La table ⅩⅢ



甘辛味噌ダレ

October 09, 2020

コチュジャンとサムジャンを併せた味噌ダレを作ったら、夫がハマっちゃいました。


2つの甘辛味噌を少量のラー油で伸ばして、刻み生姜を投入してすり胡麻を混ぜ込むの。絹こしの厚揚げに絡めて強火でジャッと焼きます。興味あったらやってみてネ。


韓国味噌の類は夫とお庭の植物を買いに行った先で手作り品を見つけたのでした。一緒に食べる物を一緒に選ぶのは楽しいね。


オイル類も色々求めました。

有機アマニオイルのレモンフレーバーはリピ買いです。
なるべくコールドプレスで搾油してあるのを求めるようにしてるかな。あとはグレープシードオイルやオリーブオイルなど。


豚ちゃんに見紛う見た目のソイミートの一皿。


湯戻しは熱めの温度で (袋にはぬるま湯でと書かれてるのが多いけれど、少々熱くしたほうがお豆の匂いが残らないから我が家は高めの温度で戻します) コシが残る程度に柔らかくなったら幾度もお水を変えてしっかりと揉んでね。大豆の臭みを流すとお味付けしやすいです。


12カテゴリーを30記事ずつ纏めてきた拙ブログは


明日から 'ワンコと一緒' を除く11カテゴリーで14章目になるなぁ。

良かったらどうぞまたしばらくお付き合いくださいませ。



お友達とベジご飯

September 16, 2020

朧豆腐ではじまった晩ご飯。


ヴィーガン対応してくださるお店で、口にできないものを質問してくださってありがたかった。


サラダがとっても美味しかった。


ドレッシングの良い香りは梅の香かな。


ここでは2杯くらい飲みました。


麻のワンピはお友達。よく会うのに彼女はブログでお名前ついてないのよね。


釜飯もお野菜だけで炊き上げてくださった。


おこげが美味でした。


野菜天ぷらでもお出汁にお魚が使われてるからお塩とレモンでサックリ頂きました。


この後も食べて飲んで、夕方に会ったのに気がついたら何時間も経ってました。



夏の夕食と卵のこと

September 07, 2020

見た目も涼しげで美味しかった。


タコっぽい食感の刺身蒟蒻で作りましたヨ。


泡がほしくなるお味。


残念ながらお家には無かったから白ワインにしました。


こちらはソイミートのトマト煮。


見た目が豚ちゃんの死体肉っぽ過ぎて退くくらい。

ヴィーガンバターでコクを加えて美味しくできました。


こちらは前に写した黒歴史の1枚です。


私は鶏卵のみ軽いアレルギーだったから加工物しか頂かなかったですが、夫のためのお料理には長く使ってた。

ヴィーガンになった週に家に残る最後の卵で焼いた玉子焼きを黒歴史記録にと写真に残してたの。


何が黒歴史って 自分が卵を手に取る度に雄のヒヨコちゃんがどんなことになってるか知ろうともしなかったこと。それから


人間というものが、欲望のためなら他者に苦痛を与え続けて笑って口に運んでいられる無神経さを備え、知ったところでそれに大慌てで向き合ったりしない酷薄な体質があることを知り得なかったこと。私自身も酷薄極まる人間だったこと。

このくだらない '玉子焼き' というものに、母鶏を苦しませヒヨコをゴミのように殺してまで食べる価値がある筈ないと、とても長い間気づかなかったこと。


食肉
*エフ。後戻りできない

*簡単にヴィーガン
*牛と人間のフィルムのあと
  *タンパク質
  *怪我と包帯とミルク

*家族の風邪と畜産
  *夢のお話(8)豚, と座・カウント7,8
  *空想と、しーシート
  *アガーとゼリー

乳製品
*ヴィーガンチーズタルト
  *きなこのヴィーガンプリン
  *ヘルシー豆乳ヨーグルトと泡
  *2020年1月のボタニカル生活
  *栄養
    *涼しいおやつ選び
    *イオンと植物ミルク

