Les gateaux ]



注入されるナニガシは何菓子

November 24, 2017

カルディさんで求めたワンチョコとワンビスケット。


保健所からブルゴーニュ君を引出してくださった保護主様へ時々ご報告してる郵便に入れたくて買ってみた。

2セット買ってお送りする前にお味見。オモチャっぽい絵柄だけどお味は多分普通に大人も大丈夫っぽい。


ジャンクはジャンクでポテトチップスもロリポップも食べるし、老舗のものは手放しで好き。


何故ってジャンクフードはちょっとした背徳感を食感と共に楽しみ、子供時代の懐かしさを味わうのだし、
ボワシエのようなお菓子は無意味なほど美しいロゴを愛で、舌に乗せるのは歴史だ。

  1つにはお味の前に背徳と懐旧が
  もう1つには賞翫と史学があるのだ。


それ以外のジャンルのお菓子はなかなか難しい。


すっと素直にお味が入ってくるもの > お味が好みでパッケージも可愛いもの > 工夫が楽しいもの > 好感が持てる範囲で拘りを感じるもの > ・・・

これより後はキツくなってくる。

'新進の' '頑張ってる' '勢いのある' '何処其処で修行した' '何処其処から引抜かれた' '新しいチャレンジ' e.t.c.e.t.c.全般が大変苦手である。

自分は何百年のメゾンの歴史はどれほどのボリュームがあっても受止められるが、知らないお兄さんが勝手にお菓子に注入してくる思入れのようなナニガシは受け止められないほうなのだ。受け止めずにいちいち躱す作業がしんどいのだ。


'すっと素直にお味が入ってくる' は '素直なお味' とは違う。
どれほど癖が強かろうと巧みならば、すっと入ってくる。


逆に作り手の思い入れが際立つお味っていうのは実は思いが強いからじゃあなく、目指す商品(食品)に作り手が負けて気持ちが先行するが故にアンバランスになっている事様ではないかしらって感じるのだ。

すっとお味が入ってくる商品のほうに、癖の強さをも熔化させる思い入れを自分は感じている。

っていう曲のお話はまた後日。



ホルホロ・・・

November 23, 2017

細いフォルムが好きだったコートがc+になってお別れした。


パリでの初年、早い冬の到来に驚いて慌てて求めたのでした。

  *物とお別れ

細い作りで生地は厚いから中にセーターなんて着ればモコモコしちゃう。えいっと寒いの我慢してぴったりしたブラウスに直に羽織って前をはだけ、ベルトでウエストだけを閉じる着方をよくしてた。すると気分がシャッキリして寒さを感じなかった。


防寒に買い求めたのに、結局暖かさなんて二の次で
シルエット優先の着方を選択したかった若い時代のお話です。


たくさん着て布ももう硬く強張ってしまった。ごわごわとして着づらくなるまで愛用した。

コンセルヴァトワールのレッスン室の椅子に掛けられたり学食ベンチの冷たさから持ち主を守ったりしてきたコートは、深い皺を刻んだ笑顔が爽やかな老女のように潔く去って行った。


今ならもっと暖かく柔らかく軽く、内にも好きなだけ着込めるオーバーを選ぶでしょう。


心地よく感じるものって年齢や生活で大きく変わる。
だけど嗜好はあまり変わらない。

病院のあとで紅茶葉を買いに行くと付近でロスコを発見して飛びつきました。
ポルボローネス

(我が国では結構な数のお店がpolvoronesじゃなくてポル[ポ]ローネって表記もされてるんですって。実は其れらも好きなのが一杯あるのです♪ むしろこっちのほうが音にホロホロ感が出てるから好きで私も使います。正誤では語れない各店の由来がおありなのでしょう。とりあえず拙ブログではブール・ド・ネージュを示す音を "ホルホローネ" にしましょうか、それとも "ほろほろネ" かしら。)

はよく売られてるけれどロスコはノエル近辺が狙い目ですよね。


いい加減なお名前を迷ってるところで今日はお終い。


ちょっと気分悪しで休んできましょ。



ソナタ的お茶の日

November 17, 2017

久々にちょっとヒールがある靴を履いた。


病棟で一緒だったお仲間と、診察のあとお茶した火曜。
朝から楽しみにしてました。

  *パレ・ロワイヤル

ブルゴーニュ君と歩くようになったお陰で脚の筋肉も戻ったから、低いヒールなら平気みたい。


お茶を飲みに入ったのは久々の茜屋珈琲店さんです。


チーズケーキに掛けるジャムが選べるの。個人的にオススメはさくらんぼジャム。ミルキーでやさしいチーズケーキと果肉が入った濃厚なジャムが良いバランスでした。


思えば朝手に取ったのがさくらんぼ色。
こういう偶然ってありますよね。


第1主題にちょっとだけ出てきた色が
展開部でジャムに形を変えてメロディーになる。

かなり前に生徒ちゃんが '小結尾' って何ですかって聞いてたのですが、茜屋珈琲店さんの細い木製階段とすると解り良いかも。


お茶を飲みに入る登り階段が、提示部から展開部のほうへ繋ぐ小結尾で


街へ戻る下り階段が、展開部から再現部のほうへ向かう小結尾・・・って考えると生徒ちゃんの中で具体化し易いかな?

お留守番してたブルゴーニュ君は寂しかったのね
帰ると甘えんぼ全開でピト〜ってくっついてました。



ボワシエ

November 12, 2017

柔らかめに作られたドラジェをつまんだ。


お食事内容が元に戻ってきても食べづらいものもあって、チョコレート類がその1つだった。だのにドラジェはススッと食べられる。何故だか自分でもよくわからない。


そういえばヴィクトル・ユゴーが書いたボワシエへの4行詩って有名だけれど、どういった経緯なの? ってパリの友人とのメールの中で問うた。


私は愚かにも、もしかしたら商業的な曰くがあるパブリシティだろうかと (若かりし文筆家がお仕事として宣伝広告を書いたとか、名を馳せた後に互いの合理的な結びつきを演じたとか) 若干の疑いを抱いてしまったからです。

何故って私はボワシエを愛し過ぎてて
ユゴーが詩を捧げたことが美し過ぎて
だから夢を壊される前に自分から知りたかった。

好きな男性がハイスペックであればあるほど良からぬ隠し事があるかもと疑う女が、実際にはただ自分が傷つくのを恐れて確かめたくなるだけの心理の如くに。


親友の回答は、想像を超えて酷いものだった。
問いかける相手を間違えたと思った。


1871年1月5日からの綿密な歴史を親友が1日ずつ進める長大なメールはヴィクトル・ユゴーの日記を書き出してきたものを中心として、添えられた説明はもっと長かった。

パリ・コミューン付近を専門とする歴史家だから正しい答を聞けるでしょうって考えたのは甘かった。専門職は得てして《1を知りたいなら周辺の10を理解すべし》と考えるもの。

そんな心理は厭ってほど実感してる筈だけど
だとしても常軌を逸した長さのメールだった。

無論パリコミューンを1000ワードで語れと言うことはできない。
フォーレを1000ワードで語れないのと同じに。
だから諦めて、1時間もかけて全文を読みました。ひ〜ん


プロイセン軍のパリ砲撃開始当日から始まったメールには


大佐の名前だの、爆破された道の名前だのが散りばめられ
その中にユゴーが幼い頃使った脇道の説明が加わり
マルクスの指導方針やナポレオン・トロワの敗北に触れて

1時間後、最終的にお話は翌1月6日に戻った。
ユゴーが女性にボンボンを贈ったと。

その1人がジュリエット・ドルエであることをユゴーが示唆してるのは疑いようがないと友は書いてた。


でも其んな偏った男女愛よりも、


砲撃されて負傷兵だらけの傷ついたパリにあって尚優美を失わない老舗ボワシエとそれを称えるユゴーの間には、パブリシティと対極の美しさがあった。

  Car on prend les forts par les bombes
  Et les faibles par les bonbons.

