な趣向がすごく好き。


まるで舞台装置を取り揃えて短編劇をはじめるみたいな。

モンパルナス全盛時代のフランス風にモダンで大衆的な味付けがあって、人情風なのにべったりしなくってスルンとすり抜ける。

いいナ、プーランク。

9月12日(土) クラブ・プーランクを開催します。


ランチしながら思い思いにプーランクを弾いたり聞いたり語ったりしましょ〜。

  参加費は無料。
  リラックスしたランチ会です。

プーランク好きさんもプーランクを此れからお知りになりたい方も、どなた様でもご参加頂けます。


■クラブ・プーランク
*クラブ・プーランク
*プーランクと運命の人?
*プーランクの著作権
*初めての同好会
*プーランクの日でした
*プーランクと伊達



レッスン記録:音階練習

June 13, 2015

プチコリドー。今時期のレッスン現場です。


お庭レッスンは音取りだけじゃなく最も幼い段階のスケールにも使うんです。

  *お庭レッスン

紫陽花が大きくなり過ぎてる恥ずかしい画像だけど・・・ 小さな生徒ちゃんは、背丈よりずっと高い紫陽花がトンネルのようになってるのが嬉しくて仕方ないみたいだから伐採してない。

夫も "紫陽花で通行止めになってる〜" って言いながらも結構楽しそう。

煉瓦の小径に立ってご覧なさい? って言うと


小さな生徒ちゃんは、頭より大きな紫陽花がお顔の前にも頭の上にも迫ってる様子に身体を捩ってくすぐったそうに笑った。

音階練習が楽しくなる1等はじめにとても必要なのは、新しい事へのウキウキ感だって感じる。

今立ってる所は何かに似てない? って問うてみた。


煉瓦をピアノ鍵盤に見立てたレッスンです。


  小径のはじっこからはじっこまでが音階。
  そして紫陽花は和音です。

此の場所を簡単に写生してもらいました。描いた "絵" は音階練習の楽譜になるのです。

あなたが目にしたもの、感じたこと、全部が音楽になるのよって形がお教室の軸だから、スケールだって同じです。

**


お外でピアノを想定してやってみましょう。

左手を小径に沿わせてゆっくり移動します。
紫陽花があるところに来たら右手で紫陽花に軽くポンって触れます。


あとでピアノ室で同じ事をするからねって何度か練習。
左手を走らせながら時々右手でポンっは上手になりました。

じゃあピアノ室へ行こうね。


上手に描けた写生。


  一本通った煉瓦途が音階でしたね。
  左手で弾く上行スケールに当たります。

  間にピンク色の紫陽花和音があります。
  スケールの間に右手で入れるドミソ和音。

お外で触れたそのままを鍵盤に移すんです。

**

左手でドレミファソラシドレミファソラシドって弾く中で
ドの音ごとに右手でドミソを入れてゆきます。

次の週にはファラドも加えましたよ。
ドミソとファラドは元々ハーモニーレッスンで扱っていたから小さな子もお手の物です。

  *レッスン記録:ハーモニー体験


音階練習が辛くなるのは、スケールが音の羅列で、音が意味を成さないって感じてしまうのが原因って場合が多い。


音楽を求める人であるほど、音楽を機械作業にすることに抵抗を覚える。

  だったらば機械作業を止しちゃえばいいと思ってるのです。
  機械作業にしないで、意味を持つ音の写生にすればいい。

**


音階の音1つずつが和音構成音で
  加える和音によって色が変わるってことを・・・

つまり和声前の楽典を子供時代から判るように導いて音階練習すれば、スケールは意味不明な羅列じゃなくなる。


そうそう、写生した画用紙に数字が書き込まれてるのは何でしょうね? っておしゃべりはまた今度に。


■お教室関連リンク
*レッスン記録:音符イチゴ
*レッスン前の時間
*レッスン記録:オクターブ
*レッスン記録:メダカのドレミ
*レッスン記録:スタッカート
*レッスン記録:楽譜を作ろう!
*レッスン記録:上の音
*レッスン記録:痩せたメダカ
*レッスン記録:カタツムリ
*レッスンの成り行き
*レッスン記録:イチゴのタイ
*レッスン記録:指番号
*レッスン記録:音の実
*レッスン記録:復習とカメ
*レッスン記録:音ブロックで曲を弾こう
*レッスン記録:好きな曲を作ろう!
  *緊張するレッスン
  *泣いちゃダメ?
  *レッスン記録:下地(1)色
  *レッスン記録:下地(2)味
*レッスン記録:ト音記号
*レッスン記録:音符の長さを憶えよう
  *子供の絵、母の悩み
  *レッスンと色
*レッスン記録:十六分音符
*レッスン記録:床の五線
*レッスン記録:紙粘土
  *先生の真似

*7ヶ月でカバレフスキー
*レッスン記録:リズム解き
*レッスン記録:食べ物カード
*レッスン記録:記憶の拡張

*レッスン記録:香りレッスン
*レッスン記録:ハーモニー体験

*レッスン記録:はじめての暗譜
*レッスン記録:楽譜の道筋
*お庭レッスン

*音楽史のレッスン
*ピアノレッスンの主張
*レッスン記録:Dur
*レッスン記録:ドレミ
*レッスン記録:カメラータ
*ラヴェル音源とドビュッシーのフェイント



初めての同好会

June 06, 2015

ファゴットルーム横の階段にブラームスのスコア。


幅広になってる下段だけ横っちょに季節ごとのマイブームを飾ってるのです。

今日は12h〜ピアジュリアンにて初めての同好会、クラブ・プーランクです。すごい無計画なままお出掛けします。

いい音楽があれば何でも何とかなるものねってお気楽発案者ですが、参加者様どうぞよろしくお願い致しますネ。


プーランクは沢山作品があるのですが、日本の楽譜店の常設棚にはベートーヴェンほどは並んでませんよね。


弾く曲が見つからないって悩まれたかたもいらっしゃるから
辞典からコピーした作品リストを持ってゆきますね。
プーランクの生家の位置に印をつけたパリのミニ地図も。
欲しい参加者様がいらっしゃったらどうぞ。