卵製品
*ヴィーガン卵

革製品
*ブランドの朗報
*うさぎファー
  *本日18h30より黄金の輝き
  *聖女と塔
  *ベッド周り

動物実験
*コアラちゃんとラッシュ
  *バスグッズのお買い物♪
*日清食品
*手袋とうさぎバッジ
  *クナイプ問題

環境
*破壊
*ハッポウの温暖化対策

拘束
*シネマ記録(60)ザ・コーヴ



冷やしうどん&四角豆

September 01, 2020

つるんとした冷やしうどんが食べたくて


ヴィーガン仕様の昆布だしで作りました。


すだち、大葉などさっぱりしたトッピング。


器は信楽焼なの。


私は刺激物の辛いのが苦手に変わってきたから


夫にだけ自家製唐辛子ピリリ。


これは別の日。


テンペのトマトソースでした。
上はブロッコリースプラウト。


テンペはこのように衣をつけて揚げ焼きにして一旦取り出し


トマトソースを作ってから再投入して絡めます。


こちらは四角豆のマカロニサラダ。


四角豆ってこの頃いろんなお店で顔を出してるね。さっと茹でて冷まして和え、シャキシャキした食感を楽しみました。



素麺かぼちゃと夏の食卓

August 24, 2020

生姜を沢山刻んでキュウリと和えて塩麹で揉み込み、ぷるぷるの生キクラゲを併せました。


生キクラゲがアールヌーヴォーのミューラー兄弟の作品みたいだった。でも写ったものは俎板の上で少しも綺麗に見えなかったから調理済み写真だけね。


奥は空芯菜の葉やお茄子の甘味噌炒め。


ミンチっぽく見えてるのは自家製醤油麹です。


ヴィーガンバターを笠の中に入れてオーブン焼きした椎茸や


そのお隣でくつくつ温まっていったミニグラタンなど。


夫が好きなキノコ竜田も。


今は小さいフライヤーを使ってるから手軽な大きさのものをちょこちょこ揚げるのに向いてるの。


upし忘れてた素麺南瓜も。


食感が独特で面白いネ。


今年初めて買い求め、色んな調理ができそうだったから再度購入。


ベジご飯を作るの、すごく楽しい。



ブッダボウル

August 16, 2020

昨日は知り合ったばかりのお友達とヴィーガンのお店でブッダボウルとデザートを食べました。


この品に関してはアメリカ発祥のネーミングだけれど、それでも2年くらい前までの私なら名称だけで何となく抵抗を覚えて注文しなかったかも。

自分が変わってみると受け入れる事柄も変わりますね。


ブッダが冠されてるから受け入れられないっていうのじゃなく


生活の隅々に顔を覗かせる風習と神学の境界が何でもかんでも曖昧であるからでもなく、

その曖昧さを慣習だと押しつけられる文化環境に物凄く疲れてたと思う。


自分が選んだわけじゃないものを何十年も押し付けられたり視界に入り続けたりすれば誰だって疲れる。


疲れは人を狭量にする。
ま、疲れが癒えた今だって私の場合は十分狭量だけれども。


ともかくブッダボウルをお初に体験し、


こんなのに触れることができる、触れてみようと思う気持ちがまだ残ってる、と実感した。

するともっと変わりたくなってきた。

ブルゴーニュ君も我が家で4年目に入る境目です。


私たちは一緒に変わっていったね。



暑い日のおうちご飯

July 21, 2020

寝込んで2日目。


病院結果が良くて調子に乗りすぎたみたい。
詰めて動いたらどっと疲れが出たようで寝込みました。
急に暑くなったせいもあるよね。

ご飯写真はベジバーグ。
ソイミートで作りましたよ。
グリーンが見えるのはアボカドです。


オーブン投入前のグラタンもすべてプラントベース。


ポワロに焼き色をつけて香ばしくしてから、ソイクリームで和えてます。


下に敷いたのはソフトケール。


ケールが苦手なR嬢も、日本のこの柔らかで優しいお味のソフトケールなら、ほうれん草のように食べられるから試してほしいなと思いながらお料理。


トルコブルーが綺麗でしょう?


おうどんやラーメンに使いたくって最近求めた信楽焼です。
長い間こういった形状のを探してたの。

反った形がスタイリッシュで気に入ったのです。

青唐辛子のラーメンを作った日。


色んなお料理に使ってるおからこんにゃくはコレ。


1枚目のベジバーグもこれをクラッシュして玉葱と混ぜて作りました。ネーミングが美味しそうじゃないから昨年まで二の足を踏んでたの。使ってみたらハマっちゃった。



お皿の上は夏色

July 02, 2020

大きいラディッシュ見つけたの。


お野菜で1等好きなのはラディッシュって子供の頃言ってた。

マイブームは移り変わってもアンディーヴとラディッシュは不動なんです。


フヌイユも常に上位にいる。


この頃はお味よりも食感が楽しくて好んでるコリンキーもよく食べてます。


ズッキーニも上位に居て、とってもお料理し易いから頻繁に登場します。


写真のは丸ズッキーニね。


一昨日の風雨でお庭のミニトマトたちがダメになっちゃった。


僅かの苗をいい加減な育て方で生やしてる我が家でさえ、折れて水浸しになった様子を残念に思ったのだから、農家さんは如何許りだろうと前よりも想像することができた。

体験しないと想像さえできない。できてない。


ズッキーニのプレートのトマトソースは、前日のパスタソースを使い回ししました。


青葱はキッチンハサミで切ってるヨ。
お皿の上が夏色になる季節ですね。



今日もプラントベース

June 22, 2020

手前はテンペのカリカリ焼き。
奥はしいたけの詰め物ネ。


すべてプラントベースです。


オーブンのグリル機能を使って短時間でギュッと両面焼きにしました。


夫がリードを組んでる間のお料理時間でした。


お野菜プレートにはズッキーニのアコーディオンや


お茄子と細葱のガーリック炒めなど。


遠目だとトウモロコシに見えそう。


食感がとっても好きなのです。


これはいつだかのおうどん。


天ぷらの翌日で、自家製天カスも乗せました。


材料それぞれのお味つけが良いハーモニーになりました。


市販のヴィーガンフードもどんどん増えてるようで試すの楽しみだワ♪



おからコンニャク

June 10, 2020

弾力ある食感が美味しい。
おからコンニャクです。


原料は大豆以外も入ってるからソイミートじゃなくてベジミートって言うのかな?


削ぎ切りにして下味をしっかりと付け


ニンニクと生姜の香りが立ったらお野菜と一緒に炒めました。


おからコンニャクってお初に買ってみたけど色々な使い方ができるのね。


フライも作ってみました。


食感よくするためと、卵を使わなくても衣を付き易くするために波型カットしてみた。


とにかく使い勝手が良くってとっても気に入りました。


春巻に入れた日も。夫はニラ多めが好き。


揚げ物&油物が多めだけど材料全部が植物性だと脂っこく感じない。揚げるのは米油使用でカラッとね。



ダブル大豆のご飯など

May 25, 2020

この頃テンペをよく使う。
インドネシアの大豆発酵食品ネ。


納豆みたいな臭みはぜんぜん無くって
食感は甘くない栗っぽいかな?


