Le verre ⅩⅡ



錆びた日の答

May 01, 2019

気圧変化が響く日です。
身体中ぎしぎしして錆びた感覚。


小物のステージにしてるガラスをお掃除しただけで情けなく疲れてしまい、脚元が沈みそうに重くて、ぼーっと本を読んだ。
先日感激した箇所を噛み締めるため・・・


《ひとつの決定的な選択が画家によってなされる。
彼がその意志、作品の完成まで軸を変えることはないであろう意志をそこに賭けるような選択が。

このような選択によって、画家は、受け入れた色、引き写した色とは全く違う、望まれた色に達する。この望まれた色、この闘争的な色が、基本元素のたたかいに加わるのである。

  例えば石と空気とのたたかいを見てみよう。


  ある日、クロード・モネは、聖堂が真に大気性のものであること ---- その実質において大気性であり、その石の核心をのものにおいて大気性であることを望んだ。


かくて聖堂は、青い靄から、その靄自身が青い空から奪い取ったものである青の質料をそっくり奪い取ることになった。

そのモネの絵全体が、このような青の転移、このような青の錬金術のうちで活気づいているのだ。この種の青の動員が寺院を動性化している。》


「石と空気とのたたかい」ですって。バシュラールらしい1級品の言い回しに感激します。


自分の間抜けた考えのメモを記録したように

  *本棚

罪はないが芸術を真に愛せない心貧しさが招いた模倣者や、そこから派生し意志により自らを模倣者の '完成形' にした罪深いミセス・ハッポウらの心理への疑問が拭えないという理由で問い続けるのだけれど

  *ミセス・ハッポウ


バシュラールのこれはヒントになるのかも。
ハッポウ周辺の '何が最も気色悪いのか? ' って疑問への。


"元素に促される画家" と題された当文は以下のように続きます。

《二つの塔が、渺茫たる大気のなかであらゆる青の色調に震えているのを感じ取られるがよい。
靄のあらゆる動きに、寺院が、その青の無数の濃淡を通じてどんなふうに応えているかを見られるがよい。》

             (渋沢孝輔様訳)