いろいろシェアして楽しみましょう♪



クラブ・プーランク

May 06, 2015

プーランク同好会がしたいなぁって思ってた。
プーランクを囲むランチ会。


食べて飲んで、ちょっと聴いたり弾いたりする同好会。

アマチュアさん中心がいいかなあって思った。
発表会で1曲丸ごとはちょっと・・・って手つかずの方も
同好会なら1部分だけ演奏したり
発表会の予備練習にしたりもできちゃう。

プロの方が勿論バリバリ演奏して下さっても嬉しい。

ゆる〜いクラブ活動、どうかな。

手づくり工作ミニポスターの元の形は貼り跡でモワモワしてる。


おうちのプリンターはB4サイズが使えないから切り貼りしたんです。


カラーコピーするとちょっとスッキリ。
PJに貼らせて頂きますネ。


演奏しても、聴くだけでも。
プーランクならどんな曲でも!
好きなフレーズ30秒でもOKです。

同じ曲が重なったって人気曲がわかって面白いし
次の発表会でプーランクの何か・・・って思ってらっしゃる方が選曲のために参加されるのも歓迎です。


目的はプーランクの種を蒔くこと。


だから、プーランクに触れる機会を作ることができたら何でもいいんです。

プログラムはナシ。
誰かが時々プーランクを弾いてるランチ会って感じです。

6月6日(土) 12h〜
2時間ばかりのランチ会です。

ピアジュリアンをお借りして
プーランク好きさんならどなた様も参加できます。

参加費は無料!
・ランチ&ドリンクは各自払い
・伴奏者や相方さんは各自調達


普通にクラブ活動って感じです。



神戸の百人色紙展2015

April 04, 2015

岩の上へ垂れ下がる枝。雪柳が満開になりました。


昨日は8度後半から下がらない熱を冷ましたい思いでお庭へ2分間くらい降りてみた。

粒みたいな小っちゃな蕾だったのがどんどん開いてゆく様に感動しました。


金平糖みたいな可愛らしさ。


風が強くて散ってしまうと可哀想で・・・
伸びた枝を家内に取り込んだ。


聖土曜日の日没まではお花飾りは良くないから
華やかに飾らず床置きにした。


**


そろそろ始まるイベントのお知らせです。

4月9日から神戸の百人色紙展が開催されます。
例年の如く先生方に紛れて隅っこに下手すぎる恥ずかしい色紙を出展させて頂いてます。

  *第19回 "愛の悦び"
  *キャンディ色
  *色紙投函

私なんかの色紙じゃ成立しないので毎年詩人さんのお力をお借りしてます。今年はヴェルレーヌ詩 "ね、そうでしょう? " を書きつけております。ご笑覧下さいませ。


神戸の百人色紙展は入場無料。
色紙オークションもございます。


神戸三宮さんちかホールにて
4月9日(木)〜4月14日(火)の期間中
10h〜20hの開催です。(最終日は18hまで)

主催:神戸芸術文化会議・神戸市



7ヶ月でカバレフスキー

February 18, 2015

ピアノを始めて僅か7ヶ月の小さい生徒ちゃん。
ああ驚き・・・


習って間もないのにカバレフスキーOp.27の小曲集を弾いちゃってる子のお話です。


早く曲を進ませることを目的にしないレッスン。
確実な理解がピアノの支えになるって考えてる。


"ooちゃんはもうoo番に進んでる" なんて、ママ達が妙な競争心を抱かないように曲集も練習課題も同じものは与えず、1人1人にふさわしいと思える方法にしてる。

みんな違う生活、違う家庭なのだから、生徒ちゃんもママも他者に気持ちが翻弄されない環境でまったりとピアノに取り組めたら楽しいから。

だから初めてのお母様たちにお話する。


当コースの第一の目的は
ピアノを弾き熟せるようになることじゃあないんです。

今も将来も、ピアノの音を美しいと感じ噛みしめ、
実際の演奏は客観的に拙くあっても良いから、
極論を言えば妄想でも良いから、
素敵な演奏ごっこでも構わないから、

便宜上のことや辻褄合わせが何もない
麗しい音楽世界にとっぷり浸かる楽しさを
味わえるようになってほしいと思います。



そして言葉通り先へ進むことなんかは目的にしないで、学びを得ることの楽しさや、理解する喜びや、学びの清々しい時間と美しい音楽が繋がるようにと思ってきた。


ところが前の言葉は半分嘘になってしまった。
小さい生徒ちゃんたちが1年足らずで結構な曲を弾き熟してるのです・・・

たまたま大きな才能の子が集まってるのか、たまたま相性がいい子ばかりなのかわからないけれど、進む目的じゃない筈なのに驚きの進歩です。


カバレフスキー子供のための小曲集は私も小さい頃に大好きだった。
諧謔性がちょっと大人っぽく思えて、背伸びした気分になった。



  No.5 "ボールあそび" を書き換えた手書き楽譜です。


音読みとリズム系を分けて、後に融合させる方式で始めました。
はじめからレレ・レ・ラ(+ fis)のリズムを入れてしまうと速い16分音符が多くの場合遅くなって、遅れることで3拍子の体感を壊してしまうから。