ボンボンに掛けて韻を踏んだbombes(爆弾)の意味が初めてわかった。そしてこれはボワシエへの無償の贈りものだった証も読んだ。

うん! やっぱり素敵。やっぱり自分の中の1番です。



クッキーの正しい食べ方

October 05, 2017

きゃ〜♪ ってテンションが上がる可愛〜いクッキーを、尊敬するジェンツーペンギン先輩に頂いてしまいました。


可愛すぎるでしょう?
見た目だけじゃなくとっても美味しいのです。


エッフェル塔もこのように何枚も重ねて1塔の立体感を出してるのが面白いワ。此うすると本当に立ちますものね。


公演を楽しませていただいて更にお土産を頂戴するなんて恐縮でしたが、お会いできてすごく嬉しかった。

  *ジゼル2017

母校の空気が濃いかたって好き好き〜


クッキーは神奈川のフランス菓子のお店、コフレ・ド・ボヌールさんのですって。


この可愛すぎるチョイスができる男性ってすごいです。
アイシングの羊さんがあまりにもキュートだったから


ブルゴーニュ君も羊さんの真似っこをしました。


そうして私たちは羊さんクッキーをお散歩に持ち出して
色合いをリスペクトしつつ公園のベンチでいただいたのでした。

このクッキーの正しい食べ方っぽい?

他のお菓子もとっても美味しかったから続き写真をまたupしますね。



グミベアー

September 19, 2017

子供じゃあないんだのにグミキャンディを頻繁に買ってしまう。


20年ほど前にドイツで出会ったさくらんぼのグミキャンディがずっと好きだった。


最近はグミベアーも食べた。


ゾーヴァ挿絵の "ちいさなちいさな王様" を読んでグミベアー我慢するのは難しい。

ちいさな王様はグミベアーが主食(?)みたいで、物語に幾度も登場する度に食べたくなる。

  *絵本時間

あの本はグミベアーとセットで買って帰るのがいいのかも。



絵本時間

September 06, 2017

私たちが暮らす '穴' を出たところの階段ニッチです。


  *僕が撮ったブギウギ

ミヒャエル・ゾーヴァが挿絵を描いてる "ちいさなちいさな王様" を置き飾った。表紙がすごくかわいくて通るたびに見ていたいから。


アンティークのファブリック端切れの上には


先日デアゴスティーニについてたムーミントロールも居ます。

  *2017年8月ムーミンの悩み
  *ムーミンと病気


お勉強書籍の間でちょっとずつ読むのが楽し。


病院で検査や診察を待つ間などお勉強の本が気持ちに沁みてこない時間がこの頃はあって、そんな時は綺麗な挿絵の児童書に安らいでます。


"エスターハージー王子の冒険" もゾーヴァの魅力いっぱいでした。


まだ数冊楽しみが残ってるから大事に読もう。

  *ゾーヴァとルパプ


造影剤の脱力感に苛まれてる間、アイスクリームを食べながらおうちでも読書時間を持ちました。


エスプレッソ・マキアートがマイブーム。



ショコリキサー

August 07, 2017

ゴディバチョコのフアンじゃないのですがドリンクは大好き。


それにたまに出る期間限定アーティクルは可愛くってつい手に入れたくなってしまう。

ショコリキサー・キャペーンのカードミラーにも惹かれて入店しました。

ハートの持ち手がケースからちょこんと出る形も可愛い。
サニタリーの小さなコンソールに置きました。


ダージリンのショコリキサーはすっきりして美味しかったナ。

一時期は副作用でチョコなどの刺激物は口にできなかったのですが、食もだいぶ戻ってきた8月はじめ。

夜中から雨風が続いています。
どなたの上にも台風の被害が出ませんように。



モチクリーム

August 02, 2017

ぽよぽよ不思議な触り心地。
MOCHI CREAMのお菓子を買ってみた。


夜空大福ってお名前の商品です。

今使ってる種類の抗癌剤は身体に合って副作用も楽なほうだけど、もちろん多少は我慢もあります。

今は軽い車酔いみたいな感じが続くのと、食べたい物がコロコロ変わるツワリっぽい症状が主かな。


コレ食べたいなって思っても口元まで持ってくると、あ〜やっぱり違う・・・って気持ち悪くなったり。


かと思うと1週前には受付けなかった物をぱくぱく口に入れて何ともなかったり。飽き飽きしても選択肢がないから食べやすい同じ物だけ食べ続けてたり。

そんな日々の中、綺麗な食べ物にホッとする。
目で見て楽しいと食べてみようって気分になる。
実際には食べられない食品でも、あるだけで嬉しい。

2枚目の写真はミント味が涼しいMOCHI CREAMアイスです。

気分を上げるのに必死なので・・・


お薬の量が増えてケースに入りきらなくなった時はお菓子缶を買ったのでした。

幾つもお薬袋を入れる缶かんがピンク色で可愛ければ気分が沈まなくていいかなあって。

この方法は成功で、


ぷるぷるの励ましを受けながら
毎日缶を開けるのでした。


*フラット
  *与えられた中で
  *今の日常
  ?僕が思うヘアケア
  *それぞれの目標
  *薔薇の機会

*微風
  *長いひと月
  *スイカ

  *慣れないこと
  *アイボリーのリネン
  *チェリービー
  *抗癌剤のこと
  *グロッグ的熱
  *狭い世界
  *熱の1日
  *悪い癖

*友達
  *気持ちが折れる
  *友達の夢
  *旅立ち
  *哀悼
  *四十九日

*病状経過
  *通院治療前・・・
  *FBのお庭の扉
  *入院前とメッセージ
  *お招き
  *今年初めてのお客様
  *お茶と紫陽花イベント


*ピアノを弾いた日(1)
  *ピアノを弾いた日(2)
  *2017年5月3日
  *副作用のこと(1)1日半の悩み
  *副作用のこと(2)ピアノと共に


 *出戻りです
  ?僕が聞いたポッキリ

*病棟の朝
  *学生ホール
  *動物広場
  ?僕が聞いた楽しいコト
  *細い人って・・・

*回診用メモ
  ?僕が見た回診ごっこ

*降格
  *2度目の冒険

*ベッド周り
  *ピンク・ピンク
  *病室の天井
  *合わせ目

*怪我の功名
  *伸びとビーズバンド

*涙が拭けたら
  ?僕と回復とスカウサギ

*プーランクで麻酔
  ?僕が知ってる麻酔のオチ

*こんなお出かけ
  *ヴルスト先生

*結婚したい
  *ずっとご飯を作りたい

*幸福 -- 重なり
  *幸福 -- 家庭

*院内生活
  ?僕が聞いた踵のお話
  *すみません
  *オペカン
  *"綺麗ですね"