描く者の行動指針ばかり考えてたけれど、それだけでは起こってる事を掌握できなかったです。


描かれたものが応えているかどうか、って点がとても大切と知らされた思い。

描く者のあり方はもっと考えてゆかなきゃならないんだろうナ。

小雨が静かに降るお庭で。



何でもない一コマ

April 14, 2019

3日くらいちょっと不調。


でも病院は電車で行ってるし、ブルゴーニュ君のお散歩も坂道にチャレンジするなど筋力をつけるよう努めてます。

毎日容器やスプーンを熱湯消毒して作ってる豆乳ヨーグルトに色んなジャムを入れるのが楽しみです。


今日はさっぱりしたものが良いなって思ってたらば、運良くアイスプラントも見つけた。


噛むと 'サポッ' って不思議な食感が味わえて、氷の粒のような表面を見せ、自然の塩味がついたアイスプラントをお初に食べたときは感動したものです。

巡り逢ったら時々買ってみる。


お料理中シブレットを切らした。


よく使うからまた育てようかな? って考えたり、植えた様子が特に美しい形状じゃなくて2年でほどでやめた過去を思い出して迷ったり。


アサリを蒸すのに加えたベルモットも最後になった。
ガラス瓶がよく空く日だワ。


お料理の思い出の瓶はラベルを剥がして本やノートに貼る。一手間が気持ちを豊かにしてる気がしていつの間にか習慣になった。

本体は色が合えばお庭にしばらく置いて楽しんだりも。


あらら。これは脱ぎ散らかしたのじゃあないんですよ。


畳んで置いてたルームウエア。穴へ上がってきたらば此うなってました。寂しかったのね。


昔孤独な野良っ子ちゃんだった分まで好きなだけ甘えてるブルゴーニュ君。


そうっと近づいて撫でると目を覚まして伸びをした。

平和な一コマ。



ジュリアンと呟き

April 08, 2019

大きいグラスでキウイジュースをごくごく。


ゼリーやヨーグルトドリンクなどフルーツ味の加工品はキウイ味ってとっても好き。グラスを持ってブルゴーニュ君とお外へ深呼吸しに出た昨日でした。

ジュリアン種で1等好きな "ブライダルベル" をエントランスに置いてます。


って書こうとしたらチビ草が・・・ 向かって右にも左手前にもしょぼしょぼお顔を出してる小さい芽。


や~ん肉眼で上から見てると葉の陰になって気づかなかった。丁寧に雑草を除いてるつもりでも写真に写してみるとものすごくアラが見えますね。

自然を愛する派ではないしチビ草の放置は恥ずかしいなぁ。

他の和音 (他の場所) に混ざるとチャーミングな短い音 (チビ草) が、此処にあると雑音 (雑草) になっちゃう。


その構造が恥ずかしさの元かな?


タネが入り込む死角の弛みが、音楽として為ってないこと。ぬるさ・甘さ・ニブさが暴かれてる感じ。反省のために写真を上げておきます。

駄目ガーデナーでも薔薇咲きの此のプリムラ・プレミアムはやっぱり好き。


こっちはフツ~のジュリアン。


先年からの株がこんもり茂ってくれたのは嬉しいけど、単純な高コントラストは好みの対象じゃないな。

地面付近を賑やかにしてくれる群においては働き者です。


対してニュアンスのある "ブルーベリーのムース" は色変わりの楽しみまであって凄いなぁと感心するの。


"ブライダルベル" と同じ育成者さんの品種。


でも植物と比べようもなく我が家で最も大切な白いお花はブルゴーニュ君。


お庭もカーポートも全部ブルゴーニュ君のものですもの。苦労して助けを待ちながら必死に生き延びてくれてた子がお花の間を駆ける姿が大きな癒しです。


雨も上がり、今日はブルゴーニュ君の予防接種へ。
行政からブルゴーニュって印字された用紙を2度目に受け取れてとても嬉しい。家庭犬になった証拠だものね。



ゆったり弾く日

March 31, 2019

我が家のガラス器で1等好きな品はいつも何処かに出てる。


身近にあってほしくて、ある日はテーブルで生花が別の日は小さなコーナーでアンティークのペンが入ってる。

雨降りの昨日は休んでる時間、この古ガラスの前で画集を開きました。


懐かしく感じるジョルジュ・ブラック周辺の。


お付き合いしてた人からブラックのカードで沢山お手紙をもらった時期があったんです。差出人のカードセレクト (もしかしたら商品ラインの事情含み) に影響を受けて後期作品に強い印象を抱いてました。

昨日は初期の活きの良さも素敵なんだワと改めて見直しました。


絵はいいな。絵を見に行きたいなぁ。


電車で県越えしてお出掛けする練習も後回しになったままです。
まだ1度も県外に出られてないのよね・・・

長時間の乗り物はまだ自信がない。代わりにブルゴーニュ君と歩いて行けるお散歩を増やそう。脚の力は大事ですね。


筋肉量が減ると戻すのは大変なんだなぁって思い知った。日々の家事で動くように努めていこう。


今日は通院疲れも取れて午前からとぷとぷゆっくりピアノに浸かることもできた。週の良いすべりだしの主日です。夕方またお稽古予定。



アイスと恋愛詩

March 12, 2019

風邪っぽさはもうないけれど喉が熱く感じて冷たいものが欲しくなる。寒いのにアイスをよく食べます。


先月シマエナガ先輩が来られる日のために冷凍ラズベリーをお初に買って、アイスを作ってみたのでした。

植物性生クリームや水飴やイチゴジャム少量などで作った軽いアイスに砕いた冷凍ラズベリーを混ぜると一応お菓子っぽいものになった。以来またアイスが日課に・・・


あの日は他に、自家製の豆乳ヨーグルト (眠る前に毎夜の通りにヨーグルトメーカーにセットしただけだから実質何もしてないの) からフルーツチーズを作り、ベリー&チェリーのスプレッドを併せてお出ししたのでした。