最初はレ・レ・ラ(+ fis) って風に1小節3つ打ちに書き換えて、まだ慣れない大譜表の音読みに集中します。其して音読みも3拍子に則る原則で。

リズムの前に土台になる拍子が身体に入るまで '1小節3つ打ち' はどの小節も変えません。例えば8、16小節目の4分音符も8分音符2つに揃えるのです。

のちに8分音符1つを16分音符2つと入れ替える時に、8分音符にイチゴのタイをつける (=原譜通りの4分音符1つになる) ことを前提条件にして、此の段階ではあくまでも3つ打ち。

拍子感の中で曲を運ぶほうを目的に始めましたヨ。

詳しい内容はまた追々・・・


■お教室関連リンク
*レッスン記録:音符イチゴ
*レッスン前の時間
*レッスン記録:オクターブ
*レッスン記録:メダカのドレミ
*レッスン記録:スタッカート
*レッスン記録:楽譜を作ろう!
*レッスン記録:上の音
*レッスン記録:痩せたメダカ
*レッスン記録:カタツムリ
*レッスンの成り行き
*レッスン記録:イチゴのタイ
*レッスン記録:指番号
*レッスン記録:音の実
*レッスン記録:復習とカメ
*レッスン記録:音ブロックで曲を弾こう
*レッスン記録:好きな曲を作ろう!
  *緊張するレッスン
  *泣いちゃダメ?
*レッスン記録:ト音記号
*レッスン記録:音符の長さを憶えよう
  *子供の絵、母の悩み
*レッスン記録:十六分音符
*レッスン記録:床の五線
*レッスン記録:紙粘土
  *先生の真似

*音楽史のレッスン
*ピアノレッスンの主張
*レッスン記録:Dur
*レッスン記録:ドレミ
*レッスン記録:カメラータ
*ラヴェル音源とドビュッシーのフェイント



レッスン記録:紙粘土

January 27, 2015

この時刻はまだ真っ暗だけど今朝の神戸は暖かいですね。


可愛い花びらのイベリス・ブライダルブーケが暗い真冬に元気をくれる。生徒ちゃんをお出迎えするお玄関側のガーデンチェアの上。

昨日は1日レッスンで一杯の日でした。


楽しそうでしょう?
紙粘土です。


大きい所で体感してから縮小すると身体に入り易いって事とも重なるのですが

  *レッスン記録:床の五線

幼稚園前の小さい子供さんにとって、ト音記号のような複雑な形をお隣の紙を見ながら写したりは難しいですね。鉛筆を握ることさえ未だ日常じゃあないですもの。

カボチャの種で書き順など憶えたら

  *レッスン記録:ト音記号

彼女たちにとっては鉛筆よりも身近な粘土を使いましたヨ。


拗じて粘土を伸ばして紙にくっつけてゆくと、何処で交わって、何処にカボチャの種に当たる点があるか、よぉく考えながら作れるのです。


生徒ちゃんママに粘土をお分けしておうちでも作るよう宿題にすると、幾つも作ってきて披露してくれました。

そしてすぐに見本を見ずにできるようになり、翌週には鉛筆でもスラスラ書けるようになってモノスゴク自慢そうにレッスンに来ました。かわい〜。

油粘土のように手が汚れないので、お湯洗いだけですぐピアノに戻れます。それに今の紙粘土ってとっても軽く作られてて扱い易く匂いもないの。ビックリです。保存できるのも良くって、はじめての日に持ち帰られたママも居らっしゃいましたよ。はじめて作ったト音記号の記念になりますネ。


余った紙粘土は下のようにピン頭に使ってます・・・

  *ご不浄とピン頭


■お教室関連リンク
*レッスン記録:音符イチゴ
*レッスン前の時間
*レッスン記録:オクターブ
*レッスン記録:メダカのドレミ
*レッスン記録:スタッカート
*レッスン記録:楽譜を作ろう!
*レッスン記録:上の音
*レッスン記録:痩せたメダカ
*レッスン記録:カタツムリ
*レッスンの成り行き
*レッスン記録:イチゴのタイ
*レッスン記録:指番号
*レッスン記録:音の実
*レッスン記録:復習とカメ
*レッスン記録:音ブロックで曲を弾こう
*レッスン記録:好きな曲を作ろう!
  *緊張するレッスン
  *泣いちゃダメ?
*レッスン記録:ト音記号
*レッスン記録:音符の長さを憶えよう
  *子供の絵、母の悩み
*レッスン記録:十六分音符
*レッスン記録:床の五線