*病人と香り
  *2人の看護師さん

*アッパーシェルフ
  *動物と人間と不安
  *MRIのイメージング
  *出張

*お食事のこと
  *セルクル・ド・ブフ
  *あり合わせシノワーズとお掃除跡
  *ボルドレーズ
  *ピールサラダ
  *治療中のお食事
  *ある日の食卓

*コーナーアングル
*居場所

*強弱
  *内視鏡の苦痛と歌
  *意識が戻って

*Macへ行こう(19)未来を買う

*歩く
  *カプチーノ

*アンサンブルをありがとう
  *いったん最後のコンサート

*生きたい理由
  *死にたくない理由
  *今日の続き

*病者の秘跡
  *病者の塗油
  *ブルーシェルフ
  *祈る朝に
  *イースターうさぎ

*諦めずに
  *過去の肺炎

*病気
  *夫が怖かった
  *病気が判った日
  *お祈りを感謝します



カラフルな月

July 17, 2017

エスコヤマさん2017年夏のコンフィチュール&マカロンギフト。
嬉し〜♪


今夏のパケは蓋裏がハイビスカスの赤。楽しい工夫とお味の確かさが歩調を合わせてるパティスリーって素敵だな。

どれから頂きましょうってマカロンを迷う幸せ。


まぁるいカーブが並ぶケースを指で辿り、ふと思い出した。


ヴェルレーヌが月をLunesと複数形でえがいた1885年作 "いくつもの月" の詩。

ヴェルレーヌの空に月が幾つもあって、シャガールの空に太陽と月を同時に上ってる。こんな風景が大好き。

並ぶマカロンも幾つもの月みたい。それにカラフルな月。
そうだ私は空にカラフルな月を描いてみたい。
マカロンを片手に本棚からヴェルレーヌを取り出した。


詩中 'いくつもの月' に続くセンテンスは


  歌詞のない恋うたは、
  和音と不協和音とをアンサンブルした新鮮さで、
  あの鈍磨した心をわざと逆撫でしたのです。
  おお、なんという響き、なんという戦慄!

             (井上究一郎様訳)

となっていて、ああ此の文から聞こえてくるのはプーランク!

ヴェルレーヌが亡くなって3年マイナス1日でプーランクが生まれたから彼はプーランクの音楽を聞くことはなかったのに、後の時代の私には詩人がまるでプーランクを語ってるように思えてしまう。


現実には歌曲作曲時にもヴェルレーヌを選んでなくて接点薄い2人だけれど、愛する人と親友が仲良くしてくれれば良いのにと気を揉む如く、2人のことを考える。


何故だか避け合うのは、プーランクにとってヴェルレーヌは似た者同士でありすぎるからなの? とハッとした。親友に似た男を選んだと気がついた女の心境になる。



お茶と紫陽花イベント

July 09, 2017

昨日は楽しいお茶会になりました。
お約束は1時半。早いお茶でしょう?


ランチは軽めにねってお願いしておいて、デセールのチーズから始める時刻設定だったの。

ドームの中はシュロップシャー・ブルー。
タルヴォレッタの向かって右はカプリス・デ・デュー。


写真に変な白い反射光が入っちゃってますが、ポワポワケーキも焼きましたヨ。


ミントティーやカフェラテと共にみるみるなくなりました。

昨日upしてたババロアは甘酸っぱくて冷たくて、暑い日にぴったりでした。


  *今年初めてのお客様

作ったものをぱくぱく食べてもらえるのを嬉しく眺め
私、何かを提供するのが大好きだわって実感してた。

何を提供したかったのカナ? 多分 '女子的な時間' かな?


リクエストのうさぎクッキーも焼いてましたヨ。


前にブログにupして以降、お友達以外でも興味を持ってくださる方が多かった人気のうさぎでした。

  お茶のあとは2つ目のイベントです。

お庭でハサミと袋を手渡しました。
紫陽花を伐採しないで待っていて、お茶に来てくれたお友達に好きなのをたくさん摘んで持って帰ってもらったんです。

紫陽花摘みは、お茶会の楽しい〆にピッタリでした。



今年初めてのお客様

July 08, 2017

冷たいババロアを作りました。


ゆるめの口当たりが好きでゼラチン控えめにしたら、上のゼリー層の重みに圧されてる〜(汗)


ゼリーの中の果肉が見えるかな?
エスコヤマさんの白桃のコンフィチュールを使ってます。


今日はお友達がお茶に来てくれるからティールームを整えて、

今日のお客様は入られないピアノ室はお掃除ロボに働いてもらって・・・


かなり古くなったお掃除ロボが最近調子わるいのよねぇ。
何でもないところでエラーが出て止まったりするの。センサーが悪くなったのかしら。


それから久しぶりにお玄関扉を拭いた。休み休みでも何とか2枚の扉が拭けました。


久しぶりって言ってるようじゃダメよね。でも今は病気の言い訳があるから赦されるの。

写真は扉近くのフックの上掛け。
おうちの中ではタンクトップなどで過ごしてるから、ちょっと門のほうへ出るときに羽織るものをよく此の辺に掛けてます。


何か羽織らなきゃドアーから出られないようなトップスに相応しく、ボトムスもこんなの。


ずっとお寝間で過ごしてた月に比べたら、これでも幾分かマシな格好なのです。

重病がわかった1月から半年以上・・・今日やっと、今年初めてのお客様をお迎えできます。


*お招き



お招き

July 03, 2017

体調が安定してる時期。白血球はまだ問題だけど
今はおうちの中ではいっぱい動き回ってます。


予定では7月前半まで楽に過ごせそうなのです。同月半ばにまた検査が始まって治療の方向を確認してゆく。


平易に過ごせるこの期間に、ちょっとお友達とおしゃべりしてみようかな? って気持ちにもなれました。


身内以外のお見舞いをお断りしてた半年。
お人と接するとどうしても消耗するから待ってもらって、心も身体も負担が少ない環境に居させてもらってた。

身体が楽になるこの半月は、お友達に扉を開く良い機会かも? って思えた。


お呼びする人たちは迷わず決めてました。


このティールームでおしゃべりできる日を静かに待っててくれた有難いお友達。

変哲ないお茶時間で特別な準備はできないけれど楽しみにしながらちょこちょこ拭き掃除。

CDは昨日のデュファイに・・・

  *業務トレイ


只今ツボ過ぎるパーセルのミュージック・サクレなど用意しておこうカナ。

お友達をお迎えするまでの数日に体調変動がありませんように。



フラット

March 24, 2017

症状が安定しなかった。


横になってる時間より座ってる時間を長く保ててたのに、ときどき逆戻りする。

今日は大分すっきり。波を描きながら徐々に改善されますよってお医者様が仰った通りなのね。


入院時、ゆっくり休みたかったからお外との接触を断絶した。

病室案内を一切お断りする仕組みを選択し、お部屋につける氏名も非表示にしていただいた。

  新しいゆるやかな生活が始まった。

手術前後は病院のパジャマを希望した。

ボタンがなくて紐で結ぶ形は1日幾度もある回診時に私物より便が良いから。着てみると皆と同じ病衣が何だか嬉しかった。

お仕着せの衣類に袖を通すのが気持ち良かった。
選んだのでもなく似合いもしない制服。
それが気持ちをフラットにしてくれた。


お見舞いを家族に限った。


外部と接触を絶った代わりに、入院病棟で知り合った人たちと他愛ないおしゃべりをたくさんした。今の自分のホームって感じですぐ好きになった。

初めて会う人たちの前でノーメイクで過ごす日常。

昨年12月までの、病人じゃなかった私はメイクした顔を元々の自分の顔みたいなフリをして過ごしてたナって気がついた。初対面の人の前で病棟のパジャマを着てノーメイクを晒すことは、少し前なら勇気が要る事だったかも。