上の黄色いのは自家製夏みかんピール。
茹で溢ししてあるから苦味は全然ありません。


スプレッドを乗せる前の写真も撮ってありました。


チェリーが重みで沈まないよう、見た目より硬めです。アイスを作るのに使った水飴を入れたからネッチリ感がありました。

こんな感じのクチュクチュした冷たいものを適当に作ったり買ったりしてよく食べてる。もっと大きい器でね。


身体を温めたほうが良いのに冷たいものに走る癖は駄目なんだけど... 気が向くものから食べ始めるのを推奨されるからつい甘えてる。


物凄い倦怠感とだるさが取れず、あまり動けてません。筋肉使わなきゃいけないのに力が出なくて困るな。

代わりに読書が進んでる。好きすぎるエリュアールをもっと読みたくなって、後期恋愛詩集が新入りしました。


装幀も綺麗でしょう?


恋愛詩は生きる力に溢れているからいいな・・・

病気も長くなると以前より希望というものに鈍くなった。元気な時も未来を身近に思わない癖があったのが一層増したようで反省点でもあるのです。


でも恋愛詩って必ず少し先の未来を見てるものだから


たとえ悲しんでても心を回想でいっぱいにしようとも、書き記す務めは未来を向いて筆を動かすものになるところに素晴らしい力を感じられる。

いいなぁって改めて噛締めながらエリュアールの世界を堪能してます。


*ラズベリーを探す旅
*コップを磨いて
*ララランチの部分記録
*お豆後半



コップを磨いて

February 27, 2019

シマエナガ先輩と食べるララランチは何に作ろうかなぁ? って思い巡らせながらコップを取り出しました。


ピカッと磨いた。まずはコレから。
曲のこと考えながら手の筋肉を温めるみたいに。

時代が掠めていった跡も古い物の良さとは言え、お客様の機会にくすみ取りを時々。


上のコップはアンティークと呼ぶにはまだ早い6,70年くらい前の物。


レモン果汁をトルションにつけて拭く。クリスタルガラスはレモンの酸も駄目だけど、此れは酸化鉛ナシの低屈折率の普通の古硝子です。


あら... 使ってるのが1個分の歯抜けになってる。


床近く屈まないと中が目につきにくい造りの低い棚。使ってほしそうなお鍋はどれかな?


ひよこ豆・大粒の大納言・黒豆。
綺麗に洗って、1度煮て茹で溢します。


アクが出始めてしばらくしたら濾して、茹で汁に再び浸からないよう一旦全部のお湯を替えてしまいます。

アクをとっていくより茹で溢しの下処理のほうが、手間はかかってもスッキリとしたお味になって好きです。


お茶漬けアラレみたい?


極小粒の大豆なの。他のお豆を2度目に茹でる際に、火が入り易い小粒を加えました。

今度は加圧します。

下処理をきっちりしたからサラサラの舌触り♪
ここまでが1日目のお仕事。お味付けや他の具材を加えてゆくのは夜が明けてから。



口が堅いトナカイ

February 20, 2019

マーガレット・シンプリーコーラルが続いた風で傷んじゃった。液肥を与えておいたから1日経てばシャンとなるかな。


咲き進むにつれて色変わりするって聞いた。楽しみだワ。

程なくトナカイがやってきて座った。


窓越しに写した。


ガラス越しって不思議。向こう側が '内側' の世界みたいに見える。

光が入って見えにくいけどトナカイが判るかな?
スコップの柄とお庭キャンドルの間でご飯待ちのよう。

ほぼ毎日来る此の子はとても口が堅い。何年も通ってくるのに稀に奥さんを連れてくるだけ。

あすこに餌場があるよって群でしゃべらないのね。何羽も引き連れて来たら近隣のご迷惑になりそうだから?