*音楽史のレッスン
*ピアノレッスンの主張
*レッスン記録:Dur
*レッスン記録:ドレミ
*レッスン記録:カメラータ
*ラヴェル音源とドビュッシーのフェイント



色紙投函

January 24, 2015

象牙色のカフェオレのボウル。


両手で包んで飲むのが楽しくなるたっぷり大きなサイズ。
ガーリーな小花、柔らかい陶質、可愛いなあ・・・


書き終えた色紙は、'同じ歩みで進もうね。手をつないでね' のヴェルレーヌ詩句でした。


手にして下さるかたが、同じ歩みの誰かと手を取り合ってゆけるよう願いながら。


色紙展事務局からは、作品解説を簡単に書くための用紙が送られてくる。


小さいペランとした用紙。任意で別紙も可って説明されてるから、備え付け用紙は使わずごくごく短いけれど毎年お手紙形式にしてみる。

事務局の方が落札者様に色紙を郵送する際に付けて下さるそう。


男性か女性かもわからない、色紙の落札者様だけが手にされるお手紙。


今年は色紙に似た色味の封筒で。

昨日事務局へ投函しました。
色紙展示は少し先。またお報せしますね。


*第19回 "愛の悦び"
*キャンディ色



レッスン記録:床の五線

December 07, 2014

小さい生徒ちゃんが作った五線。


先生の手持ち毛糸から生徒ちゃんが好きな色を選んで自分で線を並べます。この子はベビーピンクを選択。

教材の色や形をその都度選んでもらって生徒ちゃんの好きなものを知ってゆく。クレヨンの1番短くなってる色や持ち物にも照らして・・・ 

ピアノレッスン中に話す喩えや曲のイメージ・色合いを1人1人に合ったものにするのにとても役立つのです。


線は5本以上で何本でも構いません。
この日は7、8本。


音の間隔を学ぶレッスンです。

**


  ト音記号の第1線はミ
  ヘ音記号の第1線はソ

此れって難しいですね。

ト音・ヘ音記号を別々に習った場合、ト音記号でしっかり憶え込んでしまった線&間の位置がヘ音記号に適応しづらいとか。

反対に2記号同時に教えると大譜表の真ん中にドがある事が把握できるのがとても良い反面、憶えるべき音が多くなり過ぎるとか。


以前ドの音を '形' で憶えてしまった子の相談をされたことがありましたヨ。横線にマルが書いてある土星型をドって憶えちゃったって・・・
ト音記号上第1線のラも '土星型だからド' って思っちゃった子が居たみたい。子供の自由な考えは予測がつかなくて先生も困惑ですね。

  そこでディスタンスを平行して体験します。
  音同士の距離・線&間の間隔を学びます。


なるべく大きな線を作って、自分自身が音符になって五線の中に入ります。


メダカの音を大きな紙上で教えた時と同じ考え方で、広い所で体感したものは小さな紙上に縮小し易く、逆は難しいっていう性質を使って初めは身体ごとの体験です。


  高音側と低音側の位置関係を決めて3度音程の日。
  ミとドだけからはじめても構わないと思います。

先生がミの位置に立ち、生徒ちゃんが 'ミに対する間隔' でドの位置を探すなど。
ミが線間ならドも線間、ミが線上の場合ドも線上を認識します。

  3度のディスタンスの掌握と同時に
  線間と線上を同じ水準で考えるお稽古です。


子供たちって学校の階段や地面の白線を使ってステップ遊びをすることもあって、それは殆どが線間に脚を置く遊びになってます。


線間と線上が交互に出てくる五線は、階段遊びで言えばステップと階段ヘリを代わる代わる使うような感じになって、ステップを正しい脚位置とする遊びの中にいる時分には線上が苦手だったりする。沢山のスポーツ同様、線の中は陣地で線を踏んではアウトって感覚が影響する時がある。

ドレミは線上、線間、線上が交互にあるって頭でわかっても、音が増えるとつい線間ばかりに音符を書きたくなったりして・・・


2つの感覚的な序列を揃えるために、ドとミまたソとシが双方とも '線を踏む' 行為のほうを沢山体験してもらいました。


線が何本でも構わないって書いた理由の1つは後に大譜表との繋がりに広げられること、2つ目は当該個所付近の5本以外を加線に想定できること、3つ目は将来使うハ音記号に於いても間違いではないことなど。



その上で、たくさんの線から基になる1音に対する間隔を計って必要音を設定する試みです。

**


床の上でできたらば、そのままを五線紙に書いてみます。
身体で憶えたあとの紙の上の位置移動は、あっという間にできちゃいました。


  よぉくわかるようになって来週も楽しみ。
  其れにみんなとってもお行儀が良くってびっくりです。

コンニチハってドアーを入ると、レッスンバッグを持った両手を揃えて "お願いします" ってお辞儀してから、小さな小さなお靴を脱いで・・・
上がってからきちんと揃えてる。

ああ私、この子と同じ4、5歳のときに靴をどうしてたか自信がないワ。(多分やってないナ・・・先生ごめんなさい。)


■お教室関連リンク
*レッスン記録:音符イチゴ
*レッスン前の時間
*レッスン記録:オクターブ
*レッスン記録:メダカのドレミ
*レッスン記録:スタッカート
*レッスン記録:楽譜を作ろう!
*レッスン記録:上の音
*レッスン記録:痩せたメダカ
*レッスン記録:カタツムリ
*レッスンの成り行き
*レッスン記録:イチゴのタイ
*レッスン記録:指番号
*レッスン記録:音の実
*レッスン記録:復習とカメ
*レッスン記録:音ブロックで曲を弾こう
*レッスン記録:好きな曲を作ろう!
  *緊張するレッスン
  *泣いちゃダメ?
*レッスン記録:ト音記号
*レッスン記録:音符の長さを憶えよう
  *子供の絵、母の悩み
*レッスン記録:十六分音符

*音楽史のレッスン
*ピアノレッスンの主張
*レッスン記録:Dur
*レッスン記録:ドレミ



レッスン記録:十六分音符

November 22, 2014

新しく十六分音符を習う日でした。


レッスンはじめは先回の復習から・・・

  *レッスン記録:音符の長さを憶えよう

大きな花梨の実で憶えた二分音符は
折紙の15x15サイズでした。


二分音符イチゴは、四分音符イチゴ幾つ分だったでしょう?