病院という場所は其れを何でもなく受け入れる自分に出会える。個人的にはとっても気に入ってる。


どすっぴんの毎日も。


メイクで飾らなきゃダメよって雰囲気に包囲される場面がないのが心地よいのだ。

社会復帰しても、このままがいいなあ
退院してもメイク止しちゃおうかなあ

そんな気分を呟いてみたら、ほかの患者さんは似た考えでもないらしい。ところで

  メイクで変わるほう?
  どんな顔になる〜?
  想像つかへん

って言われた。
そうだった。

社会生活では、お化粧してる顔を知らない人たちばかりの状況ってあまり無いですよネ。

初めての環境が心を裸にしてくれてる。此処で新しい考えに出会えるといい。


*今の日常
*2人の看護師さん
*カプチーノ
*ベッド周り
*動物広場
*怪我の功名
*すみません
*動物と人間と不安
*涙が拭けたら
  ?僕と回復とスカウサギ
*プーランクで麻酔
  ?僕が知ってる麻酔のオチ
*ヴルスト先生
*病者の塗油
*こんなお出かけ
*与えられた中で

*結婚したい
*ずっとご飯を作りたい
  ?僕が聞いた踵のお話
*いったん最後のコンサート
*ピンク・ピンク
*幸福 -- 重なり
*院内生活
*今日の続き
*MRIのイメージング
*お祈りを感謝します
*祈る朝に
*長いひと月
*病人と香り
*ブルーシェルフ
*内視鏡の苦痛と歌
*意識が戻って
*出張
*アッパーシェルフ
*コーナーアングル
*居場所
*強弱
*Macへ行こう(19)未来を買う
*死にたくない理由
*病気が判った日
*歩く
*アンサンブルをありがとう
*生きたい理由
*病者の秘跡
*諦めずに
*夫が怖かった
*病気



カプチーノ

March 17, 2017

"今日は反対方向の寝返りに挑戦してるのよ。
まだできないけど・・・"


毎日お見舞いに来てくれる夫と院内のコーヒーショップで話した。

触れ合う距離で飲むから、カップもくっつきそうな位置になる。
この頃はカプチーノが好きで大きいカップでたっぷり飲みます。


"おうちに帰ったらカプチーノまた淹れたいな。"
'そうだね、飲ませてね。'


希望を2人で語り合うと、空想をほんとうの事にしなきゃって思えた。


写真撮るねって、繋いでた手を離してスマホを持った。
当たり前だけど、繋ぐ手が傍から消えた夫の手だけ写った。

取り残された手は所在無げで可哀想。
早く帰ろうと思った。


*ベッド周り
*動物広場
*怪我の功名
*すみません
*動物と人間と不安
*涙が拭けたら
  ?僕と回復とスカウサギ
*プーランクで麻酔
  ?僕が知ってる麻酔のオチ
*ヴルスト先生
*病者の塗油
*こんなお出かけ
*与えられた中で

*結婚したい
*ずっとご飯を作りたい
  ?僕が聞いた踵のお話
*いったん最後のコンサート
*ピンク・ピンク
*幸福 -- 重なり
*院内生活
*今日の続き
*MRIのイメージング
*お祈りを感謝します
*祈る朝に
*長いひと月
*病人と香り
*ブルーシェルフ
*内視鏡の苦痛と歌
*意識が戻って
*出張
*アッパーシェルフ
*コーナーアングル
*居場所
*強弱
*Macへ行こう(19)未来を買う
*死にたくない理由
*病気が判った日
*歩く
*アンサンブルをありがとう
*生きたい理由
*病者の秘跡
*諦めずに
*夫が怖かった
*病気



長いひと月

February 05, 2017

大晦日にサメビタキ先輩が買ってくださったケーキ。
遠い昔の写真みたいに思える。


ケーキ屋さんへ行くって聞いて、タルトがいいですと急いで言った。それから、白っぽいタルト地よりしっかり空焼きしたタイプが好きですって付け足した。

ご馳走になるならあまり好きじゃないものを遠慮しつつ受け取るより、1等好きなのを頂いて一杯喜ぶ方がいいって思っちゃうのだ。

  好きなタルトにありついて笑ってた日から
  ひと月ちょっとしか経ってない。


その間に生活はなんて大きく違ってしまっただろう。


あの日は2017年の大晦日をどうするか話してたんだった。
1年後の生活があるって疑いなく信じてた。
幸せな推量だったと思う。


今は、明日自分が存在するのを当たり前と思わなくなった。
未来に生きてることは賜物だと身を以て知ると、日々をもっともっと愛しんで生きたい気持ちが強くなる。

  日々への愛しさを増した分、今もまた幸せだと思う。

病院中心で先がわからない生活も決して不幸じゃない。


変わった事といえば、前は未来が[存在]に繋がっていたけれど
未来は[希い]に繋がるものだったのだと身に沁みていること。


ひと月前、夏のポタジェは小玉スイカに挑戦してみたいって夫と話してた。楽しみにしてた夏のお庭計画。
同じ計画を今口にするとき、叶うかどうかわからない未来は益々美しく輝いて見える。

  '植えたいね'
  "植えようね"
  '植えられるかな?'
  "植えられるよ"

確かめるように何度も同じ会話を交わす。

ひと月前にスイカはただのスイカだった。
長い長いひと月を過ごした私たちは、同じ言葉で未来への希いを話すようになった。

  'スイカ食べたいね'
  "食べようね"


*病人と香り
*ブルーシェルフ
*内視鏡の苦痛と歌
*意識が戻って
*出張
*アッパーシェルフ
*コーナーアングル
*居場所
*強弱
*Macへ行こう(19)未来を買う
*死にたくない理由
*病気が判った日
*歩く
*アンサンブルをありがとう
*生きたい理由
*病者の秘跡
*諦めずに
*夫が怖かった
*病気



病人と香り

February 04, 2017

病院で香水はご法度ですよね。この頃はお洗濯の柔軟剤でも香りが立つものは控えるようにとお見舞いの方へ注意書きもあって常識として浸透してる。


病気になると妊婦さんのような感じで匂いがとても辛くなるし、患者さんによっては移り香さえ1日の体調を悪くするものになるから勿論香りは纏いませんね。

パンダの里ちゃんは、外で会った時も香りをつけずに来てくれた。その心遣いが嬉しくて、私も自分がお見舞いする時にはこうした良識を忘れないようにしようって学ぶことができた。