この日はテンペを揚げてソイミートのアミューズっぽいものを添えたからダブル大豆でした。


湿度の高い夜だった。ガラスのお皿を涼やかに使いたくなった。


テンペは玉葱と甘辛味で炒めても美味しかった。


黒コーデの日でした。


すごく美味しい玉葱にあたると
まるっぽのまま焼くのが好き。


これは火を入れても瑞々しいままで
お味もスッキリとしてて好みの玉葱でした。


強火で水分を出してから、醤油麹で香ばしく仕上げる。


玉葱もかぼちゃも甘味が出るからシンプルなお味付けにしました。


残りのかぼちゃは翌日お昼に唐辛子の辛味ソースで


フィレタイプのソイミートと炒め和えにしました。



2020年5月のベジ食卓

May 07, 2020

ヴィーガンコロッケを揚げた。


中はじゃがいも、刻み玉ねぎの他は椎茸と、エリンギの軸のところを刻んで歯応えを出しました。


卵不使用にするため、お水で溶いた米粉を少量つけて


パン粉を付きやすくしました。


コロッケでエリンギの軸だけ使ったから翌日は笠のところを焼きました。


スキレットで1人分ずつ作ってこのままテーブルに。


大豆ミートのスライスタイプもお初に使ってみた。


バルサミコに甜菜糖、お塩お醤油と少量の白ワインで
コクとボリュームのある一品に。


水戻し無しのタイプで、大豆の匂いもなく


食感が動物肉に近過ぎて口へ入れるのを躊躇ったくらい。


和食をいただくのは好きじゃなかったのですが
徐々に慣れるようにトライ中。


今も好みはしないけど食べられるようになってきて
こんなプレートも。


*2020年1月のボタニカル生活
*大掃除ナシ、小さなお掃除
*2019年11月の赤い物
*2019年9月のお疲れ様ランチ
*2019年8月の夜のおしゃべり
*2019年7月の夏野菜(&失敗)
*2019年6月のコーナー
*2019年5月の生き物たち
*2019年4月のお休み
*2019年3月の日々の物
*2019年2月の通院
*2019年元日
*2018年12月最後の日
*2018年10月の引き篭り
*2018年9月のお掃除記録
*2018年8月の果実やお野菜
*2018年6月のワンコの選択
*2018年5月のパラコード
*2018年4月のワンコ
*2018年3月最終の通院
*2018年元日
*2017年11月のミニチュア
*2017年10月のソファーで
*2017年8月ムーミンの悩み
*2017年7月の梅雨ご飯
*2017年5月3日
*2016年12月のシュトーレン
*2016年10月のお花
*2016年9月の蝶々
*2016年8月のおうち避暑
*2016年7月の充電日
*2016年6月の植物
*2016年5月のある週
*2016年4月の薔薇
*2016年3月の色々
*2016年1月の呟き
*2015年12月の編み物
*2015年11月の友人たち
*2015年10月の顔面
*2015年8月の家
*2015年7月の溝掃除
*2015年6月の生活お茶会
*2015年5月のグリーン
*2015年4月のおうち風景
*2015年3月の朝
*2015年2月のお洗濯物
*2015年1月の合わせ
*2014年12月の休養
*2014年11月の休日
*2014年10月の使い回し料理
*2014年8月のはじっこ
*2014年7月の紫陽花とガムテープ
*2014年6月のサニタリー
*2014年春の食卓
*2014年5月リサイタルの日に
*2014年3月と1年間
*2014年2月のベリー
*2014年1月の楽しみ
*2013年年末間近
*2013年12月のお菓子と悩み
*2013年11月夫の好きな秋物
*2013年10月のキャネット
*2013年9月のガラス掃除
*2013年8月の音楽生活
*2013年7月の家事
*2013年6月はじめ
*2013年5月初旬の1日
*2013年4月のカーテン
*2013年3月のシーツ
*春、副業、代り映えナシ
*2013年2月のデスク
*2013年1月とお針ごと
*年頭2013
*2012年12月の反省
*2012年12月のクローゼット
*冬の予定など・・・
*2012年11月 ピアノ室とババールカードVol.10
*2012年10月のベッドルーム
*2012年10月ヴァントゥイユ当日
*2012年9月のペンキ塗り
*PJバーベキュー2012と8月末
*Macへ行こう(12)8月とLion
       ?僕が知ってる8月の嘘っこ
*2012年8月の本番翌日
*2012年7月のリビングルーム
*2012年7月冒頭
*2012年6月
*2012年5月末
*異常食欲、2012年5月
*ちょこっと凝集
*2012年4月
*2012年3月
*2012年2月
*2012年1月
*年頭の記録2012
*2011年12月



ヴィーガンメニュー

April 22, 2020

左上からピリ辛蒟蒻、胡桃と小松菜炒め。


右下は白いしめじを色付けがてらビーツで煮たもの。
右上のお野菜脇は烏賊じゃなくて玉葱ネ。

こちらのリモージュはアンティークじゃないの。


2枚目は木綿豆腐ですヨ。


前は食べられなかったお豆腐を今年克服しつつあるの。
動物性不使用レシピを色々試すのも面白いです。


一度冷凍&解凍をしてから作ってます。


お漬物用のガラスの重しを使ってお水を出して炒めました。


植物性食品の揚げ物機会も結構あります。


向かって右は焼き麩の揚げ物。
左は椎茸の軸とエリンギなの。

ガーリックを効かせた下味をつけて揚げたらタコの唐揚げみたいな感じで面白かった。


作りやすいヴィーガンメニューのレパートリーは


簡単に増えてゆきそうであります。



ベジ竜田&ベジ麻婆

April 15, 2020

先週も作ってた ベジ唐揚げ
夫が気に入ってリクエストされた。


お味付けをして揚げるから、唐揚げじゃあなくって竜田揚げって書いたほうが良かったですね。


ジアンのアンティークは我が家には珍しいタイプの絵付けで


見てると似た色合いのお料理を盛付けたくなった。


ベジ麻婆にしました。


動物肉の代替え品を食べたい感じはなかったけど、スーパーで簡単に買えるようになったソイミートを紹介がてら試してみたらばお味がよく染みて美味しかったナ。


レタスも加えてシャキシャキした食感にしました。


ヴィーガン料理、楽しいな。



家庭動画とベジ唐揚げ

April 10, 2020




シウ3楽章の最後です。
この後ダ・カーポになるから音源をあげるのは此の小節までネ。

はじめて飼い主もムービーに写ってみました。ブルゴーニュ君との日常シーンになりました。


さてさて美味しそうでしょう?
一見いわゆる鶏の唐揚げに見えますが中身は厚揚げなの。


実のところ私お豆腐とか厚揚げとか食べられなかったのです。
薄揚げは割合好きだったけど。

でも夫も動物性食品を口にしないヴィーガンになってから厚揚げを頻繁に取り入れるようになり、お料理するうちに私も苦手じゃなくなってきたんです。


厚揚げのお豆臭さが苦手でも好きになれたお料理は厚揚げを唐揚げにしたものでした。


コツは、下味をしっかり付けるためにナイフを使わず手で千切ること。

千切ったギザギザのところからお味がよく浸みてくれます。
ニンニク生姜醤油をお酒 (日本酒が苦手だから我が家は白ワインにしました) でほんの少し伸ばした液に刻みニラなどを入れて、厚揚げを充分浸してね。