折紙7.5x15サイズの四分音符イチゴ2コ分の大きさでしたね。


折紙を重ねてみるとよく判りますね。


もう1つ知ってる音符がありました。
八分音符イチゴでしたね。


八分音符イチゴ2コが四分音符に重なるのは、最初に習ったところです。


小さな生徒ちゃんもちゃんと憶えてました。

**


今日新しく習うのは 'はちぶんおんぷイチゴ' より小さな実。

イチゴより小さい実って? と言い終わらない前に "ブドウ! " って答えられちゃいました。葡萄へ誘導するつもりだったから、先生にとってたまたまのラッキーでした。他の物を用意してなくて良かった。


この葡萄は一房に4コずつついてます。
お店で普段見るものより小さい葡萄なんです。


小さな葡萄4コで四分音符イチゴのサイズになります。
そして小さな葡萄2コは八分音符イチゴのサイズですね。

  ちょっと確かめてみましょう。


ラムネ1包が四分音符イチゴのサイズです。
3つずつ置いたのは、ピアノで3拍子曲を弾いてることに関連づけて後に拍を憶えるためでした。


  1包のラムネ = 四分音符イチゴ1コ
        = 八分音符イチゴ2コ
        = 十六分音符ブドウ4コ

を学びます。


1包の中の葡萄の実の数を確かめて 'じゅうろくぶんおんぷぶどう' って言いながら食べたら憶えられるのよって誘導し、包みを開いてもらいました。

ちゃんと4コの小さい葡萄味ラムネが入ってますね。
  (1包5コ入りを、生徒ちゃんママと一緒に
  せっせと包み直して4コ入りにしました)

1粒ずつ 'じゅうろくぶんおんぷブドウ' と言いながらお口に入れるので、自然に4回リピートできて一発で憶えました。


ダイニングルームで始めた音符のお勉強は、終わりがけには散らかってる〜


四分音符イチゴである1包に2コずつは入ってるちょっと大きめの八分音符イチゴも生徒ちゃんに探してもらいました。其うして此れも食べちゃいます。'はちぶんおんぷイチゴ' って2度言いながらお口に入れるのです。

**


同じ単位 (今の場合はラムネ1包) に音符が沢山になると、1粒が小さくなる成立ちの体験でした。


■お教室関連リンク
*レッスン記録:音符イチゴ
*レッスン前の時間
*レッスン記録:オクターブ
*レッスン記録:メダカのドレミ
*レッスン記録:スタッカート
*レッスン記録:楽譜を作ろう!
*レッスン記録:上の音
*レッスン記録:痩せたメダカ
*レッスン記録:カタツムリ
*レッスンの成り行き
*レッスン記録:イチゴのタイ
*レッスン記録:指番号
*レッスン記録:音の実
*レッスン記録:復習とカメ
*レッスン記録:音ブロックで曲を弾こう
*レッスン記録:好きな曲を作ろう!
  *緊張するレッスン
  *泣いちゃダメ?
*レッスン記録:ト音記号
*レッスン記録:音符の長さを憶えよう
  *子供の絵、母の悩み

*音楽史のレッスン
*ピアノレッスンの主張
*レッスン記録:Dur
*レッスン記録:ドレミ



レッスン記録:音符の長さを憶えよう

October 26, 2014

お菓子のグミを置いて、音符イチゴの復習をした週がありました。


  *レッスン記録:復習とカメ

次の週は、音の長さを目で見て知るレッスンでした。


音の長さの教材に折紙はとっても便利♪
私は25年前もから折紙教材にしてるんです。

折紙のスタンダードサイズは 7.5x7.5 と 15x15 がありますよね。
此の2種類を使うんです。


前週グミを置いてたところに折紙を貼ります。


7.5四方の折紙は八分音符に設定。
八分音符の倍の面積の 7.5x15 は、15x15 の折紙を半分に切れば良いですよネ。此れを四分音符に設定します。

並べると一目瞭然、八分音符2つと四分音符1つが同じサイズってわかりますね。


見るだけじゃあなくって、実際に重ねて確かめてみましょうか。
四分音符サイズの上に八分音符が2枚、隙間なく重なります。


  小さな生徒ちゃんにとっては実際に音符を掴んで
  自分の手で重ねてみて納得するのが良い風に思うので
  折紙は此の点でとっても役に立つんです。


八分音符が4つだったらどうでしょう?


レッスンに転用ばっかりしてる我が家の実、スイカ模様のスズメウリが欲しくて気になってたまらないお顔の生徒ちゃん。レッスンでちゃんと憶えられたら上げましょうねって折紙に戻り・・・

  *スズメウリの収獲


八分音符が4つ集まると
お初に登場する二分音符になります。


  音の値に合わせて、二分音符は花梨の実。
  スズメウリ4つで花梨1つのサイズ感になる大きさを選んで。

    手に持って重く、見た目も大きい実 = 長い音符
    って体験してもらうことに拘るのは
    私自身が昔、五線上の音符の値を難しく感じたから。

'分割' の意味がわからなかった3歳頃には8分、4分と数が大きな音符が2分よりも短いのが理解できなかったから、同じ躓きを避けるためです。

  *レッスン記録:音符イチゴ


二分音符は、四分音符2つでも作ることができるネって
生徒ちゃんの手で重ねて確かめてもらって・・・


(下手な写真で色が判り難いですが二分音符の折紙と四分音符の折紙は違う色なんですよ)


二分音符は他の組み合わせでも作れるから見つけてご覧って
生徒ちゃんに探してもらいました。


上図のように間違って置きかけて・・・


正しくできました!


  《折紙の大きさ = 音符の長さ》を
   ばっちり憶えてくれました。


■お教室関連リンク
*レッスン記録:音符イチゴ
*レッスン前の時間
*レッスン記録:オクターブ
*レッスン記録:メダカのドレミ
*レッスン記録:スタッカート
*レッスン記録:楽譜を作ろう!
*レッスン記録:上の音
*レッスン記録:痩せたメダカ
*レッスン記録:カタツムリ
*レッスンの成り行き
*レッスン記録:イチゴのタイ
*レッスン記録:指番号
*レッスン記録:音の実
*レッスン記録:復習とカメ
*レッスン記録:音ブロックで曲を弾こう
*レッスン記録:好きな曲を作ろう!
  *緊張するレッスン
  *泣いちゃダメ?
*レッスン記録:ト音記号

*音楽史のレッスン
*ピアノレッスンの主張
*レッスン記録:Dur
*レッスン記録:ドレミ



レッスン記録:ト音記号

October 23, 2014

お庭のバジルも最後になった。


古びて使えなくなったサービングカトラリーを雑貨代わりに置いたガーデンテーブルの上。


白い小さなお花を残したブライダルベールもそろそろお終い。


季節が移ってお庭の様子も少し変化してます。
レッスン記録の続きでしたネ。

**


メダカのおうちの中の出来事を曲にするから
五線は最初からお水の筋の設定にして始めていました。

  *レッスン記録:楽譜を作ろう!