でも香りのもの全部排除なんて寂しいですよね。そんなときパンダの里ちゃんが大好きなクスミティーをプレゼントしてくれました。


大きい缶3つも〜♪
香料と違ってお茶の香りなら病院でも楽しめます。

お初のデトックスティーがすごく美味しい。身体に優しい感じが気持ち良くてゴクゴク飲んでます。


完治することができたら、この先もずっとクスミティーを飲んで
この香りの湯気が立つ度に病中にもらった優しい気配りを思い出すんだろうな。


本棚の上のクスミコーナーに可愛い缶が増えたのも嬉しいな〜



幸せなアンサンブル

January 13, 2017

昔フランスのカフェで使われてたショッキーのカップに
トロトロのホットチョコレートを注いだ。


ほかほかのカップで両手を温めながらフォーレのアンサンブルを勉強してた。

歌に関して子音と他楽器のハーモニーとの関連も初合わせまでにピアニストが把握しておいたほうがいいかなって。

書いては消しを繰り返してる間にLineが入ってた。
同じ曲をお稽古してたゴシキノジコちゃんだった。


当日に響きを聴いてからパートの微調整することになってる合わせ・・・


  *合わせ前のお稽古

持ち場振分けが目的の音出しなのに、'音出しの日のためのお稽古' をしてくれたそう。

楽器と違ってパート入替えに歌詞が付き纏うので、現場合わせで変更があってもスムーズに歌えるようにって。

嬉しいナァ・・・


思い出してみるとゴシキノジコちゃんのリサイタル伴奏をした時は、初合わせ前に夫に随分協力してもらった。


夫に歌パートを色んな吹き方で試してもらって、どんな風に歌われてもピアノを付けられるように予習してみてた。

そんな練習は私のように不慣れな伴奏者にとっては当たり前だけれど、アンサンブルの一員の場合なかなか他パートもお稽古しておこうとなる場合は少なかろう。


最近お友達とお仕事の役割について話してたところだった。

求められるかもしれない状況に備えることは、ある人にとっては負うべきお仕事の責任の範疇で、ある人にとっては担う労働にカウントされないものだ。


きっと職種・状況・思い入れ・関係によっても答は様々で
何が良いかはわからないけれど、


此うした姿勢で作られるアンサンブルが幸せなものになることだけは間違いないと思う。



ダラダラ過ごしてしまったら

January 11, 2017

寒〜いと無性にチョコレートがほしくなる。
ナンテ暖かければチョコを食べずに済むみたいな言い方。


言い直し。暑くても寒くても無性にチョコレートがほしくなる。


先週お稽古気分が乗らなくてピアノの前に座って何もしないまま1時間近くを無為に過ごしちゃった日があった。

できないなら一旦退いて別の事を進めれば良いのに、やらなきゃって焦燥感だけは一人前でそのくせ意味もなく楽譜を捲ってみるばかりで音符も見てない時間だった。

およそ60分間もそんな風に空しく時間を浪費したことをとっても後悔して、このつまらない日記ブログに書きたくなった。


そして辞めた。

ダラダラと過ごしてしまったと書きたくなるのは何故なんだろうって考えた。

口惜しい気分を発表して自分の中にくすぶる自責の念を薄めたいのだろうかと考えた。情けないんですと言ってみれば何故か情けなさが肯定できるような気でもしたんだろうかと思った。

誰が肯定してくれるわけじゃなし、仮に誰かに肯定されたからとて失態が相対的なものにすり替わりはしない。心持ちが変わることで不出来が減ったような錯覚を望みでもしない限り無意味だろう。

無意味なだけならまだしも、自責の気持ちを薄めてみたところで残るのは何だろう? と自問すれば答は簡単、進歩のなさだ。


悔恨が辛いからと口に出して軽くなれば翌日同じことを繰り返しそう。


それよりは激しく後悔して、2度としないように仕向けなければ何の進歩もなさそうと結論した。

悔恨が辛ければくっちゃべってないで、辛くなくなるだけ取り戻せ! とばかり翌日なんとか辻褄を合わせた。すると安心して翌々日はまただらしのないことになった。馬鹿げてる。


  結局、ぼやくか黙るかに関わりなく進歩しない自分がいる。

  日々悪戦苦闘中。



J.P.エヴァンのエクアトゥル

January 05, 2017

ジャン・ポール・エヴァンさんのギャレット・デ・ロワが今年の1台目。


エクアドル産カカオのいい香り。
パイ層のフゥイユの数は見事です。


ツートーンの小粋な外観に、クラシカルなディゴワンのお皿を合わせてみた。


クリスマスからの降誕節は、1月6日の公現祭後の主日まで続きます。(日本では公現祭が祭日にならないため1月2日〜8日の間の主日に置き換えられます)

早々と買っちゃうと公現祭まで我慢できなくなりそうで、なるべく遅い購入にする。


次の1台はエルメさんをと思っても、神戸大丸も大阪ルクアイーレもガレット・デ・ロワの取り扱いがなくてすごく残念です・・・


田舎暮らしって此んなときにツライ。



もし億万長者だったら

December 26, 2016

夫婦一緒のお茶時間が取れない日でも、
バスタイムが沢山おしゃべりする大事な時間になってる。


結婚以来毎日のおしゃべり場で、おやつを持ち込む日もある。

  昨日の話題は、もし億万長者で
    金額に糸目をつけずにどんな奏者でも呼べて
      コンサートを好きにプロデュースできるとしたら
        プログラムは何がしたい? ってお話。

平和なバスルームです。


オール・ストラヴィンスキーかなって夫。
火の鳥やって、ペトルーシュカやって、春祭で〆ですって。


バレエ? って問うと、普通にオケでいいんだとか。
それならなにも億万長者じゃなくたってできそうよって笑った。


私の夢はもう少し贅沢で、ストラヴィンスキーなら同じ曲で2つのバレエ団を続けて観賞できる会にしたいとか、
レ・シルフィードをニジンスカ振付けのプーランク版と2演目並べて観てみたいとか、

言ってから気がついた。

  それだって億万長者になってプロデュースしなくても
  ちょっとだけ贅沢に2公演ハシゴすれば良いだけよね(笑)

  小銭で充分満たされるって結論したクリスマスでした。



ギフトはストレスフリーで

December 17, 2016

エスコヤマさんのモンスターカカオ3号。


店頭販売限定の、16個入り3号版をいただいた。

抹茶&パッションのプラリネ
桜の葉&フランボワーズ
エルダーフラワー&カシス
南高梅&アーモンドプラリネ
焼きみかん
ダブルバニラ
P.C.J
ピエモンテ産ヘーゼルナッツのプラリネ
抹茶&柚子
インドネシアンカフェ&ライチフランボワーズ
ジェネシス(いちじくの葉&枝スモーク)
金胡麻のプラリネ
NINJA
金柑ノワゼット
YABAI 〜黒七味〜
シャンパントリュフ

              ですって。

内装はエスコヤマさんらしく今季もラボっぽい。


パッケージは一瞬ウイリアム・ブレイクの絵を思い出すような・・・?