遠慮深い子たちをそっと迎える良い関係が続いてる。


ひょっとしたら群に属してないのかな・・・


来始めた頃から独りだった。そしてとても長い時間うちで過ごしてく。居眠りしたり、日向ぼっこしたり。

老いてるのかな。鳥が大好きなのに詳しくないから年齢が分かんない。


もし老齢で弱ってきたら寂しいコンクリートで倒れずに


我が家を頼って来てくれたらいいのにな。

**


昨日のお掃除記録。
シンクのコーキング周辺を消毒薬とお掃除用歯ブラシでシャカシャカ。
ビルトインコンロ周りも同じく。拙宅の古い型のは7,8mmの立ち上がりに汚れが付き易いのです。

冷蔵庫の野菜室も。キッチンクイックル・スプレーを吹きかけて拭き掃除。
ピアノ室と階段に鯨。

今日はドライング・クロース・フィールドのポール類を拭きたいな。室内でハンガーをかけて吊るすだけでも風が入ると意外に汚れます。


象 *2016年8月のおうち避暑
  *お掃除部隊登場
  *お野菜の呟き
  *2019年元日


トナカイ *トナカイの呟き
     ?僕が見た立場と実力
     *つがいのトナカイ
     *人間
     *お買い物とお掃除記録


マンモス *歌わない歌
     *犯人は誰?
     *疲れとワンコとマンモス


金魚 *金魚
   *標題音楽
   *金魚とワンコ


タニシ *2017年5月3日
    ?僕が見たタニシ


クマ ?クマが来たよ
   ?子グマが生まれたよ


ライオン ?ライオンが来たよ


きくらげ ?きくらげのコト



靴底と美容液

February 07, 2019

病院が乾燥するから、palmadivaっていうのを顔に塗った。


多分美容液?? 頂いたんだったと思うけど、正直何に使うかよくわからない。

興味がなくて何もしないのを見かねてマシになりなさいと頂くのか、こういうのを好きだと思われてるのか昔から不思議に思ってる。


いゃいゃルームフレグランスを顔に塗りそうになったくらい、美容系はからっきし駄目です。


恥ずかしいのよね。顔がどうとかお肌がどうとか考えることが。
だから塗りなさいと与えられた物を有難く活用。好みもない。


さて昨夜磨いた靴で病院へ・・・と履いてみたら、何か変。


靴の裏に例えばガムがくっついちゃったみたいな違和感が。
磨いた時は何も付いてなかったのに?


判り辛いけど見えますか?
爪先をギュンと上げて斜め後ろから撮ってみた。


踵の前方に焦茶色がビローンと(影のように見える部分)出てるのが判るかしら?