五線には水草のト音記号がたゆたっていました。

水色のお水の筋と、黄緑色の水草を毎回毎回クレパスで書きながら、水草をちょこっとずつト音記号の形に近づけてました。
1回のレッスンで紙を何枚も使うから、其の度毎に少しずつ。

**


ト音記号の意味を話すチャンスを待ってたんです。

ただ楽譜にくっついてる御仕着せじゃあない、
音部記号は大切な目印だって知ってほしい。


小さい生徒ちゃんが間違った場所に音符の実を置いた時にチャンス到来。


メダカやカタツムリの音符たちには各自お椅子がありました。
お水の中で迷子になってしまわないように
別の子のお椅子に座っちゃわないように
目印が必要ですね。

メダカたちは水草を目印にお椅子を見つけるんです。

ト音記号の水草のはじっこを最初の目印にして
くるんって回ったり、水草が絡まったみたいに捩じれたり
素敵な形に図案化されてるところも一緒に見てゆきました。


生徒ちゃんが重なるトコロを探して貼付けたのは
宿題のカタツムリのカボチャの種でした。


  *レッスン記録:カタツムリ


書き順に番号を付けて、ト音記号の水草を書く練習をしながら
音を照らし合わせてゆきました。

長〜いロール紙はそろそろ卒業してB4用紙を使い始めたから
B4一杯に引いた五線にカボチャの種は丁度良い大きさでしたよ。


■お教室関連リンク
*音楽史のレッスン
*ピアノレッスンの主張
*レッスン記録:Dur
*レッスン記録:ドレミ
*レッスン記録:音符イチゴ
*レッスン前の時間
*レッスン記録:オクターブ
*レッスン記録:メダカのドレミ
*レッスン記録:スタッカート
*レッスン記録:楽譜を作ろう!
*レッスン記録:上の音
*レッスン記録:痩せたメダカ
*レッスン記録:カタツムリ
*レッスンの成り行き
*レッスン記録:イチゴのタイ
*レッスン記録:指番号
*レッスン記録:音の実
*レッスン記録:復習とカメ
*レッスン記録:音ブロックで曲を弾こう
*レッスン記録:好きな曲を作ろう!

*緊張するレッスン
*泣いちゃダメ?



レッスン記録:好きな曲を作ろう!

October 10, 2014

スピードリオンがふっくら。


生徒ちゃんたちは此のお花のように小さくて、此のお花より可愛らしいと思う。

前に書いてた感情豊かなフィス君も、結局あのあと拙宅のレッスンに通い始めたのですが・・・大変な事になってるんです。

  *泣いちゃダメ?

幼くして自分の世界を持ってるフィス君に会った時、繊細で内気な彼はもしかしたら御仕着せの曲を自分自身から遠い存在に感じるのじゃあないかしらって気がしたのでした。

拙レッスンに移ってくると決まった時、'僕の曲' を作りながらお勉強したらどうかな? ってママ生徒ちゃんに提案した。


他の生徒ちゃんのレッスンで行なうのは、先に音ブロック並べ替えで音を出して


  *レッスン記録:音ブロックで曲を弾こう

自分が弾いてる音は此う書くんだって知りながら、演奏→記譜の格好で楽譜を起こす方法です。

そして《教材》は、自分自身の手で書いた楽譜。
起こした楽譜を辿って2度3度同じ曲が弾けるようにすることで
楽譜を見ることを学ぶシステム。

  でもフィス君は一層自由に、
  フィス君が好きな音感覚に添っていくことにした。

  難易度も習い順も完全に無視して
  好きな音を集めるって
  フィス君に合ってる気がしたんです。

先生側の発想の理由は、フィス君の感受性に目を留めただけだったのですが・・・

  思いも寄らない結果になりました。


直感に過ぎなかったけれど、おそらくフィス君は短調の方が好きな気がして痩せたメダカから始めました。


彼のカリキュラムが異なるのは、音ブロックの間に色んな単音を入れること。それに寄ってより成熟した形に近いメロディーになってゆきます。

  あれ? この子もしかして・・・

って思ったのは2度目のレッスンでした。

1つのメロディーで私が様々なハーモニー進行を変えて弾き聴かせ
どんな風が好きか選んでネって言ったのですが、
倚音を使うたびにお顔を輝かせて、"それ! それがイイ! カッコいい! " って答えるんです。

本当に物凄く嬉しそうな顔でノンコードトーンに喜んで
隣接音をバスとぶつけた時は声を出して笑うんです。

生まれ持った音感と、ママ生徒ちゃんが近現代をお稽古してる影響が相俟ってか、優れた音感覚と敏感な聞取り能力を見せたんです。


(フィス君作)


難易度無視でカリキュラムを組んだのは正解で
もういきなり倚音と装飾満載の曲になってゆきました。


ところで1度目のレッスンで、フィス君の気持ちを音にするやり方の手始めとして "ジョージが木登りする動き" を教えてました。

ジョージって、フィス君が好きな絵本に出てくるお猿さんなんですって。どんな風なお猿さんか話してもらって、指1本で弾ける黒鍵から白鍵への小音符装飾で木に登る様子を表そう! って2人の間で決まったんです。