此方のパティスリーのボンボンショコラの意欲的な挑戦に興味があって、いつも新作をひと通り知りたくなる。だから此れだけは例外的にウエルカムなチョコでしたが、他の冬ギフトは希望通り全部マカロンだったのでした。


  ギフトって贈る側はすごく迷う。

個人的には贈答時期を外して思いついた時々にプレゼントするほうが好きだけど、其んな際もお人のお好みは今ひとつわからない。

喜んでもらえなくても最悪何かに代用できるものをと無難なおかず系に走ったり、迷った割にはワンパターンだったり。

  お礼の言葉だってどこまでどうだかサッパリわかんない。

実際10年経っても結局どれが1等お好みだったのかわからないお相手もあったりして、その場合はこの先10年後も同じだろうと思える。

贈ってくれた気持ちへの感謝を悦びとして伝えるマナーも、返って好みを知る機会を眩ませる。

御仕着せのお礼を信じ込むよりは、実は大してお好きじゃない場合のほうが多いだろうくらいに思っておかなきゃ有り難迷惑を続けかねない。

  贈る側としてはそうした事が面倒くさい。
  贈ることは楽しいけれど、
  わからないストレスは面倒くさい。

差し上げたい物を贈るのも一つの方法でも
自分なら相手のお好みに添いたいと思うから・・・

  どの道お気遣い頂いてしまうならば、
  もう言ってしまうのです。


チョコレートは特に好みがとてもハッキリあるから頂かないほうがいい、とか。


マカロンだけは理想形を持ってなくて何でも楽しめるから1番嬉しい、とか。

  *お菓子のわがまま

リスト・ド・マリアージュなんかを身も蓋もないって感じるかたには不向きだけど、私はこういう部分は合理化したいのでウィッシュリストを言ってしまう。そしてあなたも言ってねって尋ねてしまう。

贈物が気持ちの表わし方ならば、表わし方を適正化しちゃおうってところです。

ストレート過ぎると言われればそれまで。でも、
西洋音楽に浸かってるのに其処だけ日本風を気取っても意味がないからストレスフリーを選びます。

其うして時間がゆるせば、手渡しのお箱はできるだけその場で開いて贈り主と一緒につまんじゃう。日本の贈答マナーはどこへ行った? って感じだけど、分け合うほうが楽しい。



お友達のお世話になってます(2)

December 10, 2016

シロツメ草ちゃんに頂いたパン・デピス。
カットするとスパイスが香ります。


知人が開業してる眼科へ使い捨てコンタクトレンズを追加購入に行った。

検査すると視力が少し落ちちゃってて、今までのとちょっと違うレンズになった。

度数が変わると一旦フィッティングをしなきゃならないのね。でも必要な度数のお試し用がたまたま切れてたのです。


看護師さんが説明しなさった。

  フィッティング用を郵送しますから
    その間にメーカーから送られる箱は未だ開かないで
      先にお試しを使って問題なければ
        受け取った箱を・・・

すると別の看護師さんのハキハキした高い声が割って入る。

  "私が直接持って行きます♪
  ちゅら、おうち寄るネ! "

ワーイ。


小学校のイクラ学級から一緒だったヒヨドリちゃんは大人になっても澄んだ高い声のまま。


知人の眼科で偶然ヒヨドリちゃんが働いてるのです。


翌日すぐピンポーンって届けてくれた。
いろんな所でお友達のお世話になってるナ〜

**


最後の写真はおうち焼きのプレーン・シフォン。
夫が食べ尽くしました。


  *お友達のお世話になってます(1)



レッスン記録:画集遊び

December 08, 2016

可愛いドール用ティーセットは、フライングタイガーさんでプチプラ500円。此んなのもレッスン小物になるんですヨ。


お箱遊びを卒業して、画集遊びに移行した記録からでしたね。
お箱同様、画集から絵を選ぶのも生徒ちゃん自身です。

初めはダリの "素早く動いている静物" を選んだのでしたね。

  *レッスン記録:お箱卒業の日


2度目は "狂えるトリスタン" を選んできてくれました。


一見とっつきにくく思えるのは多分大人の考えで、
小さい子は意外に簡単にシュレアリスムを手中に収めるものですよ。


鋲のような黒点に、学習机で使ってる磁石を連想したのネ。とっても良いですね。


後に繋がる楽曲内のモチーフ探しでも、

  音型が同じモノ
    調性が同じモノ
      ハーモニーが同じモノ
    音型の1部をなぞらえたモノ
  配置が同じモノ

等々様々な視点の '似てるモノ探し' を行ないます。


磁石は、色と・形と・立体感と・影の感じが似てると感じたのでしょうね。モチーフ探しの手始めは上々の出来です。

大人の感覚ではあまり気持ちが良くないかもしれないお顔だって
小さい生徒ちゃんは新鮮な視点で捉えてきます。


髪の描き出しは、黄色いクリップの3に見えたのネ。素敵素敵。

其うして天井模様は、ノートの升目とおんなじって思ったのネ。


ダリの絵に生徒ちゃんはデスク用品をたくさん発見しましたね。

沢山の絵画と触れ合い、自身の発想と向き合う画集遊びはまだまだ続きます。


■お教室関連リンク
*レッスン記録:音符イチゴ
*レッスン前の時間
*レッスン記録:オクターブ
*レッスン記録:メダカのドレミ
*レッスン記録:スタッカート

*レッスン記録:楽譜を作ろう!
*レッスン記録:上の音
*レッスン記録:痩せたメダカ
*レッスン記録:カタツムリ
*レッスンの成り行き
*レッスン記録:イチゴのタイ
*レッスン記録:指番号
*レッスン記録:音の実

*レッスン記録:復習とカメ
*レッスン記録:音ブロックで曲を弾こう
*レッスン記録:好きな曲を作ろう!
  *緊張するレッスン
  *泣いちゃダメ?
  *レッスン記録:下地(1)色
  *レッスン記録:下地(2)味

*レッスン記録:ト音記号
*レッスン記録:音符の長さを憶えよう
  *子供の絵、母の悩み
  *レッスンと色

*レッスン記録:十六分音符
*レッスン記録:床の五線
*レッスン記録:紙粘土
  *先生の真似

*付点音符を憶えよう
*レッスン記録:付点音符のサイズ

*7ヶ月でカバレフスキー
*レッスン記録:リズム解き
*レッスン記録:食べ物カード
*レッスン記録:楽語とリズム
*レッスン記録:記憶の拡張

*レッスン記録:香りレッスン
*レッスン記録:ハーモニー体験

*レッスン記録:はじめての暗譜
*レッスン記録:楽譜の道筋
  *1年間のレッスン記録

*お庭レッスン

*レッスン記録:音階練習
*レッスン記録:指遣いのカリキュラム
レッスン記録:音階と和音


(幼児期の聴音)
*レッスン記録:はじめての聴音
*レッスン記録:寒暖の和音


*レッスン記録:臨時記号
*レッスン記録:アウフタクトの導入
*レッスン記録:アウフタクト実践例
  *レッスンこぼれ話:ピンクのうさぎ
*レッスン記録:なめこぐま
*レッスン記録:はじめてのバラード
*レッスン記録:ぬるぬる


(お箱遊び)
*レッスン記録:雪のパーツ遊び
*レッスン記録:お箱遊び
*レッスン記録:異名同音
*レッスン記録:異名同音 'として'
*レッスン記録:お箱卒業の日


(音の絵)
*レッスン記録:鍵盤でお絵描き
*レッスン記録:太陽のトリル
*レッスン記録:お豆コロコロ
*レッスン記録:ぶどうポロポロ
*レッスン記録:イチゴのたね


*レッスン記録:お菓子パーティー
*レッスン記録:付箋を使う


■オトナのレッスン関連記事
*音楽史のレッスン
*ピアノレッスンの主張
*レッスン記録:Dur
*ラヴェル音源とドビュッシーのフェイント
*レッスン記録:月の光
  *僕が見たイケメン生徒ちゃん

*レッスン記録:ドレミ
*レッスン記録:カメラータ
*レッスン記録:モノディと公会議周辺
*レッスン記録:純正律
*レッスン記録:ピタゴラス音律
*レッスン記録:ビデオと地デジ