地面に触れる靴底が剥がれるのは古い靴にあるようだけど
ヒールから底までの斜め角度のトコロ(床につかない部分)がゴソッと落ちるなんて。

何故ソコなの?
底じゃないのに。



家族の風邪と畜産

February 06, 2019

ベッドルームの鏡やガラス類を拭いた。


知らないうちに寝具の埃がついてそうだからなるべく綺麗にしておきたい。なんとなく調子が悪くてこれくらいの手作業しかできなかった昨日。


夫も風邪をひいて帰ってきた。


なめらかに作った玉子粥を食べた夫が初めて、先に寝るねってベッドルームへ消えちゃった。
えっ・・・どうしたらいいの? って焦ってる自分にビックリ。

病気をしてから私だけお昼に寝てる日は多かったけど、夜はベッドに入るまで一緒に過ごしてきました。夫が先に寝ちゃうなんて無かったから寂し~。余程しんどかったみたい。


横に並んで歯磨きして、縦に並んでベッドルームへの階段を上がる毎日で・・・


夫の気配が消えたお部屋でどう過ごしていいか迷ってしまって
なんだか無闇にお菓子を食べて、無駄な夜更かしをしちゃった。

ブルゴーニュ君の毎夜恒例のブラッシングとお耳のお手入れをしながら、しーーんとしたお部屋の中が寂しくて驚いた。

あれ~? ひとりって此んな感じだっけ? って。


することは沢山あるんだのに手持ち無沙汰になってしまいテレビニュースをつけた。


コレラが発症した大量の豚たちに '処分' という言葉がまた使われてるのを耳にして暗澹とした。泣いてテレビを消した。

辛い症状のコレラ菌に侵された子が多量に居て、まだ発症してない子も何千という頭数では殺される際の処置に痛みや苦しみがないよう行き届くはずもない。


心を砕けるようなら、そもそも拘束飼育なんて起きてない。


家畜の病気の大量発生は畜産農家に甚大な被害があろうけど、以前、畜産で働いておられたお方自身が「苦しいのはいつだって人間じゃない」と声を上げられた記事が強い印象を残してる。

この真実こそ先んじて語られてほしい。生の権利を操られるだけの生は、被害なんて言葉じゃ表し尽くせないから。


我が家はベジタリアンになってまだ2年弱。

  *牛と人間のフィルムのあと


(ヴィーガンではなく正確にはペスクタリアンで魚介は頂くし、フルータリアンじゃないので蜂蜜も頂戴します。今後どのように考えてゆくかはまだわかりません )

動物の苦しみや悲しみを食べて、それを自分の肉にしてきた贖罪はまだまだ済んでない。

でも、今回のように死ななければならなくなった子たちの穏やかな時間を願うとき、後ろめたさをもたず祈ることができる。これから先も此の部分でシンプルな立場に立っていたいです。



ぷちょん

January 30, 2019

お化粧水のたっぷりサイズをいただいて使ってる。


若い頃から構ってこなかったからお肌に関してそんなに分からない。つける物は決めてなくて、頂けば有り難く使いますヨ。

ふんふん、使用感はモチっとする感じ。


それよりもホラ!


重めのボトルをそっと転がすと、中がたぷんたぷんと揺れる。
透ける影にお部屋の灯りが反射する。

ボトルの回転より半拍遅れてお水が揺れて
ぷちょんって音が... 聞こえる気がする。


本当はゴロンって転がる音しかしない。


でも眼前の映像からは聞こえる。
ぷちょん...ぷっちょん。


譜面も此んな感じ。
楽譜の紙に色がついてたり、触ると和音が鳴ったりする。


そんな時、あるでしょう?
自分は共感覚が1種類じゃなくて多器官に渡ってるせいかもだけど


もし共感覚の持ち主じゃなくたって和音が反射したり、


符幹が揺らいだりするような音の捉え方は、1度や2度なら多くの方がご経験なさってるんじゃないかな?


(でもね夫は、例えば私が本を読んでて「光の描写がある行は目が痛くて読めない」とか言うのは分からず、この感覚未経験らしいです)


そんな自分にとってガラスボトルのお化粧水は


つけても気持ち良さそうだけど、ボトルが揺れる音楽が大好き。



怪我と包帯とミルク

December 27, 2018

昨日久々にヤギミルクを飲みました。


牛たちが自由に草を食んで生きてる幻想を抱いてたら実態はまったく異なってて・・・

生き物を拘束して喜びひとつない生涯を終えさせる繁殖経営が多数あると知ってから牛乳を飲まなくなった。

動物が楽しみもありながら生きてるのが目に見える農場の商品をたまに購入するくらい。主にブルゴーニュ君に買ったヤギミルクを人間も少し貰って飲みました。

それでもミルクを貰うってことは、乳飲み子を殺す結果になる場合が大層多いから、未来のヒューマンのあり方を考えれば豆乳が勝るなって実感します。


いつものように自家製豆乳ヨーグルトを食べて、体調が良いから 'ももり' のお掃除を...
始めていくらもしない内に思わぬ事故で怪我しちゃったの。


応急処置だけして病院へ。今は右脚に包帯。
何時間もとっても痛かったけど... 痛みより傷の見た目にショックを受けたくらい、過去最大の傷でした。きゃ~(笑)