'僕の曲' には、短調に合う風に音を使ってジョージのモチーフを入れました。そして・・・

宿題は、ハ短調で作っていった '僕の曲' の中で
ジョージモチーフの次にくる音を見つけてくることでした。

ジョーモチーフは
(ファシャープ)_ソ・(ソシャープ)_ラ・(ラシャープ)_シ。

上手く探せればドの音へ解結する回答が見つかるカナ?
って期待しつつ宿題に出したんです。

ところが・・・


(フィス君作)


レッスン後、ママ生徒ちゃんから連絡がありました。

"もっと続けるんだってどんどん続きを作ってるんです。どうしたらいいでしょう? " って・・・


え〜っ弾いてる音をとにかく全部書き留めてあげて、って答えて後で詳しくお話を聞いた。

ジョージ・モチーフの次をドで解結させずに、より高度にレへ逃げることでドミナントにして続きを次々作ってるって・・・

は・・・?
びっくり・・・

其うして、早くピアノのレッスンに行きたくてしょうがなくて、続きを先生に聞いてもらうって張り切ってるとか。ママ曰く "もう、そればっかりずっと弾いてるんです(汗) "

**


フィス君が作った音をママ生徒ちゃんが書き留めてお電話報告してきたから、私は次のレッスンのためにフィス君が好きそうな格好いい和声付けを作ります。

慣れてない人に接すると泣いてばかりと相談されたフィス君が
まさか此んなに生き生きと作曲に目覚めるなんて。

小さな身体に宝物が詰まっていたんですね。


■お教室関連リンク
*音楽史のレッスン
*ピアノレッスンの主張
*レッスン記録:Dur
*レッスン記録:ドレミ
*レッスン記録:音符イチゴ
*レッスン前の時間
*レッスン記録:オクターブ
*レッスン記録:メダカのドレミ
*レッスン記録:スタッカート
*レッスン記録:楽譜を作ろう!
*レッスン記録:上の音
*レッスン記録:痩せたメダカ
*レッスン記録:カタツムリ
*レッスンの成り行き
*レッスン記録:イチゴのタイ
*レッスン記録:指番号
*レッスン記録:音の実
*レッスン記録:復習とカメ
*レッスン記録:音ブロックで曲を弾こう

*緊張するレッスン
*泣いちゃダメ?



レッスン記録:音ブロックで曲を弾こう

October 08, 2014

ルイーズ草がどんどん開く。


つまらない日記に圧されてレッスン記録が滞りがちでした。
書いてない間も皆どんどん進んでいますヨ!

先回のカードに添ってピアノを鳴らす方式は次段階へのステップでした。

  *レッスン記録:復習とカメ

1枚のカードが1つの音ブロックですから
組み合わせ次第でどんどん弾けちゃいます。


先ずはカメ〜メダカ。
ミド・ドレミです。


先生は音ブロックを考えてメロディーが成立するようにカードを並べます。

メダカ、カタツムリ、カメの組み合わせはたくさん。
1つの生き物に対してカードを数枚用意すれば、これだけで充分1曲になる長さのものも弾けちゃいますね。

ミド・ドレミができたらば
イチゴのタイで繋いで

ミドーレミも。


同じ要領で


タイで繋いだカメ〜メダカ〜カタツムリ。
ミドーレミーファソラシができます。

此うして3種類のカードだけで無限に繋がる組み合わせを弾いてみます。

6、7分もすれば、カードを見ただけですぐに鍵盤に指が行くようになってきました。ゲームですから、素早くカードに反応すること (後には素早く楽譜に反応すること) をゲームルールにしておくと、とっても集中してできちゃいました。


3種類が完全に入ったら、'カ' にフラットの実をつけてみました。


生徒ちゃんは此の辺もお手のもの。
イチゴのタイを付けたり取ったり
スタッカートの実を付けたり取ったりするだけで
教材バリエーションは一層豊富になりますネ。


多くの教材の方法で音を1つずつ順に憶えて幾度目かにソの音に行き着き、其処から指替えを習いつつシまで進むのも着実なやり方の1つだけど、うちの小さな生徒ちゃんはきっとそこまで気が長くない気がしてるんです。


学んだ事が音という形になって 'ピアノを弾けちゃう! ' って喜びを早く味わっておくほうが、単調を感じずに次への興味を持ってくれそうで此んな順序にしています。

5、6回目で1オクターブを使った '曲 ' (たとえ3つの生き物の組み合わせとバリエーションであっても) が自在に弾ける。其うして "僕は私はピアノが弾けるんだ! " って実感できる方法に則って、次へ進みました。

続きはまた・・・


■お教室関連リンク
*音楽史のレッスン
*ピアノレッスンの主張
*レッスン記録:Dur
*レッスン記録:ドレミ
*レッスン記録:音符イチゴ
*レッスン前の時間
*レッスン記録:オクターブ
*レッスン記録:メダカのドレミ
*レッスン記録:スタッカート
*レッスン記録:楽譜を作ろう!
*レッスン記録:上の音
*レッスン記録:痩せたメダカ
*レッスン記録:カタツムリ
*レッスンの成り行き
*レッスン記録:イチゴのタイ
*レッスン記録:指番号
*レッスン記録:音の実
*レッスン記録:復習とカメ



レッスン記録:復習とカメ

October 02, 2014

小さい生徒ちゃんの5回目のレッスン後半は今までの復習をしました。


音符イチゴを食べて、お味の確認をすることでした。

大きくて赤くって甘いイチゴと、まだ小さくて酸っぱいイチゴのお名前はちゃんと言えました。しぶんおんぷイチゴと、はちぶんおんぷイチゴでしたね。

  *レッスン記録:音符イチゴ

今日は食べられる音符イチゴを準備しました。
甘〜いイチゴ1つ食べたい? それとも酸っぱ〜いイチゴ2つがいい? って問うと、甘いしぶんおんぷイチゴがいいんですって。