(スプレーン)
*レッスン記録:読み取り開始
*レッスン記録:記号の意図
*レッスン記録:フェルマータの場所
*レッスン記録:次回のピアノ課題

(月の光)
*レッスン記録:噴水
*レッスン記録:2冊目
*レッスン記録:人の文字
  *レッスン記録:衣装の絵
*レッスン記録:不離一体

(カッサンドル)
*レッスン記録:カッサンドル13
*レッスン記録:カッサンドルそして・・・
*レッスン記録:楽語

(グリーン)
*レッスン記録:君が眼に
*レッスン記録:感じがする



レッスン記録:付点音符のサイズ

December 03, 2016

先日学んだ付点音符、割り切れない音符はお初なのです。


  *付点音符を憶えよう

付点音符と触れ合うことをたくさんしてみました。

まずは付点四分音符と八分音符を合わせて、綺麗な四角形を作りました。
そのあとは・・・


付点四分音符同士の足し算をしましょうか。


付点四分音符をお積木で2つ作りましょう。
変テコな形が並びましたネ。

足し算は、数を足すのではありません。

小さな子にとって "四分" "八分" つまり分母の存在は難解。
数が大きいほど音符が小さいナンテ、わかりにくいですよね。

だから1等はじめから "しぶんおんぷ" "はちぶんおんぷ" って風にお名前として考えるよう実践していました。

  *レッスン記録:音符イチゴ

今回も数の足し算じゃあなくって、音符サイズの足し算です。

サイズがわかり易いように形が整えてみましょう。


パズルみたいね。


なかなか四角形になりません。

あっ! できましたね。


綺麗な四角形になりました。

四分音符2本と八分音符2本でできた四角形のサイズは、何音符と同じかな? って、お積木ボックスから探します。


二分音符1本と四分音符1本のサイズでした。


これは付点二分音符ですね。
お積木音符の足し算はとっても楽しそうでした。


■お教室関連リンク
*レッスン記録:音符イチゴ
*レッスン前の時間
*レッスン記録:オクターブ
*レッスン記録:メダカのドレミ
*レッスン記録:スタッカート

*レッスン記録:楽譜を作ろう!
*レッスン記録:上の音
*レッスン記録:痩せたメダカ
*レッスン記録:カタツムリ
*レッスンの成り行き
*レッスン記録:イチゴのタイ
*レッスン記録:指番号
*レッスン記録:音の実

*レッスン記録:復習とカメ
*レッスン記録:音ブロックで曲を弾こう
*レッスン記録:好きな曲を作ろう!
  *緊張するレッスン
  *泣いちゃダメ?
  *レッスン記録:下地(1)色
  *レッスン記録:下地(2)味

*レッスン記録:ト音記号
*レッスン記録:音符の長さを憶えよう
  *子供の絵、母の悩み
  *レッスンと色

*レッスン記録:十六分音符
*レッスン記録:床の五線
*レッスン記録:紙粘土
  *先生の真似

*付点音符を憶えよう

*7ヶ月でカバレフスキー
*レッスン記録:リズム解き
*レッスン記録:食べ物カード
*レッスン記録:楽語とリズム
*レッスン記録:記憶の拡張

*レッスン記録:香りレッスン
*レッスン記録:ハーモニー体験

*レッスン記録:はじめての暗譜
*レッスン記録:楽譜の道筋
  *1年間のレッスン記録

*お庭レッスン

*レッスン記録:音階練習
*レッスン記録:指遣いのカリキュラム
レッスン記録:音階と和音


(幼児期の聴音)
*レッスン記録:はじめての聴音
*レッスン記録:寒暖の和音


*レッスン記録:臨時記号
*レッスン記録:アウフタクトの導入
*レッスン記録:アウフタクト実践例
  *レッスンこぼれ話:ピンクのうさぎ
*レッスン記録:なめこぐま
*レッスン記録:はじめてのバラード
*レッスン記録:ぬるぬる


(お箱遊び)
*レッスン記録:雪のパーツ遊び
*レッスン記録:お箱遊び
*レッスン記録:異名同音
*レッスン記録:異名同音 'として'
*レッスン記録:お箱卒業の日


(音の絵)
*レッスン記録:鍵盤でお絵描き
*レッスン記録:太陽のトリル
*レッスン記録:お豆コロコロ
*レッスン記録:ぶどうポロポロ
*レッスン記録:イチゴのたね


*レッスン記録:お菓子パーティー
*レッスン記録:付箋を使う


■オトナのレッスン関連記事
*音楽史のレッスン
*ピアノレッスンの主張
*レッスン記録:Dur
*ラヴェル音源とドビュッシーのフェイント
*レッスン記録:月の光
  *僕が見たイケメン生徒ちゃん

*レッスン記録:ドレミ
*レッスン記録:カメラータ
*レッスン記録:モノディと公会議周辺
*レッスン記録:純正律
*レッスン記録:ピタゴラス音律
*レッスン記録:ビデオと地デジ

(スプレーン)
*レッスン記録:読み取り開始
*レッスン記録:記号の意図
*レッスン記録:フェルマータの場所
*レッスン記録:次回のピアノ課題

(月の光)
*レッスン記録:噴水
*レッスン記録:2冊目
*レッスン記録:人の文字
  *レッスン記録:衣装の絵
*レッスン記録:不離一体

(カッサンドル)
*レッスン記録:カッサンドル13
*レッスン記録:カッサンドルそして・・・
*レッスン記録:楽語

(グリーン)
*レッスン記録:君が眼に
*レッスン記録:感じがする



2016年12月のシュトーレン

December 02, 2016

病院で読んでくれてるテッセルモルモットちゃんの元へ
もうじきベビーちゃんがやってきます。


元気に生まれますようにお祈りをしてから
今年1台目のシュトーレンを開いた昨日の午後でした。

ぽかぽか陽気でティールームの窓を開け
天井からフェイクのシュガーバインを提げてみた。


データを作ってお預けしてたリーフレットのゲラを受け取って


クリスマス付近に観に行くバレエチケットの振込に行って
夫が40ポットも買ってきたデイジーをふぅふぅ言いながら植えて
ティールームのファブリックを洗い替えたら

やっとティータイム。でもあまり時間がありません。
10分後には生徒ちゃんが来るから5分で頂いて5分で歯磨きと譜面準備。


カーテンがゆらゆら揺れる傍にゆったりしたお椅子はあるけれど
2ヶ月は此処に座ってないような・・・


  明日午後4時からのクラブプーランクは
  2時間を仲良くまったり過ごしましょうね。

普段はみ〜んな忙しくてバタバタだけど
クラブでは20世紀初頭のような時間の流れを持ちたいですね。

私たちもやっとチェロソナタ3楽章の譜読みができました。



付点音符を憶えよう

November 29, 2016

おうち焼きのジェノワーズ。
冷ましてる間に小さな生徒ちゃんのレッスンでした。


付点音符を学ぶ日でした。
'何となく' 音符の長さを思い込んじゃうと後で苦労することになるから、初めに楽しくしっかり理解できたらいいですよね。


初期には手軽におうちでも作ってみたり復習したりできるよう、下リンクのような折紙を使ってた。

  *レッスン記録:音符の長さを憶えよう


次はこれ。


音符のお勉強が進んで、色を変えなくても大きさの割合だけで解るようになってからは此んなお積木を使ってますよ。

倍倍の大きさになっていて音符を学ぶのにピッタリ。
お積木って意外と面積が倍になるものって少ないの。

2cm x 2cmの次が4cm x 4cmってタイプだと面積は倍にならないですものね。

2cm x 2cm、2cm x 4cm、4cm x 4cmって並べられるのを探しました。

はじめは付点四分音符を憶えました。


四分音符と、四分音符の半分の子を合わせるって成りたちが、お積木を使うととってもわかり易いです。

本当に倍かな? 本当に半分かな? って重ねて確かめられますね。

続きはまた。


■お教室関連リンク
*レッスン記録:音符イチゴ
*レッスン前の時間
*レッスン記録:オクターブ
*レッスン記録:メダカのドレミ
*レッスン記録:スタッカート

*レッスン記録:楽譜を作ろう!
*レッスン記録:上の音
*レッスン記録:痩せたメダカ
*レッスン記録:カタツムリ
*レッスンの成り行き
*レッスン記録:イチゴのタイ
*レッスン記録:指番号
*レッスン記録:音の実