お豆腐の中までお味が行き渡るのは時間がかかるから、濃さにもよるけれどしっかりしたお味付けにしたければ1時間くらい漬けちゃって良いかも。

片栗粉と小麦粉の合わせ粉でカリッカリに揚げるのが好き。
ヘルシーなベジ唐揚げ、おすすめです。


■シューベルト関連リンク

 1楽章
*夢のお話(11)天空橋とムービー
*クローゼットとシューベルト動画
*ハッピーなピアノと動画
*動画とハートリング
*動画シシシシ!
*リクルートスーツとムービー
*ももりのお遊び動画
*動画、春っぽいラスト

 2楽章
*マットな2楽章のムービー
*ファブリックとムービー
*緩徐な楽章のムービーとゼリー
*動画リードの整理法

 3楽章
*文字を舐める + 3楽章動画
*動画、伸びやかなリピート箇所
*動画、桜の下のアゴーギグ

*やっちゃってる話



チンゲンサイの天ぷら

April 05, 2020

キッチンから通路を隔てたミニスペース...
以前はお野菜ブースにしてました。


キッチンにまるっと収めて色んな物を集中させるのもとっても便利だけど、用途別にミニスペースを設けるのも軽便で好きなのです。


キッチンの外れに1つは保存食作り用のコーナーを作ってて


もう1つのキャビンは此処、フライスペース。

フライ用品を纏めてすぐ使えるようにしてあると
億劫にならずに揚げ物ができるので重宝します。


フライヤーは前のが古びた時、油処理が少量で済むようエコロジーを目指して小さいのに替えたから、一層簡単になりました。


写真の日はお茄子・椎茸・蓮根の他に青梗菜も揚げてみました。
葉っぱ部分は翌日の炒め物にしようと切り分けて・・・

瑞々しさが残って、アロエみたいな綺麗な色で美味しかった。


ブルゴーニュ君はご機嫌で


心の底から人生と生活を楽しんでる表情で

おうちの中を歩き回り

私たちは彼女の表情に深く慰められる。


外出を控えてる人間は小さな洗面用品に詩を思い出す。


 《ここにいくつかの心臓があるという、われわれの時代において、すべてはコマ競技場に変形できる。》

             (高村智様訳)

と始まるポール・エリュアールの詩を
ハート型の包みのラッシュの石鹸を見て思い出した。



スーパーでの苦手について

March 31, 2020

動物性食品のないプレートと


缶詰のホールトマトを入れる前。
投入後数分煮込んだ1品でした。


食材のお買い物はまだ普通にできる状況なのは有難いです。
スーパーでのお買い物の苦手について。


イカリスーパーさんなどはレジを通ると店員さんが袋に入れてくださるけど他は自分で入れる店舗が多いですよね。

エコバッグをレジ台の邪魔にならない端に置いて、時間節約のため精算済み籠に入った商品を取ってはパッパと入れてゆく。


お勘定を終えて、一旦サッカー台に運んでからマイバッグや袋に詰めるのは時間とアクションの無駄だから。


レジでさっさと入れてしまえば、お買い物カードを返してもらう時には早々に袋詰めも終わってるから。

レジ籠バッグは使わないです。
スーパーの籠にセットして入れてもらってらっしゃる方もよく見かけるけど、自分の前の人が店員さんにセットしてもらってモタモタなると、がん飛ばしたくなるから、自分自身も後の人のためにしません。


顔見知りでない人がキャッシャーなら「入れてもいい?」って一応声掛けする。


レジ籠バッグと条件は同じだけれど、精算済み籠に入ってても実際には未精算なので、よく会う人じゃなければ一声かける。

  やりたいのはただそれだけなのよね。

無駄な時間を使いたくない・無駄なアクションをしたくない、と至ってシンプル。

動線も移動距離も極力ストレート&ショートにしたい。
ピッとカードをかざしてサッサとお店を出たい。
ぐずぐずな動きも、ぐずぐずな会話もしたくない。
今時の若者みたいな現代病と呼べば良いのかも。

何をもって「余計な」とするかの感覚はお若い方と異なるかもしれないけれど、シンプル&ドライを保ってる領域を侵されたくない思いは割と強い。


しかし「ぐずぐずな」「余計な」と感じてしまう種類の お節介に 親切に出会ってしまう。


エコバッグの口を開いたのを見て取って、入れましょうか? と エコバッグを引ったくられそうに 手を差し出される。
結構ですと普通に断ればいいのに、出された手に領域が侵される嫌悪感を感じ、その感情をありありと出しながら断ることになる。

店員さんは 独り善がり 親切心で言ってくださったのに。

不必要に顔に出した悪感情は相手の 媚び 別の思いやりを呼んでしまい、
わざわざ精算済み籠をヨッコラショと退けてまで 'ほら此処に置きますから、入れやすくしましたからね' と 差し出がましい もっと親切な行為を招く。

目を閉じ、ゆっくり首を横に振ってしまった。
「効率よく最短で」その時の気持ちを伝える断り方を、其れしか知らなかった。

本当の親切なら受け入れたくなるんだろうけどね。


■ナニガシについて関連リンク

*ねえ聞いて、って何なん?
  *口が重い話
  *高齢ドライバーと新生


*お年賀と誕生日
*いいねリクエストのこと
*リップサービスについて
*ついでの頼みについて
*風邪のお見舞いについて
*新機能について

*扇子について
*二酸化炭素の話

*スマイル
  *誤り
*うなずきについて

*黒タイツについて
*お菓子の表と裏について

*今日のコーデ?
*美人。どうでもいいお話
*クナイプ問題
*タオル選びについて


*CMと女の子について
*テレビのお話
*好きな女優さん


*お初のブログ考
  *スマホの拙ブログ考
  *顔が壊れる件について


*西太后2つの勘違い


*ソース論
  *ソースから実地


*ホームコンサートとか
  *タルトタタンの陰に


*音楽の本を読んでないお話
  *使えない音楽
  *本と想像の隙間


*モーツアルト神話



フランス北部のプレートで

March 23, 2020

雛豆と金時豆と、もう1つ何だったかしら...