左脚だけ床につけてピアノを弾くことはできるけど、右ペダルは踏めません。

すぐ傍にくっついてたブルゴーニュ君が事故をかぶらなくて本当に良かった。ブルゴーニュ君が小さな躰でこんなに痛い思いをするのを想像したらゾッとします。自分で良かったと感謝の思い。


空きボトルのラベルを外して乾かしたり、細かな手作業しかできない身の上になってしまった。


包帯の下はズキンズキンと疼き続けてる。
明日は今年最後の通院なのに、どうやって移動しようかな・・・
靴が履けるかな・・・



人より遅れるということ

December 22, 2019

蜂蜜やジャムが大好きで、可愛い空瓶を幾つか貯めてる。
形が可愛いのを集めて並べてるだけで楽しい。


自家製梅酒を小分けするのも蜂蜜専門店ラベイユのボトルです。
保存モノを作って瓶に分ける作業って何かワクワクします。


病院へ行くと血小板が減少してた。


そういうの、説明されるだけで身体がだるい気がしちゃうから聞かせないで~って気分。

昨日はカナリアちゃんの車で数分のお花屋さんを覗く予定をしてたのに、お約束が果たせなかった。

前日の通院疲れが出たのか僅かな時間乗り物に揺られるのも無理そうだった。残念だわ。


ほんの近くにも行けなかったのは寂しいし、思うように動けない日は多いけど今の状態は厭じゃない。


入院中、同時期に手術した患者さんより回復が遅かったの。
回診に来られたドクター達が 'ふむ、ちょっと遅れてますね' って仰った。

  遅れてる! その言葉がものすごくツボで
  自分でも使い始めた。

お見舞いの身内にも 'お薬すごい量になったの、遅れてるから' ってお薬一式の袋を見せたりネ。現在おうちの中でもしばしば。


小さな学級みたいに先生と患者さん達が居らっしゃる所にあって、自分だけ他の人たちより '遅れてる' 状態って記憶の限りあまり経験がなかった。


通知表のような検査結果を教えてもらう時に先生が難しいお顔をしなさって、自分を劣等生扱いしてくる状況も初めてじゃあないかなぁ。

今までだって優等生じゃなかったけれど、皆の後ろをついていけないほど酷いのはお初。それが面白くて面白くてたまらなかった。


CT検査で2度目の赤点をとり再検査になった日も、心配して待ってた夫に 'ダメだったよ。遅れてるみたい' って報告しました。


遅れてる経験・意識を持たなかった今までの環境では
人から遅れるのは気分的に辛いのかと思い込んでたの。

実際なってみたら全然違った。

遅れてる(今の場合は回復が)現状と位置を認識するだけ。
'私皆より遅れてるのね' って了知するだけのことだったのね。


生活が変わってみないと、そんなことさえ分かってないものなんだワ。


今日のパンのお供画像です。コンフィチュールというよりほんとにタルトタタンそのものみたいなお味。

今からお昼ご飯です。



消化

December 10, 2018

テリーヌ型風が可愛いゼリー。
関西発祥のお菓子店のゼリーは此処に何回も登場してますね。


でも食べるより見るほうが好きなタイプかな。
自分の好みより甘めだから。

ゼリーは甘みを抑えて硬さもごくゆるく作られてるのが好き。
バームクーヘンは随分甘いのが好き。
正反対の方もいらっしゃる。お菓子の好みは皆それぞれよネ。


小さなお菓子をガラスに入れて光を楽しんで口に運ぶのが好きになってる。


でも食べ物の苦労がまた始まった。
消化器の調子がとても悪くなって・・・