*レッスン記録:復習とカメ
*レッスン記録:音ブロックで曲を弾こう
*レッスン記録:好きな曲を作ろう!
  *緊張するレッスン
  *泣いちゃダメ?
  *レッスン記録:下地(1)色
  *レッスン記録:下地(2)味

*レッスン記録:ト音記号
*レッスン記録:音符の長さを憶えよう
  *子供の絵、母の悩み
  *レッスンと色

*レッスン記録:十六分音符
*レッスン記録:床の五線
*レッスン記録:紙粘土
  *先生の真似

*7ヶ月でカバレフスキー
*レッスン記録:リズム解き
*レッスン記録:食べ物カード
*レッスン記録:楽語とリズム
*レッスン記録:記憶の拡張

*レッスン記録:香りレッスン
*レッスン記録:ハーモニー体験

*レッスン記録:はじめての暗譜
*レッスン記録:楽譜の道筋
  *1年間のレッスン記録

*お庭レッスン

*レッスン記録:音階練習
*レッスン記録:指遣いのカリキュラム
レッスン記録:音階と和音


(幼児期の聴音)
*レッスン記録:はじめての聴音
*レッスン記録:寒暖の和音


*レッスン記録:臨時記号
*レッスン記録:アウフタクトの導入
*レッスン記録:アウフタクト実践例
  *レッスンこぼれ話:ピンクのうさぎ
*レッスン記録:なめこぐま
*レッスン記録:はじめてのバラード
*レッスン記録:ぬるぬる


(お箱遊び)
*レッスン記録:雪のパーツ遊び
*レッスン記録:お箱遊び
*レッスン記録:異名同音
*レッスン記録:異名同音 'として'
*レッスン記録:お箱卒業の日


(音の絵)
*レッスン記録:鍵盤でお絵描き
*レッスン記録:太陽のトリル
*レッスン記録:お豆コロコロ
*レッスン記録:ぶどうポロポロ
*レッスン記録:イチゴのたね


*レッスン記録:お菓子パーティー
*レッスン記録:付箋を使う


■オトナのレッスン関連記事
*音楽史のレッスン
*ピアノレッスンの主張
*レッスン記録:Dur
*ラヴェル音源とドビュッシーのフェイント
*レッスン記録:月の光
  *僕が見たイケメン生徒ちゃん

*レッスン記録:ドレミ
*レッスン記録:カメラータ
*レッスン記録:モノディと公会議周辺
*レッスン記録:純正律
*レッスン記録:ピタゴラス音律
*レッスン記録:ビデオと地デジ

(スプレーン)
*レッスン記録:読み取り開始
*レッスン記録:記号の意図
*レッスン記録:フェルマータの場所
*レッスン記録:次回のピアノ課題

(月の光)
*レッスン記録:噴水
*レッスン記録:2冊目
*レッスン記録:人の文字
  *レッスン記録:衣装の絵
*レッスン記録:不離一体

(カッサンドル)
*レッスン記録:カッサンドル13
*レッスン記録:カッサンドルそして・・・
*レッスン記録:楽語

(グリーン)
*レッスン記録:君が眼に
*レッスン記録:感じがする



シフォンケーキ

November 15, 2016

彰タンのリサイタル予行のおやつにふんわりシフォンを焼いて、ゆりかもめ君宅へ。


上面が固まる頃に入れる5つの切れ目をつけなかったバージョン。

あれっていつも迷うんです。取り出して切れ目を入れてるうちに温度が下がって焼き縮みしそうでドキドキする。


卵白をしっかり泡立てます。


卵白+お砂糖と、卵黄+お水+油+お砂糖を少しずつ合わせる手順は
シフォン独特で楽しくなってくる。


コップを軸に逆さまに冷やしてるトコロ。


お土産用とおうち用に2台。


大きな容器いっぱいにホイップを詰めたけど


クリームにつけた甘みとバニラの配分を彰タンがすごく気に入ってくれて多用。これでも足りませんでした。

海辺のゆりかもめ君宅で彰タンのベートーヴェンやラフマニノフを聴いて、打ち解けた雰囲気の心地良い時間を過ごしました。



疲れたとき用メモ

November 03, 2016

葡萄が大好きでとってもよく食べてます。


ピアノの休憩や本を読むときに片手でポイポイ口に運べんで、気がつくとなくなってる。

昨日は眼科に行ったほか用が多くってバタバタした。
帰ってきてお洗濯してお稽古してお夕食の下ごしらえを済ませた頃、もう身体が動かないなあっ思いながらメモノートを開いた。

疲れてもうなんにもできないよぉ〜って時用のメモなんです。


疲れた時は身体以上に頭を使いたくなくなっちゃう。


私の場合はだけど、疲労時に使いものにならない頭を動かしたくないって無意識の命令が下って、連動的に身体が動かなくなってるって感じることが多いです。

だから元気な時刻にメモしておく。
頭も身体も使わないでできることメモ。

昨日の 'なんにもできない時用の作業' は楽譜コピーでした。


ぐだ〜ってなってる夜、考えて動くなんて全然無理でも
楽譜コピーとりなら、白紙の頭でやれてしまう。
コピーしたら座って機械的に貼り合わせるだけ。


毎日の 'しなきゃならないことメモ' から、これは何にも考えないでできるナって項目を分けておくと、身体がきかない時間も活用できてちょっと捗るから嬉しい。



エス小山さんのコンフィチュールで

October 13, 2016

明日の合わせ準備。
じゃあなくって合わせの休憩のおやつ準備。


ソプラノのゴシキノジコちゃんがスイーツ好きなので一緒に食べようと思って作りました。

お初にお目にかかるソプラノデュオのもうおひとかたが加わって3人の合わせで始まります。どんな感じになるのカナ? 楽しみです。


大好きでよく作ってるクレメダンジュ。


普段はヨーグルトにレモンやゼラチンやお砂糖をベースにフルーツピューレを加えます。今回はピューレの代わりにエス小山さんのコンフィチュールを使ってみた。

果肉が程よく散りばめられてるからお味や食感に変化が出て良さそう。


冷蔵庫で寝かせたベースに9分立ての生クリームを和える瞬間って大好き。


ライトオレンジのあったか色とクリームの純白がほわほわ混ざり合うのが楽しい。


さて合わせに向けて肝心のお稽古頑張らなきゃ。



*11.12 ソプラノコンサート

*久々の歌
*合わせ、楽しかった




Topページへ
Blogページへ