乾いたお豆を入れたタッパーに名前を書き忘れて憶えてない。

圧力をかけて煮込みにしました。
フランス北部 Onnaing に過去存在した窯のプレートに入れた。


ネコヤナギ君が作った祝大根は2日ほど漬けて


添え物になった。


動物性食品を食べてた頃もレシピって見なかったけれど...


慣れないヴィーガン料理だと参考に本でも買う気になるかしらと思ったら、真面目に取り組めない性格は変えることはできず、よく知らないお料理でも結局山勘だけで食卓に上げてる。


たくさん遊んで満足してるブルゴーニュ君を横に
知らなかったアルフレッド・ドヴィニー伯の詩を読んだ。


とても美しかった。今まで知らなかったことを恥つつ ウィキペディアの彼の項目 に目を通せば、そこに表れる事柄も楽しかった。


興味深い運命と (それは正に "運命" と題された詩集でもあった) 関心をそそられる性質と、そして美しい詩に興じ、しかし


たとえ人間が彼のように美的な詩を書く能力を備えてるとしても
昔のようには人間を称賛できない自分が居る。

昔のようにって、どれくらい昔かな?
2000年を過ぎる頃まで優れた人間の力に憧憬の念を抱いたし
2020年の今もジャンケレヴィチら美麗な思想家を深く敬愛するが

昔のようには人間の存在に高揚してない。



ポトフとフォーレ

March 11, 2020

あたたかい雨が降ったから、
夜の空気にも湿り気が残ってた。


家の付近で育つ春の植物の香りが漂って
フォーレのイヴの歌を思った。


違うかな・・・


想ったのはフォーレの雰囲気を纏った
ヴァン・レルベルグのイヴの歌だった。


レルベルグの詩に曲をつけたフォーレのメロディを既に知ってしまってる時代の私たちは

詩を想う時、もはやフォーレのエスプリから逃れることができず


それは私たちが18世紀から19世紀に焼かれたこの可愛らしいキュノのお皿が出来上がった頃の様子を見ることができないのに似てて


私たちにとって前々世紀のお皿は常に年を重ねた様子であるに違いなく

このお皿を新品だと喜んだ時代は夢想の中にしかない。


ネコヤナギ君のお野菜でポトフを作った昨夜でした。


■フォーレ関連リンク
*フォーレと色
*花びらリムのシュクリエ
*フェルメールとフォーレ
*好きな音楽
*フォーレのセンシビリティ
*どこへ行くのか
*ジャスミンとイヴ



ヴィーガン卵

March 08, 2020

フェイク卵を作りました。


昔、ヴィーガンやべジタリアンで卵を食べない人って
卵もまだ生まれてない命だから食べないのかな? って
無知すぎる勘違いをしてたんです。


私は軽いアレルギーで鶏卵そのものは食べられなくて
生地に少し混ざってる程度なら大丈夫って体質です。


自分が食べないために卵に関して恐ろしく無知でした。


だから体質じゃなく生き方として卵を食べない人たちが何故多いのか、きちんと理解しようとしなかった。


調べもせず、卵が可哀想ってことかな? と想像するだけで終わらせてしまってた。長い間。


卵生産のために勿論雌鶏さんは可哀想な生を生きるけど


まさかヒヨコも '成育するまでのコストが見合わない' 理由で
生後間も無く、考えられない殺され方をしてると知らなかった。

画像を貼ったりはしませんので、お知りになりたい方は
「雄のヒヨコ」と検索するだけでも出てきます。

雄のヒヨコ。ただこれだけのワードで。


最近教えていただいて「作った卵」は
南瓜のマッシュと、絹こし豆腐でできてるの。


胡椒、お塩、ヴィーガンマヨネーズでお味を整えてから
卵のお味っぽくなるポイント調味料を加えます。


色んな岩塩を入れてる器の中で茶色いのがあるでしょう?


これは硫黄塩。
匂いが強いから今までは全然お料理に使わなかったのですが
フェイク卵作りには最適って教わって試したの。

黄身の硫黄の香りが加わるだけで一気に変わりました。
硫黄臭でお豆腐の匂いも消せて、納得の一振りです。


(写真は南瓜ネ)


茹で卵を潰した感じと類似してるから、卵サンドの具にしたり
クラッカーに乗せたりが美味しいかな。

夫は気に入ってまた作ってほしそう。
体調が悪い今はこんな手抜きのお試し料理を実験みたいに並べます。



お芋

February 19, 2020

フードドライヤーやヨーグルトメーカーなど小さいマシーンがあるところ。


サヴィニャックのカードを貼ってる下はアースです。
此処に並んでる僅かな器具はアース使用がないものばかりだから隠してる。


さつまいもをスチーマーで蒸して柔らかくしてから
フードドライヤーにかけました。


ブルゴーニュ君のおやつネ。

今回は太ったお芋1本だけで少量なので、50度で10時間乾燥にしました。


無添加のおやつができました。
100円のセリアのタッパー。


ブルゴーニュ君は身体に良くないものばかりで飢えを凌ぐ子犬時代を過ごしたから、引き取った頃はアレルギー症状が凄まじかった。

見る限りすっかり治ったようだけれど、再び症状が出ないよう食べ物は可能な限りナチュラルなものを用意してあげたいと思ってます。


ボトルはだいぶ前に断捨離したもの。


フランスのボトルにも日本と同じように、牛ちゃんが幸せであるかのようなイメージ図が描かれてて、

嘘ばかりの絵に違和感を覚えなかった頃の私は、彼女たちが継続的に強制妊娠をさせられている環境を考えることもできない馬鹿でした。

自省のため長らく置いた末に棄てました。
2度とこんなものを手に取りたくないと思う。



お鍋の諧調

February 04, 2020

病院へ行った日はグッタリです。


喉も痛んで風邪っぽい。いけないいけない。
病が流行る今時期はみんな免疫あげなきゃですよね。


これはうちのお鍋棚。


断捨離して今これがほぼ全部なのですよ。チョッピリでしょう?