合併症を起こし、悪化して飲み薬が増えて久しいのですが
お薬の刺激で弱ってるのかも。

今日は巻き寿司を食べただけでアウトになってダメージを受けてるの。


11月だったか急に 'お魚が食べられそう! 海のものが食べたい♪ 'と希望してお外に出てアウト。

普段 'アーモンド小魚' みたいなちっちゃいお魚をポリポリする程度だから、お魚が食べたいと感じられたのが嬉しかったのに。


その後怖くなってお魚からは再び遠退いたけど
スーパーへ行っても目に入る色んな物を食べたいと思うんです。


これならイケそう。あれは多分大丈夫! って、その時は美味しくいただけると確信に近い気分になって買って帰るのに、やっぱり身体が受けつけない。

今日美味しく食べられると思ったサラダ巻きだってカニカマとボイルの小エビと卵にレタスに少量のツナが具材で、刺激するものは特にない筈。

たった3切れ飲み込まないうちに戻してしまうなんて・・・


お海苔が消化に悪かったかな?


2切れ半食べるくらいの時間だと、お海苔の消化まで辿りつくほど経ってなさそうなのにどうしたことでしょう。

そんなこんなの疑問と、食べられなかった上に酷く苦しんだ不満を抱えつつ

とりあえず必要なエネルギーを補給しましょうと濃いめに作った温かいカルピスをゆっくり飲みました。


一度吐いちゃったりすると身体中が冷え切って動けなくなる。実際触ると怖くなるくらい冷たい。


元気な時はへっちゃらで動くけど、半日以上それを保てる日はとても少ない。そして一旦こうなるとなかなか復活できない。

エネルギーがなくなっちゃう~って焦ってキャンディーを口に入れ、半分くらい舐めたところでまた吐き気。どうなっちゃったのかしらって情けなくなった。


昨日映画のおしゃべりでサルトルの事なんか書いたからこんなことに? (いうまでもなく彼の著書 "嘔吐" に掛けて)と笑えない冗談を思いながら、キャンディーをゆっくり溶かすのも受けつけないのは初めてで少しショックだったかな。


*無形に出会う
*ガラスと花
*古い型・古い本


*フラット
  *与えられた中で
  *今の日常
  ?僕が思うヘアケア
  *それぞれの目標
  *薔薇の機会
  *難しいこと


  *行きたいな
  *つまらないお出かけ写真
  *貧血と熱でぽ~っと・・・
  *2017年クリスマス
  *熱とおままごと
  *熱と眠りとm&m's
  *元気が出ない日
  *酷く疲れた日
  *ちょっと後悔


  *アイボリーのリネン
  *チェリービー
  *抗癌剤のこと
  *グロッグ的熱
  *狭い世界
  *熱の1日
  *不協和音だらけ
  *汚いこと


  *地球と散歩
  *監獄・アンチつるつる
  *メレンゲとエンゼルフード
  *からっぽ

____________

*震えるワンコ
  *雪の日の病院
  *病院のあと
  *ワンコのフレームと願い
  *焼き芋
  *ハノンとワンコ写真
  *病気の休憩
  *お掃除機動画
  *胃の不調と、泣くワンコ
  *mollの1日
  *エフがゴネる

____________

*病状経過
  *通院治療前・・・
  *FBのお庭の扉
  *入院前とメッセージ
  *お招き
  *今年初めてのお客様
  *お茶と紫陽花イベント
  ?僕が見た鼻血
  *歯医者さんに行けました
  *眠ってます
  *桜の花と難所
  *2018年3月最終の通院