じゃあ本当に甘いか確かめましょう。
先生は2個食べたいから酸っぱくてもいいワって、はちぶんおんぷイチゴを2つ選びました。


此れねフランスの虫型グミで、青虫を模してあるんですよ。
フランスらしいシュールなグミを、逆さまにしてイチゴよって言い張ってるのです。


グミ食べさせていいですか? って生徒ちゃんママに聞いてから、実際に食べるのはお皿に出したほう。
画用紙に置いちゃったのは後で先生が食べちゃいました。

しぶんおんぷイチゴ、甘〜い♪ って嬉しそうな生徒ちゃん。
8分音符は酸っぱいわよ〜って私。

(嘘です。どのグミも同じ甘酸っぱいお味だから
どちらの音符を選んでも大丈夫だったんです。
"甘いね" も "酸っぱいね" も両方正しいのです。)

  味覚や嗅覚の記憶ってなかなか忘れない。

昔小学校で、イメージやお味とともに感じたり憶えたりする凄く楽しい経験をさせてもらったことがあって、生徒ちゃんも似た楽しさを感じてくれたらな・・・ってよく思います。

この子も4分音符1個分=8分音符2個分ってしっかり頭に入ってました。此れらは次回16分音符を学ぶための復習でした。

今度は音の復習ですよ。


これ何でしょうね?


メダカのドレミとカタツムリのミファソラシドは最初の頃に憶えました。

"メダカタツムリ" の音階には他にも生き物が隠れてます。それも、メダカのおうち周辺に棲まわせるのに最適な水辺の生き物が・・・

  カメですね!


水辺の生き物カードをピアノ譜面台に並べます。
カードを見ながら弾くのは、次回からの '楽譜を見ながら弾く' ことの練習。

楽譜を見ることを制約された作業だって感じる子も居るって聞くから・・・ 楽譜ってメダカやカメが音符になってお話を形作ってるのだって知ってもらうために、第5回最後は此のカードに添って音を鳴らすピアノ遊びをしたのでした。

続きはまた今度に・・・


■お教室関連リンク
*音楽史のレッスン
*ピアノレッスンの主張
*レッスン記録:Dur
*レッスン記録:ドレミ
*レッスン記録:音符イチゴ
*レッスン前の時間
*レッスン記録:オクターブ
*レッスン記録:メダカのドレミ
*レッスン記録:スタッカート
*レッスン記録:楽譜を作ろう!
*レッスン記録:上の音
*レッスン記録:痩せたメダカ
*レッスン記録:カタツムリ
*レッスンの成り行き
*レッスン記録:イチゴのタイ
*レッスン記録:指番号
*レッスン記録:音の実



レッスン記録:音の実

September 21, 2014

今日のレッスンもカーポートから始めますね、って
自動車で到着する生徒ちゃんママへ伝えてた。


'音の実' のお話を前半のメインにするためでした。


'音の実' が成っているので (嘘です。風船葛の実です)
小さな生徒ちゃんに収獲してもらうんです。


何故 '音の実' ってお名前かお話しました。

先日のカタツムリのカボチャには種が沢山入っていました。
スイカもトマトも、種の数は個体でまちまち。

  *レッスン記録:カタツムリ

でも音の実は、小さく3つに分かれたお部屋に
種が1つずつ入っています。

  本当に3つ入ってるかどうか
  自分で割ってみましょう!


小さい種が3つ出てきました。


例えば1つがソの音。
2つ目がソのフラット。
3つ目はソのシャープ。

此れまで習ったメダカ・カタツムリ7つの音それぞれに
シャープとフラットがあるお話です。

ピアノ室へ行きましょう。


この子はピアノ室の側にある窓が気になるみたいで
毎回じ〜って見ながら通ります。


防火ガラスが無機質だから隠すためにチュールを掛けて
蝶々のモビールを提げてるだけなのですが・・・


音の実の回はシャープとフラットを同時に学ぶカリキュラムです。


一般的な市販楽譜ではシャープのほうが先になりますね。
すると、のちにフラットが出てきた時に何故だかフラットを難しく感じてしまう。逆であっても同じかもしれません。仕様が違う2つのものは慣れるほどに、後で憶える別の形に摩擦をおぼえるのかも。

だから拙お教室では同時に学びます。

ト長調を習う時にファのシャープ、ヘ長調でシのフラットって別々に出てきても、1つずつ確実に把握し記憶できる人にはよく理解できるでしょう。
大人も其うした系列別の分け方の方が判り易いかもしれません。

でもうちの年少さんにとっては、順次つく臨時記号が体系的に登場するのは憶え難そうって感じたんです。

だから基となる音1つ1つみんながフラットとシャープを持ってるっていう全体把握をしてもらう方法を取ってます。その方がうちの生徒ちゃんの場合は疑問少なく済むように見えました。

考え方として、鍵盤を全部使ったメダカのオクターブのように
はじめは大きな1歩、其れから小さなパーツへ移行する形です。

  *レッスン記録:オクターブ

続きのピアノ課題についてはまた今度に・・・


■お教室関連リンク
*音楽史のレッスン
*ピアノレッスンの主張
*レッスン記録:Dur
*レッスン記録:ドレミ
*レッスン記録:音符イチゴ
*レッスン前の時間
*レッスン記録:オクターブ
*レッスン記録:メダカのドレミ
*レッスン記録:スタッカート
*レッスン記録:楽譜を作ろう!
*レッスン記録:上の音
*レッスン記録:痩せたメダカ
*レッスン記録:カタツムリ
*レッスンの成り行き
*レッスン記録:イチゴのタイ
*レッスン記録:指番号




Topページへ
Blogページへ