他はシンク下に僅かな片手鍋とフライパンの大小があるくらい。
すくなめに、大好きなのだけを大事にして
毎日くるくる使って回転良く、
眠ってるお鍋がないように暮らしたいのです。


今日は帰宅後疲れで寝込んでしまいましたが
昨日は元気に保存食づくりに取り組んでた。


フードドライヤーでブルゴーニュ君用の乾物を作ったり、人間用のお野菜煮込みを小分け冷凍したり。


上の写真のルクは確か22cmで、ストウブのほうは20cmサイズです。(20の数字読み取れるかな? )


少人数だし私は20cmくらいが使い勝手が良いかな。
18cmは持ってなくて使ったことないの。どんな感じでしょう?


オーベルジンカラーにも惹かれてるの。


すくなく持ちたいとカッコつけてる割に物欲まみれ。

お鍋の中から聞こえる音が
ここ3年弱、悲しみと絶望の音ではなくなって
生き物の死肉を煮なくなったお鍋は
気軽い音を立てるようになった。
くッくつり、くッくつり、
嬉しそうな音に変わった。



簡単にヴィーガン

January 30, 2020

夜のベイエリアでブルゴーニュ君がご挨拶させてもらった綺麗なお姉さんと可愛い子。


先月だったかヴィーガンになった理由を問われて
私の場合はとても単純よって答えた。

お庭に来てくれるトナカイやマンモス、またはブルゴーニュ君と触れ合ってくれるたくさんの可愛い子たちを食べられる筈ないのと同じ。エシカルヴィーガンです。


【だから】1度も我慢を強いられたことがない。


2017年に動物肉を辞めてから年が経ちますが1度も食べたいと思ったことはないし、食べたいと思わないから我慢したこともない。

どうして【だから】かというと
食べ物を我慢する構造とは全く違うから。


馬鹿で軽はずみで愚盲だった私は、牛ちゃんや豚ちゃんは「食べていい生き物」「食べられる生き物」だと勘違いしてた。


  過去には食べられると誤認識しており、
  後に食べられない・食べてはいけないと理解した。

   【だから】

  食べたいだなんて二度と思わないのです。
  理解したその日から一切辞めました。

我慢する事が苦手で、ストイックでもない私でさえ
ヴィーガンになるのはお顔を洗うより簡単だった。


食べたいと思わないから、植物で作られた類似品なども全く使ってなかったの。


何故って、くどいけど過去に食べたその味をもうひとたび口にしたいとはゆめゆめ思わないから必要なかった。

でも先日、レシピ幅が広がるからとお初に大豆使用の乾燥擬似肉を買ってみたんです。

まだお料理はしてないの。
酷い殺され方をした動物を食べてた頃の、口内の動物肉の感触が蘇ったら気持ち悪くなっちゃうかなぁと手付かずのまま・・・

調理し易いそうだから近々思い切って使ってみますか...
願わくばあまり動物肉に似てないといいなあ。


*牛と人間のフィルムのあと
  *タンパク質
  *怪我と包帯とミルク

*家族の風邪と畜産
  *夢のお話(8)豚, と座・カウント7,8
  *栄養
  *オムレツのアレンジ

*ヴィーガンチーズタルト
  *きなこのヴィーガンプリン
  *ヘルシー豆乳ヨーグルトと泡
  *2020年1月のボタニカル生活

*日清食品

*ブランドの朗報
*うさぎファー
  *本日18h30より黄金の輝き
  *聖女と塔
  *ベッド周り

*手袋とうさぎバッジ
  *クナイプ問題



フルーツとヴィーガンバッジ

January 27, 2020

ネコヤナギ君のお大根と滋味豊かなドライトマトを煮込みました。


ハーブとガーリックをたくさん。とっても美味しい。


フルーツも変わらず食べ込んでます。今はスイートスプリングによく手がのびる。


先月に夢中になったのはイクラ先生が送ってくださったル・レクチエでした。香りが高貴で美味だった!


大切に頂いて半分ほど食べ進んだ頃、たまたまテレビでこの梨が取り上げられてて


その番組内で薄めにスライスしていたのを真似て頂いた。
良い甘みで忘れられないお味です。

ご馳走様でした!


我が家は予告通り完全ヴィーガン生活をスタートしました。


ストックが残ってた鰹や鰯の粉末出汁を使い切り、シジミが使われてるお出汁パックも終わりました。

これでスッキリ完全ヴィーガン。'積極的にお魚摂取はしないけどペスコベジタリアンです' なんてグズグズ説明する必要がなくなった。


知人に教わった缶バッジも購入しました。


牛ちゃんのとマロン色のヴィーガンのがお散歩バッグにつけてるもので、最後写真の黒地に赤など激しめの色合いは蝶番君がつけてるバッジです。

水色のStopFurのは私がもらう予定。



*牛と人間のフィルムのあと
  *タンパク質
  *怪我と包帯とミルク

*家族の風邪と畜産
  *夢のお話(8)豚, と座・カウント7,8
  *栄養
  *オムレツのアレンジ

*ヴィーガンチーズタルト
  *きなこのヴィーガンプリン
  *ヘルシー豆乳ヨーグルトと泡
  *2020年1月のボタニカル生活

*日清食品

*ブランドの朗報
*うさぎファー
  *本日18h30より黄金の輝き
  *聖女と塔
  *ベッド周り

*手袋とうさぎバッジ
  *クナイプ問題



ヘルシー豆乳ヨーグルトと泡

January 14, 2020

表面ふっくら♪ よく発酵してます。


南の島の、お米とサツマイモの飲料 を種にして、豆乳を加えて作った植物性ヨーグルト飲料です。

加えるのは必ず豆乳でネ!