  *始まって終わった
  *喉と赤いお食事
  *咽頭ファイバースコープ
  *元気色
  *ゼリーの境界


  *悩み、寝込み、望み
  *入院を考える


  *この夏最後の海の家
  *良くない結果
  *いい時間。お掃除の嬉しさ
  *身体の異常。そして安静
  *安静にする1日?
  *連続CTの後


  *気胸
  *2日間の日記


  *2018年10月の引き篭り
  *今週の3日間
  *吐きたくない

____________

*プーランクで麻酔
  ?僕が知ってる麻酔のオチ
  *こんなお出かけ
  *ヴルスト先生


*涙が拭けたら
  ?僕と回復とスカウサギ
  *居場所
  *怪我の功名
  *伸びとビーズバンド


*強弱
  *内視鏡の苦痛と歌
  *意識が戻って
  *アッパーシェルフ
  *動物と人間と不安
  *MRIのイメージング
  *出張

____________

*ピアノを弾いた日(1)
  *ピアノを弾いた日(2)
  *2017年5月3日
  *副作用のこと(1)1日半の悩み
  *副作用のこと(2)ピアノと共に
  *幸せなピアノ時間
  *アンサンブルをありがとう
  *いったん最後のコンサート
  *1日だけピアニスト
  *自由なピアノの日
  *どうぶつお迎え日
  *斜め者のやすらぎ

____________

*幸福 -- 重なり
  *幸福 -- 家庭
  *結婚したい
  *ずっとご飯を作りたい
  *微風
  *長いひと月
  *スイカ
  *ちっちゃなスイカ

____________

*友達
  *気持ちが折れる
  *友達の夢
  *旅立ち
  *哀悼
  *四十九日

____________

*出戻りです
  ?僕が聞いたポッキリ
  *降格
  *2度目の冒険
  *回診用メモ
  ?僕が見た回診ごっこ


*病棟の朝
  *学生ホール
  *動物広場
  ?僕が聞いた楽しいコト
  *細い人って・・・


*ベッド周り
  *ピンク・ピンク
  *病室の天井
  *合わせ目
  *モチクリーム


*院内生活
  ?僕が聞いた踵のお話
  *すみません
  *オペカン
  *"綺麗ですね"
  *慣れないこと
  *悪い癖
  *病院の前後
  *自分を大嫌いになるとき
  *下らない自慢話
  *褒められた自慢のアレが
  *いいですね


*病人と香り
  *2人の看護師さん

  *針と採血
  *個人情報
  *血圧と台風
  *ギャップ

____________

*お食事のこと
  *セルクル・ド・ブフ
  *あり合わせシノワーズとお掃除跡
  *ボルドレーズ
  *ピールサラダ
  *治療中のお食事
  *ある日の食卓
  *パンばっかり
  *体重戻そう
  ?僕が見た 'ナ' のつく食べ物
  *パンばっかり(2)
  *フィット
  *タンパク質
  *小さな副作用とプー
  *海で朝ごはん
  *夏のおやつと本
  *ジャスミンとイヴ
  *パンに逆戻り

____________

*生きたい理由
  *死にたくない理由
  *今日の続き
  *歩く
  *カプチーノ
  *軽トラのシートベルト
  *たんぽぽ
  *ワンコの笑顔


*病者の秘跡
  *病者の塗油
  *ブルーシェルフ
  *祈る朝に
  *イースターうさぎ


*病気
  *夫が怖かった
  *病気が判った日
  *お祈りを感謝します
  *諦めずに
  *過去の肺炎
  *コーナーアングル
  *Macへ行こう(19)未来を買う



ヨーグルトメーカー

December 06, 2018

グリオットのコンフィチュール♪ 美味し~


日本ではスミミザクラ(酸実実桜) っていうのだそう。この商品には '桜桃' って説明がありました。このほうがわかり易いわネ。

グリオットチェリーを入れてよく食べてるのが自家製豆乳ヨーグルトです。


キッチンでちょこちょこ使う家電を乗せてるコーナー。右奥のマシーンね。


コンセント横に 'フランス 食の悦び' のカードを貼ってみたけど写真に撮ってみたら合ってないワ~。目視の感じと違うのね。あとで変えておきましょ。


ブルゴーニュ君も豆乳ヨーグルト大好きで、今や我が家に欠かせない存在。


温度やタイムを調節できるからヨーグルト以外の発酵食品も作れるし、お味も好みの発酵度合いにできるから市販の豆乳ヨーグルトより美味しく感じます。

うちでは赤を選んだけれど白もあったヨ。


コーナー脇の壁は今こんな感じ。


すぐ横にパントリーへのドアーがあるから、大人しめの色でまとめてます。




Topページヘ
Blogページヘ