自分がご紹介したばかりに、もし動物乳消費がたった1本でも余分に増えたせいで、拘束され人工妊娠と搾乳に苦しむ牛ちゃんが増えるのはたまらないから、これをお作りになるかたはどうぞ豆乳でお願い致します。
(リンクは貼りませんので乳牛の出産などで検索してください。愚かにも私が長年知らなかった姿です。)


お米が原料の発酵食品はよく見ますが、お米にサツマイモを併せたヨーグルト種が此んなにおいしくふっくら発酵するって知らなかった。


昨10月にドリンクを受け取ってから毎日欠かさず作ってる。
それまで2年くらい自家製で作ってた豆乳ヨーグルトよりずっと美味しいの。

通常より低温の25度発酵で丁度良い感じになります。(種菌の量・豆乳の種類次第で変わりますが拙宅では9時間発酵させます。)


豆乳で作ると、ふわっと泡だてたクリームのような舌触りになるのです。


酵母の発酵時のように微炭酸が発生して
ぷくっと小さく泡立って、喉越しもシュワシュワ。

もう美味しくって毎日ブルゴーニュ君と一緒に食べ込んじゃってる。乳酸菌の酸味があるからお好みの甘味料を加えてどうぞ。

発酵容器やスプーン類は1回1回熱湯消毒してくださいね。


病院へ行き、帰ってピアノを弾いた。


何を弾こうか考えながらの帰路は心楽しく、

ピアノの前に座り、このメロディで何を語るべきかを考え・迷い・試し、幾度も幾度も弾くうちに時間を忘れて自分自身が音の中に溶解し、思考だけが微炭酸のように残って泡の形でシュワシュワ現れ消える錯覚は一層楽しかった。



痛みと夢と

January 09, 2020

食べた貝をカーポートの水切り場へ置くべく、よく洗った日の写真・・・いつ撮ったのだったか忘れてしまいました。


激しい嵐だった昨日、被害は少なく済んだのかな...
付近で消防車の音を幾度か聞いた。火災が1回、PA連携音が数回。

消防のサイレンはなんて重苦しく不安を掻き立てる音なんでしょうと、遠くに聞きながら息詰まる思いがした。


骨髄炎の影響でできなかった治療があって その後片付け的な事が今週頭から始まってる。


痛くて憂鬱で、痛み止めを処方されてルマレでくすぶってた。

ヴィクトリア (Tomas Luis De Victoria) のOfficium Defuntorum をルマレで流し続けた3日間。

(私はアマゾンミュージックで聴きましたがご参考までに共有できるYoutubeにもこんなのがありました)





数ある楽曲の中でもヴィクトリアの音楽が最も痛みに寄り添ってくれそうじゃありません?

今朝はほとんど痛みがひいて嬉しい~


底面に小さな色付きがあるアンティーク皿に割と久しぶりのクエーカーオーツを入れた。しばらく珍しいメーカーさんを転々としてお味見を楽しんだから...


お行儀の悪い、ながら食べ朝食2日目。
ロルフ・ティーデマンの見事な纏めを噛み締めた。

  《1927年にアラゴンは、その2年前に内側のブールヴァールの環を結びつけるために壊されてしまったパサージュ・ド・ロペラを「人間の水族館」と呼んでいるが、このほとんど人のいなくなった「人間の水族館」、つまり、昨日の遺跡こそ、そこにおいて今日の謎が解けるところなのであり、こうしたものこそ "パサージュ論" にとって比類なく刺激的なのであった。

ベンヤミンはアラゴンのパサージュの「青い光 (lueur glauque)」のことをなんども引いている。


夢によって事物はこの青い光の中に沈められ、夢によって事物は異化されると同時に身近になる。


具体性という考え方が、ベンヤミンの理論的装備の一極をなしているとすれば、もう一極はシュルレアリスムの夢理論である。

具体化と夢という両極の間の磁場に "パサージュ論" の最初の構想は漂っている。》

             (今村仁司様/大貫敦子様/高橋順一様
             塚原史様/吉村和明様/三島憲一様
             村岡晋一様/山本尤様/横張誠様
             與謝野文子様/細見和之様訳)


■ベンヤミン関連リンク

1巻
*本欲しいなあ
*ミュゲとパリの始まり
*地球儀と室内と解放
*カラビナ・日常・本
?僕んちのどうぶつ達
*息詰まるフリーク
*1919
*
*楽譜のページの向こう
*ステップ
*監獄・アンチつるつる
(1巻のご紹介に際しまして訳者様の今村仁司様と高橋順一様のお名前に文字の誤りがあったと後に気がつきました。大変申し訳ありません)

2巻
*夏のおやつと本
*ボードレールの挑発と真意と音楽
*'ふと' とボードレール
?僕のホームセンター記録
*トロワイヨン
*少年の本当と嘘
*調和と追放
*ダリア
*人間
*リビングのお掃除

3巻
*炎症と再発見
*漁港へ
*家事記録など
*音楽遊び計画とルソー
*ポジティヴお化け
*パサージュの売り子さん
*名前は楽しい
*クラッカーと読書

4巻
*頭痛とユートピア
*森感? のパヴァーヌ動画
*サンドイッチと雨の午後

5巻
*ゆっくりじわじわ
*本とお菓子
*きなこのヴィーガンプリン
*カップの欠け


■ダダ関連リンク
*ツァラ、にぎやかな絶望
*プレイ
*ダダのお寿司ネタ
*ダダとプーと苦いコーヒー

■ちょっとだけアラゴン
*パノラマ
*優しく辛辣な女と、田分けた男



カップの欠け

January 08, 2020

毎日のようにオートミールを食べてたカフェボウル。


フチが小さく欠けてるのに気づいた。


残念だけれどお別れです。


同じく現行でキッチュなプチプラカップにも小さな欠けを発見。

私たちは当然のようにカップから欠片が外れた穴ぼこを指して 'カケ' と呼ぶけれど、


欠片のほうは大きなカップ側を欠けだと思ってるかしら。

欠けた存在は本体に対して、より小さなほうと定義づけてる人間と同じようには考えていないのが欠片側なんじゃあないかしら。


お寝坊して、夫がおうちを出たあとに起きてしまい、


欠けたいつものボウルの代わりのボウルでオーツを入れて
パサージュ論5巻 "ブルジョワジーの夢" を開き、お行儀悪く 'ながら食べ' した朝でした。


巻末にロルフ・ティーデマンが


  《この "パサージュ論" こそはベンヤミンの知的相貌が投げかけている謎を解いてくれるものという期待をこめて、解釈者たちは、"パサージュ論" に言及することになったのである。しかしこのような期待は欺かれるであろう。
むしろ "パサージュ論" に含まれる断片は、'そうすれば多くの謎が解けるに違いない' と述べるファウストに対して、'いやいやまた多くの謎がそれに続いて出てくることになりますよ' と述べるメフィストの答えと同じであろう。》


             (今村仁司様/大貫敦子様/高橋順一様
             塚原史様/吉村和明様/三島憲一様
             村岡晋一様/山本尤様/横張誠様
             與謝野文子様/細見和之様訳)

と掲げながら記した文章も大変面白かったから
後日引用させていただきますね。


■ベンヤミン関連リンク

1巻
*本欲しいなあ
*ミュゲとパリの始まり
*地球儀と室内と解放
*カラビナ・日常・本
?僕んちのどうぶつ達
*息詰まるフリーク
*1919
*
*楽譜のページの向こう
*ステップ
*監獄・アンチつるつる
(1巻のご紹介に際しまして訳者様の今村仁司様と高橋順一様のお名前に文字の誤りがあったと後に気がつきました。大変申し訳ありません)

2巻
*夏のおやつと本
*ボードレールの挑発と真意と音楽
*'ふと' とボードレール
?僕のホームセンター記録
*トロワイヨン
*少年の本当と嘘
*調和と追放
*ダリア
*人間
*リビングのお掃除

3巻
*炎症と再発見
*漁港へ
*家事記録など
*音楽遊び計画とルソー
*ポジティヴお化け
*パサージュの売り子さん
*名前は楽しい
*クラッカーと読書

4巻
*頭痛とユートピア
*森感? のパヴァーヌ動画
*サンドイッチと雨の午後

5巻
*ゆっくりじわじわ
*本とお菓子
*きなこのヴィーガンプリン


■ダダ関連リンク
*ツァラ、にぎやかな絶望
*プレイ
*ダダのお寿司ネタ
*ダダとプーと苦いコーヒー

■ちょっとだけアラゴン
*パノラマ
*優しく辛辣な女と、田分けた男



冬準備

December 04, 2019

枯葉を踏む音を聴く。


ブルゴーニュ君の足音は軽くて可愛い。


高校生の頃に見つけた小さな公園。


静けさが好きで、時々来ています。

急な階段の側だからか子供さんを見かけることは少ない。
日中はたまにワンコや学生さんに会うくらい。


ブルゴーニュ君が気持ちよさそうにぷるぷるする。


冬の絨毯が広がってる。

住宅街の隙間の小さな公園は、しっとりとした雰囲気で
とっても癒されます。


食卓ではキュノを使うことが多くなる季節。


これに入れたスープやお豆の煮込みは特別に温まる気がします。


何年もよく使い込んだグリルパンで、大豆ミート (ベジタリアン用の植物性食品) を調理した。


寒くなって根菜は甘みが増してきて
夫の椅子の背にマフラーがかかるようになった。
みんな冬準備。


本州で3度目の冬を迎えたブルゴーニュ君は


初年のように寒がることなく元気に冬毛を増やしてる。



ランとプロコのムービー

November 26, 2019

瓶の中に小さな乾物食材。
並んでると楽しい。


今日のムービーはYouTubeへのリンクを貼ってみようかな。
埋込みよりも簡易に済むからお試しです。

テネシーのドッグランの様子はこちら

  *ランとプロコのムービー ←クリックしてね


朝ごはんにと求めた ルビアンさん のいちじくパイを切分け、


体調が良いから久々にコーヒーを飲んでみようかなと用意した朝でした。

夫がお休みってだけで家内の雰囲気がゆったりしてた。


夏に買ったナイフは 'しましま' という名を貰って毎日活躍してる。


個体名じゃなく次に取り替えてもやはりナイフは 'しましま' の呼称にするって主張に、夫が静かに頷いた。彼はこういう何でもないお話が結構好きだ。


丁寧なピアノ時間を持って
ブルゴーニュ君とお散歩に行って...


それでもうダウンかな。
まだ筋力は充分じゃない。



ヴィーガンチーズタルト

November 17, 2019

ヴィーガンチーズでタルトを焼きました。


普段お食事で用いてる植物性チーズ。初めてお菓子も使ってみました。割といい感じに焼けたのではないかな?

長い間無知で、馬鹿としか言いようのない罪深い無知で
畜産や酪農の惨過ぎる狂った世界を知らなくて、

動物たちがまきばで遊んで生きた幸せな一生の終わりに人間の口に入るイメージを抱いてた。愚盲すぎる者の証明です。


畜産ビジネスがどのように成立してるかを知ってすぐ、動物肉を食べるのは一切辞めて、その後で乳製品を植物性に置換えていった。


病気の時期に重なったこともあり外食はほぼしなくなったから
お外のお食事で混入する哺乳類のお出汁も摂取せずに済みました。


同時におうちご飯やお菓子に植物性原料での美味しい工夫が始まりました。


材料の植物や種子全部が呼吸するものだってことが、私にとっては目を引くことでした。

それらは たとえモーツアルトは聞いてなくても (半分冗談です) 育まれた活力を保持してる。
お鍋とお皿を健やかなものだけでいっぱいにする楽しさを知りました。


そう感じた時、今までお鍋に遺体を入れて、それもあろうことか死骸を切り刻んで、


お皿を殺された動物の悲しみや痛みや叫びで一杯にして食べてたのがどんなにアブノーマルな行為だったかを改めて省みました。

学習能力のある人間のひとりだから、テーブルが死体で一杯になってるそんな光景さえ学習によって慣れてしまってたことを心底悔やみつつ、

それだけに今のメニューにも簡単に慣れ、楽しく継続し、様々な必需食品も増えたのも嬉しいこの頃です。


今はね、麹発酵に変えた豆乳ヨーグルトが元気良すぎて、毎日ムースみたいにプクンプクンとホイップ状になってるのを食べるのが楽しみなのです。
25度の低温発酵ホイップ、今度写しておきますね。


*牛と人間のフィルムのあと
  *タンパク質
  *怪我と包帯とミルク
*家族の風邪と畜産
  *夢のお話(8)豚, と座・カウント7,8
  *栄養
  *オムレツのアレンジ

*日清食品

*ブランドの朗報
*うさぎファー
  *本日18h30より黄金の輝き
  *聖女と塔
  *ベッド周り




Topページへ
Blogページへ